絶対音感とは異なる相対音感とはなんですか?
二つの違いを教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

現在、一般に言われるのはこういう説明です。



「絶対音感」がある人は頭の中に音を高さを計るものさしを持っていて、例えばピアノで440Hzの音を弾くと「ラ」の音だと分かる人です。一方、「相対音感」の場合はこの440Hzの音は「ラ」とは分かりません。しかし、「ド」の音を弾いてあげて「これがドの音です」とあらかじめ教えていれば440Hzの音は「ラ」だと分かる事になります。「相対音感」とはオクターブ間を12等分して相対的に認識する事で、歌を正しいキーで歌える人は「相対音感」があるという事になります。

これで良ければそれで終りです。しかし、いまここに時速100キロの車に乗り、窓から外へ向かって440Hzの「A」の高さを吹くトランペット奏者がいたとします。もうひとり、こちらは道端にたたずんでいる人がいて、両者とも(上記でいう)「絶対音感」の持ち主だったとします。どういう現象がおこるでしょう。もちろんかの有名なドップラー現象がおこり、道端の人にとっては当然「A」の音は目の前を過ぎるとグーっと下がって聞こえます。一方、車のトランペット奏者には音程の変化がおこるわけはありません。じゃあこの二人にとって「絶対」の「A」は何Hzだというのでしょう。

一定のピッチの音が固定の絶対音だとするような考え方ですと、屁理屈のように聞こえるかもしれませんが、こうした矛盾が起こるわけです。「A」の音を固定音だと捉えてしまうのは、いわば生活習慣のようなものであり、実は正確な「相対音感」こそがポイントだとする考え方の方が、妥当のように思います。昔の「A」の音は、例えばモーツァルトの時代には今よりピッチが低かった、半音くらい低かったとされています。こうした中で半ば「音当てテスト」のように取り上げられる「絶対音感神話」には疑問を感じずにはいられません。

ただ、正確な「相対音感」というのがまたやっかいです。つまり先の説明文で書いたような、オクターブ間を12等分、というのは「純正律」ではなく、ピアノの調律のために使われる「平均率」の世界だからです。一説によれば、オクターブ内のすべての和音を純正律でやるためには、最低53の鍵盤が必要と言われていますが、ピアノのようにオクターブを12にしか分割しないということは、一定ピッチで分割しただけになってしまい、それから生まれる三和音は近似値で、極論すればみな少しずつ狂っています。このピアノによる音感教育を「絶対」の基礎に置く限り、今の「絶対音感」はただの「音当てクイズ」でしかありません。

というような事も頭に入れていただけるといいのですが。

この回答への補足

「平均率」
「純正律」
とはどうゆう意味ですか?

補足日時:2001/02/20 23:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんとなくわかりました。

「絶対音感」とは私たちのもちいるドレミ・・という概念に当てはめた事がわかるだけということですか?
そして「相対音感」といえども正確には、正確とはいえないということですか。
全然ちがかったらすんません。

お礼日時:2001/02/20 23:46

benjaminさん,gonta-11さんの回答で出て来た、平均律と純正律について簡単に説明させていただきます。



どうして楽譜には♯と♭があるのか、と思った事はありませんか?ピアノのド♯とレ♭は同じ黒鍵じゃないか、同じ音なら同じ記号でいいんじゃないか、と。

しかし、本当はド♯とレ♭は違う音なんです。例えばヴァイオリンでは違う音で弾き分けられます。レ♭よりド♯の方が、8分の1音ぐらい高いです。(ピタゴラス音階でドを0として、音程をセントで表すと、レ♭は90、ド♯は114、レは204)
これが純正律。

それに対して、オクターブを強引に12等分してしまったのが平均律です。(ドは0、レ♭,ド♯共に100、レは200)
このため、世の中の全てのピアノは、純粋な和音は出ません。元々違う音だったのを、数字で割り切ったのですから当たり前です。

では、なぜ平均律にしてしまったか?これは鍵盤楽器の鍵盤の数が膨大になるため、というのもありますが、「転調の自由」のほうを、「純粋な音程」よりも優先したためです。

ここで、下の補足でおっしゃっている、
>「1台でさまざまな調の曲を演奏するために純正律で調律することができないため」なんでできないんですか?

という質問について、gonta-11さんの代わりに回答させてもらいますね。

それは「純正律だと音程の幅が一定ではない」ということが要因です。
例えばハ長調で「シ→ド」と移行するメロディーがあるとします。これを転調してみましょう。ニ長調にすると「ド♯→レ」(音程は114→204)、嬰ハ短調にすると「ド→ド♯」(音程は0→114)になってしまいます。

同じメロディーなのに、90セントの移動だったり、114セントの移動だったり、音程の幅が違うのは、聴いていて気持ちが悪い。この事を解決するため、先ほども書いた通り、正確な音程を犠牲にして、平均律をとったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ド♯とレ♭は違う音なんですか。

実はこれずっときになっていたことなんです。
二重に納得しました。

これ、ほんと昔から気になってたんですよね・・・

お礼日時:2001/02/23 19:06

以前、なんどか「絶対音感」に関しては回答していますので参考にしてください。



http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=25822
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=33567

ピアノで身につけた「絶対音感」は万能ではありません。それだけは言えます。
また「絶対音感」とはあるただ1つの能力を指す言葉ではないと思います。

基準音Aに関してはgonta-11さんがおっしゃるように現在では442~443が
多いですがバッハの時代は438くらいだったと言われています。

またよく誤解されることですがバッハの時代には「平均律」はなかったと
されています。
日本語で「平均律クラヴィア」という通称で呼ばれる楽曲はヴェルクマイスター
で演奏されていたという説が有力らしいです。


相対音感に関してはなにか音楽を聴いてそれを再現するときに基準となるキーが
正確に言い当てられなくても移調した形でそれを再現できる能力だと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

バッハの時代には「平均律」はなかったんすか。っていうか 「平均律」すら、2.3日まえにしったんですけどね。

お礼日時:2001/02/23 19:02

 大変説明しにくいのですが、下の方々がうまく説明していらっしゃるようなので、少し補足します。


 音にはそれぞれ周波数があります。その周波数(の数字)が高ければ高いほど高い音となります。例えばピアノのドの音から1オクターブ上のドの間は周波数で言うと2倍です。「周波数が2倍になると1オクターブ上の音になる」と考えてください。
 この周波数の差を12等分してそれぞれの音を出すとそれぞれが一つ一つの鍵盤(ド、ド#、レ、レ#・・・)に対応するのです。このようにして作られた音階を平均律といいます。
 ところが、本当に美しく、にごりなく響く和音というのは「周波数が整数倍の関係」でなければなりません。しかし平均律では整数倍になっておらず少しずれているため、微妙に和音がにごっているのです。一度オルガンのように持続音が出せる楽器でドミソを弾いてみると分かると思います。数秒に1回くらいの音のゆれ(うなり)が聞き取れるはずです。だから演奏者はにごらないような和音を作るために微妙に音程を上下にずらし、整数倍の和音を作ろうとします。そうすると一部の音はピアノの音程とずれた音になります。このような考え方で作られた音階を純正律といいます。
 しかしピアノは1台でさまざまな調の曲を演奏するために純正律で調律することができないため、平均律であわせているのです。
 このように純正律というのは和音を美しく響かせるためのものですから、ピアノの特定の鍵盤に対応する音がいつでも同じ周波数であるとは限りません。ということは、絶対音感などはそもそも存在することさえ不可能になってしまうのです。絶対音感というのはA(ラの音だと思ってください)440Hzを基準として平均律で合わせた音を「覚えている」というだけのことです。実際に音楽を演奏するときには「和音がきれいに響くように」音程を微妙に調節していますから、その調節ができる能力(広い意味ではこれも相対音感でしょう)がより必要とされるのです。また、現在Aを440Hzであわせることはあまりないようです。私は吹奏楽の経験者ですが、現在、響きを明るくするためもあって、442~443Hzであわせるのが普通です。オーケストラでもそうだということを聞いたことがあります。
 相対音感とは、簡単に言ってしまえばjanbさんのおっしゃるとおりです。細かいことを言えばこのように複雑な要素が絡まっているのです。

 もしわかりにくければまた質問してください。
 

この回答への補足

「1台でさまざまな調の曲を演奏するために純正律で調律することができないため」なんでできないんですか?

様々な調っていうのは、ハ長調とかそういうのですか?
そもそもハ長調とかどういう意味なんですか?

あと、純正律とかの話は、どの程度のレベルの話なんですか?音学家志してる人(尚美とか通ってるレベルの人)、の間では、あたりまえの話なのですか?(私は一般人です)

質問攻めですみません

補足日時:2001/02/21 14:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明しろって言われたら無理だけど、頭の中でわかりました。
ただ、ひとつわかると、また新たな疑問が生まれるんすけど・・・

兎に角色々ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/21 15:03

みもふたもない答えかたします。


相対音感とはある音を基準に「何高い」「何低い」で相対的に音の高さをはかるやり方。
絶対音感とは「ある音はこの高さ」と一つ一つ認識するやり方です。

ほんとにみもふたもない…
(わかりにくくてすみません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんとなくイメージできました。
ひとつひとつ認識するか、ひとつを軸に判断するか
ということですか

お礼日時:2001/02/20 23:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサービス業について

私の親戚の子が今度就職します。希望はサービス業
だそうです。しかし私は疑問を感じます。一生続けられる
仕事なのか?確かにサービス業は身近です。そこで
接客する人は気のせいか若い人や、アルバイトなどの
人が多いです。もちろん末端で働く人を高給取りの
社員にする事はないと思います。しかしサービス業の
会社の平均年齢とか見るとどこも若いですねえ。
やはり若くして入って数年で辞めるのがサービス業
なんでしょうか?

Aベストアンサー

サービス業、といってもいろいろな職種があり、これもなんともいえませんが。
たぶんスーパーを考えているのではという事で
 確かにきついかもしれませんが、慣れてしまえば
別にきつくありません。(これもお店によりますが)
 やはり、仕事のコツを覚えてするのと、覚えないで
やる方と人の差が出る仕事ではないでしょうか?
やる仕事はたくさんあります。あきらめないでがんばってほしいですね

もし、就職なさるなら資格を取る(販売士)そして冬休みにコンビニでもいいですが、アルバイトをなさった方がいいと思います

Q音感(絶対音感・相対音感)

音楽は素人なのでとんちんかんな質問かもしれませんが教えて下さい。音感の優れた人に絶対音感者と相対音感者がいますよね。一流のプロの演奏家(オーケストラ奏者等)はもちろん優れた音感の持ち主の皆様ですがどちらかといえば相対音感の人が多いと聞きました。そこでそのメカニズム的なことですが、そのレベルの相対音感の人は当然のごとく体内の中に固定ドのようなきちんとした基準の音がありその基準音と相対的に比較し100%近い調律もできるし又楽器を離れてもいろんな音、たとえば自然界の小鳥のさえずり等もその基準音と即座に比較し音階が解るものなのでしょうか。又それが基本中の基本でそれができないと一流の演奏家にも作曲家にもなれないと言う人がいるのですがそれでいいですか?もしそうであれば絶対音感者と相対音感者の違いが解らなくなってきてしまうのですが・・・教えて下さい

Aベストアンサー

たびたびすみません。 NO.3です

相対音感や擬似絶対音感は、一流の音楽家になるのに必要というより、その能力が身につかない程度しか音楽に携わっていなければ一流の音楽家にはなれない、ということだと思います。

私は楽器の音であればその音を判別できる擬似絶対音感を持ってますが、音楽は趣味程度で専門家ではありません。
絶対音感は英才教育でしか得られませんが、擬似絶対音感なら一流の音楽家になろうと努力すれば自然に身につく能力だと思います。

Q警察官はサービス業?

30年くらい前、学校で
第1次産業・第2次産業・第3次産業、を習いました。
1~農林水産業
2~工業
3~サービス業
こんな感じだったと思います。
で、1・2以外は、公務員も警察官も医師も、
第3次産業=サービス業、と習った記憶があります。

2~3年前に、警察官と話した時に
私が、警察官はサービス業でしょう、と言うと、そのかたは違うといました。

どちらが正しいのでしょうか。
習う内容が変わったのでしょうか(1,2,3、に分けない、とか)
どうなんでしょう。

一応調べましたが、サービス業とも言えなくはない、とか、はっきり書かれたものが見つけられず、
質問いたします。

Aベストアンサー

総務省の発表では警察官はサービス業には含まれていませんでした。
http://www.stat.go.jp/data/service/2004/bunrui.htm

Q相対音感と絶対音感。

僕には相対音感があります。
相対音感は基準音があってそれを参考に音を取っていく能力ですよね?でも、短音だけだと基準音なしでも絶対にわかります。2音の和音も絶対わかります。3音以上は時間を有します。不協和音はあまりわかりません。
ラジオ体操1・2は耳コピで弾けています。何回か聞いて弾けるようになりました。一回だけでは無理です。意識すると人の声や町で流れているmelodyがドレミで聞こえます。でも、体調などによっては全く分からないことがあります。むしろわからないほうの時間が長いです。

学校の音楽室のピアノは1年に1回ぐらい調律をしているみたいなのですが、すごく低いな~って感じるときと気にならない時、いい音だな~って思うことがあります。
よくわからないのですがこれは相対音感、絶対音感、どっちなのでしょうか?知識のある方おしえてください。

Aベストアンサー

絶対音感のイメージとしては、全ての音に違う味付けがしてあるような感じです。例えばソの音はラには聞こえません。ソはソにしか聞こえない、っていう感じでしょうか。けれど、別に音名で聞こえてくるわけではありませんよ。
そして、人間は機械とは違うのですから、チューナーほど正確に音のずれがわかるわけでもありません。私もそうですし、音楽を専門に勉強している人でも、半音の半分ぐらいまでのずれはわかるが、更にその半分やもっと差が小さくなると、何となく低いかな、という程度で、それも自信をもって答えられない場合もある、という感じの人が多いようです。
実際、体調によって聞こえ方が微妙に違う場合もあるからです。CDで、楽器のチューニングがずれていて、がわずかに低い場合に、すごく気になる時と違和感なく聞ける時とあります。
1年ごとに調律をしているピアノで、もちろん音が狂う場合もあるでしょうが、全ての音が均一に下がるという可能性はまずないでしょうし、ある音だけ狂った場合は多くの人が気付くでしょう。その場合の多くは、周囲の音と比べて狂いに気付くものと思いますから、相対音感になると思います。
ただ、気になる時と気にならない時があるのならば、体調などによる聞こえ方の違いかも知れませんね。チューナーを持参して、低いと思った時にピアノの音の狂いを確かめてみてはどうでしょうか。ギター用のチューナーでしたら安く売っていますので。

絶対音感のイメージとしては、全ての音に違う味付けがしてあるような感じです。例えばソの音はラには聞こえません。ソはソにしか聞こえない、っていう感じでしょうか。けれど、別に音名で聞こえてくるわけではありませんよ。
そして、人間は機械とは違うのですから、チューナーほど正確に音のずれがわかるわけでもありません。私もそうですし、音楽を専門に勉強している人でも、半音の半分ぐらいまでのずれはわかるが、更にその半分やもっと差が小さくなると、何となく低いかな、という程度で、それも自信をもっ...続きを読む

Q統計上のサービス業とは?

内閣府の統計によると、名目GDPの構成要素として、11の産業が分類されています。

農林水産業 鉱業 製造業 建設業 電気・ガス・水道業 卸売・小売業 金融・保険業
不動産業 運輸業 情報通信業 サービス業
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/__icsFiles/afieldfile/2011/12/22/seisan20111226.pdf

一方、総務省の統計によると、「産業別規模別事業所・企業数」として、16の産業が分類されています。

鉱業 建設業 製造業 電気・ガス・熱供給・水道業 情報通信業 運輸業 卸売・小売業
金融・保険業 不動産業 飲食店、宿泊業 医療、福祉 教育、学習支援業
複合サービス事業 サービス業(他に分類されないもの)
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h21/h21/html/k9100000.html

そこで質問なのですが、
「産業別規模別事業所・企業数」として分類されている16の産業のうち、
名目GDPの構成要素として分類されているサービス業に当てはまるのはどれですか?

つまりは、サービス業の企業数を知りたいのです。

ご教授よろしくお願いいたします。

内閣府の統計によると、名目GDPの構成要素として、11の産業が分類されています。

農林水産業 鉱業 製造業 建設業 電気・ガス・水道業 卸売・小売業 金融・保険業
不動産業 運輸業 情報通信業 サービス業
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/__icsFiles/afieldfile/2011/12/22/seisan20111226.pdf

一方、総務省の統計によると、「産業別規模別事業所・企業数」として、16の産業が分類されています。

鉱業 建設業 製造業 電気・ガス・熱供給・水道業 情報通信業 運輸業 卸売・小売業
金融・...続きを読む

Aベストアンサー

産業別GDPを参照したい
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/otoiawase/qa8.html

より経済活動別分類を詳しくみてみると、、

サービス業は主に3つに分けられて

●公共サービス
-教育、研究、医療・保健衛生、
その他の公共サービス業

●対事業所サービス
-広告業、業務用物品賃貸業、
自動車・機械修理、
その他の対事業所サービス業

●対個人サービス
-娯楽業、飲食店、
旅館、洗濯・理容・美容・浴場業、
その他の対個人サービス業


とあるから総務省の統計では「飲食店、宿泊業 医療、福祉 教育、学習支援業」と計上されている後ろの5つの項目が内閣府ではサービス業として分類されていると思われます。。

Q絶対音感と相対音感……?

絶対音感と相対音感がチェック出来るサイトで試してみたら

★絶対音感80・ハイクラス40
★相対音感100・ハイクラス80

でした。
結構有名なサイトみたいでした。
ヘルツとか聞き分ける事は出来ないのですが、曲などで人物の声が入ってない所は全てドレミ音に聴こえます。
壁を叩いた音はドに近い音で聞き分ける事が出来ます。
チェックしてみたんですが、相対音感がよくわかりません。

あと曲の間奏が全てドレミ音で聴こえると上でも書きましたが、そういう風に聞こえない方は曲のその部分ってどう聴こえるんですか?

うまく伝わらないかもしれませんし、失礼な言い方をしてると思います。
凄く気になるんで教えて下さい。

Aベストアンサー

>そういう風に聞こえない方は曲のその部分ってどう聴こえるんですか?
私は絶対音感もありませんし相対音感もかなりいい加減です。
音楽を聴いても音名と音とは直結しません。
ただ、知らなかった曲でも何度か聞いて憶えてしまえば音名がわからなくても任意のキーである程度は演奏したり歌ったりできます。
コード(和音)をつけたりもできます。

絵を見て色の名前がわからなくても何が描いてあるかはわかるような感じなんじゃないでしょうか。


あと、ギターの5番目の弦は440HzのAに合わせるんですが、これがGやBだったりすると単音で鳴らしてもAじゃないなと気づきます。
ただし、1/4音くらいのズレだとたぶんわかりません。

Q医療はサービス業か否か??

こんにちは。最近は‘患者さま‘と呼ぶ医療機関も表れはじめ医療もサービス業色が強くなってきました。
ここでも患者の権利意識が高くなったのか‘我われは医者を選んでやっている。王様のように扱わないのはけしからん!!‘といった感じの質問も多々見かけます。
はたして医療機関もサービス業なのでしょうか?
サービス業というのは支払った対価に見合うサービスしか受けれないのが資本主義においては原則です。
例えば飛行機でもエコノミークラスとファーストクラスにおいては受けられるサービスは異なります。エコノミーの料金しか支払えない人はファーストクラスのサービスは受けられません。ホテルも一般客とスイートルームの宿泊客では待遇が違います。
しかしながら日本では医療においては経済格差に関係なく同じ扱いをされることになっています。(表向きには)
宿泊料金すら支払えない経済力の人間がスイートルーム並みのサービス(医療行為)を求めることが正当なことになっています。
そう考えると医療はサービス業としては成り立たないのではないでしょうか?(全額自費の美容外科などは100%サービス業ですが)

こんにちは。最近は‘患者さま‘と呼ぶ医療機関も表れはじめ医療もサービス業色が強くなってきました。
ここでも患者の権利意識が高くなったのか‘我われは医者を選んでやっている。王様のように扱わないのはけしからん!!‘といった感じの質問も多々見かけます。
はたして医療機関もサービス業なのでしょうか?
サービス業というのは支払った対価に見合うサービスしか受けれないのが資本主義においては原則です。
例えば飛行機でもエコノミークラスとファーストクラスにおいては受けられるサービスは異なります...続きを読む

Aベストアンサー

確かに医療機関もサービス業なのです。
但し、資本主義の原則には則しません。
何故なら、日本の医療保険制度は「社会主義制度」だからです。診療報酬制度に縛られて、診療行為別の報酬が国によって決められて、医療側には裁量権が有りません。
詰まり、1点10円の単価が決められて、値引きも、上乗せも一切認められていません。更に、医師や看護師の人数や、病院の廊下の幅や階段の段の高さ、病室の面積等々細部にわたって規制されています。
もし、これを侵して値引きなどをやれば、保険医取り消しになり、保険診療は出来なくなります。
更に、日本の保健医療制度は、医療機関は保険者(社会保険・国民保険)との契約で、被保険者(患者)に現物給付(医療行為)を行って、報酬は保険者から貰います。患者からは貰いません。
現実に患者が窓口負担で3割払いますが、これは患者が保険者に払うもので、医療機関はその代行者として、仮に受け取っているだけのものです。
被保険者(患者)は保険者に保険料を払う事によって、医療を受ける権利の契約をします。
詰まり、医療保険制度上は医療機関と患者の間には経済的契約関係は有りません。医療機関と患者の間に有る契約は診療契約だけで、これには経済的な事は含まれません。「ファーストクラス並スイートルーム並みのサービス」に関しては、個室料とかでの差別は有ります。
これを資本主義にしようというのが、「医療への株式会社の参入」論議です。株式会社は資本主義そのものですから。
私としては、患者に「様」付けをするのは、泥棒に様を付けるのに等しい行為だと思います。

確かに医療機関もサービス業なのです。
但し、資本主義の原則には則しません。
何故なら、日本の医療保険制度は「社会主義制度」だからです。診療報酬制度に縛られて、診療行為別の報酬が国によって決められて、医療側には裁量権が有りません。
詰まり、1点10円の単価が決められて、値引きも、上乗せも一切認められていません。更に、医師や看護師の人数や、病院の廊下の幅や階段の段の高さ、病室の面積等々細部にわたって規制されています。
もし、これを侵して値引きなどをやれば、保険医取り消しになり...続きを読む

Q絶対音感・相対音感

絶対音感と相対音感ってなんですか?違いとかいまいちよく分からないので、教えていただけるとありがたいです。
あと音感にもレベルとかありますか?細かく分かる人とか、なんとなくの人とか…
ちなみに私は周りの音は聞いて分かります。チャイムとかテレビの音とかも何の音だかは分かります。でも雨の音とかは音に(音程に?)聞こえるときと聞こえない時があります。パーカッション的な音?は音程に聞こえません。これはなんというのでしょうか?
小さい頃はドの音だけ分かり、そこから数えていました。これは相対音感ですか?音感って成長するんですか?
非常に分かりにい文章ですみません。お願いします。

Aベストアンサー

絶対音感を持つ者ですが、まず
-絶対音感は、あらかじめ音程(たとえばC3の「ド」など)を聴いた上でなくても、音の音程が分かるのを言います。例えば、これを書いている時に聞こえるパソコンの駆動音ですが、「ファ」に聞こえます。参考音なしにこれは「ファだ」と分かります。

-相対音感は、参考音を聴いた上で、音の音程が分かるのを言います。例えば、ピアノで「ド」を弾いた後、口笛で適当な音を吹いてその音程が分かります。

-雨の音やドラム・パーカッションの音は、あまり詳しくはありませんが低い・鈍い音が多いので音程を捕らえにくいのだと思います。ピアノの鍵盤で、下・上に行くほど音が分かりづらくなるのと同じではないでしょうか。

-音感は成長します。自分は昔、相対音感と絶対音感の中間辺りを行き来していました。今ではかなり絶対音感が強くなってきたと思います。

-ドが分かれば、どちらかと言うと絶対音感じゃないでしょうか。社会的にも、音楽の授業やピアノ教室などでも最初に覚える音は「ド」ですので、知らぬうちに音感が強くなってドの音が身についたのでは?

Q沿道サービス業とは?

すごく気に入った土地があるのですが、
農家資格または、沿道サービス業でないと
購入できないそうです。
沿道サービス業にはどんな種類があるのでしょうか?
詳しく教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>沿道サービス業にはどんな種類があるのでしょうか?

http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/kaihatu0_2.htm
都市計画法の34-8
(8) 道路の円滑な交通を確保するために適切な位置に設けられる給油所・ドライブイン等の施設。(9号)

基本的に
敷地が500m2以上

ドライブイン=飲食店
と覚えましょう。

500m2以下は
34-1で対応できます。

(1) 日常生活上必要な物品の販売、加工、修理を営むための店舗等の施設及び公益上必要な建築物

うちの県基準で
34-1の業種一覧です。

店舗等の用途は、別表に掲げるものとする。
http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/34-1beppyou.html

>沿道サービス業にはどんな種類があるのでしょうか?

あなたが言う
沿道サービスとは
34-1のことで
専門家が言う
沿道サービスとは
34-8のと
根本的に違います。

Q【なんちゃって相対音感??】

この度は大変お世話になりますm(__)m
数多い質問の中からお選び下さいまして幸いに存じます。

 私は、数年前位から口笛が癖になってしまって、
いつも音楽を聞きながら吹いております。

そのため、自由自在にキーを変えても出来る様になりました(笑)
但し、何音シャープしたかフラットしたか迄は分かりません…

「カラオケでメロディを変更する時みたいに正確なのか??」
と訊かれても、当然ながら絶対音感は有りませんので、
確実性は保証できかねてしまいます^^;

そこで伺いたいのですが、私は相対音感もどきなのでしょうか??
差し支えなければ、ご回答いただけます様に宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「相対音感」そのものです。「もどき」ではなく、正真正銘の。
 別名「移動ド」です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%BB%E5%8B%95%E3%83%89
http://alborada12.web.fc2.com/jidou-koteiidoudopage-1.html


人気Q&Aランキング