親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

私はルアーでシーバスをやっているものです。
PEにリーダーを必ずつけなければならないのでしょうか?
ルアーと直結している人がいたら感想を教えてください。
意見でも良いのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

他の釣りをするのなら、必ずしも必要ではありません。



単純にPEは根ズレや傷に弱いという特徴を持つのでストラクチャー(障害物)が無いと解っている場所や魚の口が柔らかい魚種の場合は必要ありません。

ただPEは柔らかいので、ルアーのアイ(ラインを結ぶ場所)に絡まりやすいです。



私も野池バスのトップゲームなんかにはリーダーは使いません。

ただシーバスとなれば必ずと言って良いほど必要です。

見えないスレなどを抱えたまま、シーバスがヒットした時にはあっと言う間に切られますから。
    • good
    • 72

どうも、釣りバカです。



似たような質問が以前にもあったっす(http://okwave.jp/qa4280237.html そろそろこっち締めてほしいっす)。釣りしている時そのものの問題点はドイヒーなものも含めてもうある程度出尽くした感があるんで省略するっすが、皆さん、肝心なこと忘れているっすね。

っつーのも、まずPEについて考えてみやす。
PEって、ほとんど伸びない編み糸で、雑に使って半年~1年は交換不要、チョイと手入れしてやりゃ1年以上、コーティング剤なんかをこまめに塗ってやりゃ2年は余裕で使えちゃうっつー夢のようなラインっすね。
ルアー直結で使っていると、ルアーチェンジのたびにラインをちょっとずつ切っていくっすね。1回当たりはチョイとした長さでも1日の釣行でいると結構切っていて、気がつくとスプールに巻かれているラインが妙に減っていて「あれ?」っつー事になる。その分継ぎ足せればいいんっすけど、結び目がガイドに引っかかっちって飛距離が落ちる(PEを解いて継足し分を重ねて編み直すっつー手もあるけど)、っつー事で泣く泣くラインを交換するっつー羽目になるんっすわ。

で、PEって、いくら?高っけーよね。
安いナイロンやナイロンよりチョイ高いフロロだと「減っちった☆」で済む値段っすけど、PEだと結構財布に答えるっすわ。もちろんPEをしょっちゅう交換しても屁でもねえっつーお金持ちなら話は違ってくるっす。皮肉っす。

でもリーダーを使っていればリーダーが減るだけだからPEの減り方はグンと押さえられる。PEがあんまり減らねえから1年以上は余裕で使えちゃうっつーわけっす。リーダーはナイロンかフロロなんで財布には比較的易しい、っつー事で長い目で見りゃリーダーつけたほうがお得なんだよね。


ガソリン代安くなったっつーけどまだ出費がかさむ価格だから、割と重要な問題っすね。ガソリン代よりテメエの後ろハゲ気にしている現首相がいい増毛剤かカツラを見つけてガソリン代を安くする妙案を思いつくまでは、爪に火ぃ灯すように釣りに掛かる経費を調整しないと、ハンパなくキツイっすわ。
    • good
    • 51

PEの直結で一番の弱点はキャスト時のルアーやティップへの絡みだと私は考えます。


あわせ切れなどはドラグの設定や他の配慮で防げない事もないですが絡みだけは私はどうしてもストレスに感じてしまうからです。
一度リーダーを編んでいる時点で目の前を魚が泳いでいたため直結でキャストしましたがジャーク一発でルアーへ絡みました。
こんなにも絡むものなのかと思ったくらいでした。

ルアーでPEを使いはじめて10年くらい経ちますが近年バスフィッシングでもPEが注目されつつあります。そのなかでいわゆるプロが紹介するものに直結での使用がありますが、あわせ切れなども考えると私はバスでもリーダーは必ずとります。

よく魚に見えるからとの意見もありますが、私はどんなに細い糸でも見えると思っています。無論ナイロンでもフロロでもです。
ラインを細くして魚が釣れた経験は幾度もありますが、それはルアーの漂い方や水を切る感じが変化するからだと思います。

簡単に言いますとメリットはほぼ無いと思っています。

一度ルアーを直結してキャストしてみてはいかがでしょうか?
またあわせ切れを感じたいならばどこか動かないものに結び軍手などを巻いてギュッと引っ張れば可能です。
この際にロッドでやると魚と違い動かない物ですのでロッドを折る可能性がありますのでお気をつけ下さい。
    • good
    • 26

大物が来ないと言う条件やガチンコファイトや抜き上げをしないのであれば直結もアリかもしれませんが、例えば直結でライン強度が50%まで落ちていると仮定したらこの事を念頭に入れたファイトをしなくては取れる魚も取れません。


#6さんがおっしゃっているようにPEに結びコブを作った場合、
根掛りやファイト中に切れるのは圧倒的にコブの部分、しかもあっさりと切れる場合が多いです。
    • good
    • 21

仲間にPE直結派がいましたが、大物がヒットした時に限ってラインブレイク。


ライターで焙ったはずの結び目が抜けたり、目に見えないほどの傷から切れたりが原因でした。
しかし、リーダーを付けるようになってからはラインブレイクが激減したそうです。
ちなみにPEは、直結時もリーダー使用時も同じ銘柄の1号。
直結時には70cmまでのシーバスしかキャッチできませんでしたが、リーダーを使用するようになってからは90cmオーバーもキャッチできるようになりました。
    • good
    • 20

どうも、こんばんわ。



私も直結否定派です。
ここでご質問者様が直結使用者に対してご意見を聞かれているのに対し、否定派があえて回答しているのは「強く反対する」との意見ととらえて下さい。
(前否定回答者様もその思いでご回答されていると思います)

ノットについての質問でよく論点になるのが以下のものです。
私なりに意見を書かせて頂きます。

・PEラインは魚に見えるのか?
誰にも正確な答えはわからないと思いますが、私はショックリーダーでも魚には多少は見えていると思います。
そしてラインのカラーも影響すると思います。
理由はゼナックのジークというラインがあるのですが白色にオレンジのマーキングが10m単位で入っています。
このオレンジ部分にシイラがヒットすることが度々ありました。
輝度(明るさ)的に白とほとんど変わりのないオレンジにだけ反応するのだから色は見えている、かつラインは見えていると判断した方がよいのでは?と思います。
また、イカでショックリーダーの太さを変えてスレイカが釣れ出した経験も度々あります。
一例としてあげましたがこの様な内容は色々あります。
このことから私は直結は不利に働くのでは?と思います。
(魚の種類によっても変わる可能性があることご理解下さい)

・PEの強度
PEは摩擦、キズに弱いです。
ルアーのアイの部分はどのようにして作られているかを書きますと。
針金を千枚通しみたいなものとプライヤで形を作る。
すなわち金属と擦れ合っているので内側は微妙にキズがあります。
また、アイの内側は金属を縮めているので微妙に波形になっていると思います。
よって、ラインを傷つけやすくなっていると思います。
(まあ、顕微鏡で確認したわけでないので保証はないですが)
次にPEですが団子結び(ものを通さずラインだけを結んだ場合)をして50%ぐらいの強度に落ちると言われています。
このことからPEを直接ルアーのアイに通した場合、60%ぐらいの強度ではないのでしょうか?
また、アイのキズ次第ではもっと悪く...。
PEにショックリーダーを結んだ場合、MIDノットで95%、FGで90%程度はライン強度は出せると思います。(慣れたらですが)
ショックリーダーをアイに結んだ場合は10%程度はアップするのではないでしょうか?
(強くなるのは確かですが数値は予測で書きました、すみません)
そしてキズに対しても強くなるし...。

・ノットを結んですっぽぬけるか
PEはキズ対策でコーティングしたり、色つけで滑りやすくなっています。
ただ、摩擦系ノットというのはPEの摩擦でショックリーダーを止めているので滑って抜けることを前提にしたら成り立たないと思います。
で、どのような場合に抜けやすいかは
 1)ノットがゆるい場合
   これは当然ですね。特にFGによく見られます。
 2)PEとショックリーダーの太さが近い場合
   バットの先にロープをノットした場合と凧糸をノットした場合の違いです。(この場合、バットがショックリーダー)
   ロープの場合は接地面が少ないため摩擦が少ない。
すなわち、いかに強く締めるか。しかもリーダーが細い場合に注意を払えるかで変わってきます。
保険としてノットの端を焼くことも良いですが、まずは滑らないように注意してノットして下さい。
そして焼く場合は必ずターボライターでないとPEを熱で溶かす可能性があります。
ちなみにPEはよく絞め込むと透明色が出てきます。(元が透明?)
最低限、色が変わる程度まで絞め込むのをお勧めします。

・ショックリーダーを結んで感度が落ちたりするか?
感度も動きも多少悪くなります。
しかし、絶対的なのがPE自体、ロッドの感度、リールの性能なので、感度を理由にショックリーダーを着けないのはナンセンスです。
あと、リーダーは合わせた場合に糸が伸びるという意見もありますが、着けているリーダーの長さからしてしれています。
これもフッキング方法を改めるなどの方が効果的です。

・ノットは毎回結ぶ必要があるか?
不要です。
釣行毎回、ノットを確認する必要はあります。
気になったら変えて下さい。

最後にまとめですが
PE直結自体にメリットは特にありません。
(手間が減るという意味ではメリットですが)
PE直結でも50%は強度が確保出来るのでそれで十分なら手かもしれません。
結局はどこまで自分がシステム全体として保険をかける意志があるというのが論点となるかと思います。
(ショックリーダーを使わないと魚に見える可能性があるのも保険の一部です)
かなり蛇足が多く不愉快な回答になったなら申し訳ありませんでした。
    • good
    • 22

どうも、#3釣りバカ再びです。



ちょっと追記させて頂きますと…『ノットはライン同士の摩擦で締まる』『PEは事の他表面が滑りやすい特質を持っている』『PEは3本以上の糸をより合わせている』という条件から、不意の大物に対してすっぽ抜けでばらす悔しさを味あわないためにはカットした箇所をライターなどでコブを作る事を是非お勧めします。
    • good
    • 22

強度面から根掛りした際リーダー無しと比べてアッサリ切れる気がします。


同じノットで切れるならリーダー無しのほうが地球に優しいでしょうけど財布には厳しいです。
あと知り合いが抜け止めの為にPEやリーダーを炙ってますが、
自分的にはPEを炙ってもそれほど効果はないように感じます。
    • good
    • 5

どうも、釣りバカです。



私にも初心者だった頃がありましてね。チョイと慣れてきたぜって時にPEを使ってみたんですよ。で、「リーダーって、超メンドクセ…」って直結にして釣りをしてみたんだけど、当時は週4日は何かしら釣りをしていたからラインが減っていくの。「え?何で?」ってよーく考えてみるとルアー交換するたびにチョコチョコライン切るでしょ?あれって塵も積もればって奴で1回の釣行で結構な長さ切ってんのね。だから1ヶ月もすると「飛ばねえなぁ…あれ!?」ってくらいラインが無くなってんの。
ご存知の通りPEって高いからコリャいかん!ってスナップを使うんだけど、5cm7cmのミノー交換ならまだしも5cm11cmとか3cm7cmとかになると同じスナップだとヘンなんなっちゃって結局スナップごと交換して…なんだよ結局ライン無くなっちゃうじゃん、1ヶ月だったのが1ヶ月10日くらいしか変わんねえ、それに結ぶ時切った所をライターで炙ってコブ作んないとすっぽ抜けちゃうし…やっぱメンドクセ!!

という事でどうしてもPEを使う時はPEより安いナイロンやフロロのリーダーをくっつけてPEがチビるのを節約する、って事が結構重要なのです。もちろん引っ張り強度は最高に強いけど傷がつくとあっけなく切れちゃうって欠点があるからリーダーを付けるんだけど。

個人的にはPE直結はメンドクセエのであんまりお勧めしていません。特に真っ暗な所や目の前でバッカンバッカンシーバスがライズしていたら、切った所をライターで炙ってコブ作って、なんてイライラしちって、とてもじゃないけどできません。
    • good
    • 9

僕は北海道のためシーバスはやりませんが、


PEのメインラインにモノフィラメントリーダーは基本的には必要です。
ルアーとの結束でかなりの強度低下がおきてます(コーティングタイプのPEならある程度の結束強度は出るようですが)
モノフィラメントラインとPEとの結束では90%以上の結束強度が安定して出せます。
また、モノフィラメントラインはPEよりも根づれに強く、
ステルス効果も期待できるので釣果にも差が出ることと思います。

僕の場合、25LB未満のショックリーダーの場合はSFノット、
25LB以上のショックリーダーの場合はミッドノッドと使い分けてます。
    • good
    • 11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qショックリーダーの長さはいくらが適正ですか

陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、
ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?
適正が無ければ、どのくらいが多いですか?

因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。
PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており
ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。

自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、
ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で
使う事が多いです。

目的としてPEの弱点を養う為等の一般的な目的の他
遠投時に思い切り振る時に、トップガイドの部分だけは
太いリーダーのほうが、投げる時に切れたりのトラブルが無い気がするからです。

もしこれが遠投時の指の所まで太いリーダーが来ているほうが良いですか?
それとも、トップガイドより外までPEでも遠投時その瞬間切れたりしないものでしょうか
どちらのほうが良いのでしょう?

過去に一度だけ、青物を掛けた後、遠投したら
リーダーが擦れて切れてジグが飛んで行った事がありましたが
遠投時、リーダーはロッドより外にあったほうがいいのでしょうか
自分は、トップガイドの部分に負荷がかかる気がするので
リーダーがトップガイドに必ずあるようにはしています

アドバイスお願いします
個人的な考えでも何でも結構です
日々の釣りの参考にさせて頂きたいので

陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、
ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?
適正が無ければ、どのくらいが多いですか?

因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。
PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており
ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。

自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、
ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で
使う事が多いです。

目的としてPEの弱点...続きを読む

Aベストアンサー

根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、
人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。

自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。
長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。
ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、
リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。
シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、
ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い越して
ガイド絡みを起こすと言うのを嫌ってると言うのが一番の理由です。
以前友人が投げ竿でPE3号でキャストしていた際にガイド絡みを起こし、
キャスト切れせずガツンと凄い衝撃が来たと言ってました。
PE3号は即切れし難いので横で見ててよくロッドが破損しなかったなと言うぐらいでした。
リールの番手やガイドの大きさにもよるでしょうけど、
リーダーをリールに巻き込むほどの長さは自分的には無いですね。
投げ釣りの様なテーパーラインなら話は別ですけど。
ゆったりキャストするならまだ良いですけど、
大遠投しようとして絡まると・・・自分にはちょっと出来ないかも~

最近リーダーはフロロ一辺倒になってきてショックを吸収するリーダーでは無く、
根や歯に対する防御と言う意味のどちらかと言うとファイティングリーダー
そんな思考に自分はなってます。
ショアジギは掛かったら安全圏まで一気のパワーファイトですからね。

根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、
人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。

自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。
長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。
ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、
リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。
シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、
ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い...続きを読む

Qルアーの飛距離、どれ位が一般的?

一般的な腕の人が投げた場合のルアーの飛距離はどれくらいでしょうか?もちろんたとえ同じ重さでもルアー形状によってかなり差はでそうですが、皆さんの感覚としてどれくらいのフィートの竿でどれ位のウェイトを何メートル程度飛ばせるのが一般的か教えていただけると幸いです。
加えて、よくルアーのパッケージに「実測○m、無風」とかいったように、そのルアーの飛距離を公言しているルアーがありますが、あれは一般人が投げてのモノなのか、いわゆるテスターが投げた(つまり上級者がマックスで出せる)飛距離なのか、どちらととるのがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがかかりますのでいわゆる「力糸」を補っておかないと思い切り振り込んだら バチーン! と破裂するようにラインブレイクします。しかし飛んでしまえばライン抵抗はできるだけ細くしたい、というわけで1号が理想ですがナイロンやフロロだとヒットと同時にラインブレイクしてしまう細さなのでPEを使います。投げ釣り用のラインだと「飛ばす」ための専用コーティングがされているうえ20mごとに色が変わるので何m飛ばしたか一目瞭然です。

さらにキャスト方法を少し変えてみましょう。垂らしを長めにして、ロッドを頭の上で「の」の字を書くように大きく振ってスリークォーター気味に振り込みます。これはバスの村田基さんが得意げにやっていた「スパイラル・キャスト」の応用でやはりバスの田辺哲夫さんがよくやる「オーバーヘッド・ロールキャスト」と呼ばれるキャスト方法です。余談ですが、これをロッドを横にして同じ動作をすればやはりバスの並木敏成さんの「ロール・キャスト」と呼ばれます。
さらにルアーの弾道を水面から見て45度の角度に飛ばすと飛距離は確実に伸びます。これはサーフキャスト(投げ釣り)では基本の角度でこれができれば6色(20m×6=120m)出せると言われています。

話によると80m付近まで飛ばせるようなので、このラインシステムとキャスト方法を試してください。確実に100m飛ばせるようになります。ルアー・コントロールはキャストの際穂先をナブラに向ければ嫌でもナブラを直撃します。

なおUVグルーは力糸とランニングラインの結び目を補強するだけでなく段差をなくして飛距離を妨げることを防ぎます。下記URLは私の通いのフライフィッシング・ショップです(UVグルーは元々フライフィッシング用品として開発された)が、通販で扱っているので紹介しておきます。

参考URL:http://www.bluedun.net/Accessories-UVKnotSense.htm

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがか...続きを読む

Qスズキのルアー釣りで、PEライン⇔ルアーの直結では釣れませんか?

スズキを釣る時にPEラインを使用しているのですが、私はルアーにPEラインを直結して使っています。
しかし、釣り雑誌等を見ても、PEの先にリーダーを結ぶ使い方が必ずと言って良い程、紹介されています。
PE直結では、スズキに警戒心を与えて釣れなくなってしまうからなのでしょうか?
もしくは、PEは傷に弱いので、根ズレ切れ防止の為にリーダーが必要なのでしょうか?
私の行く釣り場は防波堤で岩は無く、テトラポットの上に乗って釣っているだけなので、根ズレの心配は無いので、
シンプルにする為と、これまでナイロン糸では力いっぱい投げた時に『ペチーン!』と糸が切れていくつもルアーを無くしてきたので、
PE直結でも問題無いのなら、そのまま使いたいと思います。(PEは強い分、ラインを太く出来るので、投げた時に切れた事がないです)
根掛かりで切れた数よりも、投げた時に切れて無くした方が断然多いです(T―T)

ただ、PEラインを使いだしたのは最近で、まだスズキを釣った事がありません。
ですので、PE直結に釣果がどれだけ影響しているのかが分かりません。タチウオは釣れましたが・・・。(;^_^A

スズキを釣る時にPEラインを使用しているのですが、私はルアーにPEラインを直結して使っています。
しかし、釣り雑誌等を見ても、PEの先にリーダーを結ぶ使い方が必ずと言って良い程、紹介されています。
PE直結では、スズキに警戒心を与えて釣れなくなってしまうからなのでしょうか?
もしくは、PEは傷に弱いので、根ズレ切れ防止の為にリーダーが必要なのでしょうか?
私の行く釣り場は防波堤で岩は無く、テトラポットの上に乗って釣っているだけなので、根ズレの心配は無いので、
シンプルにす...続きを読む

Aベストアンサー

直結で釣れるかと聞かれれば釣れるとしか言いようがありません。

力いっぱいキャストすると切れるという事ですが、キャストの際に垂らしを1m程取る様にしてみてください。
それだけで切れないようになるかもしれません(ラインの劣化等は無視します)
ルアー重量が不明ですがナイロン3号前後でキャスト切れしているようであればPE直結でも同様のことが起こると予想されます。
ナイロン直結の際も4号以下を使うならリーダーをセットするのが無難です。

>PEは強い分、ラインを太く出来るので・・・ 
非常に気になる言葉です。
友人がナイロン4号からPEに乗り換える時にPE4号を買おうとしたので慌てて止めましたが、妥協点の2号を進めてもどうしても納得してくれずPE3号を買いました。当然のように泣きを見ていました。
PEを太くするということはキャスティングゲームにおいてはPEの利点の一つである飛距離を犠牲にしてしまいます。
ナイロン3号と同等の強度を求める場合PEだと1号、ラインの径ではなく強度を考えて選ばないと私の友人のように酷い目に遭います。
飛距離が出ない、根掛りして切れない、水を纏ってリール周りがビッチャビチャ等。

ルアー交換の度にPEを結び直すのが面倒だからとか、結び直してチビて行くのがもったいないとか言う理由でリーダー有りを進めている人は居ません。
釣り雑誌等や人の意見で少なからず理由を明記していると思いますのでもう一度読み直してみてください。
その上で直結でも良いと判断されたらそれについて誰も文句は言わないでしょう。

直結で釣れるかと聞かれれば釣れるとしか言いようがありません。

力いっぱいキャストすると切れるという事ですが、キャストの際に垂らしを1m程取る様にしてみてください。
それだけで切れないようになるかもしれません(ラインの劣化等は無視します)
ルアー重量が不明ですがナイロン3号前後でキャスト切れしているようであればPE直結でも同様のことが起こると予想されます。
ナイロン直結の際も4号以下を使うならリーダーをセットするのが無難です。

>PEは強い分、ラインを太く出来るので・・...続きを読む

QPEライン1.0号と1.5号で飛距離のちがいは?

買おうと思っているPEラインが、1.0号でも20lbあるようで、最初は1.5号を買おうと思っていたのですが迷っています。1.5号だと30lbあって十分すぎます。
そこでお聞きしたいのですが、号数を低くするメリットは飛距離を稼げるのと風や潮の抵抗を受けないくらいしか思いつきません。飛距離は1.0号と1.5号だとたとえば110cm、20gのミノーを投げたとして、着水地点にどの程度の差が生まれるでしょうか?

Aベストアンサー

まずどんなゲームに使用するかですが、ルアーサイズからしてサーフゲームや通常のシーバスゲームでしょうか。

1号で20lb、1.5号で30lbとなるとDUELのハードコアX8などでしょうか。
このラインは0.8号と1.2号をチヌのトップゲームとサーフのヒラメゲームに使用しています。

まずラインの太さというはおっしゃるように飛距離や潮の抵抗などの軽滅などのメリットがありますが
例えば1.5号などの非常に強いPEライン(通常は青物や大型のヒラスズキ狙いの太さです)で
キャスト時にライントラブルでバックラッシュなどすると、ラインが強すぎるのでキャスト切れせずに
ロッドを破損する可能性があります。

単に飛距離などだけではなくロッドの強さや対象魚と照らし合わせて最適なラインを選ばないといけませんよ。

通常のシーバスやサーフゲームなら8本縒りのPEなら1号で十分な強度があります。
私がサーフで1.2号を使用しているのはヒラメにしたら太すぎですが、その周辺のポイントは
冬場は間違うと20kgオーバーのオオニベが掛かることが良くあるので保険のためです(一度も保険は使ってませんが)

完璧なキャストが出来て20gのミノーを1号と1.5号で飛距離を比べれば実際には10mも違わないでしょうが
1号の方がライン放出の抵抗が少ないのでルアーの姿勢が安定し、平均して安定した距離を出せると思いますが
1.5号だと僅かな風も影響してルアーの姿勢が乱れたりして失速することも多くなるでしょうね。

飛距離はラインも大事ですが、ルアーによるところの方がずっと多くシマノのAR-Cシステムの
ルアーは平均して非常に良く飛びますし、特に熱砂 スピンドリフト AR-C 80HSはジグ並みにかっ飛んで
常時60m以上、フォローなら70m以上飛びます。

私は良く飛ぶミノーも更なる飛距離アップの為にボディ下部の後ろ半分ぐらいに4mm幅ぐらいで
3mm厚の鉛シールでウエイトチューンして、鉛の変色防止にその上からアクセルのホロシールを貼っています。
これで裂波やショアラインシャイナーLD50などは確実に2割近く飛距離が伸びています。
これぐらいのウエイトチューンだとアクションにも影響なく、風でもルアーの姿勢が乱れません。

まずどんなゲームに使用するかですが、ルアーサイズからしてサーフゲームや通常のシーバスゲームでしょうか。

1号で20lb、1.5号で30lbとなるとDUELのハードコアX8などでしょうか。
このラインは0.8号と1.2号をチヌのトップゲームとサーフのヒラメゲームに使用しています。

まずラインの太さというはおっしゃるように飛距離や潮の抵抗などの軽滅などのメリットがありますが
例えば1.5号などの非常に強いPEライン(通常は青物や大型のヒラスズキ狙いの太さです)で
キャスト時にライントラブルでバックラッシュな...続きを読む

QリールにPEラインを巻くときの下糸は?

リールにPEラインを巻くときの下糸は?
PE0.8号/150mのリールにラインを巻きたいのですが、購入したPEは100m巻きのものです。
使用している内にだんだんとラインも短くなっていくと思いますが、最初に下糸を巻いてからPEラインを巻くのでしょうか?
また、その際に下糸とPEを結ぶのに最適なノットを教えて下さい。一度結んで見たのですが結び目にラインが引っかかり、キャストしても飛ばなくなってしました。
リールはシャロースプールです。初歩的なことですが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0.8号を150mとはシマノのシャロースプールなんでしょうね。
まず150mものを買わなかったのが非常にもったいないですね。

100mだと少しづつ結節やトラブルなどで短くなったらそっくり替えないと短くなりすぎて使えないですね。
150m巻いておけばPEは吸水率が0に近いのでスプールに近い部分はほとんど新品状態で
PEは巻き癖も付きませんからまた巻き返しで新品状態からスタート出来ます。

ですから#1さんのPEは海水を吸いやすいという解説は間違っていますね。
http://www.yoz-ami.jp/Line/009.html
PEはソルトにしろエギングにしろ常に巻き返しで使いますからしょっちゅう経験していることですが
反対に巻き返した部分は全く濡れた形跡もなくスプールも完全に乾燥した状態です。

つい最近も昨年秋から今年の春まで使ったよつあみのエギングラインGESO-Xを巻き返して
今シーズン用に備えましたが、使用後は毎回温い水で塩抜きをしてスプールを洗っていたにも
関わらずキャスティングで引き出されていく部分から下はほとんど新品状態で全く濡れていません。

ですから買うときはちょっと高くても2シーズン使うことを考えたら強度もある8本よりの
150m巻きを買っておいた方がずっと得と言うことになりますね。

とは言え買ってしまった物は仕方ありませんから、下記の質問の#1さんの下巻き計算法がベストです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6247039.html
下巻き糸も要らないPEがあればPEで下巻きした方がいいですね。
PEがなければフロロ、なければナイロンでも構いませんがPE以外ならなるべく細い方が最後まで
巻いたときの形がきれいになります。
PE同士でも電車結びの片方のユニノットを4、5回巻けば抜けることはありませんし、結節も小さくなります。

でもすでに結び目にキャストの際にひっかかるというのはすでに長さが足りないということですから
なるべく早めに150m巻きに買い替えた方が無難かもしれませんね。
キャストの度に同じような場所が結び目に引っかかっていたらその部分が一気に弱って最悪その部分で
切れてものすごい超高切れになる可能性もありますよ。

0.8号を150mとはシマノのシャロースプールなんでしょうね。
まず150mものを買わなかったのが非常にもったいないですね。

100mだと少しづつ結節やトラブルなどで短くなったらそっくり替えないと短くなりすぎて使えないですね。
150m巻いておけばPEは吸水率が0に近いのでスプールに近い部分はほとんど新品状態で
PEは巻き癖も付きませんからまた巻き返しで新品状態からスタート出来ます。

ですから#1さんのPEは海水を吸いやすいという解説は間違っていますね。
http://www.yoz-ami.jp/Line/009.html
...続きを読む

Q海のルアー釣りでボウズは普通?

今日は防波堤で13時から18時までルアー(ミノーとバイブレーション)とワーム(メバル用)でずっとやっても1匹も釣れなかったんですが、ルアー釣りならこれが普通ですか?
周りの人はサビキや餌釣りで何匹か釣れてはいましたが少なかったと思います。

Aベストアンサー

どこなのか場所が分かりませんが、釣れないのは下手だからです、

これに尽きます。

魚(シーバス、メバル等のルアー対象魚)の全くいない場所なら釣れないかもしれませんが、
そういった場所でやってましたか?


よく、釣れない=魚が居ないと勘違いする人がいます。

周りも釣れてないと安心する人もいます。


上手な人は、

釣れる条件を知ってます、釣るための方法も知ってます。周りにそういった人は居なかったのでしょう?
釣れる条件ではないから上手い人が居なかったんです。
もちろん、釣れる時ばかり釣りが出来る人も居ないですから、暇つぶしにサビキをやってる人も多いです。

子供連れファミリーフィッシングや、老後の楽しみですね。


リールに付いていた糸・・・、

安いリールには最初から糸が巻いてあります。

ルアーで釣るための道具の見直しも必要です。本当に上手な人には道具は関係ないですが、
下手な人には道具のフォローと、上手な人にガイドをして貰う必要があります。

私もそのおかげでルアーで普通に釣れるようになりました。

みんな最初に一度は通る道です。

メバルをルアーで釣るなら、時間帯を選びます。

メバルの魚影が濃い地域なら昼間でも釣れますが、そうではない場所ならまず夜間がよいです。

常夜灯があるところがポイントになります。

時間帯は夜間であっても、潮の満ち引きでそれぞれ条件が異なります。

これは、その場所に通じた上手な人にガイドして貰う以外確実に釣る方法はありません。

ダメなら数回の失敗でめげずにひたすら通う、上手そうな釣れている人に声を掛けて仲良くなる・・・。

他にありません。

仲良くなればいろいろな情報、釣り方、ヒットワームや釣れたタナ・・・。等々教えてくれるはずです。


道具ですが、

ルアー釣りでは各種の専用タックルがあります。

シーバス、エギング、メバリング・・・最近流行のアジング・・・。等です。

それぞれ投げるルアーが違う、アクションが違う、釣れる魚の大きさが違う・・・等々で細分化されています。

それぞれの応用は最終的には投げるルアーが使えるかどうかになります。


私はメバリング・アジングがメインですのでこちらを詳しく説明します。

まずは竿、せめて1万円位のSiCガイドリング搭載の物がよいです、チューブラー・ソリッドと二種類ありますが、最初はソリッドがよいです。
アジング用のソリッドは張りが強いため、メバリング用のソリッドをオススメします。

ワームを投げて巻いていれば魚があたったときにそのまま巻いているだけでフッキングします。
もっと簡単に釣るにはリフト&フォールというテクニックが良いです。

ラインですが、メバリングで使うルアーはジグヘッド+ワームをメインと考えてください。

重さで0.5~3gです。

これを投げるためには細い糸が必要になります、ずばり銘柄まで言うと、クレハR18フロロリミテッド・・・。これの2.5lbを巻いてください。

ラインがしなやかなのでほとんどトラブルはありません。

リールは細いラインを使うのでせめてダイワならセルテートやルビアスやカルディア。シマノなら5月発売のレアニウムかツインパワー。

ラインまでの予算で4万円弱ほどだと思います。

ルアーはワームがメインなので、クリア系、クリアラメ入り系、オレンジ、グリーン、ピンクなどがあれば良いです。形状はストレートで。

ジグヘッドは0.5、1、1.5、2、3g迄は最低必要です。

0.5や1gはスプリットリグやキャロライナリグなどでも使います。


私は道具にはこだわっています、もちろんまだ下手だからです。

竿はブリーデン、リールはシマノもダイワも使います、最近は新しく出たイグジストを2台買いました。
シマノはステラをメインで新旧5台使ってます。ツインパワーも新旧3台使ってます。

このくらい本気でやれば人並みにはすぐ釣れるようになります。



最後に、

ブリーデンというメーカーにレオンさんというテスターが居ます。
この方はDVDで5本、本も数冊出してます。

それらをすべて見ればメバル・アジは確実に釣れるようになると思います。

どこなのか場所が分かりませんが、釣れないのは下手だからです、

これに尽きます。

魚(シーバス、メバル等のルアー対象魚)の全くいない場所なら釣れないかもしれませんが、
そういった場所でやってましたか?


よく、釣れない=魚が居ないと勘違いする人がいます。

周りも釣れてないと安心する人もいます。


上手な人は、

釣れる条件を知ってます、釣るための方法も知ってます。周りにそういった人は居なかったのでしょう?
釣れる条件ではないから上手い人が居なかったんです。
もちろん、釣れる時ばかり...続きを読む

Qカサゴをつりたいのですがカサゴの釣れる時期はいつですか?あと昼と夜どっ

カサゴをつりたいのですがカサゴの釣れる時期はいつですか?あと昼と夜どっちがいいですか?夜ルアーでもつれますか?

Aベストアンサー

カサゴは関西ではガシラと言います。その名のとおり頭が非常に大きくて不細工な顔を
していますが、食味は最高です。釣りたてならば刺身もOK。から揚げにして食べてもOK
見た目よりも食味で釣られるかたが多いみたいですね。

前置きはこれまでにして、カサゴは根魚の部類に入ります。日中は物陰や岩の間に身を潜め
餌が落ちてくるのを待っています。根魚というぐらいですので、テトラポットの隙間や岩礁帯に
多く生息しており、おかっぱりで十分に狙える魚です。
最近は、メバルやカサゴの専用ロッドも販売していますのでそちらを使ってみるのもよろしいかと
思います。
釣りに出かけるのであれば、夜がお勧めです。昼でも釣れますが夕方から夜にかけてか深夜から早朝が
魚のお食事タイムですのでそのぐらいの時間帯に釣り場に着いているのが理想です。
しかしながら潮の加減もありますので、その日の満潮干潮ぐらいは調べてから釣り場に向かったほうが
良いでしょう。
あとルアーでも十分に狙えます。カサゴ用のワームも販売しています。夜に行くのならばグロー系(蓄光タイプ)のもの、日中であれば赤系のものがお勧めです。根魚は甲殻類(魚全般に言えることなんですが)を好んで食しますのでエビまたはカニをモチーフにしたワームを選ぶと良いでしょう。
ただしルアーで狙うときに辛抱強く釣ってくださいね。そう簡単に食いついてはきてくれません。
根魚は足で釣果を稼ぐものだと僕は考えています。テトラ帯や岩礁帯の隙間にルアーを落としこんで
2.3回ふわふわと餌を見せつけて反応がなければ次の穴へという具合に足で距離を稼いで釣りましょう。
おっとつり方を書いてなかったですね。カサゴのつり方にはいろいろ種類があるのですが、2.3ご紹介
しましょう。ルアー釣り:6ft~7.5ft前後の先調子の専用ロッドに1000番~1500番クラスのリール
ラインは2~6ポンドぐらいを100M前後巻いておけばよいでしょう。針はジグヘッドの1~2.5g前後
ルアーは好みもありますが、エビ系の一袋300~500円前後のものを購入していざ釣り場へ、
釣り場に着いたら、釣り場の地形を確認していそうだなというところのめぼしをつけてタックルを準備し
私はテトラ帯であればほぼ真横に投げてテトラの沈んでいるところを沿わすようにリールを巻いてきます
そのとき底のずるずるという感触で地形の形状を把握して何度か投げてあたりがなければ次の場所に移動します。いれば必ず食いついてきます。引きが強く餌を加えたら自分の住処に戻ろうとするので多少強引でも当たりがあったら引っこ抜くというイメージでフッキングするようにします。ラインには常にテンションをかけておくほうが良いでしょう。
餌釣り:カサゴは雑食系なのでゴカイ等も食べます。私は漁港の船着場で竿を出すときには、好んで同付き仕掛けを多様します。同付き仕掛けは釣具やで確認してください。市販で作ってくれてあるものもあります。竿はぶっちゃけなんでもOK。昔はバス竿で釣ってました。餌は青イソメやカニ、湖産エビ等なんでもいいです。ポチャンと落として数回上下してしばらく待つを繰り返しているとカサゴ以外にもいろいろ
釣れますよ。出来れば漁港であれば、ふちギリギリに落とすほうが良いと思います。これも足で稼ぎましょう。あと穴釣りというのがありますが、1M前後の竿にリールをつけてテトラや岩の穴に落としこんで
釣るつり方ですが、市販にブラクリし掛け(オモリに直接針が結んである仕掛け)というのがありまして
ラインに結んだ針に餌をつけて落としこんであとは同じです。冬場は余り穴から出ないので有効なつり方ですね。
そうそう季節を聞かれてましたね。カサゴは年中つれます。水温が低くなった冬場でも関係なく釣れるので、冬場に釣りものがなくなった釣り人はよくカサゴを狙います。私もその一人・・・
長々とすみませんでしたがぜひ参考にしてみてください。
あとどこがよく釣れるかは、近くの釣具屋できくと大体の居場所は教えてくれますよ。
ほいじゃがんばってくださいね。

カサゴは関西ではガシラと言います。その名のとおり頭が非常に大きくて不細工な顔を
していますが、食味は最高です。釣りたてならば刺身もOK。から揚げにして食べてもOK
見た目よりも食味で釣られるかたが多いみたいですね。

前置きはこれまでにして、カサゴは根魚の部類に入ります。日中は物陰や岩の間に身を潜め
餌が落ちてくるのを待っています。根魚というぐらいですので、テトラポットの隙間や岩礁帯に
多く生息しており、おかっぱりで十分に狙える魚です。
最近は、メバルやカサゴの専用ロッドも販売してい...続きを読む

Q堤防での釣り。風速何mまでなら問題なくできますか?

こんにちは。
女だけのグループで釣りに行き、その楽しさにはまってしまった者です。
今年もグループで釣り(堤防で投げサビキ)に行くことになりました。
候補のひとつの釣り場の風速予想は5~7mとのこと。
しかし5~7mと言ってもどの程度の風なのかわかりません。

と、言うのもl昨年、風のとても強いときがありました。
風で仕掛けが作りにくかったり、軽いものが飛んでいってしまったり結構たいへんでした。
そのときの風速値を帰ってから見ておけば良かったのですが…
あの風は何mだったのか数字でわかりません。
気象について詳しい人もひとりもおらず…(^^ゞ

あのときのような風ならば、またたいへんな思いをするだけなので今回は行くのは止めようということになっています。

風の感じ方は人それぞれと思いますので一般的なご意見で構いません。
5~7mの風とは支障なく釣りができる風速でしょうか?
何mを超すと釣りに支障があるのでしょうか。
ちなみに陸から海への追い風です。

やさしく教えていただければうれしいです(*^_^*)
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

植木の葉っぱがずーとバタバタと揺れている、旗がずーとバタバタと揺れている
台風来たの?と思うようなのが風速5mです。

防波堤に置いた物が風で飛んでいくのが5m

海に落ちそうになるのが7m

普通は、釣りに行ってはいけない風速です。

風速1.5mの天気予報まで待ちましょう

Q満潮or干潮の時間帯で一番良いのは前後どの辺りの時間なのでしょうか?

最近、海釣りを始めた者です。海釣りでは満潮や干潮等の潮の動く時が魚の活性が上がり釣り易くなると聞きました。
よく潮見表に記載されている時間の前後どの辺りが一番食いが良いのでしょうか?
当然、潮の良く動く大潮が一番良いのだと思うのですが、その辺もご存知でしたら教えて下さい。
よろしくお願いしますm(_ _)m

例:満潮時間(8:17/18:58)、干潮時間(1:29/13:32) 中潮

Aベストアンサー

今晩は。
対象魚にもより(釣り師の感にも?)意見が色々あると思いますが、、。私の周りでは新月の大潮の期待値が最も高いです。また、潮の動きでは、干潮前後の1~2時間程度・満潮前後の1~2時間程度が狙いめかと思います。
そして、これはあくまで私の経験則ですが、月の潮位よりも日の満・干の動きを参考にしたほうが良いと思います。また、釣り場の地形によっても大きく左右されます。(地形によっては日の潮位とは別に潮の動く場合があります)その他、2枚潮・3枚潮等厄介な潮もありますが。(これは流れてる潮で潮位とは少し違います)いずれにせよ潮の動きが悪いと魚の食いは悪いです。(特に磯では) 後は幾つかの意見を参考に、ご自分の釣り感覚を磨かれるとよろしいのではないのでしょうか。

参考URL:http://www.mamboo.noi.co.jp/

Qアブガルシアとはどんなメーカーなんでしょうか?

今まで沖釣りをメインにやってきて、特に道具に強いこだわりもないため無難にシマノやダイワの製品を使ってきました。

最近ルアー(ソルトウォーター)を本格的に始めたい思いルアー用品をいろいろ物色していますが、沖釣りでは見掛けないメーカーがいろいろあるんですね。

その中でアブガルシアというメーカーが少々気になっています。
海外(欧州)メーカーでデザインも良いので高級かと思いきやリーズナブルな印象を受けます。店頭でもかなり割り引かれて販売されているのをみかけます。

「海外メーカーでデザインが良い」=ドイツ車のような高級品・高性能と安易に想像してしまうですが、アブガルシアに関してはデザイン重視で性能は値段相応といった感じのメーカーなんでしょうか?
あるいはイタ車のように当たり外れの大きいメーカーなのか?

詳しい方、ご教授ください!

Aベストアンサー

こんにちは。

ABU・・・ベイトリールが有名ですね。
25年位前から、国産メーカーの性能と品質が良くなりダイワやシマノで十分に成りましたが
昔はベイトって言うと、ABUって位定番でした。
コレクターも多く、未だに「ABUじゃなきゃリールじゃない」って熱狂的なファンも居ます。
今でこそ、安価で購入できますが、昔は国産品の2,3倍の価格が付いていましたよ。

今となっては、性能に関しては可も無く不可も無くです。
他メーカーでも同じですが、同じメーカーでも販売ブランド内での売価が性能差と言えるので
何を選ぶかによりますね。
*ベアリングとかは、高い機種も安い機種も同じ物を使っている事が多いです。
 数の差が価格差っぽい所が有ります。

釣りに対する姿勢が分かりませんが、趣味の物なので“気に入ったデザイン”とかで
選んでも良いかも・・・


http://www.purefishing.jp/abugarcia/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング