corynebacterium glutamicum によるリジン発酵について
詳しく教えて下さい。お願いします。

A 回答 (1件)

リジン、グルタミン発酵に関してどのような観点から質問されているのでしょうか?



補足お願いします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアミノ酸アナログについて・・・教えて下さい。

 アミノ酸の構造類似体、アミノ酸アナログについて分からない事があります。ぜひ教えてください!LーリシンのアナログであるAECとL-トレオニンの協奏フィードバックによってアスパラギン酸キナーゼが阻害され、よって菌の生育もまた阻害されますが、この生育阻害がL-リシンを添加することで回復するのはなぜなんでしょうか・・・?トレオニンがそれまでAECのみを認識して協奏阻害を行っていたところに、L-リシンが加わり、トレオニンの認識機構(?)のようなものがうまく働かなくなったのでしょうか。L-リシンが加わったことで阻害はより強くなりそうな気がしてしまいます・・・ご存知の方、宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

 『アスパラギン酸キナーゼが阻害』されると,何故『菌の生育もまた阻害』されるのでしょうか?

 下記ページの記載によると,『アスパラギン酸キナーゼは,アスパラギン酸を生合成の出発物質とするリジン,メチオニン,スレオニンの合成系の初発反応を触媒する酵素』の様ですね。

 とすると,この酵素が阻害される事で,これらアミノ酸が不足するために,成育阻害が起こるのではないでしょうか?

 であれば,不足するアミノ酸を補う事で,生育阻害が回復すると考えられます。

 いかがでしょうか。

参考URL:http://yu-ki.ch.a.u-tokyo.ac.jp/yoshi2/ys-n.htm

Q真正細菌と古細菌について

ある本に、「生物は、真正細菌と古細菌と真核生物に3大別される。」と書かれているのですが、別の本には「原核生物と真核生物」と分類されています。真正細菌と古細菌=原核生物ととっていいのでしょうか? また、真正細菌と古細菌の違いは何ですか?教えてください。

Aベストアンサー

真正細菌+古細菌=原核生物でいいと思いますよ。

えーと、古細菌というのは生物分類に新しい方法が取り入れられてから
考えられるようになったグループです。

この方法は16SrRNA(リボソームRNAにうちの16S部)の塩基配列を
比較して分類を試みる方法なのですが、この方法を用いると、
いままでバクテリア(=原核生物)として分類されていたものが
二つの大きなグループに分けられる事が判りました。
【イリノイ大学のWoeseによる】

それが、真正細菌と古細菌です。

判りやすい違いは、
古細菌には特殊な環境で生育しているものが多いという事でしょうか。

《結構あっつい所(80℃以上とかも!)で生育する『好熱菌』とか
 お塩が大好きな『好塩菌』といった顔ぶれ》

あとは、生化学的な違いですね。

細かな点は、
専門書(たいていの微生物学書にはきちんと書いてあると思いますよ)を
読んでいただくと大丈夫だとは思うのですが、一応簡単に書かせて頂くと、、、

■リボソームの細かな構造が違う
■細胞壁の脂質の構成が、真正細菌ではエステル(結合)型、
 古細菌ではエーテル(結合)型となっている。

                       などです。

ちょっと自分の怪しい記憶で書かせて貰ったので、間違っているかも・・・
だとしたら本当にごめんなさいね。

もっと知識のある方がお答えになった方がいいと思うので、
僕のは参考程度で・・・

ではでは。
でも、けっこう古細菌には面白い細菌が多いですよ。(^^)

真正細菌+古細菌=原核生物でいいと思いますよ。

えーと、古細菌というのは生物分類に新しい方法が取り入れられてから
考えられるようになったグループです。

この方法は16SrRNA(リボソームRNAにうちの16S部)の塩基配列を
比較して分類を試みる方法なのですが、この方法を用いると、
いままでバクテリア(=原核生物)として分類されていたものが
二つの大きなグループに分けられる事が判りました。
【イリノイ大学のWoeseによる】

それが、真正細菌と古細菌です。

判りやすい違...続きを読む

Q湿熱滅菌と乾熱滅菌

湿熱滅菌の方が乾熱滅菌に比べて、低温度短時間で高い殺菌効果が得られるのはなぜなのでしょうか。
何かで湿熱の方がタンパク質を変性させたり水素結合を切断する力が強いから、と言うような記述を見たことが有るのですが、どのような理屈なのかが知りたいです(熱力学等の分野でしょうか?)。
サウナだと100℃近くても大丈夫で蒸気だと火傷するようなイメージは分かるのですが、理屈を教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

フライパンでただ焼くより蒸し焼きにしたほうがすぐ熱が通るのと同じ原理ですね。

100℃以上の高温の水蒸気が加熱対象(100℃未満)に触れると、温度が下がり、凝結して100℃の水になります。

この時、水蒸気が水になる時に、高エネルギーを放射します。具体的には539cal/gとされてますね。

これはただ高温の空気が物体に触れた時以上のエネルギーを与えます。

そのために湿熱式のほうが、より低い温度と短時間で物体を一気に加熱できるわけです。

ちなみに200℃以上の高温の水蒸気で魚を焼くと簡単に黒コゲにできますね。意味はないですが……

QDGGE法(変性剤濃度勾配電気泳動法)について教えてください。

DGGE法(変性剤濃度勾配電気泳動法)について
教えていただきたいのですが、この電気泳動を行うには、通常のスラブ型の電気泳動装置があれば可能なのでしょうか?
それとも、特殊な装置が必要なのでしょうか?
BIO-RADなどからは、このDGGE法のための
電気泳動装置も売り出されておりますが、できるのならば、既存の装置だけで取り組みたいと考えております。
(カタログによると、150万もするようですし…)
また、ゲルなどは自作できるのでしょうか?

また、実際にこの手法のやり方などを書いたプロトコール本(秀潤社のバイオ実験イラストレイテッドみたいな本)があるようでしたら、お教えください。
もしくはネットで具体的手法を公開しているところが
あれば、知りたいのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

citrusjuiceさん、こんにちは。

DGGE法を行ったことはないのでアドバイス程度と思ってください。

>ゲルなどは自作できるのでしょうか?
とのことですが、密度勾配ゲル作成用にグラジエントゲルメーカーが発売されていますが、これを変性剤濃度勾配ゲル用に流用できないでしょうか?
ゲルメーカー自体は、多分2万円もしないと思います。

>この電気泳動を行うには、通常のスラブ型の電気泳動装置があれば可能なのでしょうか?
citrusjuiceさんのスラブ型の電気泳動槽は送液またはヒーターにより、ゲルの温度を一定に保てるものでしょうか?
SSCPを行っている大学時代の同期の話では結構温度管理は必要とのこと。DGGE法はどうか分かりませんが、原理からすると50-60度ほどに加熱する必要があるのでは?
そのようなタイプではないのでしたら、恒温水槽とつなげて冷却・加温できるタイプの電気泳動槽があるので購入を検討してみてください。

もし、予算があまりないようでしたら(失礼なものの言い方かもしれませんがお許しください。)、アクリル加工で自作することをお勧めします。私も、簡単な装置でしたら自作することもありますので、

あと、土壌からのDNA抽出を質問されておりましたが、土壌細菌からPCR-DGGEを行われるのでしょうか?国内でも農学系の方々が行っているようですので、ネットで行っている方を探して、メールで聞くなり、見学させてもらうなりしたらどうでしょう。

citrusjuiceさんの質問回答を見る限りでは身分がしっかりした方のようですので受け入れてもらえるのではないでしょうか?

citrusjuiceさん、こんにちは。

DGGE法を行ったことはないのでアドバイス程度と思ってください。

>ゲルなどは自作できるのでしょうか?
とのことですが、密度勾配ゲル作成用にグラジエントゲルメーカーが発売されていますが、これを変性剤濃度勾配ゲル用に流用できないでしょうか?
ゲルメーカー自体は、多分2万円もしないと思います。

>この電気泳動を行うには、通常のスラブ型の電気泳動装置があれば可能なのでしょうか?
citrusjuiceさんのスラブ型の電気泳動槽は送液またはヒーターにより、ゲ...続きを読む

Q原核生物と真核生物

原核生物と真核生物の遺伝情報発現機構の相違点について分かることがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

結構たくさんあるのですが。

まず、転写。原核生物も真核生物もはRNAポリメラーゼがDNAを転写しますが、原核生物はイントロンを含まないmRNAができます。真核生物はエキソン(タンパク質コードする領域)とイントロン(コードしない領域)を含むmRNA前駆体なるものを作ります。この前駆体はスプライシングという操作を受けて、イントロンが切り離されます。さらに、5'末端にキャップ構造を、3'末端にアデニンがたくさん連なったpolyAを付加されます。これで真核生物のmRNAが完成します。

原核生物は核を持たないので細胞質で直接転写が行われ、その場でリボソームにより翻訳されます。しかし、真核生物は核で転写が行われるため、リボソームが翻訳をするためには核の外にmRNAが出ないといけないのです。キャップ構造は、核の外に出ていいよというシグナルの役割を果たすといわれています。

また、原核生物ではひとつのmRNAが複数の関連のあるタンパク質を同時にコードしているポリシストロン性が見られますが、真核生物では通常ひとつのmRNAからは一種類のタンパク質しかできません(モノシストロン性)。原核生物はこうして複数のタンパク質を同時に発現することですばやく環境に適応できます。

非常に簡単な説明でしたが、詳しいことはご自分でお調べになってくださいな。がんばってください!

結構たくさんあるのですが。

まず、転写。原核生物も真核生物もはRNAポリメラーゼがDNAを転写しますが、原核生物はイントロンを含まないmRNAができます。真核生物はエキソン(タンパク質コードする領域)とイントロン(コードしない領域)を含むmRNA前駆体なるものを作ります。この前駆体はスプライシングという操作を受けて、イントロンが切り離されます。さらに、5'末端にキャップ構造を、3'末端にアデニンがたくさん連なったpolyAを付加されます。これで真核生物のmRNAが完成します。

原核生物は核を持た...続きを読む

Q「資化」ってどういう意味?

「細菌による高分子多糖の資化」
の”資化”の意味がわかりません。

具体的には高分子多糖をどうするのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

微生物が利用することを資化といいます。
微生物が栄養源にして利用するということが主な意味になります。
微生物が消化するという意味になるでしょう。

高分子多糖は一般的に、低分子になると思いますが、
産生物質は、菌に種類によって異なります。

QKcat/Km Kcatについて

Kcat/Km と  Kcatの意味をおしえてください。

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

ごく簡単に言うと、他の過去問、↓の様な感じです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q115032236
より厳密には、↓の(e)反応特異性のあたりを見て下さい。
http://square.umin.ac.jp/aoki530t/prorogu_daigaku/cyoubunshi3.htm

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?


人気Q&Aランキング