AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

これを行えば余暇のおかげで消費活動も促進され、貨幣の流通が
活発化し、家族との時間も取れて出生率も増加、人が増えた分
国の税収も増えて一石二鳥なのではないでしょうか。

こんなような事を言っていた経済評論家がいたというのを
昔に大学の授業で聞きました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中11~16件)

国全体の仕事量が減っては、それだけ収入も消費も減ってしまいます。


多分一人当たりの仕事量が減る→従業員増(失業率減)で、全体の仕事量や給与は減っていないという前提があるのではないでしょうか?


そういう考え方で(動機はたんに労働者の権利確保ですが)経済政策を運営してきたのはフランスといえるでしょう。

これは経済が1国で完結しているなら成り立つかもしれませんが、競争相手がいる状況では難しいです。2人の人間を12時間働かせる、3人の人間を8時間働かせる、同じ自給なら給与総額は同じですが、現実には人を雇うだけでいろいろな管理コストがかかってきます。またワークシェアというのも現実的には難しいことが多く、効率の低下につながりやすいです。結果競争力減につながりやすいです。

この回答への補足

世界経済競争力ランキング2008年度版を見ますと、週35時間制のフランスに対して
Karoshi(過労死)で有名な日本が負けているようです。
社会人のうつ病患者、過労死、自殺者増加等のネガティブなキーワードをよく耳にするのを考えると
2人の人間を12時働かせるビジネスモデルはもはやうまくいっていないように思います。
資料では20年前は1位だった日本が、今は優秀な人材の消耗戦でランク外に陥っているような気がしてなりません。

ワークシェアは確かに難しいですが、上手に取り込めば、優秀平凡問わず誰が同じ仕事をしても成果がでるような
システムが生まれ、仕事の質が高くなって国際競争力向上に繋がったりはしないでしょうか。

補足日時:2008/09/02 00:23
    • good
    • 0

残業が減れば収入が減って消費は増えないと思います。

私なら家でテレビばかり見てるでしょう。消費が減ったのは、消費税による買い渋りが原因と思います。消費税が課せられると、消費が減る・減ると困るので商品価格を引き下げる・価格を下げるには人件費の削減・安い派遣社員を利用する・材料の節約・産地偽造や消費期限の改竄をする・耐震偽造をする。消費税を廃止すれば消費が増えて税収も上がります。

この回答への補足

残業で月1しか飲みに行けない人が早く帰れて月3で行ける様になると
サービス業における消費は増えそうな気がします。
消費税は確かに生活にとっては痛いですが、消費税が高いからといって
物を買い控えている人はあまりいないように思うのですが・・・
あれこれ買う事を考える暇も与えられず残業させられている人が減れば
消費は増えるように思っておりますがどうでしょうか。

補足日時:2008/08/31 16:50
    • good
    • 0

授業をなされた先生がどのくらいの世代か分かりませんが、私の世代前後から上の世代(45以上でしょうか)にとって、ラッセルは英語や国語の問題で受験によく使われていました。


ラッセルが1872年生まれケインズが1883年生まれで、同じケンブリッジに学んでいます。ラッセルとケインズは同性愛の噂もありますが・・・それはおいといて。お互いに影響は受けていたようです。
で、ケインズの理論を数学的に実用化したのが金融工学(めちゃくちゃおおざっぱですが)で、実用化する途中で抜けたのがラッセル的な(イギリスの貴族によくある)使命感というか、悪く言えば偽善的な、世の中を良くしようという思いなのかも知れません。
ケインズの発想も、「失業者がいないというても、あーた、現に失業者がいるやん、どう説明つけるんだ?経済学」でしたので。

この回答への補足

あれは確か世界屈指の金融論専門家、田中敦氏の授業だったと思います。
数字に弱い私からすればケインズよりラッセルが経済学の入り口としては
親しみやすかったのかもしれません。

分かりやすい解説ありがとうございます。

補足日時:2008/08/28 01:13
    • good
    • 0

収入がないのに、消費だけできる訳ではありません。

収入が低ければ、結婚も出来ず、子供も作らないのが現状です。

それに、仕事で消費するお金はかなり多いですよ。電気代やら交通費やら。残業をしなければ、そういった消費も減ってしまうと思います。

この回答への補足

収入が無い人は残業が制限されてもそのままかもしれませんが
お金があるのに暇が無い人が財布の紐を開いたら世の中が潤う気がします。
残業しなくなった分遠出して遊びに行く人が増えてそこで旅費が発生し、
ビルのエアコン稼働時間も短くなって都心の夜の熱帯亜も徐々に解消するのではないでしょうか。

補足日時:2008/08/27 22:58
    • good
    • 0

元ネタは経済評論家ではなく


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC% …
怠惰への讃歌 (1958年) (角川文庫) [古書] (-)
B.ラッセル (著)
であるかと思います。

この回答への補足

経済学部での授業は残念ながら全然興味が沸きませんでしたが
1回だけこの人の話が授業で出て、学生生活の中で1番じっくり話を聞いた記憶があります。
確か金融論の授業でした。

フランスの人まではうっすら覚えていましたが名前は忘れておりました。
教えて頂きありがとうございます。この機会に本を買って読んでみます。

補足日時:2008/08/27 23:07
    • good
    • 0

>家族との時間も取れて出生率も増加




確かに多少は増加はすると思いますが、
収入が上がらない中での支出増になるので、生活は苦しくなります。
余裕資金はなくなり、旅行・レジャーの抑制になるので、
消費行動が活発になるとも言えません。
お金がないので、公立高校、公立大学が人気になり、私立は苦しくなるなどの現象も現れると思います。

一石二鳥には見えません。

この回答への補足

子供の数が増えた場合、公立に行く人も私立に行く人も増えて
ニーズも多様化し、一概に私立だけが苦しくなるとは言えないような
気がしました。
レジャーという観点では、子供が増えたりすると額は多かれ少なかれ
家族旅行も増え、暇があると独身の男女も気軽に旅行に行けるので
観光産業は振興するのではないでしょうか。

補足日時:2008/08/27 00:28
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経済損失の定義

経済損失という言葉の定義は何なのでしょうか?
よくニュースに出てきますし,わかってるような気になっていますが,
改めて「経済損失とは何か」と聞かれたら,
なんと答えればいいのかわかりません.
辞書にも載っていませんし,調べても「~の経済損失は○○円だ」というのは
出てきますが,経済損失が一体何なのかということは
書かれていませんでした.

ご存知でした教えてください.

Aベストアンサー

ご存知・・・というわけではないのですが、他の方からのご回答にも興味があるので、私なりの解釈を投稿させていただきます。
「経済損失」とは、ある事象が原因で世の中全体が被った直接的な被害の額(e.g. 台風で壊れた家をもとに戻すためにかかる費用)と、その事象さえ起きていなければなされていたはずの経済活動の価値をあわせたもの、と考えています。たとえば、交通渋滞があるために運送時間が5時間長くかかった場合、本来、運転手はその5時間を別の生産的活動に費やして何らかの価値を生み出したり、消費して誰かに利益をもたらすことができたはずなので、その価値に相当する額が経済損失になる、という考え方です。もちろん、この場合、運転手に限らず、5時間多く待たされた側etc.さまざまなところでムダ(経済損失)が生じるので、そういうものすべてひっくるめて、という意味です。


人気Q&Aランキング