出産前後の痔にはご注意!

和宮降嫁のルートですが、大河によると中仙道を通ったらしいですね。

これが疑問なのですがなぜに中仙道なのでしょうか?
一番楽なのは船ですが、公武合体を喧伝するなら大名行列のように陸路を選ぶこともあるでしょう。
それにしても中仙道とは奇異です。
普通は東海道でしょうし、中仙道上に薩摩や水戸があるわけでもありません。いったいどういう意図があったのでしょうか?
途中に見せ付けてやりたい藩でもあったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。


私は、自称「歴史作家」です。

>>これが疑問なのですがなぜに中仙道なのでしょうか?

(1)最大の要因は「警護」のしやすさ、からでした。わざわざ山の中を通るわけですが、「公武合体」に反対する者が襲撃してきても、東海道のように広い路では、刀が振りやすいし、一気に集団で襲って来ることも考えられます。
(2)そこで、中山道を通ったのは、集団で襲って来たとしても、狭い山道ですので、一気に押し寄せてくることができない。刀も十分に振り回せない。などなど、で「わざと」道幅の狭い中山道と決定したのです。
(3)また、海路を使用しなかったのは、当時は、すでに諸外国の船が日本の沿岸まで何隻も集まっており、「攘夷」を唱える朝廷としては、外国船の襲撃も恐れました。
(4)さらに、和宮が京都を出立したのは、文久元年(1861)10月20日ですが、現代の太陽歴になおすと、11月の下旬になります。当然、「しけ」なども多かったので、これは「却下」。
(5)そして、東海道を通らなかったわけは、NO2.の方も言われているように、河川が多く、大風(台風)のシーズンではありませんでしたが、やはり、大雨で川の増水による「川止め」なども予測されました。
(6)「前例」が大きくかかわった。
和宮以前に公家の姫君が江戸へ下った「例」があり、「警護」が行き届いている・・・との「評判?」が存在しました。
享保16年(1731)に、比宮(なみのみや)が9代将軍家重へ嫁す。
寛延2年(1748)・・・五十宮(いそのみや)が10代将軍家治へ嫁す。
文化元年(1804)・・・楽宮(ささのみや)が11代将軍家慶へ嫁す。
天保2年(1831)・・・有宮(ありのみや)が13代将軍家定へ嫁す。
嘉永2年(1849)・・・寿明宮(すめのみや)が13代将軍家定の後妻に嫁す。
(7)和宮の一行は、京都方(京都近辺の諸藩から集められた)1万人、江戸よりの派遣1万6千人。その他に持参した品物を運搬する人足等を入れると3万人余りにもなり、延べ12の藩が輿を守った。行列の長さは約12里(50~60Km)にもおよび、通り過ぎるまでに4日もかかった、と言われています。
そして、街道筋では、「伝馬役以外は一切の外出禁止令が出され」「女は姿を見せないこと」「通行を上から(2階などから)見ないこと」「商家の看板は全て取り外すこと」「2階は雨戸を閉じること」「犬や猫はたまた赤子も泣かせてはならないこと」などなど、幾つもの「禁止令」が出され、それを可能にできるのは人口も少ない中山道だけであった。
(8)不吉な「語呂合わせ」。
東海道で富士山の眺望がもっとも素晴らしいと言われたのが「さった峠」(現:静岡県由比町)。当時で言えば、多くの見物人が押し寄せました。そして、この「峠」を絶対的に越さなければ江戸へは行けない。「さった」=「去った」で縁起が悪かった。
ごめんなさい、「さった峠」を漢字で入力しましたが、なぜか「文字化け」をしますので、平かなで書きました。

>>途中に見せ付けてやりたい藩でもあったのでしょうか?

この回答は「ありません」でした。それよりも、通過する諸藩では、逆に、沿道の整備(橋の修復や道路を掃き清める)などで、大きな出費でした。

(よもやま話)
(1)宿場も大混乱。
和宮が宿泊する宿では、壁を新しく塗り替える。襖(ふすま)や戸棚も全て「京風」に取り替える。畳表を取り替える。さらに、その上に「真綿」を敷き詰めて、縁の下から槍などで突かれるのを防いだ、と言われています。
(2)小さな宿場町は、もっともっと、大大混乱。
美濃太田宿(現:岐阜県)は小さな宿場町でしたので、記録では、人足7,800人、馬280頭、寝具類7,400枚、枕1,400個、飯椀8,000個、汁椀5,200個、膳1,000人分、皿2,000人分を新調したり、近隣の豪農の家々から集めた、という記録が残されています。
(3)2つの宿が協力。
和宮が通過した頃、中津川宿は、人口928人、家数228軒、旅籠29軒。そして、次の宿場の落合宿は、人口370人、家数75軒、旅籠14軒、と、それぞれが小さかったためと、約1里しか離れていなかったので、この2つの宿場は共同で行列を受け入れました。なにせ、行列は約12里もありましたから・・・。そして、一行が1泊しただけで252両もかかった、と、記録では伝えています。
(4)紅葉の一枝。
美濃の呂久川付近を一行が通過中、道端にひれ伏していた土豪が、一枝の紅葉を差し出すように頭の上に持ち上げていた。和宮にも輿の御簾(みす)から見えたらしく、ただ輿に揺られるだけで何の楽しみも無かったためか、輿を止めて、土豪から一枝の紅葉を受け取った。そして、
「落ちて行く 身と知りながら 紅葉(もみじ)ばの 人なつかしく こがれこそすれ」
と和歌を詠んだ、と言われています。
(5)10月20日、京都を発ち、江戸へ入ったのは、11月15日。約25日の行程であった。

あなたの「お役に」たてたでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

警護のしやすさですか。
確かに桜田門外、坂下門外の前後の時期ですし、道が細くて人の少ないほうが安全ですね。

あと外国船の襲撃を恐れたというのも説得力があります。
そんなくだらないことしやしないでしょうが、朝廷の異国の恐れ方からすればありそうですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/29 04:16

公家の関東下向は通常、中山道を使います。


また当時の旅日記を読んでも中山道を使う人が多いです。

朝廷は年一回、日光に例幣使を下向させたのですが、その行程が中山道から日光例幣使街道を通って日光に至る道です。
その道のりを通っただけのことです。
例幣使の街道沿いならば勅使に対する対応方法を知っていますので、都合が良いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

普段から中仙道を使っているわけですか。山が険しくて不便なばかりかと思っていましたが、日光までの道のりに慣れていたのですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/29 04:18

皆さんのおっしゃるようにいろいろな理由で中仙道になりましたが。


一番の理由は、「公武合体」により徳川の力がぶり返すことを恐れた
「攘夷」派の妨害を避けるためではなかったと思われます、

降嫁のさい信州小阪で撮影された写真 

http://www.dokidoki.ne.jp/home2/quwatoro/bakumat …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/29 04:16

 これは推測ですが、幕府の見栄ではないかと思います。

和宮を迎え入れるために、幕府側が数万の者を護衛に当たらせ、中山道全体を整備したり、準備に携わった者が20万人以上いたとも言われているようです。つまり、水路を使うと、衰退する幕府の威信を内外に示すことができなかったため、あえて中山道を使ったのではないかと推測されます。
 水路に比べると、時間もかかるため、その威信を誇示しやすく、庶民も多くその行列を目の当たりにします。京を出発し、江戸に到着するまで、約四ヶ月近くかかっていますので、威信を示すには十分な時間であったといいでしょう。また、和宮にとっては傷心を癒すため、名勝を訪れさせるよい機会だと公家側が判断した可能性もあります(私見です)。

>公武合体を喧伝するなら大名行列のように陸路を選ぶこともあるでしょう。

おっしゃるとおりです。喧伝のための陸路です。

>普通は東海道でしょうし
多分、東海道は川が多いからでしょう。文久元年10月20日の出発ですから、旧暦で水の多い時期ではありませんが、念には念を入れたのではないかと思われます。またお付きのものや、輿入れ道具を全て水路にてということになると、その船の多さは尋常ではなく、米国を刺激するという意味合いもあったような気がします(推測です)。

Wikipediaにも出ています。

「大名の参勤交代や日光例幣使などが通行し、山間の多い道であるが、東海道に比べると川止めがないのが利点とされた。そのため「女性は中山道を利用することが多い」というイメージを持たれ、「姫街道」などと呼ばれた。和宮親子内親王が徳川家へ降嫁した時、利用した道路も中山道であった(ただし実態として「女性利用者が多かった」「女性は東海道ではなく中山道を選んだ」というデータはない)。」

・内外への幕府の力の誇示
・川の少なさ
・東海道は武士的なイメージがあり、あえて姫街道と言われる中山道を選択した

理由はこのあたりにあると思います。

>途中に見せ付けてやりたい藩でもあったのでしょうか?
多分、これはないと思います。

藤村の『夜明け前』をもう一度読んでみたくなりました。篤姫が話題になっているこの時期、『夜明け前』を再読するのもよいかもしれませんね。

ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/29 04:12

>和宮降嫁のルートですが、大河によると中仙道を通ったらしいですね。



これが疑問なのですがなぜに中仙道なのでしょうか?

ウソのような話ですが、東海道には現在の静岡県の由比に有名な「薩ッタ(土へんに垂)峠(サッタトウゲ)」があり、婚礼の行列には縁起が悪いということで、東海道を避け、中仙道を選んだそうです。しかし、後になって、中仙道の板橋宿(現都下)に「縁切榎」があることに気付いた人がいて、大急ぎでその榎を筵?で覆って、和宮の一行を通過させたということです。

以上、参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/29 04:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q和宮の降嫁行列が50Kmにもなったのはなぜ?

和宮の降嫁するさいの行列が50Kmにもなったといわれえいます。
これは事実なのでしょうか?
50Kmは半端な距離がありません。
宿に泊るにして、とうてい一箇所ではすまないでしょう。
行列のに人数はどれくらいだったでしょうか?
1万人いたとしても、数Kmもあればよい気がします。
またそんな人数は必要ないのではないでしょうか?
お供が千人いたとして、それの警護が3千人で事足りるのではないかと思いました。
50kmは話が大きくなってしまっただけでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 yoshinobu_09 さん こんばんは、参考までにご覧ください。

 皇女和宮の降嫁は、舟による渡河がない中山道を使いました。ただし、諸荷物
道具の類は、出立に先立ち、東海道を経由して別途輸送されました。

 従って、行列はある程度の荷物は軽減されていました。とは言え、舟を使わず
といえども、中山道は、中部山岳地帯を貫く街道で難所も多く、例えば、当時の
和田峠など、人のすれ違いがやっとというような険阻な山道もありました。
 そもそも、五街道が制定された当時、道幅も決められたのですが、宿場内はと
もかく、山中では馬のすれ違いが出来ない箇所までありました。
 そういう所を、とんでもない人数の行列が通ったのです。

 加賀前田家(初めの頃は木曽路を通っていた。)など、大人数の大名行列も同
様でしたが、行列の先頭から最後尾までが数珠繋ぎに列を組んでいたわけでは
ありません。

 先ず、宿泊場所の確認・手配に始まり、先触れ、警護、本隊などに分かれ、そ
れぞれに人足・荷駄が加わるわけですから相当の人数・行列になりました。
 このような人数を受け入れられる宿泊施設といいますと、「大概帳」によります
と、当時、木曽路で比較的規模が大きかった妻後宿であっても、旅籠の数は大
小あわせても31軒しかなく、相当手際よく各宿場に手配できたとしても、行列の
大半は野宿をせざるを得なかったと思われます。

 では、どれくらいの人数であったかといいますと。文久元年(1861年)10月20日に京を出立し、草津から中山道経由で江戸に向かったとき、その行列
の規模は、朝廷方数千人、幕府方1万5千人、人馬の継立て1日平均2万5千人
が動員されたといいます。

 実際の行列の長さを正確には存じませんが、こう書いてまいりますと、50キロ
という規模は、あながち誇張ではないであろうと思いますが、如何でしょう。

 yoshinobu_09 さん こんばんは、参考までにご覧ください。

 皇女和宮の降嫁は、舟による渡河がない中山道を使いました。ただし、諸荷物
道具の類は、出立に先立ち、東海道を経由して別途輸送されました。

 従って、行列はある程度の荷物は軽減されていました。とは言え、舟を使わず
といえども、中山道は、中部山岳地帯を貫く街道で難所も多く、例えば、当時の
和田峠など、人のすれ違いがやっとというような険阻な山道もありました。
 そもそも、五街道が制定された当時、道幅も決められたのです...続きを読む

Q皇女和宮が乗った御輿は?

皇女和宮の降嫁に興味があり、ネット上ですが色々と調べています。
ただ、和宮降嫁の際の行列姿や、乗ったと思われる御輿(駕籠?)
についての資料があまりありません。

ご存知の方皇女和宮が乗ったであろう御輿や
行列の絵等がありましたら教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
NO1.です。
まず、女「輿」に関して言えば、
まず、一番上は、屋根ですが、
http://www.deaihaku.com/haru/27.htm
この写真のように、和の宮もかなり、しっかりした、権威のある造りだったとおもわれます。何せ、天皇の妹君ですから。
次に、上部から「御簾(みす)」と呼ばれる、竹で編んだ、多少隙間の空いた「暖簾?」みたいなものが、ぶら下がります。
天皇に拝謁すると、麻布(あさぬの)であんだ「蚊帳(かや)」のようなもので、直接には天皇の顔が見えないようにしますが、それと同じ考えで、皇族や公家は、やたらに民衆に顔をみせることを極端に避けました。それもこれも、権威付けの一種とかんがえます。
そして、中山道という「狭い道」をあえて通りましたので、山あり谷ありで、台車などは無用の長物で、すべて、人力で運びました。
輿の中央が「台座」で、ここに和宮は、終始、正座をして座っていた、と考えられます。ただし、和宮が京都を出立したのは、文久元年(1861)10月2日(現代の太陽暦よなおすと11月の下旬)です。従って、暖をとるために、小型な箱型火鉢なとが手元に置かれたと考えます。炭は、箱の下に入れられおり、火種を絶やさないように炭を継ぎ足していきました。
「台座」には、畳がひかれ、約2畳弱くらいだったと思われます。
その下に、「担ぎ棒」が前に2本、後ろに2本突き出しており、和宮の輿の重さから考えると、1本の「担ぎ棒」を5~6人で担いだと思われます。従って、担ぎ手は、常に6×4=24人前後で慎重に運ばれました。
和宮の一向は、京都方(京都周辺の諸藩から集められた者)1万人、江戸よりの応援部隊1万6000人、そこに、輿入れ道具を担ぐ人足等を入れると、実に30000人以上もなり、行列は12里にもたっし、一つの宿場などを通過するのに4日もかかった、と言われています。

ざんねんながら、Webサイトでも、輿に注目した部分は少なく、次の新しい「画像むといわれても、中々、見つかりません。

先の回答の写真で思いを巡らせてください。

こんにちは。
NO1.です。
まず、女「輿」に関して言えば、
まず、一番上は、屋根ですが、
http://www.deaihaku.com/haru/27.htm
この写真のように、和の宮もかなり、しっかりした、権威のある造りだったとおもわれます。何せ、天皇の妹君ですから。
次に、上部から「御簾(みす)」と呼ばれる、竹で編んだ、多少隙間の空いた「暖簾?」みたいなものが、ぶら下がります。
天皇に拝謁すると、麻布(あさぬの)であんだ「蚊帳(かや)」のようなもので、直接には天皇の顔が見えないようにしますが、それと...続きを読む

Q皇女 和宮が詠んだ和歌を教えてください。

和宮の歌は、どこかやさしく切ない感じがして、自分としてはとても好きです。
自分は、

・惜しましな君 と民とのためならば 身は武蔵野の 露と消ゆとも

・空蝉の 唐織り衣 なにかせん 綾も錦も 君ありてこそ

・落ちて行く 身と知りながら もみじばの 人なつかしく こがれこそすれ

・哀れぞと 見ませすべ神 ませし世の 御影をだにも 知らぬうき身を

・住み慣れし 都路出でて けふいく日 いそぐもつらき 東路の旅 

・三瀬川 世にしがらみの なかりせば 君諸共に 渡たらしものを

・着るとても 今は甲斐なき 唐ごろも 綾も錦も 君ありてこそ

の和宮が詠んだ歌を知っていますが、このほかにも
知っている方はいませんか。教えてください。

Aベストアンサー

全く詳しくはありませんが、興味深いので探してみました。
こちらのサイトが参考になると思います。
http://www.asahi-net.or.jp/~SG2H-ymst/yamatouta/sennin/kazunomiya.html


『静寛院宮御詠草』 より

・袖に置く涙のつゆにうつしませ逢ふがまほしと恋ふる御影(みかげ)を

・ことしこそのどけさおぼゆ去年(こぞ)までは春を春とも知らざりし身の

通釈と補記が載っていますので、詳しくはリンク先でお読み下さい。


ご質問に挙げられていた「惜しましな~」と、「空蝉の~」については、上記の歌集から漏れていますが、和宮の歌として伝わる作なのだそうです。
歌が詠まれた背景もリンク先に解説があります。

ちなみに、最初にご紹介させていただきました、静寛院宮(和宮)はこちらの
【千人万首】http://www.asahi-net.or.jp/~SG2H-ymst/yamatouta/sennin.html
        の、《2.江戸時代二》からのリンクです。 

リンク先、ホームページのトップページはこちらです。
【やまとうた】http://www.asahi-net.or.jp/~SG2H-ymst/yamatouta/index.htm

全く詳しくはありませんが、興味深いので探してみました。
こちらのサイトが参考になると思います。
http://www.asahi-net.or.jp/~SG2H-ymst/yamatouta/sennin/kazunomiya.html


『静寛院宮御詠草』 より

・袖に置く涙のつゆにうつしませ逢ふがまほしと恋ふる御影(みかげ)を

・ことしこそのどけさおぼゆ去年(こぞ)までは春を春とも知らざりし身の

通釈と補記が載っていますので、詳しくはリンク先でお読み下さい。


ご質問に挙げられていた「惜しましな~」と、「空蝉の~」については、上記...続きを読む

Q本日天気晴朗ナレドモ波高シ……は何故名文なのか?

東郷平八郎が丁字戦法を使ってバルチック艦隊を破った時、
秋山参謀という人が東京にこんな打電をしたそうです。

「敵艦見ユトノ警報ニ接シ 連合艦隊ハ直チニ出動 コレヲ撃滅セントス、
本日天気晴朗ナレドモ波高シ」

高木彬光先生の歴史小説の中で「名文中の名文」と謳われていましたが、
どうもしっくりきません。

だって、単なる指令と天候を伝える平叙文じゃないですか。
これだけシャープに必要なことをまとめた、ということが
賞賛されているのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連合艦隊は予定どおり、故障艦も脱落艦もなく、直ちに出撃し敵を撃滅することを前文で伝えています。後半の天気の文章も海軍の現場の人にはいろいろな情報を伝えています。即ち、本日は天気に恵まれ海上の見通しは非常に良い。砲撃戦に理想の天気である。しかし、海上には高波が見られるので、魚雷艇などを使った細かな作戦を実行するには難がある。本日の戦いは砲撃で決着がつくだろう。

ようやく近代国家の仲間入りをしたばかりの日本の存亡を賭けた戦いを前にして、七、五調の短い電文でこれだけの情報を送れるのは名文でなければ出来ません。しかし、これが決意表明ではなく作戦の変更や指示を仰ぐ電文であれば、決して名文とはいえないでしょう。読む人によって理解が異なるような文章は戦時に使用すべきではないでしょう。やはり戦争に勝ったということと決意表明の電文だったからこそ後世まで語り継がれたのでしょう。

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連...続きを読む


人気Q&Aランキング