マンガでよめる痔のこと・薬のこと

お医者さんが、他のお医者さんに紹介状書くとき、宛先に、
 「○○先生 御侍史」 または「○○先生 御机下」 と書かれます。

「○○先生 御侍史」
(1) 宛先人が高貴で、直接送るのが憚られる為、向こうの侍史宛に送るような体裁をとることによって、相手を敬う意を表す。
(2) 実際は自分が手紙書いてるんだけど、侍史に書かせたという体裁をとって、丁寧に扱ってる感を覚えさせることにより、相手を敬う。
・・・の2説があります。

(2)の場合なら、宛先に「御侍史」つけるのじゃなく、むしろ、差出人の名の下に「侍史」と付けるべきでは? 書いたのは自分の侍史なんだから。
_____________________________

「○○先生 御机下」
(1) とるに足らないような手紙だから、机の下にでも置いといて、ヒマな時にでも読んで…と謙遜し、相手をたてる。
(2) あなた様の机の下に居るほど、私はすぐ傍の存在です。従者です。…みたいにヘリクダル。
・・・の2説があります。

(2)の場合なら、差出人の名のアタマに書くべきでは?
「忠実なるシモベ、机下 ナンノダレベエ」 と。

いづれにしても、今では「宛名」+「先生」+「御侍史(または単に侍史)」、または「御机下」 が一般らしいので、先の説、二通りあるのが変では?と思いまして。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

こんばんは。

私なりの解釈ですが、

「侍史」については、手紙を自分で書くのではなく、他人に書かせる行為は、相手に対して失礼にあたる行為だと思います。やはり、直接渡すのを遠慮して、右筆(貴人のそばに仕える書記)を通じて差し上げる意だと解釈するのが妥当でしょう。(1)の解釈が正しいということです。(2)の説にある、丁寧に扱ってる感というのはあたらないと思います。

「机下」については、机の下にいるという行為は、隠れていることを意味しますので、陰謀など危険な香りはしますが、側にいる身近な存在だということのたとえとしては不適切です。「相手の机の下に差し出す」という意だと捉えるのが妥当だと思います。(1)の解釈が正しいということです。

あなたも指摘されているように、「相手を敬ってあて名に添える脇付」として使われることはあっても、差出人側につけることがないのが、その証拠でもあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>他人に書かせる行為は、相手に対して失礼にあたる行為だと思います

・・・昔々、それなりに上位の人は、右筆に書かせるのが普通だったのでは? 「○○文書(もんじょ)」というものでも、文のほとんどを右筆が書き、最後に本人が花押(かおう=サインみたいなもの)を印して作り上げてた・・・と認識してますが。違うのかな? 直筆も無くはないでしょうけど。 

でも、いずれにせよ右筆に書かせたからといって「丁寧に扱ってる」に発展させるのはムズカシイと思いました。

「机下」は「膝下」とも書くそうで、ますます身近の感じがしますが、「机の下や、ヒザのあたりに放っておけ」は、ちょっとヘリ下り過ぎると思いました。 
差出し先として、「机やヒザ」というのは、直接手渡すのを憚る表れでしょうか?
だとすると、実は「侍史」に宛てるのと同じなんですね。


・・・ワタクシ事ですみません。 
明日の晩、例の「強制運動会」についての会合があり、それにむけてイメージトレーニングしてますので、今夜はNo.1さんへのお礼だけにさせていただきます。
私は、何件回答が寄せられてても、まとめて読んで、それから一件づつお礼書く・・・ことはしてません。
一件ごとに返答し、それから次を読みます。なので、返答が、あとの回答とチグハグになる事があるのをお許し下さい。
それでは おやすみなさい。あ、今午前零時になりました。
(返事が丸一日も経ってしまってスミマセン。)

お礼日時:2008/08/20 00:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q敬称「御机下」の意味と使い方を教えてください。

先日、他人宛の『××会社御中 ○○様 御机下』と書かれた文章を初めて拝見しました。
この「御机下」の意味と使い方を教えてください。
残念ながら、私の辞書には掲載されていませんでした。
また、インターネットで調べようと思ったのですが、それらしきページを発見することができませんでした。
××会社宛てに「御中」を記載し、○○氏宛てに「様」を記載し、更に「御机下」となっていましたが、二重敬語とは別なのですね?
是非、詳しいご解説をお願い致します。

Aベストアンサー

『机下』は、中国の書翰用語で『自分の手紙など取るに足りないものだからどうぞ机の下にでも放っておいてください』という意味の謙譲表現だそうです。
相手の名前の左下に、書くものです。

『机下』だけでいいのですが、『御』がつくと二重敬語になってしまうと思います。

『御中』は、相手を特定しない場合に使います。(例えばその会社の複数の相手に宛てる場合)
個人名で送る場合には、必要ないと思います。

『机下』
〔相手の机の下に差し出す意〕書簡文で、相手を敬ってあて名に添える脇付(わきづけ)の一。案下。

               大辞林第二版より

Q「御侍史」の読み方と意味を教えてください。

手紙の敬称の脇に書いてある「御侍史」という言葉の読み方と意味を教えていただけないでしょうか?広辞苑で調べてみても、載っていませんでした。

Aベストアンサー

「御待史」(おんじし)
意味は、
私の手紙は、あなたのお目を煩わせるほどのものではないので、あなたのそばに、侍っている方に見てもらってください。
ということです。

昔は、高貴な人には「待史」(じし)という職員がそばにいて、手紙を書くのはその人の役目だったそうです。その名残です。

Q病院の先生の宛名

病院の先生に会社から書類を送るのですが、宛名はどう書いたらよろしいでしょうか?
ちなみに先生は大学の助教授です。
「○○科 助教授○○様」としたらよろしいですか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

肩書きは教授以外はやめたほうがよいような気がします。
「**大学**科東京太朗先生」でよいと思いますしけど。
医局でチラッと見た範囲では、敬称も「先生」が多かった気がします。

Q病院の先生につける宛名の書き方

個人経営のクリニックに勤めていて、雇い主である院長先生に年賀状をだすのですが、宛名の書き方に悩んでいます。
紹介状(診療情報提供書)ではないので御侍史は大袈裟な気もするし…。
病院にお勤めの方などお分かりになる方どうか教えて下さい。

Aベストアンサー

 東京都渋谷区代々木 X-XX-XX

〇〇〇〇クリニック

 院長 腕賀 優例流様

です。

Q御侍史の読み方は?

手紙の宛名などで、相手が病院の院長先生とか大学教授など偉い人である場合「○○先生御侍史様」と書くものだと教わりました。敬意を表す言葉で、直接は恐れ多いので、侍史(秘書のような人)を通して差し上げます、という意味で、日本人独特の奥ゆかしさを感じますが、この読み方を忘れてしまいました。「ごじし」?それとも「おんじし」?

Aベストアンサー

ご質問の内容にはいくつか問題があります。

《まず回答》
「御侍史」は、ならわしに従えば「ごじし」と読まれてしかるべきですが、「おんじし」と読まれているようです。

《補足1》
御侍史は丁寧すぎる語です。単に「侍史」とだけ書くのが正式です。しかし「御侍史」はかなり広まっているのでもはや間違いとまではいえないかもしれません。

《補足2》
>「○○先生御侍史様」
「侍史」は敬称ではありません。先生に仕える秘書とか書記などという意味です。偉い人に直接差し出すのは失礼なので侍史を通して差し上げます、という気持ちをこめています。
なので、書き方としては「○○先生 侍史」になります。
さらにいうと正式には「侍史」の前で改行、
「○○先生
    侍史」、と
「侍史」は下あるいは左に添えるように、やや小さめに書きます。

Q医師へのお礼の手紙の書き方

採点してください!お願い致します。

大学病院で、治療でお世話になった医師へ 【お礼の手紙】を次の診察でお渡します。
内容に、おかしな言葉がないか、もっときちんと礼儀ただしく大人っぽく伝えられるような文章の書き方など、手紙文作成、国語に優れた方、
ぜひご教示ください。
よろしくお願い致します。

↓〇〇先生へ
『長き(一年通院しました)に渡る治療において、
とても親身に、診察治療をして下さり、お気遣い頂きましたことを、大変有り難く存じます。
先生のお陰で、順調に治療を終えることができました。本当に感謝しております。
お忙しい身で、さらに今後ますます風邪が冷たくなっていきます。
お風邪などひかぬよう、先生もどうぞご自愛ください。
この度は、本当に有り難う御座いました。
また何かありましたら、是非先生に診て頂きたいと思っておりますので、
その節には、よろしくお願い致します。』


如何でしょうか??
かしこ。とかいりますか??

よろしくご指導お願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

注意点
・補助動詞はひらがなにするのが普通
  お気遣い頂き → お気遣いいただき  など
・「治療を終えた」のは、あなたではなく、お医者さん
・文の順番がおかしいところがあります。

--------------------------------------------------------------
拝啓
初秋の候、○○科の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
一年間の長きに渡りまして、とても親身に診察治療をして下さり、お気遣いもいただきました。
先生のお蔭で、順調に回復ができました。
本当に感謝しております。
もしも、また何かありましたら、ぜひ先生に診ていただきたいと思っておりますので、
その節には、よろしくお願いいたします。
徐々に風が冷たくなっていく季節となりましたが、お忙しい身でお風邪などひかれぬよう、どうぞご自愛ください。
この度は、本当にありがとうございました。
                         敬具
  平成二〇年九月十八日
                       sat0ru
○○先生
--------------------------------------------------------------

拝啓、敬具 としましたが、
女性ならば、拝啓、かしこ でもOKです。


以上、ご参考になりましたら。

こんばんは。

注意点
・補助動詞はひらがなにするのが普通
  お気遣い頂き → お気遣いいただき  など
・「治療を終えた」のは、あなたではなく、お医者さん
・文の順番がおかしいところがあります。

--------------------------------------------------------------
拝啓
初秋の候、○○科の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
一年間の長きに渡りまして、とても親身に診察治療をして下さり、お気遣いもいただきました。
先生のお蔭で、順調に回復ができました...続きを読む

Q侍史、机下の御をつけるのは誤りではないか

このころ手紙や紹介状の脇付けで用いる侍史、机下などに御をつけたのをよく見かけるが正しくないのでは。自分が出す時、御をつけないと礼を失しているようでいつも気になるのだが。
御御御つけの例のように言葉は変わるのでいいのか。

Aベストアンサー

「机下」は、相手の机の下に差し出す意〕書簡文で、相手を敬ってあて名に添える脇付(わきづけ)の一つ。
「侍史」は手紙の脇付として記し、相手への敬意を表す語。直接はおそれ多いから侍史を経て差し上げる意。
と、そけぞれが敬語ですから、さらに「御」と敬語をつけると敬語が重複してしまいますから、「御」をつけるのは必要ないというよりも、間違った表現です。

Q大学教授あての手紙の敬称はどうするのがいいですか?

大学の研究室で秘書をしています。
いままで民間の企業の秘書ばかりだったので、大学の教授宛に手紙をあまり出すことはなかったのですが、今は手紙の相手はほとんどが大学教授です。
先日、相手の教授宛の郵便物を「○○様」と書いていたところ、教授に、
「僕は比較的気にしないほうだけど、ご高齢の先生は、宛名も先生にしないとご気分を損ねるかもしれないよ。僕もビジネスマナーは疎いから正しい書き方は分からないけど…」
とやんわり注意を受けてしまいました。
「教授 ○○先生」とするのがいいのでしょうか?
教えていただけるとうれしいです

Aベストアンサー

気になったので、ちょっと調べてみました。

とある助教授の方は、「○△◇大学 助教授 □×○様」なら問題ない、ただし学生と書かれています。教授・助教授は敬称にならないという考え方のようですね。

↓助教授御中
http://www.ok.net.it-chiba.ac.jp/~okawa/es/misc/onchu.html

ま、人それぞれのようですね。

恩師でなければ、職業に関わらず「様」でいいという考え方もありますし。そうなると、質問者さんの「様」宛は、何も問題ないということになりますしね。

二重敬語になるので、「先生様」は一般的ではないと思いますが。たいていの手紙のマナーの本なでも禁じられています。

↓敬称は「先生様」や「各位殿」など重ねて使ってはいけません
http://www.vsl.oka-pu.ac.jp/medicom/tegami/kousei1.html

↓医師、恩師などに宛てる場合は名前に「先生」とつけ「様」は不用。
http://a3889240070.hp.infoseek.co.jp/nengazyou%20kakikata.html

↓※高橋先生様とはしない
http://www.gooyon.com/template/keishou.html

もっとも一部次のような考え方もあるようです。

>「先生」に「様」をつけるのは一般的には蛇足です。「先生」自体が敬称だからです。
>しかし公用の手紙なら「先生殿」「部長殿」とします。
>女性なら女性らしさを出して「先生様」とするのもかまいません。

↓手紙を書いていて迷ったことがありませんか?
http://www.dbj.co.jp/gift/letterman.htm#mayou

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?qid=1609013

気になったので、ちょっと調べてみました。

とある助教授の方は、「○△◇大学 助教授 □×○様」なら問題ない、ただし学生と書かれています。教授・助教授は敬称にならないという考え方のようですね。

↓助教授御中
http://www.ok.net.it-chiba.ac.jp/~okawa/es/misc/onchu.html

ま、人それぞれのようですね。

恩師でなければ、職業に関わらず「様」でいいという考え方もありますし。そうなると、質問者さんの「様」宛は、何も問題ないということになりますしね。

二重敬語になるので、「先生様」は一般...続きを読む

Q紹介状について

紹介状を書いていただいたのですが、(封書の表書きには○○病院○○科担当先生御机下とありました)表書きと違う病院にその紹介状を出すことは差し支えないのでしょうか?なんだか、失礼にあたると思うのですが…。

Aベストアンサー

失礼といえば失礼な話かも知れませんし、他の病院に持っていく人などは聞いたことがありませんが、紹介状は現在の傷病名、既往歴(過去の病歴)、治療の経過記録、現在内服中の薬など、紹介先の医療機関で必要な「情報」を記載したもので、これはどの先生が書くにしても提供する内容はそういった項目で、極端な話、紹介状としての機能はどこの病院に出してもさほどの問題はないように思われます。市販の履歴書なら、大抵どこでも使えるようなものです。良心的な医療機関なら紹介を受けてくれるところもあるかと思いますが、既に紹介先が書かれているという点で、受け取る医療機関側に対して失礼な気がしますし、困惑すると思われるので、どうしても他院での診察を希望されるのであれば、ご自分の行きたい病院に行かれる前に、他院宛の紹介状を持って行っても差し支えないかどうかお尋ねになられたらいいのではないでしょうか。

Q紹介状を書く時、主治医はどうやって先生を選んでいるのでしょうか?

別の大学病院の先生に受診を希望をしている場合、今の先生に紹介状を書いてもらうのですが、その時、その大学病院に何て先生がいるのか分からない場合、主治医は紹介状を誰宛で書くのでしょうか?

例えば、とても重い病気の場合 若い先生では対応が難しい場合 せっかく希望する大学病院に行って受診しても判断出来るのでしょうか・・・?

希望する大学病院で一度 診て欲しいって思っているのですが、どんな先生がいるのか普通 分からないと思うのですが、その時 主治医はどうやて先生を選び、紹介状を書くのでしょうか?

Aベストアンサー

大学病院勤務です。(医師ではありません。)

大学病院などでは医療連携がしっかりしています。
一概に若い先生では対応できないとは限りませんし、
たとえ主治医が若い先生であっても、上司にあたる先生や専門の先生
および医療スタッフにに報告、相談はしているはずです。

また、田舎の病院でも大学病院から医師を派遣したり、
学会や研究会、医師会、出身大学の同窓会などの繋がりがわりとしっかりとあるので、
専門のお医者様を紹介して頂くことは可能だと思います。

それから大学病院には専門外来を開設しているところが多くあり、
その診察日は週1~2回の限られた時間になっているところがほとんどです。
待てなくて予定の専門外来の時間外に行ったとしたら、
とりあえず検査して、後日再度行くことになるのではないでしょうか?
でも、目に見えて病状が悪化しているようであれば即入院になり、
その場合専門のしかるべき先生に連絡が入るとおもわれます。

ついでに字のことですが、「御侍史」の間違いではないでしょうか?


人気Q&Aランキング