今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

皆さんこんにちは。

私は宗教、哲学にまったくの素人で、また無宗教でも
ありますが、神の存在は信じています。

しかし、私の思っている神というのは、私を護って
くれるだけの近くて、小さい、守護霊的な存在なのです。

宇宙規模のすべての創造主の神の事とは違うのですが、
その創造主の神について、教えていただければ幸いです。

神は自分(神)の存在を人類に知らせたいのでしょうか?
それとも隠したいのでしょうか?

キリスト教などの信者の方が、神の存在を皆に説いている
はずなので、前者だと思うのですが、それなら神はなぜ、
自ら地球上のすべての人類に姿を見せるとか、声を聞かせる
とかして、自分の存在をアピールしないのでしょうか?

何卒よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (34件中31~34件)

神様というのは人間のように口を持ってらっしゃらないのです。


ですから、ある程度の徳が高い人しか神様の御声を聞くことが出来ないのです。

そして、それが本当のところです。
神様としては人間に日夜働きかけて下さっておられるのですけれど。
その神様の働きを神の働きと捉えずに過ごしてしまっているのです。

神様は無形といいますが、五感でとらえられない存在なのです。
ですから、神様が存在を人類に知らせたいと思っておりましても。
形がありませんから、知らせることができません。

然し、人間の方で高徳の信者であれば神様の御声を聞くことができます。
神様は自然などの働きにも表れておりますけれども。
常日頃から働きかけて下されております。
人間を助けようと、救ってやろうと働きかけて下されておりますのが神様です☆

神様は自分の存在を知りたいものがあれば知らせてもくれます。
また、まったく信仰心のないものに知らせる必要がないから知らせません。

つまり、あなたの仰るどちらともとることが出来るでしょう☆

神様はそんなに軽い存在ではなく、本当に尊い素晴らしい存在だと思いますョ☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちはー

たとえは悪いのかもしれませんが
カブト虫に餌を与えても、それが与えられたもの
とはわからず、カブト虫は自然に食する。

人間に実体がなければ、それが与えられたものとは
わからず、自然にそこに食べ物があると思うだけで、
人間の存在はカブト虫には、わからないということですよね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/29 10:56

 あたかも 指の先で そおっと 触れるかのように 知らせる。


 知らせたか知らせなかったか 分からないくらいの仕方で あっ 声を聞かせてくれたか と錯覚するほどの経験は 起こるのではないでしょうか。

 しかしながら 基本的に言って 神は 表象し得ません。象(かたち)に表わし得ません。ゆえに 《考える》のではなく 《非思考の志向性 として 信じる》という言葉で扱います。そういう心の伸び もしくは 開きのことです。

 少々むつかしい議論を添えます。括弧内は 私註です。
 ▼ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 さて 自分自身によって 神を観想し神に密接に結合されるほど清められると思っている人がいる。そのような人を汚すのは とりわけ〔人間の精神を あたかも 神そのものと思いこみ 理性による経験思考を絶対の力とするような〕高ぶりそのものである。
 ・・・
 しかし 不遜な人にとって また このゆえに木(=十字架)の船に乗るのを恥じる人にとって 遠くから海を越えて存在する故国を〔理性による推論によって〕望み見ることが 何の役に立つであろうか。
 逆に あの不遜な人がそれで運ばれるのを軽蔑する木の船に乗って(=つまりは 信仰によって)祖国に行く謙遜な人にとっては このように遠くから祖国を見ないことがどうして不都合であろうか。(神を 表象し得なくても 何の問題もない)。

       *

 さらに主(=神)はモーセに言われる。《あなたは私の顔を見て 生きることは出来ないであろう。なぜなら 人間は誰も私の顔を見て 生きることはないからである》。
 また 主は言われる。

    見よ 私の傍らに一つの場所がある。
    私の威厳がそこを通り過ぎるやいなや あなたは岩の上に立つ
   であろう。
    私はあなたを岩の頂上に置こう。
    私が通り過ぎるまで 私の手であなたを蔽うであろう。
    私が手を除けるとき あなたは私の背面を見るであろう。 
    私の顔はあなたに現われないであろう。
        (出エジプト記33:20-23)

  (ここでは そのように 《神の背面を見る》とは 言われている)。

        *

  今 私たちに見ることを欲しさせ 信じさせ 将来見るであろうことを望ませ そして私たちが前進する限り 《今は〔世界という・歴史という〕鏡をとおして謎において見〔てい〕る》(コリント前書13:12)。
 (というかたちで 《神の背面を見ている》と言われる。その《似像(にすがた)》とも言われる)。

        *

  しかし非物体的であるだけではなく 最高に不可分離的であり 真に変化しないこの神の三位一体を 《顔と顔を合わせて》と私たちに約束されている神直視(visio)が訪れたとき 私たちの現在の状態を示すこの似像よりもずっと明らかに確実に見まつるであろう。

 そして・・・似像をとおして 予感することによってではあるが 神を見得るのである。まだ 《顔と顔を合わせて》 神を見ることは出来ないからである。・・・

  使徒(パウロ)は このことを次のような言葉で意味表示している。

    私たちは 顔蔽いなくして 主の栄光を鏡に映すようにして見
   つつ 栄光から栄光へ 主と同じ似像において いわば主の霊に
   よって変えられるのである。(コリント後書3:18)

 (アウグスティヌス:三位一体論 中沢宣夫訳)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちはー

長文でのご回答恐れ入ります。

私は墓参りもするし、先祖の供養もします。
それは質問文に書いてありますように、私や家族に
対する近い神の存在は、信じているからなのです。

全知全能の神の存在は、我々素人にはピンとこないの
ですが、たとえば宇宙や地球の創造に関しても、何億
何十億年かけてやれば、自然にできても不思議ではない
と、私などは考えるのです。

それが、自然や偶然では絶対に出来ない。
すべて神の摂理によるものである。という具体的な
事柄がなにかあれば、神が実際に現れなくても
神の存在を信じる人も多いのではないかと思っています。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/29 11:21

ほかの世界を作っていて忙しんだよ、きっと。


人類はもう宇宙まで行けるんだから自分のことは自分でしなさい…みたいな?。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちはー

>人類はもう宇宙まで行けるんだから自分のことは自分でしなさい

これは確かにそうかもしれませんね。
そう考えると何の文明を持たない最初の人間は、
いろいろ教えてもらう必要があるので、もしかすれば
神とあっていたのかもしれませんね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/29 12:37

神が居ると前提で



恐らく人間では神を知覚できないので、無駄なことはしないというポリシーなんでしょう。

例えば二次元の世界では三次元の人間を知覚できないかのように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちはー

神と人間のレベルが違いすぎてということですね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/29 17:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

←前の回答 1  2  3  4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q創造主の神は存在するのか?

 人間のつくる美しい芸術作品には、当たり前ですが作者がいます。その作品は偶然にできたのではなく、作者が意思をもってつくりあげたものです。ですが自然の美しさは偶然にできたものなのでしょうか?
 人間が猿から進化したことは事実だと思います。だがその進化は偶然と言えるでしょうか?人間がつくったパソコンも進化しましたが偶然に進化したのではなく、人間という作者がいるからパソコンも進化してきているのです。
 そう考えると自然の美しさや人間へと進化したのは偶然ではなく、神の意思が働いているからではないでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして!

実は私も以前、「神」の存在について問うた事がございます。

以降は、私の個人的な考え方です。

・キリスト教で「神」と呼ばれる存在。人間と契約したり人間を創造したのは「地球外知的生命体」であると思っております。人類は、元々地球に存在していた猿に近い生物に地球外生命体が何らかの手を加えて誕生させたものと思っております。キリスト教の絵画には普通にUFOが描かれておりますし、イエスを一人で妊娠したマリア様も現代医学では不思議ではありません。

・人間は自然に猿から進化していないと思います。人類よりも遥かに長期間地球の支配者であった恐竜は知的生命体へ進化しないのに、人類だけが物凄いスピードで進化しているのが不思議です。上述の通り、何らかの知的生命体が関与していると思っております。

・万物の法則を作った存在はいるかもしれないと思いますが、我々の脳や感覚では捕らえる事の出来ない存在だと思います。「宇宙の外は何か?」という質問に答えられないように、「その存在」も人間には多分理解も感じる事も出来ないと思います。
なお、何故そのような存在がいるのかというと、これは一例ですが、先日の皆既日食、これは奇跡的な確率でしか起こり得ない現象とのことで、私は「偶然」の一言では片付けられないと思うのです。
また、私は魂の存在や死後の世界を信じており、その世界を統べる存在がもしかしたら「万物の創造主」かもしれないと思っております。

なお、仏教の教えで「色即是空 空即是色」という言葉があります。
私は「万物全てが変化する」と解釈しております。別の言い方をすると、「永遠に不滅な存在は無い」微妙に違うかもしれませんが。
人間も宇宙人も地球、太陽、銀河系、そして宇宙までもが、永遠に在り続けることは出来ないです。しかし、それで終わりではありません。
再び再生し、またいずれは消滅、これを繰り返しているのだと思います。
「では、その始まりはどうなのか?」という質問には、「宇宙の外側は何か?」同様にして、分かりません。
もしも、それを解明出来たらノーベル賞は確実?

なお、とりあえず、今の所は地球は人類に都合良く出来ているように思います(創造主のお陰?)。その人類が自らの手で地球を破壊することの無いように願います。

初めまして!

実は私も以前、「神」の存在について問うた事がございます。

以降は、私の個人的な考え方です。

・キリスト教で「神」と呼ばれる存在。人間と契約したり人間を創造したのは「地球外知的生命体」であると思っております。人類は、元々地球に存在していた猿に近い生物に地球外生命体が何らかの手を加えて誕生させたものと思っております。キリスト教の絵画には普通にUFOが描かれておりますし、イエスを一人で妊娠したマリア様も現代医学では不思議ではありません。

・人間は自然に猿か...続きを読む

Qなぜ神様を誰も見たことないのに信じるのでしょうか?

なぜ神様を誰も見たことないのに
信じるのでしょうか?

私は神様を信じでいません。
ですが神は要ると言う人はいますね。

誰も見たことなくて神が居ることを証明できない=「いない」
なのに
なぜそれが「いる」と決めつけられるのか不思議です。

度言う言う心理なのかわかる方
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私論ですが、いなくても居ると思えばきっといるんです。
存在しなくても心に想像すればとりあえずは心の中には存在しているということになりますよね。

そうやってどうしようもなく救われない物事を
実際は存在せずとも理解してくれるよりどころになってくれる
そういった自分に必要な『支え』を求めているから信じている人がいるのではないでしょうか。

私は別に宗教などをしているわけではないですが
もしも神様が目の見えないところに居てくれたなら
自分が誰にも気付かれず苦しんでいたとしても
神様は何もしてくれないけどただ、その苦しみは理解して見てくれてるんじゃないかな
など想像します。


人気Q&Aランキング