今年1月に乳がん手術をしました。右全摘と右腋下リンパ節郭清です。最近左下肢と左上腕に痛みを感じたので今週月曜日骨シンチ検査を受けたところ。背骨と仙骨、ろっ骨下部、両腕両足の関節が黒く写っていました。が、「これはがん転移ではないです」と診断されました。また、手術前の初診時の骨シンチでも、同様に仙骨辺りを始め黒くなっていたと知らされました。言われてみると、下腹部と腰の鈍痛は、がん発覚のはるか以前(10年以上前)からありました。激痛ではなく鈍痛なので我慢ができ、そのために受診することはしませんでしたが。このような場合、がん転移の可能性は排除するとしたら、何が&どのような疾病が考えられるでしょうか。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

炎症のある部分にも取り込みが起こります。

複数の関節に取り込みが起こっているので、整形外科に紹介されて、関節の病気、リウマチ痛風加齢による変形などの精査を勧められるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2009/01/27 15:54

それだけな長い経過でしたら、変形性関節症、老化や加齢による変化であることが多いですね。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2009/01/27 15:53

炎症もそうですが、骨折、強い打撲でも集積する事があります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2009/01/27 15:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳癌の骨シンチ&骨転移について

 重い話ですみませんが、専門家の方等見られていたら教えて下さい。
 乳癌術後6年余りが過ぎすでに病気のこともわすれかけていた矢先、
 毎年恒例の骨シンチ検査をしたところ、1ケ所だけ真っ黒に集積がありました。
 それと前後してちょうどその辺りに痛みがあったので内科を受診しようかどうしようか迷ってたところだったので、「あ~ついに骨転移っていうのがきてしまったんだなあ・・・」とガックリし、診察をしたら、
病院の先生は、「骨転移の場合は1ケ所だけ真っ黒に写ることはめったにない。薄く最低でも2、3箇所は転々とできるものだから、これは心配することはありません。腫瘍マーカーも変化ありませんし。」と言われました。
でも実際自覚症状がある訳なので、安心と言われても疑問が残ったので、半年後に再度骨シンチ検査をしました。
そして検査結果を聞く時、先生は私の前で始めてフィルムを開け、1秒みるなり、「さあ、どうかな?そら消えてるでしょ。問題ありません。」でした。
問題なかったのだから、よかったのですが、なんとなくすっきりしなくてここにおじゃましました。
私の疑問は、たとえばx線フィルムとか超音波画像とか、そういうものってじーーっくりみないとなかなか癌とかってわからないと思うのですが、そんなに簡単に1秒ほど見ただけで、癌の転移があるかどうかなんてわかるんでしょうか??
どなたかそういうことを専門にされてる方がおられましたら教えていただきたいのですが。
それともうひとつの腫瘍マーカーの件ですが、骨転移を見る「ICTP」というのはしていませんが、他のCEAとかをしてるんですが、
それの数値が上がってないってどれくらい信憑性があるんでしょうか?
今も肋骨とか腕とかなんとなく痛みがあるというか違和感あるし、なんとなく胸が締め付けられるような時があるので、どうしても骨転移を疑ってしまうんですが、そういう経験をした方おられたらぜひアドバイスをお願いします。

 重い話ですみませんが、専門家の方等見られていたら教えて下さい。
 乳癌術後6年余りが過ぎすでに病気のこともわすれかけていた矢先、
 毎年恒例の骨シンチ検査をしたところ、1ケ所だけ真っ黒に集積がありました。
 それと前後してちょうどその辺りに痛みがあったので内科を受診しようかどうしようか迷ってたところだったので、「あ~ついに骨転移っていうのがきてしまったんだなあ・・・」とガックリし、診察をしたら、
病院の先生は、「骨転移の場合は1ケ所だけ真っ黒に写ることはめったにない。薄...続きを読む

Aベストアンサー

ふつう骨シンチは既に専門の放射線科の先生が所見を書いているので、担当の先生は既にそれをみていて把握しているのだと思いますよ。

患者さんを部屋に入れる前に、レントゲン等を確認しておくことも多いです。

骨シンチは注射の部位が黒く染まったり、肋骨や脊椎などでは外傷や加齢性の変化で黒く写ることもあります。あくまで一般論ですし、写真を実際見ないと何ともいえません。

ただ、症状についてはしっかり主治医の先生と相談するのが良いと思います。どうしても納得がいかなければ、セカンドオピニオンですね。

Qがんの再発、転移についてです。再発や転移したがんは、増殖スピードが原発

がんの再発、転移についてです。再発や転移したがんは、増殖スピードが原発がんより速いのですか。速いのならどれくらい速いのですか。

Aベストアンサー

⇒速いのならどれくらい速いのですか。
患者の免疫が有るか無いかに因るので,これは医者にも誰にも判らない。癌細胞に訊るしかないと思います。。

Q10月半ばに前立腺がんと告知されて、11月2日に骨シンチをしたのですが、夏から背中が痛かったので、も

10月半ばに前立腺がんと告知されて、11月2日に骨シンチをしたのですが、夏から背中が痛かったので、もしかしたら骨に転移しているのではないかと、毎日毎日心配で仕事も手につかない状態でした。

なので何とか骨シンチの画像だけでも見てもらって心の準備をしたく、病院に問い合わせしたところ、予約外で診察をしてもらいました。

しかし、診察室に 入るなり、今日こられても全部検査結果が出ていないので何も言えないと、背中が痛い事を言ったのですが簡単に見ると転移していない感じだが放射線科の報告がないと何とも言えないと、結構な剣幕で言われてしまいました。
私としては本当に転移しているのではないかと不安を少しでも軽くしたくて尋ねたのですが、先生の対応にとてもショックを受けました。
やはり私がしたことは非常識だったのでしょうか?この先、先生と治療を進めて行くうえで関係がこじれたのかと不安です。どなたかご意見をいただけたら幸いです。

Aベストアンサー

画像検査は撮影すれば直ちにわかるという物ではありません。
画像診断専門の医師がチェックして「所見」を書いて、初めて信頼のおける結果になります。

不安を少しでも軽くしたい気持ちはわかりますが、医師としても確定していない事について説明はできません。
>やはり私がしたことは非常識だったのでしょうか?この先、先生と治療を進めて行くうえで関係がこじれたのかと不安です。
「不安に耐えられない患者さん」という印象は受けたと思います。
また、予約日まで待てなかったという事から、医師は相談者さんに信頼されていないと感じたと思います。言い方がきつくなったのはそのためでしょう。
ただし、この様な事はよくある事ですので、特に治療に影響は無いでしょう。

それよりも、これから癌治療を受けていくに当たって、「不安とうまく付き合っていく」事が大切となってくると思います。治療を受けたらそれで不安が無くなる訳ではありません。
癌の治療よりも大変ですよ。

Q乳がんの骨転移について

母の事で書き込ませて頂きます。1999年3月、49歳の時に左乳房に悪性腫瘍が見つかり(リンパ転移有)同4月に左乳房全摘とリンパ節郭清の手術を受けました。化学療法を受けた後、抗エストロゲン剤(ノルバテックス)を服用し予後は良好でした。薬の副作用で3年程前に子宮内膜が厚くなり、その後薬はアリミデックスに切り替わりましたが経過は良く2年程前に抗エストロゲン剤の服用を終了しました。

先週年に1度の定期検査が終わったばかりの母が今日また病院に行ったので理由を聞くと「手術の傷付近(肋骨等)が時々痛むので検査をする」との事でした。私は母が通院している病院で働いているので医師に頼んで定期検査での血液検査と胸部X線の所見を見てもらうと、CA15-3腫瘍マーカがここ数年8位だったのが15.7になっていました。CEAは例年と変わらず1.7位です。肺への転移は見られないとの事でした。

今日は骨シンチを受けたのですが、所見は「仙骨に集積有り、骨転移の疑い」でした。外部からの衝撃(尻もち等)はないのでその線は考えられないと思います。以前乳がんが見つかった際に撮った骨シンチでも仙骨部分に黒い影があり、その後化学療法を始めて一旦消えました。前回撮影したのは2002年ですが仙骨に影は見られませんでした。一度は薬で抑えていた癌細胞が服用を中止してまた増殖してきたのでしょうか?医師は「MRIを撮るまで何とも言えないがくさいと思う」との事でした。仙骨や腰部分の症状(痛み等)は特にないようです。

以前子宮内膜が厚くなった時子宮体癌検診で疑陽性が出たのですが、泣き崩れていた為今回はまだ話していません。本人は「危なそうな人は撮影し直したりするみたいだけど私は一度でOKだったから大丈夫」等言っているだけに辛いです。専門家の方、乳がんに詳しい方、以上の状態ですがどのように予測されるでしょうか?よろしくお願い致します。

母の事で書き込ませて頂きます。1999年3月、49歳の時に左乳房に悪性腫瘍が見つかり(リンパ転移有)同4月に左乳房全摘とリンパ節郭清の手術を受けました。化学療法を受けた後、抗エストロゲン剤(ノルバテックス)を服用し予後は良好でした。薬の副作用で3年程前に子宮内膜が厚くなり、その後薬はアリミデックスに切り替わりましたが経過は良く2年程前に抗エストロゲン剤の服用を終了しました。

先週年に1度の定期検査が終わったばかりの母が今日また病院に行ったので理由を聞くと「手術の傷付近(肋骨等)が時...続きを読む

Aベストアンサー

主治医の仰ることに同意見です。
乳がんの転移の場合、骨を壊す転移ではなく、骨を作る転移であることが多く、骨シンチでも鋭敏に見つけられますし、以前にあったものが治療でいったん消失して再燃してきたという経過も鑑みますと、ホルモン療法でホルモン感受性のある腫瘍細胞が死んでいき、感受性の乏しく、死ななかった腫瘍が盛り返してきた可能性を考えます。
MRI検査で本当に転移なのかを判断すべきと思います。

Q乳がん 骨転移  腎機能の悪化

母が乳がんの骨転移で約三年闘病中です

初発は12年前 術後8年で転移発覚
多発骨転移です

この三年間はフェマーラ,タスオミン、ヒスロンとホルモン剤とゾメタの併用でマーカーの上がり下がりを見ながら治療していました

先月の血液検査で腎機能が悪化してることが判明しゾメタを中止しましたが昨日また検査の結果が悪く専門医を受診するよう言われました

現在ヒスロン服用中でマーカーが上昇傾向なので薬剤の変更を検討していたところです

腎臓の機能の数値がかなり悪いのですがこれは副作用でしょうか?
それとも乳がんの転移が別にあったりする可能性はありますか?

骨転移は余命には影響しないと聞いていたのですが内臓転移の予兆ではと不安を抱えています

考えられる原因を教えてください

Aベストアンサー

以下が本文に該当するかどうか分かりません
ありうることもあります
ゾメタ(ゾレドロン酸水和物注射液)本剤は点滴静脈内注射のみに用いる。
また、投与は必ず15分間以上かけて行う[5分間で点滴静脈内注射した外国の臨床試験で、
急性腎不全が発現した例が報告されている]。
ヒスロンは腎臓の機能の低下等の障害発生時は使用の中止です
しかし現状となった以上、薬の作用もさることながら
単なる腎不全か、癌なのか検査するのが先決です
単なる腎不全ならば薬の変更
癌ならば遠隔転移か原発かにより治療を決めます
いずれにしても
専門医を受診しなさいの指導なら
検査機器の揃った大きい病院でないと解決できません
紹介状をもらって早急に行動してください


人気Q&Aランキング

おすすめ情報