プロが教えるわが家の防犯対策術!

サザンオールスターズが好きな女性アイドルっていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 一昔前に『速報!歌の大辞典』という番組がやっていました。


 平成元年何月のトップ10の歌が、紹介されていましたが、その中での一位の曲は「さよならベイビー」という曲でした。これは、サザンオールスターズがデビュー11年目にして初のオリコンシングルチャート1位を記録した曲だということを知り、「私の中で、サザンはいつも一位でした。そう思っていました。」というコメントを若槻千夏さんがしていた覚えがあります。このコメントからして、この人は大ファンなのでは!?と思いました。                       間違っていたら、大変申し訳ありません。(^-^;)

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%82%88% …
    • good
    • 0

サザンオールスターズというより、桑田さんに限定して回答します。


「素敵な夢を叶えまちょう」という本の中で(桑田さんの東京ウォーカーの連載を本にしたもの)の中では、優香を「顔も可愛いし、名前も可愛いし、スタイルもいいし…原由子もいいけど、桑田優香になってくれないかな」と何度か大絶賛しています。

この回答への補足

ありがとうございます。
ただ、訊き方がよくなかったようで、質問の意味が逆に取られていたようでした。
サザンオールスターズの曲が好きで、よく聴いている女性アイドルっていますか?というのが正しい意味でした。

補足日時:2008/08/28 15:16
    • good
    • 0

モー娘全盛のころは、安部なつみが好きって言ってました(あの中ではかもしれないですが)


あと小泉今日子がアイドルで売れてた頃、女優として使いたいとかいってました。

かと思えば、この間のコンサートのパンフで読んだんですが、岩下志麻のような、妖艶な大人の女も好きだそうです。
あとマドンナのコンサートに行ってよかったとかいってたので、マドンナも好きなのでは!

この回答への補足

ありがとうございます。
ただ、訊き方がよくなかったようで、質問の意味が逆に取られていたようでした。
サザンオールスターズの曲が好きで、よく聴いている女性アイドルっていますか?というのが正しい意味でした。

補足日時:2008/08/28 15:09
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサザンが嫌いな理由を教えてください

私はサザンの大ファンで、8月のライブもチケットとりましたが、都合でいけなくなりました、、、。すっごい好きなのですが、仲のよい友人たちには不評です。はっきり「嫌い」とも言われます。個人の趣味、と思うので、私は「嫌い」といわれてもあまり傷つきませんが、嫌いなのは、どこが、、なんでしょう?友人たちは「嫌いなものは嫌い」で理由はない、そうです。その気持ちもわかります。嫌いなものに、あえてそんなに理由をつける必要もないと思いますし。創造するに、下品で汚い面もあるから(私はそれも味、と思ってますが)かな、、とかいろいろ考えちゃいます。嫌いな理由を知ってどうする、とも思うのですが、あえてきいてみたいと思いました(全く反論するつもりもありません)。きついご意見でも、、、理由がある方、教えて下さい。よろしくお願いします。すぐに締め切らないので、いつでもけっこうです。よろしくお願いします。

追伸、単純に好きなだけなので、偉大だとか、天才だとかは思いません、というかわかりません(私自身、音楽にあまり詳しくないので、)。

Aベストアンサー

なに歌ってるのかわからない
滑舌悪すぎてイラっとする。

Q子供を産んだことのない女性の特徴

子供を生んだことのある女性と、そうでない女性とは、肉体的精神的に、どのように違うのでしょう

か?というのは、うちの会社には、女性の管理職が二人いるのですが、

二人共、40歳を越えて独身。もちろん、子供はいません。

私の妻は、私との間に、3人子供がいて、年齢も、その二人と同じくらいです。

妻と彼女たちを比べると、言葉では言い表せにくいのですが、肉体的にも精神的に

も、妻の方が丸みや優しさがあるような感じがします。それに比べて、件の二人は、ちょっと何か殺

伐とした乾いた感じと言いましょうか、冷たいような、そんな印象を受けます。

もともと、女性の体というのは、子供を生み、育てるような、機能になっているわけで、そのような

機能を、40歳過ぎてまで利用しないということは、やはり何か精神的、肉体的に、影響を

及ぼすのではないか、と考えるのですが。皆様はいかがお考えでしょうか?

Aベストアンサー

結婚はしていましたが、子どもに恵まれなかった叔母がいました。(過去形なのは、60代で亡くなったからです。)
肉体的には、出産した人よりも卵巣がんにかかりやすいと聞きます。実際、叔母は卵巣がんで他界しました。

わたしにとっては尊敬できる叔母でしたが、子どもがいる人と比べると、「何か違うな」という気持ちはありました。
以下、「何か違う」という部分について言います。

子どもがいる人は、精神的にも、肉体的にも、常に子ども中心の生活になります。
妊娠、出産してから、少なくても成人するまでの間、責任が伴う生活を強いられることになります。
その間20年です。自分のことならまだしも、自分以外のひとつの人格を持った人間として、毎日毎日接していかなければなりません。その覚悟が必要になってきます。

当然、精神的に鍛えられます。精神的に強くならざるを得ない状況になります。
それと同時に、母親としての温かさ、やさしさを併せ持たなくてはいけません。
子どもに対しての強さと温かさ、これが同時に必要になってくるのだと思います。
これが母性と言われるものではないでしょうか。

子どもを持たない人は、ひとりの人間を育てる仕事ではありません。
専門的な仕事を持ったとしても、自己責任で向き合えばいいだけです。
子どもに対しての責任、自分のことだけを考えればいい責任、その大きさや覚悟には大きな違いがあるはずです。

子どものいない人は、良くも悪しくも自分の生活中心です。
衣食住、すべてにおいて、自分が欲しい物を好きなだけ買えます。
子どもがいると、そういうわけにはいきません。
まずは、子どものこと(もの)、その次に自分のこと、です。
自分以外の人間のことを優先に考える習慣、これが知らず知らずのうちに身についてしまうのかもしれません。

「子をもって知る親の恩」という言葉がありますが、「親の気持ちはこうなんだ」、「親は、こんなふうに自分を育ててくれたんだ」と理解できるのは、子どもを持ってこそ、本当に理解できるものです。
子どもを産んだことのない人は、その言葉を本当の意味で理解できていないように思います。
親の気持ちや、その有り難さは、実際に自分が親になって経験したからこそ、理解できることではないでしょうか。

結婚はしていましたが、子どもに恵まれなかった叔母がいました。(過去形なのは、60代で亡くなったからです。)
肉体的には、出産した人よりも卵巣がんにかかりやすいと聞きます。実際、叔母は卵巣がんで他界しました。

わたしにとっては尊敬できる叔母でしたが、子どもがいる人と比べると、「何か違うな」という気持ちはありました。
以下、「何か違う」という部分について言います。

子どもがいる人は、精神的にも、肉体的にも、常に子ども中心の生活になります。
妊娠、出産してから、少なくても成人するまでの...続きを読む


人気Q&Aランキング