ある会社で営業部長(役員でも執行役員でもありません)をしています。8月8日に退職届けを提出し、経営層との面談後、8月末での退職を受理されました。ところが、今日になって本社から、覚書に署名するようにとの指示がきたようです(実際には僕はまだ見てないのですが、(1)個人情報をもらさない・・・とかの記載だそうですが、(3)当社の顧客に対してのアプローチや仕事を持って行かない・・・(4)当社に損害を与えるような行為をしない・・・。のような内容らしいです。当社の就業規則には、退職時に同業他社への就職を禁じる文言も無ければ、退職時に覚書に署名させる旨の文言もありません。同業他社に転職する予定ですので、顧客から依頼があれば(3)(4)に該当しないとは、言い切れません。今回、会社側が急遽覚書を作成したようですが、署名は拒否できるでしょうか?また、拒否することによって、退職出来ない、或いは退職金を出さない等の不利益を受ける可能性はあるのでしょうか? 困っております。法律に強くないので、教えてください。お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

問 署名は拒否できるでしょうか?また、拒否することによって、退職出来ない、或いは退職金を出さない等の不利益を受ける可能性はあるのでしょうか?



答 署名を拒否することにより,退職できないなどということはありえません。退職届けを出せば,就業規則等で定められている期間経過後に退職はできるでしょう。なぜなら,国民は,職業選択の自由があり(憲法22条1項),それを「退職させない」という形で制限するような労働契約は,公序良俗に違反して無効(民法90条)と考えられるからです。

 そして,退職金についても,貴社の退職金規程の要件を満たすことにより規定の額が支払われるのであり,本件署名拒否を理由とする不払いや減額は許されないでしょう。
 一般に退職金は,賃金の後払いと功労報償の性格を有するといわれており,そのような退職金の性格を考えると,職務上の犯罪を犯した場合等ならともかく,署名拒否を理由として支払拒否することは,やはり公序良俗に違反する処分といえましょう。

 本件覚書の主な目的と効果は,質問者様に対して,退社後に会社に不利益な行為をとらないよう心理的な圧力を加えることであるといえるでしょう。

 ただし,法的に意味がない文書ということではありません。
 というのは,転職にあたり会社の顧客やノウハウを奪うことは,目的・内容・程度によっては,会社に対する不法行為(民法709条)となりうるからです。
 質問者様のような雇用関係にある方ではなく,取締役の事例ですが,在職中に会社の取引先の商権の奪取を企て,退職後に競業会社を設立して,もと在籍していた会社の取引先を競業会社の取引先としたことが,会社に対する不法行為となるとした判例もあります(大阪地裁平成14年1月31日判決)。

 そして,本件文書は,退職者の行為により損害を被ったと主張する会社が裁判で損害賠償請求をする場合に,退職者の行為に故意・過失があり,また悪質であることを証明する証拠となると考えられます。
 裁判で,「被告の元部長は,このように覚書に署名し,弊社に損害を与えることを十分に認識していたにもかかわらず,故意に顧客とノウハウを奪い,個人情報を流用した」等主張するのです。

 覚書に署名していなくとも,会社に損害を与えることを認識しながら,あえて多くの顧客を転職先に紹介したり,ノウハウを流用すれば,それは,会社に対する不法行為(709条)となるでしょう。
 逆に覚書に署名していたとしても,顧客のほうから転職者を慕って転職先の顧客となった場合などは,不法行為の要件である行為者の故意・過失が認められず,不法行為とはならないでしょう。


【日本国憲法】
 第22条 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

【民法】
(公序良俗)
第90条 公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。

(不法行為による損害賠償)
第709条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答誠にありがとうございます。故意ではなく、顧客要請であれば問題無いと言うことが解れば安心できます。ただ覚書を書けと言う会社の姿勢と、転職先、顧客に迷惑掛けたくなかったので・・・。(不法行為による損害賠償)第709条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。←これは退職後にも当てはまるのでしょうか?

お礼日時:2008/08/22 07:43

問 「(不法行為による損害賠償)第709条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

」←これは退職後にも当てはまるのでしょうか?

答 退職後にも適用されます。不法行為(民法709条)は,債務不履行とは異なり,加害者と被害者との間に雇用関係等の契約関係がない場合にも適用されます。
 退職した使用人は,在職時に得た顧客との関係やノウハウを活用して退職した会社の利益を侵害する可能性を有していることから,退職した会社の利益を害しない信義則(民法1条2項)上の不作為義務を負っていると考えられます。
 退職後にも負うその不作為義務違反が,不法行為となりうるのです。

 あるいは,退職した会社との雇用関係が,その性質上,「在職中に得た顧客との関係・ノウハウ等との知識によって,退職後にも会社の利益を侵害しない」という契約を含んでいるとも解釈できます。そう考えると,退職後にも契約違反として債務不履行責任(民法415条)を追及されることになるのです。

【民法】
(債務不履行による損害賠償)
第415条 債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。債務者の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったときも、同様とする。
 

この回答への補足

度々恐縮です。ご丁寧なご回答ありがとうございます。

答 退職後にも適用されます。不法行為(民法709条)は,債務不履行とは異なり,加害者と被害者との間に雇用関係等の契約関係がない場合にも適用されます。
 退職した使用人は,在職時に得た顧客との関係やノウハウを活用して退職した会社の利益を侵害する可能性を有していることから,退職した会社の利益を害しない信義則(民法1条2項)上の不作為義務を負っていると考えられます。
 退職後にも負うその不作為義務違反が,不法行為となりうるのです。

※退職後、顧客に僕からアプローチは致しませんが、顧客側から呼出しを受け、従前の仕事を依頼したいと言って来た場合、上記ご回答や、他に問題はあるのでしょうか?教えてください。

補足日時:2008/08/22 23:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になるご意見ありがとうございます。再度絞り込んで質問のせてみますので、もしよろしければ、ご教示お願い致します。

お礼日時:2008/08/23 10:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオフィスクリーニング会社に鍵を預ける際の覚書

年末年始の休業中にオフィスクリーニングをすることになりました。
初めて利用する業者なので、鍵を預ける際に覚書か念書を結びたいのですが、文面の雛形がみつからず苦労しています…。
「家具の破損など何かあった場合、弁償してほしい」という文面にしたいと考えています。

ご指導いただければ幸いです。

Aベストアンサー

オフィスクリーニング業者にひな形はないのでしょうか。
また、会社の誰も立ち会わないのでしょうか。
立ち会わず、ひな形に項目がなければ、下記ではないでしょうか。


・オフィス用具に破損が生じた場合、損害を賠償することができる。

Q退職届けの受理を忘れられていた

今月の4月に会社を辞めたのですが、4月末になっても離職票が届かなかったので、会社に問い合わせしたら、
「退職届けの受理がされてません。」と、総務で言われ、慌てて元上司に確認したら「俺は受け取った退職届け、ハンコついて出したから、他の人じゃないかな・・・?」と・・・・・。
なかなか大きな企業なので、退職届けのサインに色んな方の印鑑がいるそうで、たらい回しにされた挙句、離職票がいつ届くかも、分からないまま、今にいたります。3月初めに提出した退職届けが、4月の末で、いまだに受理されていない事で失業保険をもらえる月も1ヶ月遅れ、しかも国保にも離職票がないと入れずじまい。この責任追及と賠償についてを相談したいのですが、何処に行けば良いのかわかりません。何かご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

> この責任追及と賠償についてを相談したいのですが、何処に行けば良いのかわかりません。

まずはその会社へ謝罪や賠償を請求。

適切な対応がされない場合は裁判所へ訴えですが、謝罪については相手に強要することは出来ないので、対応が誠意が無い事により精神的苦痛を被ったなどとして、慰謝料の上積みなどを請求するのが妥当です。
手続きなどについて不明瞭な点があるのなら、電話帳で県の弁護士会を調べ、適任な弁護士を紹介してもらい、相談する事をお勧めします。


> いまだに受理されていない事で失業保険をもらえる月も1ヶ月遅れ、しかも国保にも離職票がないと入れずじまい。この責任追及と賠償

これに関しては、退職後速やかに離職票の請求などを行わなかったとかいう事があったのなら、質問者さんにも責任はあります。
また、速やかに再就職すれば本来は失業給付を受ける必要はありませんし、損害が確定していない状態では賠償請求の根拠も不明瞭です。
裁判しても、かなり厳しい状況になると思います。

Q覚書

よろしくお願いします。今日、ある工事現場にて軽微なトラブルが発生し、工期(引き渡し)が延期となりました。お客様の担当の方と協議した結果、念のため覚書を書いて欲しいと依頼されたのですが、書き方が分からず例文や雛形を検索しても、参考になりそうなものが見つかりません。そこで、ご教授願いたく質問させていただきました。該当するような例文が掲載されているサイトなど教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

参考になるかわかりませんが…

http://oboesyosiki.seesaa.net/

詳しく記載してあり、自分でも作成できます。

Q執行役と執行役員

執行役と執行役員の違いについて教えてください。

常務取締役と、取締役でない専務執行役員とではどちらの方が地位が上なのでしょうか?

ビジネスカテで質問したのですが、法律カテの方が良さそうなので、こちらで再度質問させて頂きました。

Aベストアンサー

「執行役」というのは、商法特例法上の委員会等設置会社に対して
設置が義務づけられた法定の機関です。委員会等設置会社であれば
法律上必ず執行役を置く必要があります。
これに対して「執行役員」には、法律上の根拠はありません。経営
と執行を分離するためにソニーが導入したのが最初だったと思いま
すが、要は単なる肩書きです。
そういう訳で、「執行役員」をどう位置づけるかは各社各社で異な
りますので、常務取締役と取締役でない専務執行役員どちらが上か
は一概には言えません。

Q一通のみ発行の覚書

よく目にする覚書の作成方法には
冒頭:「双方共に合意して本覚書を作成した」
文末:「本覚書を2通作成し双方が保管する」
が文末に記載されていますが、

冒頭:「双方共に合意して本覚書を作成した」旨冒頭に記述しつつ
文末:「一通のみ覚書を作成し片方が責任を持って保管する」

とした覚書は有効なのでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず余談。日本語を知っていれば当然判りますが、覚書は文書に決まってます。覚“書”って言うくらいなのですから。文書でなくてもいいなんてのは大嘘です。文書でないようなものは覚書とは言いません。これは法律ではなくて日本語の問題。

さて、法律上は文書の作成は原則として不要です。不要なのですからその有効性など法律上は全く問題になりません。正確に言えば、有効とか無効とかいう概念を容れる余地がないのです。あくまでも紛争になった時の証拠となる物の一つに過ぎません。その内容の真否、信用性などは裁判において裁判官が判断するものです(成立の真正は特別の規定がありますが)。ですから、1通だろうが2通だろうがそれ以上だろうがそもそも存在しなかろうがそれ自体は現実に紛争が起こらない限りどうでもいいことなのです。
1通だと紛争になったときに所持している側が自分に不利になりそうだと破棄してしまったりする可能性があるので、当事者全員が持っている方が安心というだけの話です。そういうおそれがないのなら1通でも作成しなくても何の問題もありません。

ところで証拠能力というのは、証拠とすることができるかどうかという意味なので、存在しない文書が証拠になりようがないのは当たり前なので作成しなければ証拠能力など問題になるわけがありません。「問題がある」どころか問題になるわけがないのです。こんなのは常識でわかる話ですね(ちなみに細かいことを言えば、そもそも民事では証拠能力はほとんど問題になりません)。

まず余談。日本語を知っていれば当然判りますが、覚書は文書に決まってます。覚“書”って言うくらいなのですから。文書でなくてもいいなんてのは大嘘です。文書でないようなものは覚書とは言いません。これは法律ではなくて日本語の問題。

さて、法律上は文書の作成は原則として不要です。不要なのですからその有効性など法律上は全く問題になりません。正確に言えば、有効とか無効とかいう概念を容れる余地がないのです。あくまでも紛争になった時の証拠となる物の一つに過ぎません。その内容の真否、信用性な...続きを読む

Q役員辞任と退職の届け

中小零細企業の役員をしていますが、役員を辞任し会社も退職したいのですが、このような場合の届けは、単に退職届けでよいのか?役員の辞任届けと退職届けと両方居るのか?実際にご経験された方教えてください。

Aベストアンサー

辞任登記をしなければ、会社債権者等に辞任を主張できないと言いましたが、会社が故意に辞任登記を遅らせているような場合に、辞任したものとみなすような規定は、残念ながら存在しません。法は、取引の安全を目的として考えているので、会社債権者等を保護するための規定(その役員の登記があったから安心して取引したのだから、登記がある以上、その役員は役員としての責任を原則免れ得ない等)はありますが、役員側を保護する事は考えていないからだと思われます。しかし、代表取締役は「後任役員の選任を不当に遅滞させた」(結果として辞任していた役員が権利義務役員となり辞任登記できなかった)事を理由に過料に処せられます。その場合には、辞任登記を求める裁判を起こしてその勝訴判決により、辞任登記をする事になります。ですから、実務的に言うと、辞任の意思表示をして、会社もそれを受領したにもかかわらず、会社が故意に辞任登記しなかった場合に、その間に取引のあった会社債権者から責任追及される可能性は出てきます。もちろん、辞任しているのですから、責任は実体上無いのですが、それを裁判で争った場合は、合法的に辞任したのに、会社が故意に辞任登記してくれなかった事を、辞任者側が立証する責任を負いますので、その意味からは、会社側に辞任届けを提出する時は、会社側が後で受領した事を否定出来ないようにするために、内容証明郵便で送等すれば、それが辞任の証拠ともなりますので、間違いないと思われます。

辞任登記をしなければ、会社債権者等に辞任を主張できないと言いましたが、会社が故意に辞任登記を遅らせているような場合に、辞任したものとみなすような規定は、残念ながら存在しません。法は、取引の安全を目的として考えているので、会社債権者等を保護するための規定(その役員の登記があったから安心して取引したのだから、登記がある以上、その役員は役員としての責任を原則免れ得ない等)はありますが、役員側を保護する事は考えていないからだと思われます。しかし、代表取締役は「後任役員の選任を不当...続きを読む

Q2回目の覚書作成について

賃貸借契約締結後、一度賃料の変更で、覚書を作成しております。
再度、名義変更のため、覚書を作成したいのですが、記載する内容を教えてください。

覚書の最初の部分に

平成○年○月○日付契約書(以下「原契約書」という)に関して、次の通り覚書(以下「本覚書」という)を締結する。・・・※(1)

という文面を入れ、条項の中に

本覚書にて変更した事項以外は原契約書に何ら変更のないことと確認する。・・・※(2)

という内容を入れています。

一度覚書を作成し、今回のように、さらに覚書を交わす場合、※(1)※(2)の文章のままでよいのでしょうか?
※(1)※(2)の部分に、一度目の覚書についても記載しないといけないのでしょうか?
特に※(2)の部分の、原契約書というのは一度目の覚書で変更した部分が含まれていないので・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

※(1)を、以下のようにされてはいかがでしょうか。

平成○年○月○日付契約書及びこれに関する平成×年×月×日付覚書(以下両者を合わせて「原契約書」という)に関して、次の通り覚書(以下「本覚書」という)を締結する。・・・※(1)

Q何かの犯罪で執行猶予中、交通違反だけでも執行されるのですか?

何かの犯罪で執行猶予中、交通違反だけでも執行されるのですか?
もし犯罪で執行猶予付きの有罪判決を受けた場合、執行猶予期間中に交通違反でも起こしたら刑が執行されるのですか?

Aベストアンサー

こんにちは!
執行猶予期間中は,罰金以上の刑に処せられると猶予刑が執行になります。
交通違反の交通反則金は行政罰なので大丈夫ですが,交通違反で,例えば30km/以上の速度超過をしていまい,交通反則金で済まなくなり,罰金刑になると大変です。

Q覚書を交わして契約書を交わしていない場合

覚書を交わして本契約を交わす事になっているが、覚書が不十分な為取り消しを
したい場合はどうすればいいか?
また、本契約を交わしていないので覚書は法律上有効とされるのか?

Aベストアンサー

 覚書を交したということなので、その内容は言葉は違っても一種の契約として有効と考えられます。
 文面から、その覚書は「本契約の予約契約」のように感じうけますが、覚書で取り決めた事項は原則として守られなければならず、それ以外の本契約内容について疑義が生じて契約を交すことができなければ、それは仕方のないことですから問題ないと思います。
 ただ、覚書は、通例ある契約についてその内容を補完したりする場合に使用されるようです。

Q代筆により受理された離婚届けについて

服役中だった夫に対し妻は離婚を求めましたが、夫はそれに応じませんでした。
すると妻は夫の実父に離婚届けへの署名の代筆を求めました。
それに対し実父は初めは拒み続けましたが結局は応じました。
妻は実父代筆署名による離婚届けを提出し受理されました。
妻は離婚成立により受けることが出来る手当ての支給を受けてます。
その後、夫は出所し離婚の事実を知ります。
この場合、夫が離婚の無効を申し立てたら元妻と実父は何らかの罪に問われますか?
また、夫が申し立てをする場合は何処へどのような申し立てをすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

文書偽造、不実記載等の罪は社会的信用性を害する行為で、証拠もあり被害者もいるため、告訴すれば不起訴にはならないと思います。
ただし、夫が服役中だったので、情状などを考慮され実刑はないと思ういます。
児童扶養手当(母子手当)の受給に関する詐欺罪についても同様に情状を考慮されるでしょう。

罪の重さは共同不法行為なのでどちらも同じですが、刑罰を受ける場合は、元妻>実父となる可能性は高いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報