ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

似たような質問があるのを知っていますが、
ケースが若干違うので新たに相談させてください。

2年半付き合った彼と今年の春から結婚を前提に同棲しています。

私32歳:手取42万(ボーナスなし)
彼31歳:手取38万(ボーナスなし)
仕事の忙しさにはムラがありますが、
どちらかというと、私の方が余裕あります。

当初は生活費も家事も折半という話だったのですが
彼の帰りが遅く、平日の家事は手伝ってもらえません。
分担は
私:食事・買い物・食器洗い・ゴミ出し・掃除全般
彼:洗濯・風呂掃除・トイレ掃除・洗面掃除
としたのですが、洗濯物は溜まってもしませんし
掃除も汚れても着手しないので、見かねて私がやってしまいます。
なので、週に1~2回の食器洗いを除いて全て私がやってる状態です。
(5回に1回くらい洗濯機を回すかな・・・)

まぁ、とにかく生活費は全額折半なのに家事が全て私の負担となっている点が不満でなりません。
彼は運転しない私所有の車の駐車場代15000円の半額を出してるんだからいいだろうと言いますが、それでも不満です。
私の方が収入があるので、彼は自分が多く支払うことについて抵抗があるようです。
休みの日くらい家事をして欲しいのですが、協力が得られないので私のストレスは溜まる一方です。
妻という立場になるか生活費を7:3くらいの割合にしてもらえれば気分的には割り切れるのですが・・・。
仕舞には「してやってるって思うならやらなくていい」と理屈をこねます。
何の為の同棲かわからなくなってきました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中11~15件)

私の場合は彼(現旦那)に同棲したいと言われ半ば強制的にしたせいか家賃・生活費・光熱費などは全て彼が払ってくれてました。


そういうのが嫌で折半で!という考えの女性も多いと思うのですが私は別に払ってくれるものに対してプライドとかないので甘えてました。
その他の費用などはどちらが出すとかなくて適当でした。
家事は全て私がしてました。

ただ結婚したら給料は全て私に入れてくれるという事になってました。

結婚して7年目ですが給料全額もらってそこから必要分を出しています。

あなたの稼ぎも十分にあるので折半でもいいと思いますが・・・
なんか言葉で上手く言えませんがお金も家事もお互いに幸せならこっちがこうだから!とかお互い思わない気がします。

ややこしいので同棲は向いてないかもしれません。

それより結婚後はどうしていくのかを話し合っておくといいと思いますよ。
延長戦になってしまってはもっと大変な事になる気がします。
結婚を控えているなら家事をしない分は彼に貯金をしてもらうって事では駄目でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も同じです、強制的に同棲生活をしているのに協力的でない上にお金は折半でなんだか理不尽な思いでいっぱいでした。
その先のお金の使い方までは話したことがないので、この機会にしてみようと思います。まだ先でいいかなとノンビリ構えてました。

お礼日時:2008/09/03 01:29

結婚相手との関係を、仕事相手との関係と同じようになんでも


きっちりと考えていらっしゃいますよね。今のうちはそれでも
全然かまわないと思うのですが、そのうちきっとどちらかが
我慢できずにこの関係は終わりを迎えるときがきてしまうような
気がします。結婚生活には向かない割り切り方ではないか、と。

今でこそお互いフルタイムで仕事をしていますが、そのうち
妊娠されたら、そして出産されたら、そのときはどうされますか?
そしてその時「俺が100パーセント稼いでるんだからそれくらいしろ」
とツワリで苦しい時やお子さんが夜泣きで一晩中寝ていないときに
頭ごなしで言われたらどう感じられると思いますか?

結婚生活とはお互いに相手を思いやり、お互いに譲歩しながら
支えあっていかなければ成立しないものだと思います。
仕事のように苦手なことでも無理してでもやってもらわなければ
いけないものではありません。相手に不得意なことがあるなら
それをもう一方が補いながら笑顔で暮らすための結婚ですよね。

また、「なんでやらないの?いい加減にしてよ」というよりは、
5回に1度してくれる洗濯の時に「疲れているのにありがとうね。
やっぱり男の人が干すとシワがしっかりのびてちゃんと乾くね」と
褒めてあげる方が男性は「よし、今度も頑張ろう」と思ってくれ、
そのうち5回に2回くらいはやってくれるようになると思いますよ。

たまには、そんなことは微塵も思っていなくても、
「私がするより全然上手だね!」と褒めてみるのもよいでしょう。
うちは結婚当時家事はできない人でしたが、この褒め殺しで
かなり上達し、今は本当によく手伝ってくれます。
失敗しても怒らずに褒めること。

男性って子供と同じです(笑)。
張り合おうとせず、うまくコントロールすることが大切です。
彼だって本当は悪いと思っているかもしれません。でもそこで
質問者さまにガミガミ言われると、プライドが邪魔して
「絶対やるもんか」となってしまうこともあると思います。

掃除や洗濯なんかロボットでも購入してやらせておけばいいんですよ。
そんなことより笑顔で二人が楽しく過ごせる時間のほうが
結婚生活には重要なことです。

家事が負担になっているならたまにはさぼってみませんか?
彼も疲れて帰宅してイライラした質問者さまとケンカするよりは、
買ってきた惣菜を食べながら笑顔で雑談するほうが楽しいはずだと
思います。折半が気になるならお互いが毎月の収入の50%をきっちり
生活費として入れるようにするのはどうでしょう?パーセンテージ
にすればお気持ちは少し楽になりませんか?

ただそこまでする場合は上記のように、ご自分が仕事ができなく
なった場合の時のこともしっかり考えておかないといけないとは思いますが。

この回答への補足

長い目で見てやれるほどの余裕が私にはないようです。
そもそも結婚に向いていないのかと自信をなくしかけています。

補足日時:2008/08/27 00:56
    • good
    • 0

私も結婚前から同棲をしていましたが、ご質問者様の場合と違って、


夫(私)の方が給与が多かったのですが、
妻の方が残業時間が多く、私のほうに時間の余裕がありました。
家事もお互いの領分を決めずに、大雑把なところは私が、
細かいところは妻が、という感じでやってきましたが、
ご質問者様においてはきっちりと分担されることをお望みのようであり、
いささか気にし過ぎではないかと存じ上げます。

手取りはご質問者様の方が多いのでしょうが、
時間の余裕がある限りは相手の領分も
手伝うという気持ちも必要ではないでしょうか。
私はそういう気持ちでした。

結婚し、子供が産まれたら、逆転します。
その際に彼から同じように感じられたらどう思うでしょうか。

7:3という表現があるのですが、損得勘定が働きすぎです。
これから一緒になるという間柄として、気持ちが通じていると思えません。
彼がご質問者様のお考えを知ったら、ひどく落胆すると思います。
一緒になるおつもりでしたら、基本的には余裕のある方が
快く相手を支えるべきでしょう。

そういう気持ちが起きないのでしたら、
お二人の行く先をよく話し合うべきかと存じます。

この回答への補足

確かに損得勘定が働きすぎかもしれませんが
彼の時間に余裕があっても、自分の時間に費やしてしまうあたりが納得いかないので、2人で暮らしている以上できるところはやってほしいとお願いしてみます。

補足日時:2008/08/27 00:53
    • good
    • 0

 結婚に対する考え方をお二人はどう思っているのでしょうか?その辺をよく話し合うべきかと思います。

私が見るところ、結婚の為の同棲にはとても見えません。

 結婚とは苦楽を共にしていくものなのです。それが大前提にあってこそ細部を話し合えます。
 ひとつの考え方を出しますが、結婚して別々に財布を管理したり、どちらがどれだけ家計に入れて~という考えは、簡単に言えば個人資産を作る行為です。そして、個人資産が役に立つのは離婚する場合だけですよ?極論で言えば、離婚する意思なく一緒に生きていこうと思うのであれば、どちらがどれだけ稼ごうと全額家計に納めればよいのです。そして、時間の余ってる方がより多く家事をする。それで済むことではありませんか?

 それができないのは、お互いに力を出し惜しむことに他なりません。資金的にへそくりを作るか、体力的に楽をしたいか、いずれにしても相手の力をあてにして自分がサボる行為でしょう。
 正直言ってお二人ともそのような部分が話し合われていないので、そのままですと打算的結婚の意味合いが強くなるのは間違いありません。

 今回の件ですと、彼の所得はそれ程悪くありません。ただ、あなたが上回っているのが不満なのではありませんか?男の甲斐性として不足な部分を家事で補わせようとしているように感じられました。
    • good
    • 0

タイトルと本文を読みましたが、肝心の質問が含まれていないように思うのですが。

なんとなく状況はわかりました。
頑張ってください。

この回答への補足

そうですね、単なるグチで終わってますね。

どんなスタイルで生活すれば、お互いによい方向へ行くのか
経験者の方など、アドバイスをいただけたらと思います。

補足日時:2008/08/26 23:10
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング