pod proとpod xt proの違いはなんですか?高いxtのほうを買う価値がありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

POD XT Proは、POD Proの後継製品になります。

POD XT Proの方が、アンプモデル、キャビネットモデル、エフェクトモデルなどにおいてPOD Proよりも多くのバリエーションがありますし、各モデリングの内容も強化されています。また、XTの方はUSB接続が可能で、直接PCで録音したり、ソフトウェアのアップデートをコンピュータを通じて導入することができます。詳細などはLine6 Japanのサイトなどで確認されるのが良いでしょう。
POD Pro:
http://www.line6.jp/pod/podpro/
POD XT Pro:
http://www.line6.jp/podxtpro/

高い方を買う価値については、その機能をどう評価するかで判断が分かれるでしょう。内容をよく見比べ、可能なら試奏して音を出してみて、最終的な判断をまとめるのが確実だと思います。

参考まで。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCanareのL-4E6Sとgs-6の使い分けについて

ラック音源→オーディオインターフェイス→モニタスピーカー
この「→」の所にCanareのケーブルを使いたいのですが、L-4E6Sとgs-6の使い分けについて良くわかりません。。
どちらもL-4E6Sもしくはgs-6のどちらかに統一した方がいいのか
ラック音源→オーディオインターフェイス間はgs-6
オーディオインターフェイス→モニタスピーカー間はL-4E6S
(もしくはその逆)のように使い分けた方がいいのか。
どうか、ご意見下さい!

Aベストアンサー

既に記述した三種類のケーブルを目的、用途により使い分けて下さい!
キャノン等、XLRコネクター等接続で比較的、長い場合と照明その他、ノイズ対策を重視する場合、L-4E6S、短くまたはホームユース等はL-2T2Sで高域特性優先、フォーンプラグ、RCAピンジャック使用時はGS-6
となります。
導体面積、絶縁皮膜、シールド外皮と芯線間の静電容量等々、構造を考えれば解かると思います。

Q LINE6 POD XT と POD XT LIVEの違い

モデリングツール系のエフェクターの購入を考えておりLINE6 POD XT とPOD XT LIVEのどちらかに迷っております。値段の差は気にしません。音の質やモデリングツール的な内容としては似たような内容なのですか?また、LINE6 POD XTはマルチのようにBANKのスイッチを演奏中に変えられるのですか?どなたかお分かりの方、ご返答お待ちしております。  

Aベストアンサー

こんにちは。
POD XT LIVEを使ってます。中身はほとんど一緒です。デフォルトで空間系のエフェクトがLIVEに入ってるくらいです。
演奏中変えられます。XTで変える場合は手で変えるかお手持ちのボード
にアサインして変えられます。
LIVEはボード一体型なのでそのままペダルを踏めばバンク切り替えはもちろんワウペダルも付いてるのでラクです。
家で弾いたりするのがメインならXTでライブメインならLIVEでいいんじゃないでしょうか?
ただ、モデリングの類は沢山販売されてるので音を楽器店で確認されたほうがよろしいと思います。

QI・E6からI・E7にVerUpしても大丈夫ですか。

以前から悩んでいたんです。今まで使っているI・E6をI・E7にVerUpしたいんだけどマイクロソフト社の不具合など含めてずっと躊躇してたんです。
乗り換えが遅いかもしれないけど、もうI・E6からI・E7にVerUpしても大丈夫でしょうか。
また、I・E6とI・E7を簡単に比較した時の長所・短所を教えてもらうと助かります。

Aベストアンサー

http://support.microsoft.com/ph/8722
サポートページもあるし。

やっぱりタブブラウズできることでは。フィッシング対策機能というやつは、あるサイトに接続すると同時に対策するためのサイトにも接続するから余分に接続するということ。オプションで無効にできる。

不具合・脆弱性はどのブラウザでもあること。

IE7あまり使わないが、6に戻せるから悩むよりは使ってみて答えを出せばいいのでは。

セキュリティ考えたら、
firefox+サイトアドバイザ+ノースクリプト

Qbass pod xtとxt live x3 について。

ベーシストで、使用ベースはfender usa jazz bassです。
住宅環境上、夜にアンプを使うのは厳しいのでヘッドホン使用、アンプシュミレートが使いたい為、下記の製品購入を考えています。ベーシストで使用している方にお尋ねします。
ライブも今後やる可能性もあります。

LINE6 bass pod xt
LINE6 bass pod xt live
LINE6 pod x3
LINE6 pod x3 live

エフェクターメインというより、色々なアンプシュミレートで音を作りたいと考えています。(アンプシュミレートなどでの遊びも含めて長く使いたいです。)
内蔵エフェクターが使えるものであれば、アンプシュミレートに+として多少歪ませたり、コーラスも使いたいと考えています。

スタジオなどでも使えるよう(音的に)であれば使用していきたいとも考えています。
1.使用は今の所ベースのみなのですが、ベースだけであればx3ではなく、bass pod xt またはxt liveで問題はないのでしょうか?
x3はdual tone機能がある点など、気になってはいます。

2.宅録などでは音はいいが、スタジオ・ライブなどではイマイチという声もあるようですが・・・使用している方どうなんでしょうか?

3.ライブでアンプシュミレートなどとして使う可能性が少しでもあればx3 liveまたはxt liveにしておいたほうがよいのでしょうか?

4.bass pod xtとx3で迷ってどちらかを購入したという方決め手、使い勝手などはどうでしょうか?

レビューなどを見てもベーシストの方のレビューがあまり見つからなかったもので、
5.使い勝手や、内蔵エフェクター(使い物になるかなど)、アンプシュミレートの精度、不満点や、良い点、気に入ってる点、など実際に使用している方の声が聞きたいです。

答えられる範囲でかまいませんので回答のほうよろしくお願いいたします。

ベーシストで、使用ベースはfender usa jazz bassです。
住宅環境上、夜にアンプを使うのは厳しいのでヘッドホン使用、アンプシュミレートが使いたい為、下記の製品購入を考えています。ベーシストで使用している方にお尋ねします。
ライブも今後やる可能性もあります。

LINE6 bass pod xt
LINE6 bass pod xt live
LINE6 pod x3
LINE6 pod x3 live

エフェクターメインというより、色々なアンプシュミレートで音を作りたいと考えています。(アンプシュミレートなどでの遊びも含めて長く使いたいです。...続きを読む

Aベストアンサー

pod xt所有の初心者ギタリストです。一応ベースも所有。

予算が許すなら、下位機種の要素を全部内包してるx3liveを買っておけば絶対間違いないはずです。
って、これじゃ回答にはならないですね。。。

1;「問題」は特に無いでしょう。dual toneは音作りの可能性を広げますが、無くて困る機能というわけでもなさそうです。でも長く使うそうなので、ギターやボーカルも始める可能性があるなら、X3にしておけばお得です。ギター用エフェクトをベースに使うといった自由度もありますしね。

2;確かに宅録ツールとしてのイメージが大きいですよね。でも実際ライブに使用するプロもいたはずです。それなりの品質を期待してもいいのでは? 少なくとも最初に手にするマルチ&アンシミュとしては十分すぎる製品だと思いますが。

3;ライブを視野に入れるなら当然liveを買った方が不便は無いです。曲中で一度も音を変えないならliveでなくても間に合いますが。ライブにせよ宅録にせよ、liveのほうが操作性においては上です。(デカイので場所はとります)それとliveのもう一つの特長が、入出力の多さです。自宅でのヘッドフォン練習者として見逃せないのが、CD/mp3プレーヤーなどを入力できるステレオミニin。余計な周辺機器なしに外部音源とセッションしたいなら、これだけのためにliveを選んでもいいくらいです。さらにx3liveにはプログラム可能なセンド/リターンまでついてます。内蔵エフェクトに不満があっても外部コンパクトをかませることができます。ここまでくると隙がない。。。値段は高いけど。

4;どうして散々x3liveを薦めておきながら自分はギター用podxtなのかというと、
*知人から安く譲ってもらえた
*当時ベースを持ってなかった
*ライブ用マルチは別に持っていた
*パソコンとオーディオインターフェースに繋ぎっぱなしの使用が前提だった
などなど。これは各々の(主に金銭)事情が大きいでしょう。
なんとギター用だとか気にせずベースをつなげることもあります。

5;これに関しては本来ベースプレイヤーでもなければbass xtもx3も持ってないのでなんとも言えないです。


以上を踏まえて、とりあえず自分なら、ライブの可能性が少しでもあるなら、普通のxtやx3は不安すぎるのでまず除外します。
残るのはxtliveかx3liveですが、その価格差ぶんの魅力をギター用アンプ/エフェクト群やdual tone、センド/リターン機能などに見いだせるかどうかですね。


以上、まったく実体験の絡まない、憶測だけの意見でした。
参考になれば幸いです。

pod xt所有の初心者ギタリストです。一応ベースも所有。

予算が許すなら、下位機種の要素を全部内包してるx3liveを買っておけば絶対間違いないはずです。
って、これじゃ回答にはならないですね。。。

1;「問題」は特に無いでしょう。dual toneは音作りの可能性を広げますが、無くて困る機能というわけでもなさそうです。でも長く使うそうなので、ギターやボーカルも始める可能性があるなら、X3にしておけばお得です。ギター用エフェクトをベースに使うといった自由度もありますしね。

2;確かに宅...続きを読む

QやまびこでE2+E3よりもE5+E6の運用が多いのはなぜ

東北新幹線が見える場所に勤務しており、よく新幹線をながめています。
 福島でつばさと連結、切り離しのないやまびこ(東京~仙台、盛岡)はE2系、E5系、E5系+E6系、E5系+E3系(以前のこまち6両)の4通りの組み合わせを見ますが、E2系+E3系(やまびこ+つばさ編成)を見たことがありません。こまち編成はやまびこに使われるのに、つばさ編成は使われないのはなぜですか。
 ダイヤが乱れると仙台までE2系+E3系が行く動画を見たことがあるので、構造上行かれないのではないと思われます。ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

東北新幹線の大宮駅より仙台駅方面にお勤めでしたらE2系の運転は今年の年始の運用で消えており、上越新幹線の新潟駅、ガーラ湯沢駅の「とき」、「たにがわ」の運用にシフトをしています。これは東北新幹線の開業から使用してきた200系、今年のダイヤ改正で引退する二階建てのE4系の上越新幹線での運用を置換する事で差し替えられており、前の回答者の「運用がどうにもならないから」ではありません。

 E3系は山形新幹線の「つばさ」に使用されている車両は秋田新幹線の「こまち」の車両を転用した物が多く、これもE6系に差し替えた事から転用した車両です。これでE5系の「はやて」、「はやぶさ」との速度を合わせる目的でパートナーを「やまびこ」に変更してこの組み合わせは誕生をしています。「つばさ」編成はタイプが異なる形式がありますし、「とれいゆ」に改造される等一部は置き換えられていますので解らなくても可笑しくはありません。

 災害時等で手に負えない場合には書かれている運用はありますし、他には仙台市にある基地に回送を兼ねての「なすの」の延長の形で行われています。この使用車は扱いが E5系の運用補助であり、「こまち」編成のロゴは消されています。

東北新幹線の大宮駅より仙台駅方面にお勤めでしたらE2系の運転は今年の年始の運用で消えており、上越新幹線の新潟駅、ガーラ湯沢駅の「とき」、「たにがわ」の運用にシフトをしています。これは東北新幹線の開業から使用してきた200系、今年のダイヤ改正で引退する二階建てのE4系の上越新幹線での運用を置換する事で差し替えられており、前の回答者の「運用がどうにもならないから」ではありません。

 E3系は山形新幹線の「つばさ」に使用されている車両は秋田新幹線の「こまち」の車両を転用した物が多く、これ...続きを読む

QPOD XT LiveとTonePort UX1の違いと録音方法。

上記の質問です。よろしくお願いします。

最近、エレキギターの周辺機器をグレードアップさせようとアンプシュミレーターの購入を考えていて、最初はPOD XT Liveに狙いを定めていました。
やはり人気が高いし、値段も下がってきて、ライブでも使えるみたいなので重宝できるのかな~と思っています。

しかしPODの値段などいろいろと調べてみると、同じ会社からTonePort UX1とUX2というものをみつけてしまいました。
いろいろと調べてみると、なかなかいい音が出るみたいで結構困っています。


自分は今までめっさ小さいアンプで練習していましたが、
これからはPCでの使用を考えています。
せっかくなのでPC録音ができるものがいいのですが、ここで別件で悩みが出てしまいました。

自分のPCはノートパソコンでありマイク端子しかありません。

(1)XT Liveについて

PODXT本家サイトで

>>PODXT Liveからダイレクトにコンピュータへ録音できますか?
もちろんです。USBポートを使って直接デジタルで録音することが可能です。

と書かれているのですが、よくXTを使っている人のブログなどを拝見すると、

XT(OUT)→LINE IN→ソフトウェアを使ってPCに録音
    →ミキサー(オーディオインターフェース?)→↑

が多いようで、まずここで疑問点が浮上します。
「XT LiveからUSBで直接録音は可能だが、性能が悪い」
という認識でいいんでしょうか?

もしそうであるならば、LINE入力のない自分のPCは別途録音機器を買わなければならないということでしょうか?
マイク端子では恐らくせっかくのいい音が台無しになると思うので・・・


(2)TonePort UX1のについて

GearBoxを使用しなければ音が出ない、ということでライブでの使用は不可で、宅録専用であるという認識です。
もしこちらを購入するのなら、これを自宅練習用として使い、スタジオやライブ等では別途エフェクターを買いそろえる必要がありますよね?



極論として、使い勝手としてどちらの方がいいですか?
大きさ重さは気にしません。

----------------------------------------------------

と、自分で質問しておいてなんですが、
これら2つは比べること事態がおかしいような気がしてきました;

使用環境によって変わってくるのだろうと思うのですが、はっきり自分でもわかっていないので現状です。

練習は自宅の方が多いですが、ライブするならその時はXT Liveの方が使い慣れてるはずですし楽かな~と思っていました。

主論は、音の質とお金の問題です。
XTとUX1で音の違いは実際使ってみた人はどうなんでしょうか?
あと(1)の問題もあるので、結局オーディオインターフェースを買わなければならないなら、予算的にも仕方なくUX1という感じです。

予算はXT liveでいっぱいいっぱいです。

グダグダな質問になってしまいましたが、
面倒であれば参考URLだけでも載せてくれるとありがたいですm(_ _*)m


よろしくおねがいします。

上記の質問です。よろしくお願いします。

最近、エレキギターの周辺機器をグレードアップさせようとアンプシュミレーターの購入を考えていて、最初はPOD XT Liveに狙いを定めていました。
やはり人気が高いし、値段も下がってきて、ライブでも使えるみたいなので重宝できるのかな~と思っています。

しかしPODの値段などいろいろと調べてみると、同じ会社からTonePort UX1とUX2というものをみつけてしまいました。
いろいろと調べてみると、なかなかいい音が出るみたいで結構困っています。


自分は今...続きを読む

Aベストアンサー

ギタリストではなくて、素人録音屋(パートはベース)なので、アンプシミュレータのとしての音の事については他の詳しい方に譲りますが…

>「XT LiveからUSBで直接録音は可能だが、性能が悪い」
>という認識でいいんでしょうか?

については、別にそんなこたぁないという感想です。

ただ、本格的に宅録環境を備えた人の場合、ギターだけでなくマイクやダイレクトボックスボックス等を経由した、いろいろな音源を宅録で録れるようにしているのが普通で、そういう場合はメインのオーディオインターフェースとDAWソフトの組み合わせで、録音環境の設定を煮詰めきっている場合が多いんです。
そういう場合では、ギター録る時だけメインのオーディオインターフェースからPOD XT Liveにインターフェースを切り換える事は、一つは手間でもあり、またソフトやハードの設定を調整し直すのは、有る意味(良い音を煮詰めるという点で)危険も伴うので、メインのインターフェースにPOD XT LIVEをアナログで繋いだ方が、録音品質と利便性の面で遙かに有利な場合が多いんです。

それと、POD XT LIVEがオーディオインターフェース機能があるとはいえ、専門のオーディオインターフェースに比べたら「モニター回線の音質はそんなに良くない」ということもあります。
宅録環境が整っていれば、録音時のモニターも、何の楽器を録る時でも全く同条件になるようにしまし、そうしないと同じ尺度で客観的に音質の判定ができないですからね。

そんなことから、ある程度の品質のオーディオインターフェースやモニタースピーカ環境を備えられている宅録家なら、POD XT LIVEをあえてアナログ回線で使用する例は、不思議じゃありません。
また、POD XTシリーズは、無理無理デジタルで録らなくても、アナログで録ってもそこそこ音質が良いということもあります(安物のアンプシミュレータだと、アナログ回線の音質が悪いので、逆にデジタルにこだわりたい時もあります)。

TonePort UX1についてですが

>これを自宅練習用として使い、スタジオやライブ等では別途エフェクターを買いそろえる必要がありますよね?

というのは、もちろんその通りです。

ただ、ギターアンプ代わりに自宅練習に使う事に特化して考えたとしても、なんとか XT LIVE買える予算があるなら、TonePort UX1に手を伸ばすメリットは無いと思いますけどね。
エフェクトは、ほぼすべてソフトウェアで再現するわけですから、PCの能力によっては(エフェクトにPCでの処理時間が必要なので)発音の遅れを生じたりすることがあると聞きます。
ギター音だけじっくり煮詰めて録音する…ということだけを考えれば、選択はケースバイケースですが、エフェクト発音の処理の速さと確実性は、ハードで行う XT LIVEの方が上なのは言うまでもないですし、XT LIVEだって専用のオーディオインターフェースにはインターフェース機能はかなわないですが、それでも TonePortに比べれば、XT LIVEの方がしっかりした造りです。

で、特に質問者の方は、ライブで使う事も念頭に置かれているわけですから、それなら予算的にちょっとキツイかもしれませんが、POD XT LIVE買われる方が良いと私は思います。

ちなみに、POD XT LIVEの実売価格で TonePort+オーディオインターフェースを買うとしたらば、オーディオインターフェースはまぁまぁのに手は届きますけど、ますますライブ使用から縁遠くなりますしね…
差し引きしたら、現時点ではPOD XT LIVE1本に絞って、ゆくゆく予算ができてから良いオーディオインターフェースを考えるってことで良いんじゃないでしょうかね?

ギタリストではなくて、素人録音屋(パートはベース)なので、アンプシミュレータのとしての音の事については他の詳しい方に譲りますが…

>「XT LiveからUSBで直接録音は可能だが、性能が悪い」
>という認識でいいんでしょうか?

については、別にそんなこたぁないという感想です。

ただ、本格的に宅録環境を備えた人の場合、ギターだけでなくマイクやダイレクトボックスボックス等を経由した、いろいろな音源を宅録で録れるようにしているのが普通で、そういう場合はメインのオーディオインターフェース...続きを読む

QCFとかBNとかREV.E6ってなんですか?

ATHLON64 3700を買おうと思うのですが、ADA3700CFBOXとかREV.E6とかあるようですが、これらの意味って何ですか?110wと89wのちがいなんでしょうか?だとしたらわたしはオーバークロックは考えてないので、89wで大丈夫でしょうか?なんか変な質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

No2です。
再度調べた所、CFは3700&4000のE6の事で新バージョンのOPNみたいです。(別コアかも?との事)
http://fab51.com/cpu/guide/opn_watch061.html

>REVってそれぞれどんな違いがあるんでしょうか
まぁ一般的にエラッタ修正や最高温度の低下、などなどです。

>E6までは細かく注文できないとおっしゃいました。
ご自分の足で探し回るしかないですね。(私も3200のE6をしつこく探しました)

QLINE6のPod x3を買おうと思っているのですがX3でも三種類あり

LINE6のPod x3を買おうと思っているのですがX3でも三種類ありますよね
x3とx3LIVEはフットスイッチがあるかどうかの違いだけで音質は変わらないとおもうのですが
x3PROのほうはどうなのでしょうか?やはり入出力端子が増えているだけで音は変わりませんか?

Aベストアンサー

音質がどうこう…ってのも、気になること自体は気持ちはわかりますが、まずは「2つとも用途が違う」という点にご注目ですね。

POD X3 は、
http://jp.line6.com/podx3/specs.html
まぁぶっちゃけ「アマチュア向けの、ギター宅録用オーディオインターフェース」です。
出力をアンプにも繋ぐ事は当然できるけど、基本想定はパソコンにUSB接続して、デジタルで宅録する前提ですね。
また、パソコン上でソフトウエアエフェクトでさらに音を作り込む事も前提の造りと言えます。
本来的には、家から外に持ち出す前提の造りではないです。

POD X3 Liveは、
http://jp.line6.com/podx3live/specs.html
POD X3をライブ会場で使おうといういうコンセプトですね。
だから、出力回路は「そのままギターアンプに繋がれるのが前提」の造りで、X3よりは出力アナログ回路品質は良いです。といっても、ギターアンプとギタリストの腕次第ですが。
また、当たり前ですがペダルでの操作前提の操作体系になっている事と、ライブ使用を前提にセッティング切り替えのスピードと精度に気を使った造りになっています。
デジタル部分の品質は、まぁX3とほぼ同等でしょう。1万円程度の価格差は、筐体の造りで埋まってしまいますから。
といっても、接続の自由度が高い分、アナログ出力品質はX3よりは良いですね。
パソコンで宅録するだけなら、そんなに大きくは違わないですが。

POD X3 Proは、
http://jp.line6.com/podx3pro/specs.html
プロ級のレコーディング環境でPOD X3の機能を使うための「プロ専機」の設定です。
音は段違いですが、そのかわり、レコーディングシステム全体がプロ級機材で固めてある環境で使うのが前提です。
まぁ普通の一般人には、あんまり用はない世界でしょう。
高価なのは、プロ仕様出力の設計だからと言っていいです。デジタル部分はもしかしたらX3と大きくは違わないかもしれませんが、全体のクォリティは全然違います。

音質がどうこう…ってのも、気になること自体は気持ちはわかりますが、まずは「2つとも用途が違う」という点にご注目ですね。

POD X3 は、
http://jp.line6.com/podx3/specs.html
まぁぶっちゃけ「アマチュア向けの、ギター宅録用オーディオインターフェース」です。
出力をアンプにも繋ぐ事は当然できるけど、基本想定はパソコンにUSB接続して、デジタルで宅録する前提ですね。
また、パソコン上でソフトウエアエフェクトでさらに音を作り込む事も前提の造りと言えます。
本来的には、家から外に持ち出す前提の...続きを読む

Q水色(#b0e0e6)地にあう文字の色は?

水色(#b0e0e6)地にあう文字の色を教えてください。

単純に、補色(Red-Orange)ですと浮いてしまい、同系色ではインパクトがちょっと足りない。

カラーコードで教えていただけると嬉しいです。

お願いします。

Aベストアンサー

素人意見であれですが、この色ならグレーが無難かと(’’
太さとか文字の感じにもよりますが・・・

以下候補をあげてみました。

#7f6c71 ・・・ 明るめのグレー
#b8192f ・・・ 濃いめの赤系
#984414 ・・・ 茶系
#598211 ・・・ 黄緑っぽい色
#138c3e ・・・ グリーン系

Qpod xt とコンパクトエフェクターについて

先日PODxtを買いました。
録音するときにコンパクトで作った音を録音したいんですけど、ギター→コンパクト→POD→PCで録音しても大丈夫でしょうか?
PODはエフェクトを使わずインターフェースとして使うつもりです。

Aベストアンサー

ども。

私もPODxtとコンパクトエフェクタを組み合わせて
 以前録音していました。

回答はもちろん使えます。

いろいろな組み合わせでサウンドメイクをしていけば
 自分好みのサウンドが見つかると思いますよ。

以下は私の録音の仕方からのちょっとしたアドバイス
 (というかコツですが)
 PODxtにはAIRという結構良い機能がありますよね。
 これを上手く使うと、録音した時に結構「アンプのマイク取り」
 っぽい効果が簡単に得られます。
 AIRを効果的に使うには、キャビネットシミュレータが
 必要になるので、どうしても「PODの空間系エフェクタ」を
 使わざるを得なく時もあると思います。
 
 ※PODxtにはループ端子がないので・・・止むをえませんね。。。

 歪み系やワウなど、プリアンプの前方に繋げた方が良いと
 されるエフェクタならば、PODの入力に繋げてしまえば
 全然使えますね。
 
 とは言っても、PODの入力にリバーブなんかつなげてはイケナイ
 ということはないので、自分好みのサウンドが作れるならば
 そこもトライ&エラーを繰り返すべきだと思います。

 
 ここは「PODのエフェクタを使わずにインターフェースとして使う」
 と決め付けずに、いろいろ試してみてはどうでしょうか?

 ちなみに、コンパクトとPODでサウンドメイクする場合の
 1つのコツとしては、

 コンパクトを全てOFFにして「PODのみで綺麗なクリーントーンを作る」

 ことだと思います。
 ここからコンパクトで歪ませてみたりしていくと、良い結果が
 得やすいと思います。

 クリーントーンがグチャグチャのままコンパクトエフェクタで
 イロイロ試すと、何が何だか分からなくなるので・・・。

長くなりましたが参考まで。

ども。

私もPODxtとコンパクトエフェクタを組み合わせて
 以前録音していました。

回答はもちろん使えます。

いろいろな組み合わせでサウンドメイクをしていけば
 自分好みのサウンドが見つかると思いますよ。

以下は私の録音の仕方からのちょっとしたアドバイス
 (というかコツですが)
 PODxtにはAIRという結構良い機能がありますよね。
 これを上手く使うと、録音した時に結構「アンプのマイク取り」
 っぽい効果が簡単に得られます。
 AIRを効果的に使うには、キャビネットシミュレ...続きを読む


人気Q&Aランキング