ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

MRI検査の造影剤についてお伺いしたいのですが、
MRI(腰)を受ける事になり、造影剤を使用する説明を受けました。

MRI検査は今までにも数回受けた事がありますが(頭部や背中など)
時計をはずしただけで、今まで造影剤を使ったことがなくて、
今回初めて「造影剤」をしようすると聞いて不安になってきました。

(1)造影剤の使用の有無は、どのようにちがうのでしょうか。
(2)造影剤の使用は一般的ですか?
   使わないケースの方がまれだったのでしょうか。
(3)不安な場合、造影剤なしで検査を受ける事も可能でしょうか。
   造影剤をお断りして、MRIを受けた方はいらっしゃいますか。

経験者の方やご専門の方がいらっしゃいましたら、
ご意見アドバイスなど、どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1)造影剤の使用の有無は、どのようにちがうのでしょうか。


得られる情報量が違いますね。腰椎での造影剤使用となると、腰椎にある病気がどういった質のものかを診断する目的になると思います。その本質にどこまで近づけるかどうか、が目的でしょうから、造影剤を使用した方がより本質に近づけると思います。

(2)造影剤の使用は一般的ですか?使わないケースの方がまれだったのでしょうか。
検査目的次第です。頻度的には造影剤を使用しない方が多いと思います。

(3)不安な場合、造影剤なしで検査を受ける事も可能でしょうか。造影剤をお断りして、MRIを受けた方はいらっしゃいますか。
もちろん可能です。ですが、前述したとおり、腰椎にある病気がどういった質のものかを診断する目的でしょうから、造影剤を使用しないなら、MRIを行ってもそれほどメリットはなかったという結果になりうると思います。もしくは、造影剤を使用しないMRIを見て、再度造影剤使用の必要性を説明されることになると思います。いずれにせよ、断ることは可能ですが、それによる逸失利益も考えてから決めた方が良いと思います。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答ありがとうございます。
同じMRIなのにどうして造影剤を使ったり使わなかったりするんだろう
・・と不思議で不安でしたが、得られる情報量が違ったのですね。

「得られる情報量が違う。検査目的次第。造影剤を断る事も可能。」
とても分かりやすい説明でした!
慎重に考え、前向きに納得して検査に挑めたらと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/27 01:21

造影剤を用いるということは



・アレルギー(最悪ショック)の可能性が出てくる

・静脈点滴をするのでこれに起因する合併症の可能性がある

ということです。医者も訴えられるのはイヤですから、必要無いときには使いません。

それでも使いたいのですから、そうしなければいけない理由があるはずです。

副作用が怖いのならば造影検査を受けない自由はありますが、必要な情報は得られないかもしれません。

参考URL:http://www.okinawa.med.or.jp/old/ippan/kenkou/00 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
アレルギーも色々あるかと思いますが、最悪ショックは怖いですね。

>それでも使いたいのですから、
>そうしなければいけない理由があるはずです。

そうですね。副作用も心配ですが、病気が分からないのも心配なので
前向きに考えたいと思います。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2008/08/27 01:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳MRIの造影剤使用なしの判断

脳の検査で、造影剤なしのMRIを撮影した後、造影剤ありのMRIを撮影する必要はないと判断された場合、どのような理由で造影剤を使用しなかったのでしょうか?また、どのような病気の場合、こういった判断になるのでしょうか?

【経緯】
めまいと手のしびれを理由にとあるクリニックを受診したところ、念のため、検査専門の病院でMRI+MRAを取ることになりました。
訪れた検査専門の病院の問診では、「まず造影剤なしで撮影し、病気が疑われた場合には、さらに造影剤を投与して撮影する可能性がある」と医師から説明を受け、造影剤使用に関する同意書にサインをしました。
しかし、結局、造影剤の投与はありませんでした。

実際に同じような経験をされた方や専門の方にお答えいただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

看護師です。
MRIや造影MRIを受ける患者さんたちを多くみてきましたので回答させていただきます。

まず、造影剤を使用するかしないかの違いですが、
医師のかたが説明したように、「まず造影剤なしでMRIをとり、その後もし何か疾患があれば造影剤を使用する」という言葉通り、造影剤を使用したほうが、より微細な情報をとらえられるという解釈で問題はありません。

造影剤というのは、血管から投与して、造影剤はその後全身の血管を巡っていきます。
MRIを撮影して造影剤があるかどうか?ということを見るわけですが、
造影剤がないところには血管がないということがわかり、
造影剤があるところには、そこには血流があるんだということがわかります。
これが診断上どんな意味を持つかとういうと、
代表的なものとしてがんなどの腫瘍をそのステージなどかなり詳細に判断できることです。
腫瘍も血液がないと活動できません。
腫瘍は他の細胞と違い異常な細胞ですので、他の血流とは造影剤の移り方が違うので、腫瘍がどのような状況か判断ができるわけです。
また脳の場合には脳内出血の細かい状況なども判断できます。

少しわかりにくくなってしまいましたが、
造影剤を使用することで、脳内の腫瘍や脳内出血の詳細が分かると考えていただければと思います。
造影剤を使用しなくても、脳梗塞や脳萎縮の有無などは十分みることができます。
一方腫瘍の有無や出血の有無はある程度わかりますが、その詳細までとらえることは難しいのです。

基本的に、造影剤なしのMRIで異常が認められない場合、わざわざ副作用のある造影剤を使用してもう一度MRIをとる、ということはしません。

おそらく質問者さんの場合、造影剤なしのMRIで特に異常がなかったということなのだと思います。

長文となり申し訳ありません。
少しでも参考になれば幸いです。

看護師です。
MRIや造影MRIを受ける患者さんたちを多くみてきましたので回答させていただきます。

まず、造影剤を使用するかしないかの違いですが、
医師のかたが説明したように、「まず造影剤なしでMRIをとり、その後もし何か疾患があれば造影剤を使用する」という言葉通り、造影剤を使用したほうが、より微細な情報をとらえられるという解釈で問題はありません。

造影剤というのは、血管から投与して、造影剤はその後全身の血管を巡っていきます。
MRIを撮影して造影剤があるかどうか?ということを見るわけで...続きを読む

Q造影剤ある、なしではどう違いますか?

脳CT、腹部CT、胸部CTなんですが、造影剤のあるなしでは、どのような違いがあるのでしょうか?造影剤使用の方が身体を内部すみずみまでわかるのでしょうか?
 造影剤あるとなしよりも値段が3倍高くなります。
  定期健診で毎年要精密検査となり、腹部エコーで胆石、ポリープ
  がみつかり経過観察中です。

 今回、人間ドックで、すべてのCTをしますが、造影剤はないものです。そこで、腹部だけでも造影剤でみてもらったら安心できる、または
造影剤なくても安心できるなどアドバイスを教えてください。
  

Aベストアンサー

>造影剤使用の方が身体を内部すみずみまでわかるのでしょうか?
おおざっぱにいえば、血管が造影剤により白くあぶりだされるので、「より詳しく」観察、診断することができます。「すみずみまで分かる」かという点に関しては、それほど大きく貢献しないと思います。広くというよりは詳しくという意味合いです。
また、脳CT、腹部CT、胸部CTを同じ日に同時に検査するとなると、質問者さんは1回で済むので安くなるし、手間も減るでしょう。しかしながら、それほど必要もないのに、たくさん撮影すると、診断する側は見落とす確率が高くなります。医師も人間ですから、当然ですよね。それが造影剤併用となると、診断する画像が単純に倍に増えるわけですから、言わずもがなだと思います。
ちなみに、質問者さんの場合の胆石、胆のうポリープであれば、もっともよいのは腹部エコーだと思います。1回くらいは腹部CTを撮影してもよいかもしれませんが、繰り返しCTを行うメリットは被曝を考えるとないです。造影剤を併用しても同じことが言えると思います。

QMRI検査の当日の食事制限について

明日の午後3時から、造影剤を使わない骨盤部分のMRI検査をする予定です。
前回の診察のときに、問診を受け、金属類を身に付けないように等の注意事項の説明がありました。
そのときに、当日の食事制限についての説明がなく、私も確認するのを忘れてしまったのですが、今、それに気が付き、不安になってきました。
病院に問い合わせましたが、もう診療が終了してしまい、聞くことができませんでした。

骨盤のMRI検査の際は、通常食事制限はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

看護師をしています。
MRIやCTなどの検査で食事制限をするかどうかは部位ではなく、それらの検査で造影剤を使用するかどうかによります。造影剤は通常静脈に注射する(普通に注射することもあるし、一時的に点滴用の留置針を入れることもあります)のですが、この薬剤の副作用で体がかっと熱くなったり吐き気を催したりすることがあります。ですからこのとき胃になにか入っていると吐き気がひどくなったり、吐いてしまったりすることがあります。それを防ぐために、造影剤を使用するときにはその前の食事をしないで検査を受けるようにお願いしています。午前の検査であれば朝食を、午後の検査であれば昼食を、それぞれ食べずに受けます。

この回答が検査に間に合うといいのですが。お大事になさってくださいね。

QMRIによる検査と卵巣の手術

29歳・既婚・子供が1人います。

卵巣が6cmに腫れているらしく、来月MRI検査をうける事になっていますが、いろいろと不安を感じています。

MRI検査は痛みを伴うものか、疑われる病気、入院・手術の有無、その後不妊にならないか・・・etc.

出産を経験したことはあるものの痛みに弱く、恥ずかしながら精神的にもかなり弱いです。MRI、婦人科以外で一度受けたことがあるような気がするのですが、過去の質問を見ていたとき、造影剤の注射がどうとか書かれていたような気がして、私は注射した覚えがなくて・・(私が受けたのはMRIじゃなかったのかな?)

結果、手術が必要になったとすると、何日くらい入院するのかとか(恐がりで寂しがり屋で一人で眠れない)やっぱり痛いだろうな~とか、術後はどんな感じなのかとか(体調、精神面)もう不安で不安で仕方ありません。

主人には「そんな先の心配してもしょうがない」と言われ、取り越し苦労かもしれませんが、毎日不安が募ってしまいます。経験のある方、経験談お願いします。

Aベストアンサー

補足の質問うれしかったです。私は開腹で手術したので術後まっすぐに立てなかったのとトイレとか行く時に起き上がるのが大変だったのが盲腸の手術の時と似ているなと思いました。
ただ違うのは卵巣は腸の下にあり腸をガスであげるので呼吸を止めるとかで術後集中治療室に入れられました。

mama2003さんは他の方に聞かれていますが手術の仕方は女の人は傷が体につくのが嫌でしょうからと私は腹腟鏡をすすめられましたが盲腸の手術のおかげ(1ヶ月入院しました)で癒着がひどく開腹になりました。

私もmama2003さんと同じ極度の寂しがり屋です。今は仕方なく一人で寝ていますが入院中は彼の写真を持ち込み看護婦さんや先生や同室の患者さんに見せていたほどです。 笑

寂しさ紛れの方法として参考にしてみてくださいな
またmama2003さんから質問があれば力になりたいです。

お大事に。

Q初めてのMRI検査です。造影剤に不安が…

婦人科のエコー検査で卵巣が腫れていると診断され、翌月に再検査してもやはり腫れているとのことで、今度MRI検査をすることになりました。心臓の関係でCTはやったことがあるのですが、MRIは初めてです。口での説明は多くなく、渡された書類を見たら「造影剤」とやらを使うらしいのですが、その副作用が不安で仕方ありません。事前質問で「薬で具合が悪くなったことは?」の質問に、「内服薬で少し胃が痛くなったり動悸がしたことはあるけどたいしたことはないだろう」と思い、「特にないです」と答えてしまいました。やはり些細なことでもちゃんと伝えたほうがよかったのでしょうか。自称嘔吐恐怖症なので、気持ち悪くなるのが一番怖いです。精神的に弱くて緊張で失神したこともあります。閉所恐怖症ではないのですが…たぶん。
卵巣のMRI検査では造影剤って絶対使うのでしょうか。そもそも造影剤とは注射なのですか、それとも点滴のようなものですか? 不安でいっぱいです。助けて下さい。

Aベストアンサー

No.2です。
あまり覚えてないのですが確か注射でしたよ。
子宮の近くではなく腕だったと思うのですが。
2年前に造影剤検査したんですけどこの通り忘れるくらいなんで
大したことはないと思いますよ。
私はMRI検査は10回以上していますが子宮の造影剤MRIよりも
目や頭、顔のMRI検査の方がイヤでした。
私も造影剤検査は絶対したくないって思っていたので実際する事になり
かなりビビりましたが全くつらくありませんでした。
音はかなりうるさいです。耳栓しても音楽流してもらっても
かなりうるさいですけどMRI検査で寝た事もあります。
だから安心してリラックスして受けてくださいネ。
MRI検査中動いてはいけないんです。
検査場所によっては何か指示されたりするかと思います。
手にはブザーを持たされるのでつらくなったり何かあった場合はすぐに知らせれるし
40分くらいだけど受けたらけっこうあっとゆうまに感じますよ。
胃カメラとかよりもラクな検査だと思います。
がんばってくださいネ!!

Q「造影剤 MRI」は、相当危険な検査?

近々、「Gd脳造影MRI」を撮ることになりました。

医師からは、特に詳しい検査に対する副作用の説明はありませんでした。

ところが、承諾書にサインする際の看護師の説明によると、重篤な副作用が、まれに起こるようなことがあると説明を受けました。

体質によるから、実際に検査をやってみなければ、わからないそうです。

私は、過去に全身麻酔と局部麻酔で、2度の手術を経験していますが、特に問題はありませんでした。
胃カメラなどの注射でも問題はありませんでした。
それに、食物アレルギーや過去に薬品によるアレルギーをおこしたことは、ありません。

ですが、やった事のない検査にかなり、不安感があります。

しかし、どうしてもこの検査は行わなければなりません。

MRIの造影剤はCTの造影剤とは違って、副作用が少ない方だと聞いたことがあります。

この、造影剤による検査は、他の検査(心臓カテーテル等)に比べて結構、危険な頻度の高い検査なのでしょうか?

どなたか、詳しい方や若しくは経験のある方、教えてください。
宜しく、お願いします。

近々、「Gd脳造影MRI」を撮ることになりました。

医師からは、特に詳しい検査に対する副作用の説明はありませんでした。

ところが、承諾書にサインする際の看護師の説明によると、重篤な副作用が、まれに起こるようなことがあると説明を受けました。

体質によるから、実際に検査をやってみなければ、わからないそうです。

私は、過去に全身麻酔と局部麻酔で、2度の手術を経験していますが、特に問題はありませんでした。
胃カメラなどの注射でも問題はありませんでした。
それに、食物アレルギーや...続きを読む

Aベストアンサー

No.3の方も回答されていますが、MRI検査は、他の検査(心臓カテーテル等)に比べると安全な検査といえます。

最近は、病院側としてどんな検査であれ、検査を行う場合には、検査の内容、有用性、合併症や副作用、代替検査の有無などを十分に説明をすることになっています。

今回の場合は、造影MRIということですから、Gdという造影剤を使用するため、看護師から造影剤の副作用についての説明があったのだと思います。

たしかに、MRIの造影剤も病状・体質によっては重篤な合併症がおこりえます。しかし、mey_3さんがおそらく心配されている命の危険になるような合併症は約10-20万人に1人の割合(0.0005%-0.001%)といわれています。これは、かなり低い頻度です。ですから造影MRI検査はかなり安全な検査の部類にはいると考えてよいと思いますよ。

ちなみに喘息の方は、MRIの造影剤の副作用の生じる頻度が10倍になるともいわれており、原則として喘息の方は、造影剤を使用するMRIは可能な限り避けるようにしています。

mey_3さんは、喘息をお持ちではないですよね?。とりあえず今までの種々の検査でとくに問題が認められず、また食物アレルギーももっていらっしゃらないとのことですから、検査を受けられてもまず問題ないと思います。

なお、MRIの検査中も、mey_3さんの言葉は検査の担当者に常に届いていますから、体調の変化があれば、その旨を伝えれば、すぐ担当者がきてくれますよ。

No.3の方も回答されていますが、MRI検査は、他の検査(心臓カテーテル等)に比べると安全な検査といえます。

最近は、病院側としてどんな検査であれ、検査を行う場合には、検査の内容、有用性、合併症や副作用、代替検査の有無などを十分に説明をすることになっています。

今回の場合は、造影MRIということですから、Gdという造影剤を使用するため、看護師から造影剤の副作用についての説明があったのだと思います。

たしかに、MRIの造影剤も病状・体質によっては重篤な合併症がおこりえます。しかし、me...続きを読む

Q卵巣の腫れ(4センチ)について教えてください。

内科で診察したところ卵巣が4センチ腫れていることが分かりました。
なので紹介状を書いてもらい、連休明けに産婦人科に行くことになりました。
正直卵巣摘出の手術とかは避けたいです…。

痛みはまったくなく、ときどき体を動かしたときに、チクリとした痛みを感じる程度です。
診察の際にお腹のいろんなところを押されても痛みを感じませんでした。

同じような症状になった方、このような病気に詳しい方、上記の症状で診察や治療法はどのようなものになりますでしょうか。
また、治療期間(手術、薬療法)なども大まかに教えていただけるとありがたいです。

産婦人科も初めてなので緊張します…。

Aベストアンサー

初めての婦人科通院は、どんな検査をするのかも分からず、不安ですよね。
特に年齢が若い内は「自分にはまだ縁が無い」場所、という感じがしていて、尚更居辛かったりしますね。

私は、19歳で卵巣腫瘍を経験しました。
20年も経った今では流石に慣れましたが、最初の頃は入院後の定期検診でさえ、産婦人科の待合室は場違いに感じて嫌でしたから、お気持ちはお察しします。


さて、そもそも卵巣は、卵子の元になる細胞が詰まっている臓器で、言ってみれば人間の体を作るためのあらゆる細胞の元があることになります。
そして、毎月生理周期にあわせて変化を見せる臓器です。
なので、実は卵巣の病気というのは、種類も症状も多岐に亘ります。
卵巣腫瘍だけでも(良性、境界性、悪性含め)30種以上も有るとか……
他にも驚く程、様々な病気が有ります。

よって、まだ現時点では、今後の事は何とも、分かりません。

なお、卵巣というのは、子宮のすぐそばに左右1個ずつあって、正常な大きさが2~3cmなので多少腫れてもスペースに影響を与えにくく、しかも、子宮の両側にハンモックにつるされるような形でルーズに存在しているので、痛みも圧迫症状もあまり出ません。
故に「沈黙の臓器」とも言われています。
それが、超音波で見てみると3~4センチくらいに腫れて見えたり、水がたまった様に見えたり、もっと大きな塊になっていたり……どれも「卵巣が腫れている」という事になります。
「卵巣が腫れていますね」
と言われてびっくりされる方は多いと思うんですが、実はそれほど珍しい事ではありません。

卵巣が腫れる原因は色々ありますが、3~4センチ程度の腫れの原因で一番多いのが生理の周期に伴う正常な腫れです。
卵巣の中では毎月「卵胞」という卵子の元が成長していって、2センチくらいになったところでパチンとはじけて卵が飛び出ます。
これが排卵です。
この排卵のときに卵巣の壁を突き破って卵が飛び出るので、卵巣からちょこっと出血する事があります。
この出血や、排卵後に卵巣に残される「黄体」というものが、卵巣の腫れとして見えることがあります。
これらの腫れは、次の生理が来ると自然にしぼんでいくものなので、1~2ヶ月後の生理直後の時期に再度超音波検査をしてみて、腫れがなくなっていたらもう心配ない、ということになります。

なので、卵巣の腫れが見つかったとしても、多くが「しばらく様子を見ましょう」と言われます。
お薬も殆どの場合、出ません。
これはこれで、逆に物凄く不安になるものなんですが、慌てなくても大丈夫です。

どのくらい様子を見るのかっていうのは、ケースバイケースですが、だいたい3ヵ月後に再検査しましょう、となることが多いと思います。
これは、3ヵ月後に大きさがどの程度変化しているかを比べる事で、そのまま定期的に大きさをチェックするだけで良いのか、より詳しい検査をしていった方が良いのかを判断できるからなんです。
正常な腫れの場合も、3ヵ月後に調べたら大抵は腫れがなくなっています。


排卵が出来にくくなる多膿疱性卵巣症候群では、度々痛みを感じたり卵巣の腫れが継続しますが、軽度の場合や妊娠を希望していない場合には、やはり「経過観察のみ」となる事が殆どです。



明らかに悪いもの、つまり卵巣癌を疑う見え方をしている時や極端に大きいものの場合には、MRI検査や腫瘍マーカー(血液検査)検査を追加したりします。

前述の通り、卵巣にできる腫瘍というのはバラエティーに富んでいます。
最終的にその腫れが何なのかを確実に診断するためには、開腹手術または腹腔鏡というカメラでお腹の中を覗いて組織を取ってこなければいけません。
でも、卵巣がちょっと腫れてるくらいでいきなり腹腔鏡検査はできませんから、超音波やMRIでの見え方で、単純にお水がたまっているのか内膜症による腫れなのか卵巣癌の疑いがあるのかなどを診ていきます。

すぐに手術を考えた方がいいのは、悪性の疑いが否定できない場合、大きさがどんどん大きくなってきている場合、度々酷い腹痛を起こしている場合、内膜症性の腫れで妊娠を望んでいる場合、等。
これ以外のケースでは、「とりあえず様子を見ましょう」となります。

よって、そうそう手術ということにはなりませんので、その点は安心して良いですよ。

どうぞ、お大事になさって下さい。

初めての婦人科通院は、どんな検査をするのかも分からず、不安ですよね。
特に年齢が若い内は「自分にはまだ縁が無い」場所、という感じがしていて、尚更居辛かったりしますね。

私は、19歳で卵巣腫瘍を経験しました。
20年も経った今では流石に慣れましたが、最初の頃は入院後の定期検診でさえ、産婦人科の待合室は場違いに感じて嫌でしたから、お気持ちはお察しします。


さて、そもそも卵巣は、卵子の元になる細胞が詰まっている臓器で、言ってみれば人間の体を作るためのあらゆる細胞の元があることになりま...続きを読む

QMRIの時、生理中の場合

いつもお世話になっております。

今度、子宮内膜症の関係で、造影剤(ガドリニウム製剤)を用いるMRI検査を受ける事になりました。
(以前、子宮内膜症の件でご相談にのっていただいた皆様、どうもありがとうございました)
よく考えたらその日は生理になっている可能性が少々大きいのです。
大きい病院なので、早めに繰り上げる事は出来ない、です。
本日、病院に電話をし(直接の担当者ではないが)、
「子宮内膜症なので腹部のMRIを撮ります。その日生理中だったら?」
と尋ねました。
電話口の人は付近の人に訊いたようで、「腹部、なんですよね。生理中でも大丈夫・・・です」
と、ほんの少しだけ自信なさげな印象を受けました。
それに「腹部」はわたしが勝手に付け足してしまった事です。
※子宮内膜症で、卵巣が悪いので当然撮るのだったら「腹部」と思っています。
後にHPで見ると「腹部」と「骨盤内」と分けて
書いてあるところもあったので「まずかったかな」とも思ってます。
MRIの注意点で「下着は金具の付いていないものだったら可」とありますが、
ちょうど生理に関する部分でそれで生理中っていうのはどんなものか。
頭部・頚部だったら生理中も何も関係ないと思いますが・・・

●子宮関係のMRIを受けた時、ちょうど生理中だった方、いらっしゃいますか?
●生理中でなくても、その部位の撮影時の服装を細かく教えていただけたらと思います。
(手術着のようなものを着るのですよね、実際に下着はどうだったかを教えてください)

大丈夫のような気もするのですが、結構不安です。
実際に生理にならなければ、取り越し苦労になってしまうのですが・・・m(__)m

よろしくお願いします。

いつもお世話になっております。

今度、子宮内膜症の関係で、造影剤(ガドリニウム製剤)を用いるMRI検査を受ける事になりました。
(以前、子宮内膜症の件でご相談にのっていただいた皆様、どうもありがとうございました)
よく考えたらその日は生理になっている可能性が少々大きいのです。
大きい病院なので、早めに繰り上げる事は出来ない、です。
本日、病院に電話をし(直接の担当者ではないが)、
「子宮内膜症なので腹部のMRIを撮ります。その日生理中だったら?」
と尋ねました。
電話口の人は...続きを読む

Aベストアンサー

先日、私も子宮・卵巣関係の検査の為、生理2,3日目の時にMRIを受けました。担当医にもその事は言ってありましたし、問題はないようです。
はっきりみえなかったのですが、用紙には腹部の欄にまるをつけてあったような気がします。
MRIは磁気共鳴画像診断で、強い磁気を用いて体内を映し出す検査です。
だから、はじめ金具のチャックがついた服を羽織っていたのでそれはもちろん脱いで入りました。あと、ピアスやネックレスは付けてないか聞かれました。それで私の場合、下の下着と病院のねまき(入院中だったので)を着用してました。ある方が、うっかりテレホンカードをポケットにいれたままMRIを受けて、そのカードがだめになったそうです。それ位なら仕方なかったと思いますが、装置自体に影響が出るといけないのでそれは厳重にチェックしているようです。途中で寒くなってきたからタオルケットをかけようか?と検査の方が言ってくださいました。
しばらくじっとしていないといけないのですが、始めからそれを知っていたので我慢できました。生理中であることを、担当の検査技師の方にも一言いって検査室に入るといいと、ある方の体験記でも読んだ気がしますので、あまりお気になさらないようにと思います。

先日、私も子宮・卵巣関係の検査の為、生理2,3日目の時にMRIを受けました。担当医にもその事は言ってありましたし、問題はないようです。
はっきりみえなかったのですが、用紙には腹部の欄にまるをつけてあったような気がします。
MRIは磁気共鳴画像診断で、強い磁気を用いて体内を映し出す検査です。
だから、はじめ金具のチャックがついた服を羽織っていたのでそれはもちろん脱いで入りました。あと、ピアスやネックレスは付けてないか聞かれました。それで私の場合、下の下着と病院のねまき(入院...続きを読む

Q造影剤を使ったMRI検査

この検査は、腫瘍がある時にする検査なのですか?
それとも、何かを見つけるために行う検査なのですか?

この検査について、いろいろと教えてくださる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医療機器関連の仕事をしています。
MRIの造影検査は、ガドリニウム系の造影剤を使用して行います。
静脈注射で血液の信号を高めることを目的としています。
通常の撮影で腫瘍の存在が確認された場合に、腫瘍が悪性か
良性か判断するひとつの材料として造影検査を行います。
通常、悪性腫瘍は活発に活動をしているため動脈から血液
を多く取り入れており、造影剤を使用した撮影では動脈相
で腫瘍部分が造影されて写ります。
MRIの造影検査だけで確定診断とはならず、CTの造影検査、
組織検査などを複合して診断を確定します。
また、MRIの造影剤はCTなどX線装置のヨード系造影剤と比
べて副作用が少ないと言われています。

ほかに、MRIの造影検査の例として下肢の血管造影検査もあ
げられます。これは、下肢の閉塞性動脈硬化症などの撮影
の際に利用されます。

かかっておられる病院のDrに造影検査の目的、危険性など
を確認されることが確実ではないかと思います。

Q子宮筋腫でMRIを受けたかた教えて下さい

子宮に約5センチの筋腫が昨年発覚しまして、今まで2度程、超音波の検査をしました。ある婦人科でMRIを取ってみましょうということで別の少し大きめの病院での紹介状をいただいたのですが、MRIというのを初めて受けるため少し不安です。医師がいうには、超音波の検査より、MRIのほうが詳しく筋腫を見ることができるというのですが、筋腫でMRIを受けたかたがいましたら、気がついたことや、アドバイスいただけることがありましたら返答お願いします。お恥ずかしい話ですが、自分は怖がりで、検査というと一歩引いてしまうところがあるので、経験者の方お願いします。
ちなみに紹介状をもらってからもう3ヶ月くらい経ってしまっているのですが、行くとしたらもう一度お願いして書いてもらったほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

私も筋腫があり、手術をした経験があります。

MRIは、そんなに怖いものではありませんよ。
むしろCTなどに比べて、放射線など体に害のあるものが出ないので、安心な検査です。

MRIは少し狭いトンネルのようなところに入り、40分程度じっとしています。
ただそれだけです。

部屋に1人にされますが、検査の方がモニターできちんと様子を見てくれています。
気分が悪くなれば、手を上げれば来てくれます。

説明にもあったと思いますが、MRIは磁力で撮影するので、金属類が体に入っていると出来ません。(ペースメーカーや、骨折時体内に金属を入れている方)

少しびっくりするのは、ものすごい音がすること。
工事現場の地面の下にいるような感覚です。

閉所恐怖症の方などは、やめておいたほうがいいかもしれません。

そんなに心配される検査ではないですよ!


人気Q&Aランキング