ある地点からある地点までの距離を自動車の距離計(トリップメータ)を
使って計測しようと思っているのですが、
トリップメータの精度はどの程度のものなのでしょうか。
タイヤの減り具合とか、いろいろ要素はあると思いますが
メータ自体の精度がどの程度のものなのか知りたいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちわ~


皆さんが言われているようにメーターって結構いい加減なものです。ただ余りいい加減だと色んな所で困った事が起こりますので、法律(保安基準)で定められています。
車両の速度を40KMとした時、+15%~-10%、(34.8KM~44.4KM)なら良いですよ,となってます。ですのでメーカーによって甘目だったりとても正確だったりします。多分すごく正確に作る事は可能ですがコストの問題とかが有るのでそこそこなんでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答どうもありがとうございました。
メーターがいい加減なものだということが分かりました。
きっと地図で測った方が正確ですね。
車で測るのはやめておきます。

お礼日時:2001/02/21 22:13

経験したことを言わせていただきます。


高速道路に始点からの距離が表示されていますが、
それとトリップメーターを比べたことがあります。
その結果
   道路距離表示   → 20km
   トリップメーター → 20.3km
以上のような結果になりました。
ご参考までに・・・
 
    • good
    • 0

もし、自転車で移動できそうな距離・場所であれば、


自転車用のデジタルメーターの方が精度いいですよ。
タイヤの外周を1mm単位で設定できるモデルもありますから。
安いものだと3000円くらいで手に入りますし。
    • good
    • 0

メーターの精度は「目安」程度と考えた方が良いでしょう。


曲がるときの内外輪差やスリップなど色々な要素が重なってきます。

長期的に見れば平均値が出てきますのである程度正しい値が出るとは思いますが。
    • good
    • 0

トリップメーターじゃない上に、車じゃなくて申し訳無いのですが、


以前読んだバイク雑誌で、バイクの最高速度を計っていたのですが、
スピードガンで170km/hと計測されたバイクの
メーター読みは180km/hだったそうです。
それくらいの誤差はありそうですね
(もちろん、スピードガンが正しいと言う保証も無いのですが)。
車検の時って、+-5%くらいでしたっけ?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実験の誤差について

誤差は主に系統誤差と偶然誤差に分けられますが、最終結果においては
普通これらの誤差をどのように扱うのでしょうか?

系統誤差と偶然誤差をそれぞれ算出した後、
・値が大きい方の誤差を最終的な「誤差」とする
・二つの誤差を足し合わせて最終結果としての「誤差」とする
・いずれも実験値の最終的な「誤差」として議論する
 (特に二つを足したり引いたりするわけでもなく、「統計誤差」「偶然誤差」を
  どちらも最終的な「誤差」として取り扱っていく)
のどれが一般的に行われてることなのでしょうか。それとも、また別の扱い方が
されているのでしょうか。

回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

この Wikipedia の記事に貼ってある画像がわかりやすいでしょう。

正確度と精度 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E7%A2%BA%E5%BA%A6%E3%81%A8%E7%B2%BE%E5%BA%A6

つまり、そもそも的の中心から外れた方向に向いている、というのが「系統誤差」(正確度・確度)、

狙いは定まっているけれども、毎回同じところに飛んでいかない、というのが「偶然誤差」(精度)、

というわけです。

系統誤差の存在は、「そもそも基準はどこか?」というのがわかっていないと、絶対的数値が求まりません。ですから、測定値では、基準物の測定結果が無い限りは、どれだけが系統誤差でどれだけが偶然誤差なのか、という分離ができないのです。

Qポータブル系カーナビで経由地を20程度登録して目的地点までルートを引け

ポータブル系カーナビで経由地を20程度登録して目的地点までルートを引けるカーナビを探しています。
なかったらなるべく多めに登録できるものでいいのでお教え願いますでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最近買い換えたゴリラは五箇所しか設定できません、
前のゴリラでも五箇所まででした、
他の機種は解りませんが、さすがに20箇所は
無いのでは?

ルートを4分して、つまり五箇所目を第一目的地、十箇所目を第二目的地と
いう感じでつなげるのはいかがですか?

それにしても、経由地を20箇所も設定するのも大変だと思いますが。

Q食酢の中和滴定 誤差 教えてください

10倍希釈試料中の酸濃度の相対誤差を4.0%(二次標準液の誤差1.9%、ホールピペットの誤差0.2%、ビュレットの誤差1.9%)と求めました。原液中の相対誤差はどのようにして求めればよいかを教えてください。

Aベストアンサー

回答が遅くなりまして失礼いたしました。
補足ありがとうございます。

>|ΔX/X|が相対誤差である。

では、測定値Xと誤差ΔXの値はいくつですか?
実験したのであれば、それぞれの値が分かっているはずですね。

もし、それが分からないのであれば、何か勘違いがあるか、見落としている点があるということです。

測定値というのは実際に測定した値ですから、実験したのであれば、必ず測定値が分かっているはずです。もし、それが分からないようであれば、そもそも実験をちゃんとやっていないということになります。

次に誤差ですが、最初から誤差の値は分かりません。ですから誤差の値を求める実験・測定をしているはずです。もし、そうした測定をしていなければ、例えば、実験の各段階で、誤差をいくつであると仮定しているとか、何か誤差の値を求めるための条件があるはずです。

ですので、まずは、以上のことをきちんと整理して下さい。

Q【長距離運転手】長距離運転手さんに質問です。長距離運転中にハンドルはどこを持って運転していますか

【長距離運転手】長距離運転手さんに質問です。

長距離運転中にハンドルはどこを持って運転していますか?

10時2時でずっとハンドルを持っていたら疲れてくると思います。

楽なハンドル位置はどこですか?

真下を両手で持つと楽なのでしょうか?

どこを持って運転すると長距離運転が楽なのか教えてください。

Aベストアンサー

元長距離ドライバーです。
結果的には人それぞれです。
乗用車も同じですが、座席の位置や角度は人それぞれで、またソレに寄ってハンドルの位置や角度も変わって来ますから、持ち方も上(2時10時)で有ったり下(4時8時)で有ったりそれぞれです。
私はリクライニングを効かせて乗用車の様に保たれて乗っていましたから、4時8時ですかね。
多いのはハンドルの輪が付いてるスポークの部分(近年は”へ”の字が多い?)を持って指で上下させるのが多いのでは無いでしょうか。
大型車では左には肘掛け、右にはドアに肘掛け出来るスペースが有るので、両肘を掛けて4時8時ですかね。
運転の上手な人ほどコレが多かった様に思います。
乗用車も同じですが、下手な人はハンドルにしがみついています。

また、大型車にはキャビンにエアーダンパーが付いていますし、座席にもエアークッションが有りますし、上下しますし、モモしたのみの上下も出来ますから、乗用車以上にリクライニング状態が作り出せ、そこにハンドルも伸びるので快適です。
また、車体が大きいので安定感が有り、体感速度も乗用車の1.5倍は低いですから、100Km位の速度でもゆっくりと感じられ、振られたりする事も無いですし、目線が高いので遠くまで見えますから疲れません。
高速道路でも両端の壁寄りも高い位置なので、大型車にしか味わえない景色が沢山有ります。
大きささえ慣れてしまえば、乗用車寄りも遥かに乗り心地も良く快適です。

元長距離ドライバーです。
結果的には人それぞれです。
乗用車も同じですが、座席の位置や角度は人それぞれで、またソレに寄ってハンドルの位置や角度も変わって来ますから、持ち方も上(2時10時)で有ったり下(4時8時)で有ったりそれぞれです。
私はリクライニングを効かせて乗用車の様に保たれて乗っていましたから、4時8時ですかね。
多いのはハンドルの輪が付いてるスポークの部分(近年は”へ”の字が多い?)を持って指で上下させるのが多いのでは無いでしょうか。
大型車では左には肘掛け、右にはド...続きを読む

Q測量の誤差全般について

標記の件について、ネットや参考書を読んでいるのですが、
恥ずかしながら今ひとつ理解できません。
すみませんが、御教示頂きたく宜しくお願い致します。

質問1
「確率誤差」とは50%の確率で生じる誤差の範囲とすると、「平均2乗誤差」も何%で生じる誤差の範囲とかで定義されるのでしょうか?(「平均2乗誤差」がイメージできなくて悩んでおります。)
 また、「平均2乗誤差」が「ガウスの誤差曲線」にどう関係するか合わせて御教示お願いします。
 

質問2
「確率誤差」は、下式の様に「標準偏差」や「平均2乗誤差」を使ってを求める様ですが、
それぞれ違った値で導かれた結果をどう理解して使い分けたらようのでしょうか?


ε=0.6745×標準偏差
ε=0.6745×平均2乗誤差

Aベストアンサー

ANo.2です。ANo.3の補足の質問にお答えします。

>誤差曲線は以下のような理解でよろしいでしょうか?

前回の文献の用語に従えば、そのとおりだと思います。

蛇足ですが、「確率誤差」や「平均2乗誤差」の大きさは、矢印の、中心線から左側部分(あるいは右側部分)の長さに一致します。

Q自動車にバイクのメータは流用可能?

みなさんのお知恵を拝借したく存じます。

トヨタ・ファンカーゴ(2001年式 1.3X)を購入しましたが、センターメータに違和感を感じます。やはり計器はステアの前にあった方が見やすい。従前のメータはそのままに、速度計だけ増設することを考えて社外品を探しましたが、なかなか適当なものがありません。そこで思いついたのがバイク用のメータの流用です。例えばデイトナやキタコのバイク用スピードメータは、自動車用に使用可能でしょうか?当該メーカには明日問い合わせますが、「想定外の使用につき回答不能」との返答が予測されるため、ここで質問させていただきます

Aベストアンサー

使用可能かと聞かれれば不可能では無いとは思いますが、たぶん自分で微調整が必要と思われます。
(デイトナのHPを見ると正確に1キロ走行して合わせる手法があるようですが、、、)
まぁ センターメータの速度計が生きているので合わせ込みはやれなくは無いと思います。
後は各種配線が理解できて自分で接続出来ればいけるかもしれません。

ただ簡易的に速度を把握したいだけであれば「GPSレーダー探知機」ではだめでしょうか?
GPS付き+液晶が大きくなった昨今のレーダーであればGPS情報を元に速度表示が出来ます。
トンネルの中などでは使えなくなりますが、普段の精度は純正メーター以上、且つレーダー機能まで付いて1万円代から買えます。
意地でもアナログでなければと言うのであればゴメンナサイですが。。。

Qランダム誤差と系統誤差

ランダム誤差→極限的に正規分布に従うようなランダムな誤差
系統誤差→「真の値」にたいして系統的にずれて観測されるランダムでない誤差

として、普通のものさしなどの公差や、読み取り誤差、また、電流計の公差はどちらにあたるでしょうか?

Aベストアンサー

#5お礼欄に関して
>A.「極限的に正規分布に従うようなランダムな誤差」
>B.「多数測定で誤差を低減できる」
>というのが全く同じことのように感じるということです。
多分同じことを別の表現で表しているのだと思います。

で、(1),(2)に関して、(2)は必ずしも成立しないような。(中心極限定理って、母集団の分布が正規分布である必要はなかったかと)

測定誤差に関しては、
a)真値がAの事象があって、
b)これを無限回測定したと仮定すると、測定結果は、平均値A'、分散σ2の集団になる。
c)有限回の測定は、b)を母集団として、そこから有限個抽出する操作に該当。
d)c)の平均値はb)の平均値A'に収束し、分散はσ2/N(中心極限定理)の正規分布に収束する

統計処理はc)からb)を推定する処理で、A'とAの差異(これが系統誤差になるかと)は検出できないように思います。

Q右側通行と左側通行の切替地点

ちょっと気になったので

隣接している国同士で、右側通行と左側通行が違っていた場合、その境界での車線の入れ替えはどうなっているのでしょう。

同時に交叉するのは無理だと思うので、時間帯を分けて流すのか、それとも、交通量がないので特に何もしていないのか。
立体交差になっているところもあるのでしょうか。

Aベストアンサー

キッチンストーリーという映画でそういうシーンが出てきます。たぶんスウェーデンとノルウェーの国境だと思うのですが、交通量が少ないため、自分たちの車しかおらず、対向車がないため、検問所を境に右側通行から左側通行になるだけで素通りしていました。文章だとわかりにくいと思うので観てみてはいかがでしょうか?

下記公式サイトの予告編の一番最後にチラッとだけそのシーンが出ていました。

参考URL:http://www.spoinc.jp/kitchenstory/

Q平均誤差について

物理学の講義で判らなかったことですが、内容が数学的だったので、こちらで質問させてください。

平均誤差と確率誤差の違いが判りません。
講義で、平均誤差と確率誤差、最小二乗法、誤差の伝播の法則などを同時に教えられたので混乱しているのだと思います。
その時にとったノートは、とにかく黒板を写しただけになってしまい、何がどのことなのか判らなくなっています。
平均誤差・確率誤差を教えていただければ幸いです。
最小二乗法はなんとなく判ったので、誤差の伝播の法則はもう少し頑張ってみようと思います。

判りにくい質問文で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

平均誤差eは、誤差の絶対値の平均値であり、式で示せば
e=Σ(i=1→n)|[各測定値]i-[平均値]|/n
これは概念としては単純なのですが、計算が難しく、物理に限らず一般に統計では、あまり用いられません。

そこで登場するのが確率誤差になります。

確率誤差というのは、その誤差を超えるものが全体の50%、誤差以内が50%という境界を定義する誤差で、標準偏差のの0.674倍です。
標準偏差をσ(シグマ)、標準誤差をεと表記します。
ε = 0.674σ
標準偏差σは分散Vの平方根です。
σ=√V
V=Σ(i=1→n)([各測定値]i-[平均値])^2 /n

標準偏差は非常によく用いられる概念なので、覚えること必須です。
エクセルの基本関数の一つでもあります。
(stdなんちゃら関数です)

学力試験の統計結果で「偏差値」が用いられますが、じつは、それは、平均値を50、標準偏差が10になるように統計処理したものなんです。
ですから、偏差値で言うと、50±6.74の範囲にいる受験者が全体の50%とということになります。
56.74以上の偏差値でしたら、4人に1人の優秀者ということですね。

ちなみに、50±10、すなわち、平均値±標準偏差の範囲には、全体の約68.3%が入ります。
偏差値60以上の人は、全体の15.8%になります。

平均誤差eは、誤差の絶対値の平均値であり、式で示せば
e=Σ(i=1→n)|[各測定値]i-[平均値]|/n
これは概念としては単純なのですが、計算が難しく、物理に限らず一般に統計では、あまり用いられません。

そこで登場するのが確率誤差になります。

確率誤差というのは、その誤差を超えるものが全体の50%、誤差以内が50%という境界を定義する誤差で、標準偏差のの0.674倍です。
標準偏差をσ(シグマ)、標準誤差をεと表記します。
ε = 0.674σ
標準偏差σは分散Vの平方根です。
σ=√V
...続きを読む

QGメータを購入したい!

Gメータを購入したいのですがどこに行けば購入できますか?
Gメータを取り扱っているショップが近くにありません!
私は、千葉県と茨城県のさかいめに住んでいます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

目的が不明なのですが、ちょっと値がはってもいいならコレ。

アペックスHP:
http://www.apexi.co.jp/products/electronics/rsm.html


人気Q&Aランキング