この間テレビで見たんですけど
大きな輪を二つかさねて間を何本だろう?つないでるんです。
そのつないでるパイプの部分で鉄棒しながらその輪もまわってるんですけど・・・
不充分な説明ですが誰か分かる方がいたら教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「ラート」だと思います。


昔、チョコレートのCMであるアイドルがこれに乗ってまわっていました。
それがラートを見た最初かなあ。25年以上前でした。
ちゃんとした競技で直転・斜転・跳び越しの3種目があり、男女別で
行われるようです。(10点満点です。体操に似てますね)
日本選手権も毎年行われています。
以前テレビでレポーターが挑戦していましたが結構腹筋背筋を使うらしく
ぐるぐる回るのでなれないうちは目がまわることもあるようでした。
止め方もなんだか難しそうだったなあ・・・。
こんな感じです。
    • good
    • 0

私もテレビで見たことあります。

あれは「ラート」といいます。

http://member.nifty.ne.jp/Na1/Whatrad/rad.htm

これですよね?

ネット上を探してみましたが、とりあえず阪南大学ラート部のページを紹介します。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/Na1/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに早い回答ありがとうございます。
初めて見た時からすごくやりたくって
探してたんです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/20 16:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄棒の個人指導してくれる塾はないでしょうか

家庭教師でも通塾でもかまいません。
とにかく、逆上がりなどできるようになりたいです。
(高校生です)
東京、神奈川あたりで検索してみましたが
ヒットしません。

毎日練習していますが
短期で できるようになるにはコツを先生に教えていただきたいです。

Aベストアンサー

マンツーマンで鉄棒などを教えてくれる家庭教師を派遣してくれるそうです。
http://www.sporty-1.co.jp/index.htm

http://www.sports-magic.jp/
こちらも東京、神奈川です。お試しコースが手ごろな価格かと思います。

http://www.sports-hiroba.com/index.html
こちらもお試しがお手ごろ価格です。

http://www.abc-studio.com/jumpkids/index.html
(こちらは神奈川です)

「スポーツ家庭教師」で検索すると色々あります。
是非、出来るようになると良いですね!!頑張ってくださいね!

Q鉄棒について

学校の体育で今、鉄棒やっています。しかし、小学校の頃に鉄棒から落ちてから恐怖心が今になってもとれません。恥ずかしいのですが、前回りさえできません。そこで教えてほしいのですが、前回りと逆上がりのやり方を教えてください。

Aベストアンサー

前回りとは、おりる技の「前回りおり」のことでしょうか?
回転技の「前方支持回転」のことなら、「逆上がり」より難度が高いですから、かなりの練習が必要です。
前回りおりは、初歩的な技ですから、この技からマスターしましょう。
前回りおりのコツは、前方へまっすぐ体を倒すことと、鉄棒をあまり、ギューと強く握らないことです。強く握りすぎると回転できません。
恐怖心は、「頭から地面に落ちるのではないか?」と思ってしまうことにあります。
これは、鉄棒に接触している腰と握っている両手を結ぶ線が一直線になっていれば、手を離す心配をしなくても大丈夫です。(正しい姿勢をしていれば、自然とそうなっています)
また、回るスピードが、速すぎるのが怖いのなら、体を前に倒すのをゆっくりすれば、遅いスピードで回転できます。
逆上がりは、#2の参考URLの音声ガイドのとおりにやれば出来ますが、ここでも鉄棒を強く握らないのがコツです。
地面をけって、腰が鉄棒のうえに乗るまでに、手首を返すようにすれば、うまくいくでしょう。

全ての技は、一度出来てしまえば簡単なことですが、体自身がコツを会得するまでは、練習で少しずつ覚えるしかありません。

なお、「前方支持回転」は、初心者は一人では時間が掛かりますので、この技が出来る人に手伝ってもらうか、補助具を使ったほうがいいでしょう。
コツは必要であればお教えします。

前回りとは、おりる技の「前回りおり」のことでしょうか?
回転技の「前方支持回転」のことなら、「逆上がり」より難度が高いですから、かなりの練習が必要です。
前回りおりは、初歩的な技ですから、この技からマスターしましょう。
前回りおりのコツは、前方へまっすぐ体を倒すことと、鉄棒をあまり、ギューと強く握らないことです。強く握りすぎると回転できません。
恐怖心は、「頭から地面に落ちるのではないか?」と思ってしまうことにあります。
これは、鉄棒に接触している腰と握っている両手を結ぶ...続きを読む

Q鉄棒について

懸垂逆上がりをしたいのですが、足が上がりません。
できるようになるためにはどうやって鍛えればいいでしょうか?
コツがあるのでしたらそれも教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コツはあるのですよ^^
1腕をまげ懸垂の様にします。
2あごを引いておなかを見ます。
3猫背になるように背中を丸めながらヒザを鉄棒より 上に上げる。
4おなかが鉄棒にかかればアトは足と体を入れ替えま す。

方法としては以上ですが、多分あごが「でぇーん」となってませんか?(一番のコツはあごですよ)
器械体操の全国大会出場者&現インストラクターより

Q鉄棒で逆上がりをするには

小学校から逆上がりができず現在まで至っています。
やはり筋力がないからでしょうか・・・・
逆上がりに必要な筋肉箇所、筋力や効果的なトレーニング方法を教えてください。

Aベストアンサー

逆上がり(に限らないが)って、実はいろいろポイントになるところがあって、一言では説明できないんですね。
でもできる人には「当たり前」なことなので、分解して教えられないのでしょう。

1)低めの鉄棒に片足を掛け(ひざの裏を鉄棒に当てる)て、反対側の足で立ちましょう。
この状態から、後ろ回りはできますか?

2)足が揃った状態よりは、片足を一旦後ろに振ってから前に振り出したほうが回りやすいのはお分かりいただけるでしょうか。
その振り出した足が前に伸びると回転できません。
腰も伸びてしまい、鉄棒に巻きつかないからです。

3)振り出す足はひざが上に突き上がるようにする。
鉄棒をつかんだ状態で片足のひざを突き上げるのはできますか?
突き上げたひざは、鉄棒のそばにきていますか?
もしそれができるのであれば、1)の状態に近いということが分かります。
初めはその場から、徐々に2)の動きを加えていきましょう。

いくら筋力があっても、それをうまく使わなければ逆上がりはできません。
練習法がいろいろあるので、参考にしてください。
http://grapee.jp/79478/2
http://benesse.jp/movie/sakaagari.html

逆上がり(に限らないが)って、実はいろいろポイントになるところがあって、一言では説明できないんですね。
でもできる人には「当たり前」なことなので、分解して教えられないのでしょう。

1)低めの鉄棒に片足を掛け(ひざの裏を鉄棒に当てる)て、反対側の足で立ちましょう。
この状態から、後ろ回りはできますか?

2)足が揃った状態よりは、片足を一旦後ろに振ってから前に振り出したほうが回りやすいのはお分かりいただけるでしょうか。
その振り出した足が前に伸びると回転できません。
腰も伸びてし...続きを読む

Q(鉄棒)け上がりのコツ

け上がりのコツを教えて下さい。どの状態の時どういう風に力を入れたらよいかとか、どの様に意識したらよいかとかアドバイス下さい。
け上がりを できなくは無いのですが、滑らかさの欠けているのが自分でもわかります。何か一つを直せばうまくいくように思えるのですが。

Aベストアンサー

け上がりとは、
「両足をそろえ,足首を鉄棒に近づけ,けった反動で上がる。」
という、運動です。
中学生以上で、まったく運動をしない人より、少し腹筋がついていれば、誰でも出来るようになります。(小学生でも体力が、それ相応にあれば出来ます)

>滑らかさの欠けているのが自分でもわかります。
と自覚なさっているようなので、腕力で上がっているのではないでしょうか?

コツは、高鉄棒(両手を伸ばして、約20~30cmくらい高い鉄棒)で、大きく振動して一番振り戻ったときに手の力を抜いて、鉄棒を一瞬放す感じで、鉄棒を握りなおす事が出来れば、後は練習のみです。
けった後、身体が振動して後ろに戻った時に、手首を下から上にあげて、鉄棒を持ち替えることが出来て、両手を下腹まで持ってくることが出来たら「け上がり」が完了です。
この鉄棒の持ち替えが、無意識に出来るようになるまで、何回も練習します。
最初は、タイミングが掴めなくて、失敗すると思いますが、徐々に掴めるようになります。両手を下腹まで持ってくることも、あまり意識をしないで出来るまで練習してください。
それと、最初は自分の腕を水平に伸ばしたよりも、少し高い低鉄棒で練習したほうが、失敗しても怖くないし怪我をする可能性が低くなります。

それでも、出来なかったら「け上がり」の上手な人で、体育学を知っている人(体育の先生や体育大学の学生や、それらの人に教えてもらった人)に、見てもらったら自分の欠点を的確に指摘してもらえるでしょう。

け上がりとは、
「両足をそろえ,足首を鉄棒に近づけ,けった反動で上がる。」
という、運動です。
中学生以上で、まったく運動をしない人より、少し腹筋がついていれば、誰でも出来るようになります。(小学生でも体力が、それ相応にあれば出来ます)

>滑らかさの欠けているのが自分でもわかります。
と自覚なさっているようなので、腕力で上がっているのではないでしょうか?

コツは、高鉄棒(両手を伸ばして、約20~30cmくらい高い鉄棒)で、大きく振動して一番振り戻ったときに手の力を抜...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報