今度やる「天国はまだ遠く」とゆう映画のサイトに流れている
ピアノ?のBGMに曲名はあるのでしょうか?
もしわかれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

映画のサウンドトラックが発売されるそうです。



タイトル『清塚信也 plays 天国はまだ遠く (composed by 渡辺俊幸) 』
発売日:2008年10月29日(水) WPCL-10625 税込定価\3,000
http://www.ravenjam.com/kiyozuka/2008/08/post_21 …

これを購入するなりすれば確認出来ますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

購入することにしました~!
ありがとうございます!

お礼日時:2008/08/25 21:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天国の本屋のピアノ曲

3年前に公開された『天国の本屋~恋火~』の中で
主人公とピアニスト(?)の女の人が作曲していたピアノ曲。
そのピアノ曲をどうしても聴きたいのです。
どなたかご存じないですか??

Aベストアンサー

松任谷正隆さん作曲の
『ピアノ組曲第10番「永遠」』
というタイトルの曲ではないでしょうか

『天国の本屋~恋火 ミュージックDVD ―LIMITED EDITION―』
というDVDにオーケストラバージョンで収録されているようです

Q出没!アド街ック天国にのBGMに使われていた曲、教えてください。

出没!アド街ック天国のストリートを紹介するコーナーで使われていた曲名をお教えください。ベンチャーズっぽいメロなのですが、映画「タクシー」で流れていたミザルー (Pulp Fiction )とは違います。アーミングが多用されたいかにもベンチャーズっぽい軽快な曲なのです。どなたかご存知の方よろしくお願いします。記憶が曖昧なもので、もしかしたら違うコーナーかもしれません。

Aベストアンサー

この曲のオリジナルはGene Moles & The SoftwindsのBurnin' Rubberです。ただ、番組で使われていた演奏は日本のバンドだったような記憶があります。シャープ・ファイブだったと思うのですが、適当な邦題が付けられていたからか、CD棚、及び自分のデータベースを調べても出てきません。

オリジナルをお聴きになりたければSundazedから出ているLost Legends of Surf Guitarというシリーズの2枚目に収録されています。

中途半端な回答でスミマセン。

Q世界の中心で、愛をさけぶの予告で流れているピアノの曲は?

Yahoo! JAPANの「世界の中心で、愛をさけぶ」特集ページの中にある劇場予告編1のバックに流れているピアノの曲は何でしょうか?
分かる方いらっしゃいましたら教えてください

Aベストアンサー

ピアノ曲というか、「アベマリア」という曲を世界の~バージョンでアレンジしてあるだけだと思いますよ!!

とにかく「アベマリア」ですよ♪

Q今放送中の「天国と地獄」のような音楽の使い方の作品

途中からTVをつけてみゅみゅみゅと考え

「あっこれ作り方が「砂の器」では?」

と思いました。

バックに壮大な音楽を流し話を盛り上げ展開していく。

音楽の使い方でこんなに画面、映画が広がるとはびっくりです!

しかし私の勘違いかもしれず「砂の器」じゃないかもしれないし
もっともっと前の手法かもしれないし

本作のような音楽とドラマの同時進行(本作では後半50分ぐらいからなのかな?)
の作品(邦画、洋画問わず)やこういう手法についてご存知の方がいらっしゃったら教えてください!

よろしくお願いします。

追伸:でもこの警察の集団行動の写し方はちょっと「踊る大捜査線」に
似ている気も(^◇^;タラァ・・・

Aベストアンサー

TVドラマ版「天国と地獄」のような音楽演出は質問の中で触れられているとおり[もっともっと前の手法]で、
トレンディドラマや今風のハリウッド映画が出てくる30年くらい前まではスタンダードな物でした。

又、この演出方法は過度にドラマを盛り上げるトレンディドラマ風な音楽演出と違って、
盛り上げを適度に抑える事が出来るため、現在でもテーマ性を重視するドラマではよく使用されます。
(特にNHKのスペシャルドラマではよく使われます。)
TVドラマ版「天国と地獄」や「砂の器」はテーマ性を重視している作品のため
今回のような音楽演出がされたのでしょう。

なお、TVドラマ版「天国と地獄」が「踊る大捜査線」に似ているのではなく、
「踊る大捜査線」がオリジナルの1963年に公開された黒澤明監督作品の「天国と地獄」に似ているのです。
実際の大事件の際の警察の捜査方法を元にしているため、リアルに演出しようとすればどの作品も似通ってしまうという理由はありますが、
「踊る大捜査線」に関していえば、はっきりと「天国と地獄」を意識しています。
特に「踊る大捜査線THE MOVIE」は「天国と地獄」に対してのオマージュ作品となっており、
かなり露骨に基本のストーリー展開やエピソードを引用した上で、
主演の織田裕二に「天国と地獄か」というセリフを言わせています。

TVドラマ版「天国と地獄」のような音楽演出は質問の中で触れられているとおり[もっともっと前の手法]で、
トレンディドラマや今風のハリウッド映画が出てくる30年くらい前まではスタンダードな物でした。

又、この演出方法は過度にドラマを盛り上げるトレンディドラマ風な音楽演出と違って、
盛り上げを適度に抑える事が出来るため、現在でもテーマ性を重視するドラマではよく使用されます。
(特にNHKのスペシャルドラマではよく使われます。)
TVドラマ版「天国と地獄」や「砂の器」はテーマ...続きを読む

Q天国と地獄

の、最後のほう、、、
靴屋の店先で、犯人が、権藤にタバコの火を借りるシーンが
あったんですが、なぜ、権藤氏が、あの場所にいたんですか?
偶然ですか?

Aベストアンサー

過去におなじ質問がありました。名シーンですね。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3521211.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報