著作権について教えてください:
 例えば、市販している本の内容をそのままネットとかに載せるのは、著作権違反ですよね?じゃあ、図書館など、ただで本を借りて見れるのは、著作権の問題に何ら問題ないですよね?(当然ですが)
 そしたら、たとえば、インターネット上で図書館を作ることは可能ですか?

 というのも、図書館は、いちいち借りや返しに行くのがいいとして、ときどき、ほしい本が他の方いっぱい予約している場合もありますし、もしインターネット上でできたら、探すのも便利だし、ほしい本すぐ見れるからいいじゃないかなと思いますが、しかし、著作権に何か問題ないでしょうか?
 今のインターネットで、本を閲覧できるところは、ほとんど有料だし、たまに無料のあっても、ぜんぜん、最近の本とかありません。

 というか、インターネット上で図書館が本当にできたら、ネット本屋さんとかは、どうなるんでしょうかね…

 はたして、インターネットで、図書館を作ることはできるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

補足です。


こんなweb pageが参考になるんじゃないかと。
http://www.dl.ulis.ac.jp/DLjournal/No_4/nawa/naw …

私自身は図書館での著作物の扱いに関してはちょっと調べませんでしたが
著作権法とその周辺を調べてみるのも勉強になると思いますよ。

またデジタル化された書籍データのリンクもありました。
http://www.wao.or.jp/naniuji/

著作権を無視すれば現存のたくさんの本が読めるかも知れませんが
同時に著作権者の創作意欲をなくす行為であって将来のいい作品が
失われる可能性があるところが難しいですね。

現在、デジタル化された書籍は紙のそれとかわらないくらい高価ですが
これも一人一人が著作権を守ることによって何分の一にでもなる話だと
思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます!

大変勉強になりました。今の著作権法と、図書館法などについて、少し矛盾を感じなくもないですが、でも、この問題、他のいろんな方も考えていらっしゃると思うと、近い将来、もっと合理的な解決法がきっと出てくるじゃないかと思いました。それは、ただ法律を替えるだけではなくて、例えば、技術的な問題とか、倫理的な問題とか…

なんとなくちょっと分からない質問をここに投げたら、こんなにいろいろな方から御返事を頂いて、本当にありがとうございます!

お礼日時:2001/02/21 15:29

 著作権の存続期間中の著作物をデジタル化してインターネットに載せることは、一般の方であれ、図書館であれ、著作権者から複製権(著作権法第21条)と公衆送信権(同法第23条)について許諾をもらう必要があります。


 インターネット上で好きな本を好きなときに無料で見ることができればたいへん便利なのですが、現在本を売ることで生計を立てている人たちは失業してしまうことになってしまいますよね。そもそもそのような活動で生計を立てるという世の中が間違っている、という議論もできないわけではありませんが、ものを書いたり作ったりすることに対価を払うことによって、よりよくより多くの本を書いてもらうという現在のシステムを前提とするなら、あらゆる本を無料で読むことができるインターネット図書館というのはたいへん難しいことが理解していただけるでしょうか。
 極端な話、インターネット図書館ができたとしたら、そのインターネット図書館が1冊本を買うときに、売り手は今まで売れた部数分の金額を請求しなければ割が合わないことになってしまいます。その1冊以外売ることができないんだから。
 もちろん、『伽藍とバザール』のように、オンラインで公開し、なおかつ本としても売れている例がありますから、本を書いた人や出版社がいいと思えば、インターネットで本の内容を公開することも考えられるのですが、いずれにせよ、図書館が勝手にできる話ではありません。
 
 なお、探すのが便利、という点については、オンライン目録を公開している図書館が徐々に増えてきています。
 参考URLのサイトでそのような図書館の横断検索ができますので、お試しください。

参考URL:http://www.jcross.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 もし、図書のオンラインデータを暗号化にして、そして、図書館の特定のウェブページで、対応のCGIとかで、このページでしかデータを見ることができないという仕掛けを作って、それから、何かの制限とかをいろいろ決めて、ユーザが利用できるようにすればどうでしょう?そしたら、そのデータをユーザが勝手にコピーしても、図書館のウェブにある特殊なアプリケーションがない限り、見れなかったり、(音楽データも聞けなかったり)できるし、いろいろ管理や、制限するのも理論上ではできるようになりますね?
 それか、せめて、図書館の中で、内部LANみたいなのを作って、図書館内で、資料や図書などを参照したりすることができても、大変便利になるのでは、と思いますが。

 まあ、いずれ、技術の進歩につれ、図書館法や、著作権法なども、時代に合わせるように改正されますよね、きっと。

 どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/21 15:19

 図書館は本を購入しているので、その時点でその著作物への一冊分の対価を支払っているわけです(寄贈の場合は寄贈者)。

貸本屋にしてもそうです。電子図書館は無料の場合、それがないですよね。それに一冊の本を複数の人が同時に借りることはできませんが、電子図書館となると…
 インターネットによって今まで想像も出来なかったことが可能になる反面、新たな問題や課題がでてきているんですね。いずれ「図書館法」も時代に合わせて改正されるのでしょう。

 図書館法(昭和25年)では、「第17条 公立図書館は、入館料その他図書館資料の利用に対するいかなる対価をも徴収してはならない。」となっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
図書館では本を購入しているのは知っていますが、
もし電子図書館を作る場合でも、少し費用を払えば(著作品の使用権?を買うのに相当する値段ってのがあるんでしょうかね?)、できなくてもないような気がしますね…
いずれ、「図書館法」も、将来は時代に合わせて改正されますね、きっと。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/21 15:09

blue_leoさんの回答通り、困難でしょうね。


作品自体が生活の糧である、goo_foxさんが書かれたところの「最近の本」の作家にとっては、それが金銭的に解決できるシステムが作られない限り、作品提供に同意はしないでしょう。本の数や予約待ち、行き帰りの手間等の、「制限」があるがあるが故に成立するシステムともいえる図書館と違って、基本的に「無制限」になってしまうのですから。

参考URLの「青空文庫」はご存知かもしれないですが、著作権の保護期間を過ぎた作品、作者自身が「金銭的な見返りは求めない」として掲載を承諾した作品を集めた、一種の図書館のようなものです。参考まで。

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

もし、ネットでも、いろんな制限を作ったら、いけるのでしょうか?…インターネットで公開したものに、制限を作るのも難しいですね。

そう考えてみれば、将来どんどんインターネットが進んで、生活が全部ネット化になってしまいましたら、逆にいろいろ不便ですね。例えば、ネット本屋が主流になったら、「立ち読み」ができなくなるし…(^^;; やはり、図書館はなくならないですよね。(不景気の中、図書館の経費も難しくなる今の実情ですけど)

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/20 12:59

結論から言って著作権使用料などがからんでくるのでかなり難しいと


思います。

著作権の切れた(死後50年、戦時加算除く)ものに関しては積極的に電子化して
閲覧できるようになるといいんですけどね。

↓参考までに

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5862/cho.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご解答ありがとうございます。
HPをみたら、なるほど奥が深いですねと、思いました。

しかし、図書館はどうなっているのでしょうか?
「図書館法」とかのもあるでしょうかね。

お礼日時:2001/02/20 12:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q著作権・図書館で音楽CDを借りて、全曲コピーする場合

著作権情報センターの資料を読んでいるのですが、ずばり 回答が書いてないのでわからないので教えてください。

「図書館で音楽CDを借りて、全曲を音楽用CDに自宅でコピーする」
と言うことは 著作権上 許されるのでしょうか?
(図書館に聞いてもみます。)
================
・音楽用CDなら 保証金を支払っているのでかまわないのかなー。
・でも、それなら CDが少ししか売れないような木がするし・・・。保証金はわずかだから、著作者は溜まったもんじゃないような気がする・・・。
・「私的使用」は 「元のCDを著作権上問題なく購入して それを 家庭内でコピーして利用する」程度で「元のCDが図書館の貸出じゃまずい」と思うのですが・・。

Aベストアンサー

著作権法上、30条により、私的使用のためであれば無許諾で複製しても構わないことになっていますので、問題ありません。
複製元の入手経緯については規定がありませんから、自己所有のものはもちろん、友人から借り受けたものでも、レンタル店で借りたものも、問題なく複製できます。

#1で引用しておられる38条ですが、これは、対価を受けずに著作物を利用する際の規定で、複製には関係しません。無償で行われるコンサートや上映会、街頭テレビ、電波障害地域への公共事業としての有線放送などがこれにあたります。

Q(著作権?)図書館で本や絵本や地図をコピーすると怒られますか?

1/図書館で本や絵本や地図をコピーすると怒られますか?
2/この行為は著作権侵害になりませんか
転売などでなく自分で見るだけなら良いのでしょうか
教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

No.4 の方がお答えのとおりですが、法律上の取り扱いとしては、図書館におけるコピーは、「その図書館が」コピーしているという扱いになります(図書館利用者自身の手でコピーするのも、あくまで図書館が行うコピーと評価されます)。

このように取り扱うのは、著作権法31条の規定があるためですが、これについては解釈に幅があるため、実際の運用上、それぞれの図書館において独自の利用規定を設けることで対応しています。

結論的には、それぞれの図書館において取り扱いが異なるため、利用される際に毎回問い合わせる必要がある、ということになります(ですから、勝手にコピーをすれば、たとえ著作権法上の問題が起こらないとしても、怒られます)。

Q図書館の本に著作権は?

図書館に本が置かれると、少なからずその本の販売数に影響があると思います。

やはり図書館などに書籍を配置する場合は、その本の著者にある程度の金額が支払われるのでしょうか?

また海外の図書館でも、日本の販売されて間もない小説を多く見ることができます。こういった場合にでも著者の利益は保護されるのでしょうか?

Aベストアンサー

>図書館に本が置かれると、少なからずその本の販売数に影響があると思います。

単純にはその通りです。

一般の図書館(また、国会図書館を含む)では一般読者と違った立場で本を購入します。必ずしも読みたいから購入するというのではなく、読み手がいなくても、つまり、人気のない本でも購入するという意味では、全体の販売数を増やす働きはあるでしょうね。そこだけ考えると、販売数が増えると考えられます。

一方で、図書館で(無料で)読む人は買う必要が無くなるので、図書館に無いため読みたい人が自分で買うという場合に比べると、全販売数は減るでしょうね。
また、図書館では、著作権法で、読者のために部分的な無料複製(コピー)(コピーの実費請求はある)が認められています(ただし、ある本の丸ごとでは認められません。半分以下。)。
たとえば、図書館で、ある本を読んで、その一部だけをコピーすれば十分という人は改めて買うことはないでしょう。これも販売数が減る傾向を強めるでしょう。

著作権という観点では、本来、著作物は人類の歴史的な創作がもとになった公共財産という性格が認められていて、保護しつつも、たとえば、著作者の死後50年経過後は他の人が自由に使えるとか私的使用のための複製は自由とか、権利を制限し、著作権者以外の利用に配慮しています。

>図書館などに書籍を配置する場合は、その本の著者にある程度の金額が支払われるのでしょうか?

図書館から著者に直接支払われることはありません。著者には、出版社から、たとえば、価格の10%というように出版契約で定めた金額が支払われます。ですから、販売数が多いほど、著者の合計収入は増えます。
ただし、図書館などが購入する場合には、価格の10%割引などが適用されることもあります。

さて、ご質問に戻ると、「図書館に本が置かれると、少なからずその本の販売数に影響がある」ということは理論上はあります。しかし、よく売れるベストセラーなどでは、図書館の購入数に比べて、一般書店などの全販売数がずっと多いので、ほとんど影響はないと考えられます。一方で、あまり売れない本の場合は、一般書店でもスペースをとるので敬遠され、店頭に並びませんから、むしろ図書館に置いて公開する方が意義があると思います。数が出ない本ほど価格が高くなりますしね。

大学教員の研究成果をまとめた本などは、内容に一般性が無いし(文章力が低く?)、価格が高くなり、売れないため、出版社も出版を嫌うので、研究費で無理やり出版し図書館に置いてもらうことが多いです。この場合は、もともと補助金で出版するので、著者である教員には一円も支払われません(当然ですね)。

また、図書館には、とくに売れない本ほど、著者からの寄贈が多いです。購入してくれなくともよいので、置くだけでもよいからという依頼です。もちろん、著者には何も支払われません。

長くなりましたが、外国でも同様と思われます。

>図書館に本が置かれると、少なからずその本の販売数に影響があると思います。

単純にはその通りです。

一般の図書館(また、国会図書館を含む)では一般読者と違った立場で本を購入します。必ずしも読みたいから購入するというのではなく、読み手がいなくても、つまり、人気のない本でも購入するという意味では、全体の販売数を増やす働きはあるでしょうね。そこだけ考えると、販売数が増えると考えられます。

一方で、図書館で(無料で)読む人は買う必要が無くなるので、図書館に無いため読みたい人が自分で...続きを読む

Q図書館などの著作権

今著作権がどうこうが問題になっています。
手続きなしで無断でやると著作権に引っかかりそうな物に
図書館があります。

この図書館という物はどういう手続きによってこれを回避しているのでしょうか?
同様に古本屋、貸本屋、漫画喫茶などは?

ふと疑問に思ったので

Aベストアンサー

>手続きなしで無断でやる

無断で「何を」やることが、著作権上問題ありとしたいのでしょうか?
補足願います。

---------------------
以下著作権法から引用しておきます。
(図書館等における複製)
第三十一条  図書、記録その他の資料を公衆の利用に供することを目的とする図書館その他の施設で政令で定めるもの(以下この条において「図書館等」という。)においては、次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館等の図書、記録その他の資料(以下この条において「図書館資料」という。)を用いて著作物を複製することができる。
一  図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個個の著作物にあつては、その全部)の複製物を一人につき一部提供する場合
二  図書館資料の保存のため必要がある場合
三  他の図書館等の求めに応じ、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な図書館資料の複製物を提供する場合

Q図書館所蔵の書籍のコピーに関する著作権問題

図書館所蔵の書籍のコピーに関する著作権について質問させて下さい.

私はこれまで,図書館の書籍はいかなる場合も「全ページコピーする」ことは許されず,「半ページのみコピーする」ことが許されていると理解していましたが,先日知人にこの理解は間違いだと指摘されました.

知人曰く,図書館の書籍は「図書館内のコピー機で全ページコピーする」ことが許されていないだけで,図書館の書籍を借りて図書館外に持ちだしたあとで,その書籍を「自宅やコンビニなどのコピー機で全ページコピーする」ことは法律的に問題ない,とのことです.

知人のこの理解は正しいのでしょうか.
また,この問題に関連して,「自分で買った書籍を,自宅やコンビニのコピー機で全ページコピーする」ことが法律的に問題ないのかどうかも併せて質問させて頂ければと思います.

著作権法にお詳しい方,何卒ご回答頂けるとありがたいです.
よろしくお願い致します.

Aベストアンサー

図書館内での資料の複写は著作権法31条によっています。

(図書館等における複製)
第三十一条 国立国会図書館及び図書、記録その他の資料を公衆の利用に供することを目的とする図書館その他の施設で政令で定めるもの(以下この項において「図書館等」という。)においては、次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館等の図書、記録その他の資料(以下この条において「図書館資料」という。)を用いて著作物を複製することができる。
  一 図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個々の著作物にあつては、その全部)の複製物を一人につき一部提供する場合
  二 図書館資料の保存のため必要がある場合
  三 他の図書館等の求めに応じ、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な図書館資料の複製物を提供する場合

上記31条1項に「著作物の一部分」とありますが、他の方が紹介されているようにが、この「一部分」は判例により「半分を超えない」分とされており、大抵の図書館では「コピーは1冊の半分まで」としています。(この「半分」にもいくつか説があり、例えば百科事典や短編集のように複数の独立した項目がある本の場合は、その項目の半分までとされています。)

そして、図書館の本を館外に持ち出してコピーする場合は、著作権法30条によっています。

(私的使用のための複製)
第三十条 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。
  一 公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器(複製の機能を有し、これに関する装置の全部又は主要な部分が自動化されている機器をいう。)を用いて複製する場合
(以下略)

ここでは、自分で購入したものか、図書館から借りたものかは区別していませので、資料の全部を複写することができます。
もちろん、「私的使用のため」ですので、複写したものを販売したり譲渡したりすることはできません。

以上、ご参考になれば幸いです

参考URL:http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html#2_3e

図書館内での資料の複写は著作権法31条によっています。

(図書館等における複製)
第三十一条 国立国会図書館及び図書、記録その他の資料を公衆の利用に供することを目的とする図書館その他の施設で政令で定めるもの(以下この項において「図書館等」という。)においては、次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館等の図書、記録その他の資料(以下この条において「図書館資料」という。)を用いて著作物を複製することができる。
  一 図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報