工務店から建築確認の代理申請を依頼されました。
業務内容は、間取りや開口部は計画済みの図面を参考に確認申請用の図面や添付資料を0から作成、届出、訂正、受理までです。
設計者や監理者は工務店の建築士、代理者は私になるかと思います。

こういう業務を行ったことが無いため、業界の相場がわかりません。
今回は木2ですが、木3の場合と合わせてお教えいただけたらうれしく思います。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

1です。

東京の植民地であるという噂の県の県庁所在地です

私もそういう業務をしますが、面白いことにこの仕事の方式はほとんど代理者が設計しなければならないのに代理業務としてだけ費用を貰うという非常に設計者に対する不信が生じることが多い仕事です。
もちろん、相手先の業務方針や都合によります。10年で10か所位は経験しましたが今も続いているのは条件とモラルのある3か所です。残りはしばらくやって後お断りしてきました。

ある不動産屋では5万からお願いしているとのことで正直ばかばかしくて受けませんでした。増改築を8万で受けたこともありました。それでも不動産屋の相場は10万ほどです。業務報酬基準なんか知らない人が多いです。工務店ではもう少し高いばあいもあります15万がいいところですね。大手設計事務所やHMの下請けの方がまだ20万ほどはもらえます。先方がちゃんと設計能力があることろはまだよいし、データで図面をくれるときはそれでもまだよいのですが、1からCAD入力で設計もでたらめの会社はモラルも低く手戻りが多いのでだんだんと請けないようにしてきました。工務店で20~25万は打ち合わせもしてあげてその位です。

結局作成図面を最低限に減らして相手の希望する金額に合うような仕事をするしかないのがこの手の業務です。先方が下請けを必要と考えて依頼しているか、どうせ申請が通ればいいのだから安きゃ安い人に頼むわと考えているかで全然業務料が違います。こちらも仕方ないので取引先を徐々に良いモラルの方へ変更しながら仕事をシフトしています。

Aさん事件から建築士の業務報酬の見直しが始まり、もうすぐ改定ですね。業務詳細も明確になるようですから4号特例の廃止もあることですし、この法改正で増えた業務分も料金改定依頼を出そうかともくろんでおります。

こちらでは木3が少ないので何とも言えませんが標準的には下請けの場合、構造計算含めて50万で代理者報酬がやっぱり20万ちょいがいいとこです。
金額的にはいい仕事をする環境じゃないですが、営業が少ない代わりに定期的に出してくれるなら持っているお客様と並行してもまあ、つらくない程度に受けるようにしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も申請が通ればいいという仕事はしたくありませんね。。。
やはりこの仕事はモラルと現実の板ばさみになるんですね。
先方の工務店は話した感じ、モラルの低い方には感じませんでしたが・・・。
経験も踏まえた貴重な情報をありがとうございました。

お礼日時:2008/08/21 17:54

参考程度に聞いてください。


質問者は相場と書かれているのでわかっているかもしれませんが、
確認代願業務は業務報酬基準から言えばとんでもない状態であることは明白だと思っています。しかし、エンドユーザーでない場合はこのように市場原理が働いているのです。だから、相場が発生します。しかも設計の本末をすり替えられた状態で、これが現状です。安く売っているわけではありません。ひとりで引き揚げれば市場からはみ出ます。なぜなら、「確認申請が通ればいい」というレベルでほぼ需要が成り立っているからです。

モラルが高いと私が言うのは法モラルだけではありません。
「いい建築を作りたい」とその物件に携わるすべての人が思わなければいけないと思っていますが、そう考えていない業者さんも多くいるのにHMを辞めてから特に気がついたのがこの代願業務の需要レベルです。

報酬不足だからこそ、確認を通っていても構造体力不足の家が見つかったりしているのだと思っています。代願ですから本来は設計者が設計(構造検討含め)したものを出せばいいはずだと思っています。でも、現実は違います。そこで構造検討が行われます。設計者は見ていない場合も多いです。すぐわかりますよ軸組検討書を要求しませんからね。もちろん私のPCには検討されていますが、そういうところには出力もしません。最終的にはことわります。

つまり、レベルの低い需要水準がレベルの低い供給水準を産んだという市場原理にほかなりません。この悪循環を歯止めできるのは、手っ取り早いのは「建築士の誇り」だけでしょう。だから、まず罰則規定が厳しくされたんです。さて、これで市場が変わるのでしょうか。

もちろん、エンドユーザーの際は業務報酬基準で計算してから相談して決めます。国土交通省か委員会だったかなのアンケート結果にもあるようにほとんどが報酬基準の50~65%成約だそうです。建築士であっても報酬は守られてはいないと感じています。
サンマ漁みたいに休業しても一人だからね。意味ないし。

でも、他人の意匠設計を見る、他者の情報が入る、建築業界の現状がわかるという面では代願の仕事は情報誌代わりにもなります。安いなりにこちらも情報を得ていい家づくりを目指しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>他人の意匠設計を見る、他者の情報が入る、建築業界の現状がわかるという面では代願の仕事は情報誌代わりにもなります。安いなりにこちらも情報を得ていい家づくりを目指しています。

私も同じ思いからやってみようという気になり、この場で相談させていただきました。
明日、先方と打合せがあるので、皆さんの意見を参考に話をしてきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/22 18:39

私の事務所では、代願申請業務は請けませんので質問者の方に的確な回答は出来ません。


では何故?………と思っているでしょうネ!
実は、皆さんの回答する相場金額を見て、どうしても私の意見を述べたくなってしまったのですヨ!

設計士の皆さん、
もっと自分を高く評価して下さい!
お願いします。
そして、gkgooさんも、自分の知識と技術を信じて業務価格を決めて下さい。
下請け業務と考えないで、工務店にあなたのノーハウを提供すると考えて下さい。
皆さんの回答した価格の『倍額』でもまだ安いと思うのですが……?
どうでしょうか?
私、高いですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても難しいところですね。
工務店側がノウハウを提供されることを望んでくれていればいいのですが。。。
でも、私はcyoi-obakaさんと同じ意見です。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/22 18:34

木2 20万~ 


木3 30万円~ 
構造設計別+15万~

業者仲間内なら-5万値引など

美味しい仕事ではないね。。 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはりそうですよね。。。
貴重な情報をありがとうございました。

お礼日時:2008/08/22 18:28

あまり安売りなさらなくてもと思います。


確かに、建売業者やハウスメーカーが相手で、年間の棟数もまとまっている場合(大抵がワンパターン仕様)で、下請けのような事務仕事でしたら安く請けるのもありでしょうけど。
10年以上前でも(木2で申請図面A2数枚の時代)1棟20万が相場でしたよ。(わたしの知る限りですが)棟数がまとまって安いところでもせいぜい15万でした。(これも10年以上前です!)
うちの場合はgkgooさんと同様、代行申請業務は基本的に請けていませんが、お付き合い(?)もあり請けたこともありました。そのときは木2で25~30万で請けています。それ以下でしたらお断りしてます。図面も書類も手間も増えた昨今、そうそう安くは請けられません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

10年前とあまり変わってないんですか?!
この仕事ってひょっとしたら卵より物価の優等生なんじゃ・・・(笑)貴重な情報ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/21 18:19

NO.4です。


私の所は、木3 準防火地域(構造計算、構造図抜きで)で30万ぐらいはもらっています。(旧基準の話)プランのアドバイスを少しぐらいはしています。
これは、あくまで私共の場合です。NO.6の回答者の方が言っておられるように、20万円ぐらいしか請求していない方もおられるそうですが、それがスタンダードになっては困ったものです。
自分で、自分の首を絞めるような物ですからね。

唯、NO.5の回答者さんの言うとおり、定期的に仕事が入ってくるならば、もう少しまけてあげるかもしれません。

工務店との力関係もあります、あくまでも私の事務所の話で参考程度に聞いてくださいね、安く請け負って、施主を紹介してもらえるなら
安く請け負うような経営上の戦略もあります。
うちはこれぐらいで考えているのだが、そちらはどのぐらいで考えているのかをストレートに聞いてみる手もありそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、それがベストですよね。

それにしても家電や車を買うような感覚で価格勝負してもらっては困りますよね。工務店側は顧客に対して同じことを感じているはずなのに。

お礼日時:2008/08/21 18:02

#2・3です。


貴方が東京都で仕事しているなら20万円請求できるでしょう。
でも、それ東京都以外なら、15万円でも高いと言われる可能性が高いですね。
#5さんも、言っておりますが、銀行のローン利用の場合10万円前後が地方の相場です。
但し、平面図や立面図、配置図、内外仕上表が決まっていて変更が生じない場合ですが・・・
金融公庫のフラット35の場合や品確法の物件でも、15万円が地方の相場です。
これ以上高く取れなくて、頭痛の種ですが・・・

木造三階建の場合は、上記に構造設計料(構造計算書、各種構造図、構造計算概要書、構造計算安全確認書)を上記金額に付加します。
地方の場合は、精々15万円前後が相場みたいなものです。
但し、高さ13m、軒高9m以下の建物である事が条件となります。
構造計画、構造計算で3日、各種構造図その他の作成で2~3日で約1週間かかりますけどね・・・
最低でも20万円は、欲しいと思いますが、地方の場合は、高く請求できなくて、これも頭痛の種です。

あくまでも予想ですが、建築確認の代理申請を依頼した工務店の頭の中には、10~15万円があると思います。
貴方が20~25万円請求したら腰を抜かすか、目の玉が飛び出るだけ驚く事でしょう。
その結果、其処の工務店と貴方の要る会社でぎくしゃくしない事を祈るだけです。

所見
あくまで貴方が東京都以外の方であるなら
代理手続料は、10~15万円前後、
構造設計を伴う物件で25~30万円前後が妥当でしょう。

ちなみに私は、構造設計事務所を名乗っていませんが、構造別を問わず意匠、構造両方出来る二足草鞋です。
それにしてもこの間の構造設計一級建築士の修了考査は時間が足らなくて難しかったよ。
貴方は受けてきましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あなたは#2で「相場はない」とおっしゃいましたよね?
あなたがどれだけ優秀か判りました。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/08/21 18:11

木造二階建て120m2ぐらいまで


あくまで私の所はですが。中間検査、完了検査などは別、申請料も別で20万~25万の間です。(勿論設計者、監理者の所には名前を入れないで)
もっと取られるところもあるようですが。
木造3階建ては新基準になってからやっていませんので、分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も現在のところその位でさせて頂こうかと考えております。
木3の場合は構造図もありますので30万~35万(構造計算は別途)でいかがでしょう?
高いですか?安いですか?
こんな質問ですいません。

お礼日時:2008/08/20 15:09

補足について


申請手続きにかかった日数に貴方の一日当たりの日当を乗じた金額ですよ。
3日要するのか、5日掛かるかは、貴方の技量次第です。
貴方の日当を20,000円とみるか、30,000円とみるかは貴方の技量次第です。
仮に3日掛かるとして日当を30,000円とみると90,000円にプラス申請手数料となるでしょう。
5日掛かるとしたら150,000円にプラス申請手数料となるでしょう。
それに用紙代やコピー代などの諸費用を加算するかは、貴方の判断次第です。
設計事務所としての技量次第で価格を設定するのが、設計業界の暗黙の了解です。
また、作成図面量について、銀行のローンなのか住宅金融公庫のフラット35なのかによって、確認申請に必要な作成図面量は、変わってきますよ。
昨今、一概に申請手続代理料は、一律○万円とは決められませんね。
偽装事件以降、添付する物が多くなっています。
自治体によって違いますが、構造耐力上必要な軸組計算書や場合によっては、接合金具のN値計算書などですよ。
最低価格としては、10万円以上は、欲しいですね。
工務店としては、安いにこした事は無いでしょうが・・・
ご参考まで
    • good
    • 1
この回答へのお礼

一般論で「人工だよ」と言われますよね。
あなたにどれだけの技量があるか知りませんが、私の望んでいる回答はあなたからは聞けそうにもありません。ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/20 15:02

>業界の相場がわかりません。


設計料及び手続代理料は、貴方の技量と仕事量で建設省告示第1206号の基準に従って出すものです。
設計事務所の相場は、決まっていません。
各々の技量や経験で個別的に決めるものです。
>木2と木3の場合の違い。
構造計算書と構造図面の作成をして、建築確認申請時に構造計算適合性判定を受ける事が必要なだけです。
建築基準法及び同施行令並びに建築士法を良くお読みください。
建築確認申請に必要な事は、全て書いています。
ご参考まで

この回答への補足

書き方が悪かったのかな。

確認業務は何度もしたことがありますよ。
自社の物件で。
今回、他社から請け負ったので、いくら請求すればいいかお聞きしたかっただけです。大体みなさんどのくらいの金額でされているのか。

補足日時:2008/08/20 11:59
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q登記と確認申請って別物?

知人宅が家をリフォーム・増築しようと考えています。

そこで、確認申請通りに建築されているかって、建築後にわざわざ確認に来るんでしょうか?また、来るならばそれは誰なんでしょう?

また、現在ブロック塀で出来ている屋根付きの駐車場があるのですが、それは登記されていません。
増築部分に関しても登記しない方向で考えているのですが、そうすると結果として確認申請と登記が合わないことになりますが、問題でしょうか?

話に聞いたところ、
確認申請と登記は別物なので大丈夫と聞きましたが、本当なのか心配です。

お願いします!

Aベストアンサー

お察しの通り建築確認と登記は基準となる法も管轄部署(役所)も全く別ですのでリンクはしていません。

確認通り(適法)に建てられているかどうかを確認するのは役所の建築課等で、時期によっては「建築パトロール」と称して見回っていますが、余程悪質な違反や通報等があった場合以外は、一つ一つわざわざ確認には行きません。
ただし、建築主には工事完了後(物件によっては中間時にも)に完了検査申請書を提出し検査を受ける「義務」があります。

登記に関しては専門外ですが、登記の目的は権利関係を法的に明確にするってことですので、所有権を明確にする必要がある場合や、融資を受けていて銀行の抵当権を付ける必要がある場合以外は登記しなくても問題ないと思います。

Q建築確認申請費用と設計費用

建築士を別に雇った場合、設計監理費用を払いますが、その中には何が含まれているのでしょうか? 建築確認申請の費用など、設計に携わる費用は全部含まれているのですか?一般的にいう設計関係の費用(本体の10~15%くらいだと思いますが)どこまで含まれているのでしょうか? また普通の30坪くらいの住宅で、建築確認一般の費用はいくらくらいなのでしょうか?

Aベストアンサー

ケースバイケースだと思いますが、入ってる場合が多いと思います。

確認申請代自体はそんなに高いものではありません。
100平米以下の場合は、確認申請9000円、完了検査12000円、中間検査がある場合は検査代11000円です。
しかしそこに、設計士の書類作成料が必要となってきますので、10~20万円程度は必要かと思います。

30坪程度の住宅であれば、一般的には工事費の10%程度の費用に十分含まれると思います。

また、必要であれば、設計監理料の明細内訳を出してもらえばいいと思います。

Q確認申請不要→→→登記・税はどうなるのでしょう?

この度、親の家に子が増改築することになりました。
ぎりぎり確認申請が要る広さではないので、しません、と建築士さんに言われました。
こちらとしては登記も親と子の共有に変えて・・・などと考えていたのですが(費用は子が出しますのでそうした方が良いと他の人に聞きまして)
確認申請しないとなると・・・どうなるのでしょう?
登記もさわらないで良いということでしょうか?
固定資産税などはどうなるのでしょうか?
費用は全額現金で支払いますのでローンなどは関係ありません。

もう一つ、自分の認識としてはけっこうな規模だと思うのですが(六畳程増築→済んでから別の場所を四畳程増築)
何畳増えたら確認申請は要るものなのでしょうか?
もし、本当はしなければいけなかったのにしなかった場合は後にどういうことになるのでしょうか?

たくさんの質問で申し訳ありませんがよろしくご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

お住まいの場所が防火指定のない地域で10m2以内の増築であれば確認申請は必要ありません。

登記についてもお金を掛けてわざわざする必要ないかと思います。

固定資産税については、役所の固定資産税課が航空写真等で増築したことを調べて翌年から課税してきます。(役所が気づいた場合ですけど。)

六畳程増築→済んでから別の場所を四畳程増築との事ですが、ある程度期間をあけないと確認のがれと取られる可能性もありますのでご注意下さい。
(期間についてはわかりかねますので担当される建築士さんに役所で確認してもらって下さい。)

Q建築確認申請中の間取り変更について

現在建築確認申請中です。
いまさらですが間取りを変更したいところがあるのですが
今から可能でしょうか?
もしできるならどのくらいの金額がかかるでしょうか?

Aベストアンサー

すぐに業者に連絡してください。
申請中といっても、仮受付なのか本受付なのかその進行状況によって費用が変わります。
少なくとも図面変更代がその変更の割合に応じて設計事務所にかかり、申請先へも費用がかかる場合もあります。
木造2階建て住宅ならば最低でも4~5万の費用がかかり、進行状況や変更内容によっては10万単位になってしまうこともあります。3階や鉄骨など状況によってはもっと掛かります。ですが変更は後になればなるほどお金はかかります。
それでも長く使う建物ですから悔いを残してはいけません。

Q確認申請住宅→登記は居宅?店舗?

確認申請を「住宅」で行い、間もなく引渡しです。

今、表題登記を作成中なのですが、一部店舗として利用します。
この場合、種類の欄は、確認申請の書類は「住宅」でも「居宅・店舗」とするのでしょうか?それはOKなのでしょうか。

しかも完全に四方を囲まれたビルトインガレージなので「居宅・店舗・車庫」?になりそうなんですが。

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

建物表題登記は実体を調査して申請しますので、建築確認には原則とらわれません。

また、種類の割合が3割以下(目安)であれば表示しなくても差し付かえないともされています。

実体上の店舗の割合が3割を超えるようであれば「居宅・店舗」。3割以下であれば「居宅」のみでも差し付かえないということです。

しかし、例え店舗の割合が極小であっても物件を特定するに当たって店舗の表示を加えた方がいい場合もあります。

車庫については、別棟でなく自己所有車のスペース程度であれば居宅の一部として「居宅」のみとするのが一般的であろうと思います。

机上での回答ですのでご参考まで

Q建築確認申請の代理者とは

 当方、ある団体の子会社のようなもので、建設業の許可は得ていますが、建築士事務所の登録はしておりません(因みに一級建築士はおりますが)。
 次々増設される敷地内の施設の確認申請業務をとりこんでいきたいのですが、設計等は設計事務所が介在しますが、敷地全体を把握しているという点で確認申請を設計事務所任せにはしたくありません。
 この場合、資料作成等は設計事務所に頼るにしても、建築士事務所の登録をしていない当社の一級建築士が代理者となるとどのような問題はおこりますか?
以前の質問で、設計者=代理者である必要はないようですが。
 また、建築士事務所の登録としていないと申請業務代行で報酬は得られませんか。(士法23条)

Aベストアンサー

当方の以前の経験と、事例集を今一度見てみましたが。
御社と親会社様とか、別々の経理をされておられる様に思えます。
この場合は建築士法条の23条の「他人の求めに応じ報酬をへて」の他人に該当する様です。
建築士事務所の登録が必要になると思います。

以前、別々の経理を「会計・決算」をしている会社。
社長は同一人物ですが。同じ社内ビル内の○○工務店が施工予定で、同じ社内ビル内の販売会社の□□ハウジングの建売住宅の設計が出来るか否か?で。
建築士事務所登録を受付けている、都道府県・建築指導課へ質問書を出したところ。

不可/建築士事務所の登録必要
理由/ 会計が別であれば同一社内とは判断できず。本件は別企業の依頼による建築士事務所業務に該当し、建築士法条の23条の「他人の求めに応じ報酬をへて」の条文が適用される
との回答を貰った事があります。

事例は、どれもが少しづつ、事情が異なりますので、
各々のケースで、行政の判断を仰ぐのが、良いようです。

本件は相当に事情が複雑に思います。
一度。都道府県の建築士事務所登録を受け付けている部署/都道府県によって多少名称が異なるかも知れませんが、 建築指導課と思います。

電話で質問できますので。状態を説明なされまして、回答を受けられる事が、好ましいのではないかと思いました。

当方の以前の経験と、事例集を今一度見てみましたが。
御社と親会社様とか、別々の経理をされておられる様に思えます。
この場合は建築士法条の23条の「他人の求めに応じ報酬をへて」の他人に該当する様です。
建築士事務所の登録が必要になると思います。

以前、別々の経理を「会計・決算」をしている会社。
社長は同一人物ですが。同じ社内ビル内の○○工務店が施工予定で、同じ社内ビル内の販売会社の□□ハウジングの建売住宅の設計が出来るか否か?で。
建築士事務所登録を受付けている、都道府県・建...続きを読む

Q建築確認申請書

先日、不動産業者と土地の売買契約と建物の請負契約を締結しました。
 そのとき、不動産業者に抵当権設定登記以外の建物表題登記・建物保存登記・土地所有権移転登記を自分でしたい旨伝え了解を得ました。
 しかしながら、いざ表示登記の申請書や図面等必要書類を調べて作成していると、建築確認申請書が必要となることがわかりました。
 そこで、業者に建築確認申請書の写しをもらったのですが、その申請者(建築主)の名称が、業者名となっていました。
 こんなことってあるのでしょうか?

 何のための請負契約書なのでしょうか?
 このような場合、表題登記は自分ではできないことになるのでしょうか?

なにぶんわからないことばかりなのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

登記の際に確認申請書を用意するのは登記する図面との整合のほかに所有権の確認のためです。名義が違う場合は所有権を争っていないことを証明する書類が必要なはずですが、それが建築工事請負契約書でよいのかどうかは内容を確認しないと一概に言えませんので、土地家屋調査士や司法書士にご確認ください。(請負契約書は建設業者との契約です。しかし確認申請の建築主は宅建業者です。のでこの二つが同じ会社かどうかでも変わってくると思います。)

中間金は請負工事契約書どおりに払えばよいのです。
確認申請の名義とは関係ありません。確認申請は法にあってる建物を建てるか建てたかの「確認」であってたとえ名義が違っても工事支払金の支払いは発注者の方が請負工事契約書に基づいて支払いをするということに変わりはありません。

契約で中間金を払わないと約束しているのなら払う必要はありません。契約書どおりでよいです。
契約変更を施工業者がお願いしていてあなたが支払っても良いと思っているのなら明確な変更の理由とあなたが納得する条件で変更契約することは問題ありません。

設計事務所が設計をして確認申請を出すには本来は設計者が建築主に重要事項説明を行う必要があります。おそらくですが、宅建業者が外注建築士を安く利用するために打ち合わせなど表に出さずに設計を行うとこういうことになることはあると思います。重要事項説明を施主にさせてもらえないのなら私も(建築士です)じゃあ元請の宅建業者が施主ということで設計しますよ・・といいたくなります。もっとも私は、注文住宅であるのに施主と話しをしないで確認だけ出せる図面だけ作ってねという契約はできるだけお断りしています。安い業務に値切られるのに施主と素人に毛の生えた担当者と打ち合わせた図面に責任は負わなければならず、まるで名義貸しとなってしまうからです。

あ~また脱線してしまいました。すみません。上記はあくまで想像です。
申請名義が違う理由が明確でない以上業者が悪いとも一概には言えません。
ぜひ、あなたの権利、義務。業者の権利、義務をきちっと把握なさってご対応ください。

登記の際に確認申請書を用意するのは登記する図面との整合のほかに所有権の確認のためです。名義が違う場合は所有権を争っていないことを証明する書類が必要なはずですが、それが建築工事請負契約書でよいのかどうかは内容を確認しないと一概に言えませんので、土地家屋調査士や司法書士にご確認ください。(請負契約書は建設業者との契約です。しかし確認申請の建築主は宅建業者です。のでこの二つが同じ会社かどうかでも変わってくると思います。)

中間金は請負工事契約書どおりに払えばよいのです。
確認申請...続きを読む

Q確認申請の隣地境界線からの距離が依頼した内容と異なる

以前HMの人が作った資料の記載には、隣地境界の南北部分が南境界線から765mm、北境界線から675mmとあったので、電話で南北の境界からの空きを逆転してくださいと依頼したら、営業はそれは色々と難しいので、せめて半々にしてくださいと返事をくれました。
(この時点では申請前です)

その後、2ヶ月が経過してそろそろ基礎工事のはずなのですが、上記内容が気になって、今日市役所にいって建築計画概要書を閲覧してきました。

そうしたら、図面には境界線が南境界線から765mm、北境界線から675mmのまま申請して認可が下りていました。

問題はいつもは打ち合わせ内容は、複写式の用紙に記入してお互いが保存しているのですが、今回は電話だったので資料がありません。

こういった場合どうすればいいんでしょうか?

1.再申請を依頼できるのでしょうか?
 それとも位置を変更して基礎工事ができるのでしょうか?(後で変更申請でも出す???)

2.もし再申請の場合、認可が下りるまで基礎はできなくなると思いますが、もしこれで工事の完了時期が遅れた場合、HMの責任を問えるのでしょうか?

3.こういったことって建築業界では日常茶飯事なんでしょうか?

4.これらに関しては資料がないのですが、HMに強くいえるのでしょうか?

すみませんがよろしくお願いします。

以前HMの人が作った資料の記載には、隣地境界の南北部分が南境界線から765mm、北境界線から675mmとあったので、電話で南北の境界からの空きを逆転してくださいと依頼したら、営業はそれは色々と難しいので、せめて半々にしてくださいと返事をくれました。
(この時点では申請前です)

その後、2ヶ月が経過してそろそろ基礎工事のはずなのですが、上記内容が気になって、今日市役所にいって建築計画概要書を閲覧してきました。

そうしたら、図面には境界線が南境界線から765mm、北境界線から675m...続きを読む

Aベストアンサー

1.位置を変更して基礎工事をしてもらう場合は、「軽微な変更届」もしくは「計画変更届」が必要です。他の法規的な制約(斜線制限)などの検討が必要なければ、着工してから提出してもかまいません。
もし、建物位置をずらすことによって、他の規制にひっかかるようであれば計画自体の検討のし直しが必要になるでしょう。(着工がおくれる可能性も有)

2.上記の通り、問題がなければ着工してからの変更届でもかまわないので着工が遅れることはないと思います。

3.日常茶飯事かどうかは業者によります。
建物は多くの職人さんの手で作られるため、打合せや変更事項の伝達がきちんとなされていないHMであれば、今後も同様のミスがでる可能性はあるかと思います。
逆に、打合せが適切にされているHMであれば、このような凡ミスはないのが普通でしょう。

4.資料がなくても、話をしたのであれば、対応するのが普通だと思います。
とにかく、すぐに営業の方に連絡をとって、建物位置の確認をしてください。
着工してからだと、2度手間になり、工期に影響がでることになります。

Q建築確認申請書の敷地面積は実測か?

建築確認申請書の敷地面積は実測か?

金融機関で不動産担保融資業務を行っています。
田舎などの土地には登記簿謄本の面積と実測が異なるケースがあります。
このような土地に新築する際、建築確認申請書の敷地面積は土地の登記簿謄本の面積ではなく、地積測量図などより実測面積に近い書類が根拠となっていると考えてよろしいのでしょうか?
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確認申請の時には、求積図を求められます。これは一般的に三斜をきったものが利用されます。
座標点で出した時、審査機関から三斜にしてと言われた事があります。

あくまで実測なのですが実測と測量図が近似していれば同じ数値で記入するのが普通だと思います。
建築士の利用する測量器具よりずっと測量屋さんのほうがいい機械ですからね。
建築士が行う一番簡単なテープ測量では気温によっても長さが変わるのは知られていますし、傾斜地では誤差も多いです。でも、実測なのでそれで申請できます。

地域によって公図を提出するということはありますがあくまで土地の状況の確認で面積確認のために測量図や公図、謄本を提出することはありません。
蛇足ですが)開発の場合はもちろんそちらの申請で測量図や公図、謄本を求められます。
その場合確認申請の建築敷地と面積が合わないと通りませんので、この場合は測量図と全く同じ求積図で提出させていただくことになります。

Q建築確認申請後のプラン変更にかかる費用

建築条件付き土地に、家を建てるにあたって、自分の知っているお友達に設計して貰った設計プランをもとに、規定の工務店に家を建てて頂く予定になっているのですが、工務店側が、建築確認申請を出された後、こちらの希望で
●一階にある和室の窓の大きさ(腰までの高さの物を、はき出しタイプ)に広くしたいと言う事
●キッチンの所にドアを付けてもらいたいと言う事
●その際にキッチン裏に洗面所とお風呂があるのですが、ドアを付けやすいように、お風呂と洗面所の位置を反転させると言う事
以上のプラン変更を、不動産会社を通じて工務店にお願いした所、結構な費用がかかる旨、FAXで回答が来たのですが、まだ基礎工事も入っていない状態なのに、こんなに費用がかかるのが普通な物かどうか、教えて頂きたく思い、質問させて頂きました。工務店側からの回答詳細は以下のようになっております。

●窓等、外観変更時 市、風致軽微変更届け代 50,000円
●室内変更時 建築確認申請書で軽微変更 25,000円
建築確認申請書で申請取り直しのとき、
●手数料、印紙代 18,000円
●申請代(実費)60,000円

私、全くこういった事に関して無知なため、不動産側にどう言う事か説明をお願いした所、窓など外観に関して変更したければ、風致課に申請し直す事になり、それに50,000円
もし、室内のみの変更であれば、25,000円
どちらも変更する場合は、50,000円+25,000円、それに印紙代18,000円と、申請代60,000円の、合計153,000円が発生して来ると言われました。また、この費用は、工務店側が私達から儲けようとして出た金額ではなく、行政に支払うお金であるので、工務店側や、不動産側が得する云々の問題ではないと言われました。しかし、あまりにも高額だったので、行政に問い合わせました所、申請代として、18,000円位の費用がかかって来る事はあっても、その他の費用に関しては、行政が関係してるとは思えないので、工務店側の手数料ではないですか?と言われました。
私達が今回家を建てようと思っている場所は、確かに非常に風致の厳しい地区(京都市内)ではあるのですが、普通、これくらいの費用がかかってしまうものなのでしょうか?
なにせ、こちら素人のため、皆目見当がつきません。どなたか、教えて頂けませんでしょうか?
宜しくお願いいたします。

建築条件付き土地に、家を建てるにあたって、自分の知っているお友達に設計して貰った設計プランをもとに、規定の工務店に家を建てて頂く予定になっているのですが、工務店側が、建築確認申請を出された後、こちらの希望で
●一階にある和室の窓の大きさ(腰までの高さの物を、はき出しタイプ)に広くしたいと言う事
●キッチンの所にドアを付けてもらいたいと言う事
●その際にキッチン裏に洗面所とお風呂があるのですが、ドアを付けやすいように、お風呂と洗面所の位置を反転させると言う事
以上のプラン変更を...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に確認申請がおりたあとに変更するならば余分に費用がかかるのはしょうがないことです。

請負契約の図面で立面図には書いてあるドアが平面では書いてないとゆうことですが、確認申請で提出してる図面はどっちなんでしょう?
もし申請がドアありで下りてるのに平面に書いてないから施工しないとなるとそれこそ外観が変わるので変更代がかかるのではないでしょうか?

請負契約書の立面に書いてあるものが平面に反映されてないとなると
それは工務店のミスになるのでその点を主張し、費用は折半なり契約書通りドアをつけてもらったりした方が良いのではないでしょうか?
それ以外のあなたの要望部分に関しては、支払いをするべきでしょう。

なんにせよこれから着工するのであれば余り揉めない方が良いと思いますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング