新聞に載るような化石を発見したら・・・
所有者は誰になるのでしょうか?
他人の土地で採集するわけですから、土地の所有者の物になるのですか?
仮に採集者の物だとしても、不法侵入(???)などにはならないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

回答ではありませんが,エピソード


正確な記憶ではありませんが,粗筋は以下のとおりです。
合衆国で,ティラノザウルス(いわゆるティーレックス)の完全化石が出土した際,発掘者と土地所有者との間で所有権争いの裁判があり,土地所有者の所有と判断されたようです。土地所有者は直ちにオークションに掛け,とんでもない高額で博物館が落札したそうです。
この化石はほぼ完全な全身化石で,相当有名で愛称までついています。
    • good
    • 0

この問題は世界的に確率していないようです。


ある国では、化石ハンターと云って「業」として認めているところもあるようですし、
何処か忘れましたが日本のどこかの市では条例もあるようです。
一般的には、化石のあるところは、国有地が多く、不法侵入で罰せられることも少ないようですし、
むしろ、発見を奨励しているようです。
いずれにしても、学術的に大きな役割のあるものですから、端的には云いがたいことが原因ではないでしようか。
    • good
    • 0

私は、無主物の先占(民法239条)として、ご質問の化石は、発見者である質問者さまの所有物になると思います。

一応、質問者さまの単独所有に帰属すると考えています。

私は、ご質問の化石は、埋蔵物(民法241条)には、当たらないと思うのです。

まず、民法239条の「無主物」とは、(a)いまだかつて人の所有に属さなかったもの、及び(b)かつては人の所有に属していたけれども、放棄されることによって無主物となったものをいうとされます(川島武宜ほか「新版注釈民法(7) 物権(2)」初版(平成19年、有斐閣)。

その一方で、民法241条の埋蔵物は、確かに「土地その他の物の中に外部からは容易に目撃できないような状態に置かれ、しかも現在何人の所有であるか判りにくい物をいう。」(最高裁判所・昭和37年6月1日判決)とされています。
しかし、これが、具体的に、どのようなものを念頭において理解されているかというと、たとえば「地中に埋められた小判、大きな仏像の中に入れられた秘仏、壁の中に塗り込められた宝石あるいは貨幣、噴火で土中に埋まった建物あるいは動産等」(加藤雅信「新民法大系 物権法」第2版(平成17年、有斐閣)など、もともと人の手が加わっているもの=その意味で、正体は不明だけれども、何人かの所有に帰属しているものとして理解されており、換言すれば(民法239条と同法241条を整合的に解釈しようとすれば)、明らかに何人の所有にも属したことがないものは、民法241条にいう埋蔵物に含まれないと理解されるようです。

そして、昭和37年の最高裁判例の事案も、旧日本陸軍が、終戦直後、盗難その他第三者により持ち去られることを予防するために軍施設内に埋めておいた銀塊に関する事案のようで、今回ご質問の、天然に存在し得るするような化石に関する事案ではないようです。

このようなことを総合的に考慮すると、ご質問の化石は、自然の動植物が、自然のうちに珪化・固定化されたもの「いまだかつて人の所有に属さなかったもの」として、無主物の方に該当すると考える方が自然であると思います。
ちょうど、海の中を泳いでいる魚は、漁業権がついている場合もありますが、普通は無主物と考えられるのと同じであると思います。
そこで、ご質問の場合の化石は、民法239条にいうところの、無主物であると考えられるわけです。

そうすると、遺失物法に定める手続(民法241条本文参照)等を経ることなく、質問者さまは、発見という事実によって、直ちにこの化石の所有権を取得しそうです。

なお、この無主物が他人の土地の中から発見された場合ですが、化石は土地に固着していて容易に分離することができないものではなく、普通は、発見して掘り出せば、簡単に掘り出すことができるものですから、化石は土地の一部であるともいえないと思います。

また、同様に、無主物が他人の土地の中から発見された場合、民法には、無主物先占者と土地所有者との利害調整に関する規定(民法241条但書参照)は、置かれていません。
これについては、「(当事者間の公平の観点から)埋蔵物と同じように、土地所有者の持分取得を認めるべきであろう」(前掲注釈民法)との主張もありますが、現行民法の適用としては、土地所有者に持分を認めることは難しいと考えます。
    • good
    • 0

問 新聞に載るような化石を発見したら,所有者は誰になるのでしょうか?



答 結論から言えば,ANo.1の方のおっしゃるとおりでしょう。

 本件において関係のありそうなすべき条文としては,民法239条(無主物の取得)及び241条(埋蔵物の発見)あたりです。

 化石は,239条にいう所有者のない「動産」といえるでしょうか?
 民法は,86条2項で,「不動産以外の物は、すべて動産とする。」とし,86条1項で,「土地及びその定着物は、不動産とする。」としております。
 化石は,発見されたときは土地の一部でしょうから,「動産」とはいえないでしょうね。
 そこで,239条により,発見者は所有権を取得できません。

 では,241条の埋蔵物にあたるでしょうか?
 埋蔵物とは,「土地その他の物の中に外部からは容易に目撃できないような状態に置かれ、しかも現在何人の所有であるか分かりにくい物」をいいます。(最高裁昭和37年6月1日判決)。この定義からも明らかなように,埋蔵物は,もともと独立して誰かの所有に属するものです。
 土地の一部たる化石は,独立して所有権があるものとはいえないでしょう。
 よって,化石の発見者は,所定の手続きを経て所有権を取得することはありません。

 また,文化財であれば,文化財保護法により所有権は国に帰属する可能性がありますが,化石は同法2条を見ても,文化財にはあたりそうにありません。

 以上のことから,化石の所有権は土地の所有者にあるといえるのではないでしょうか? 

【民法】 
(定義)
第85条 この法律において「物」とは、有体物をいう。

(不動産及び動産)
第86条 土地及びその定着物は、不動産とする。
2 不動産以外の物は、すべて動産とする。
3 無記名債権は、動産とみなす。

(無主物の帰属)
第239条 所有者のない動産は、所有の意思をもって占有することによって、その所有権を取得する。
2 所有者のない不動産は、国庫に帰属する。

(埋蔵物の発見)
第241条 埋蔵物は、遺失物法の定めるところに従い公告をした後6箇月以内にその所有者が判明しないときは、これを発見した者がその所有権を取得する。ただし、他人の所有する物の中から発見された埋蔵物については、これを発見した者及びその他人が等しい割合でその所有権を取得する。
※埋蔵物発見の際は、遺失物と同じ手続により、所有者が不明のときは、発見者がその所有権を取得する。ただし、埋蔵物を埋蔵している土地その他の物の所有者が別人のときは、両者が折半する(遺失一三、民二四一)。また、埋蔵物が文化財の場合は、所有権は国に帰属し、発見者等にはその価格に相当する報償金が支給される(文化財九二~一〇八)

【文化財保護法】
(文化財の定義)第2条 この法律で「文化財」とは、次に掲げるものをいう。
1.建造物、絵画、彫刻、工芸品、書跡、典籍、古文書その他の有形の文化的所産で我が国にとつて歴史上又は芸術上価値の高いもの(これらのものと一体をなしてその価値を形成している土地その他の物件を含む。)並びに考古資料及びその他の学術上価値の高い歴史資料(以下「有形文化財」という。)
2.演劇、音楽、工芸技術その他の無形の文化的所在で我が国にとつて歴史上又は芸術上価値の高いもの(以下「無形文化財」という。)
3.衣食住、生業、信仰、年中行事等に関する風俗慣習、民俗芸能、民俗技術及びこれらに用いられる衣服、器具、家屋その他の物件で我が国民の生活の推移の理解のため欠くことのできないもの(以下「民俗文化財」という。)
4.貝づか、古墳、都城跡、城跡、旧宅その他の遺跡で我が国にとつて歴史上又は学術上価値の高いもの、庭園、橋梁、峡谷、海浜、山岳その他の名勝地で我が国にとつて芸術上又は観賞上価値の高いもの並びに動物(生息地、繁殖地及び渡来地を含む。)、植物(自生地を含む。)及び地質鉱物(特異な自然の現象の生じている土地を含む。)で我が国にとつて学術上価値の高いもの(以下「記念物」という。)
5.地域における人々の生活又は生業及び当該地域の風土により形成された景観地で我が国民の生活又は生業の理解のため欠くことのできないもの(以下「文化的景観」という。)
6.周囲の環境と一体をなして歴史的風致を形成している伝統的な建造物群で価値の高いもの(以下「伝統的建造物群」という。)
    • good
    • 0

土地の所有者に権利があります。


採掘された方は所有権を主張できません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昆虫採集は窃盗や不法侵入にならないのか

子供にカブトムシやクワガタムシの採集に行くようせがまれました。
但し、日本ではたぶん、土地は誰かの所有物だと思います。
そこで私は下記の問題で行き詰ってしまいました。

下記の(1)から(5)の事例どのような問題があるのでしょうか ?

(1)自分の土地において虫を採取
(2)他人の雑木林や森で無断で虫を採取
(3)道路、河川、海、公園、河川敷など自治体や国で管理されている場所で虫を採取(虫をとる規制はしていないところとします)
(4)寺や、神社で虫を採取(今日はこれをしましたが本来は(2)がしたかった)
(5)近所の空き地で虫を採取

条件
・国や自治体から自然が何らかの形で保護されている区域ではない場所とします。
・虫とは天然記念物などではない、ごくありふれたものとします。
・回答は一般常識的(あなたの判断で結構です)でも、法律からでも、判例でもいいですが ご回答はなるべく、それが判るようにお願いします。

私の判断では下記だと思いました。
(1)(3)は問題なし
(2)(5)は不法侵入、窃盗
(4)は一般的な慣習でグレーゾーンだが大丈夫 

ご回答、よろしくお願いします。

子供にカブトムシやクワガタムシの採集に行くようせがまれました。
但し、日本ではたぶん、土地は誰かの所有物だと思います。
そこで私は下記の問題で行き詰ってしまいました。

下記の(1)から(5)の事例どのような問題があるのでしょうか ?

(1)自分の土地において虫を採取
(2)他人の雑木林や森で無断で虫を採取
(3)道路、河川、海、公園、河川敷など自治体や国で管理されている場所で虫を採取(虫をとる規制はしていないところとします)
(4)寺や、神社で虫を採取(今日はこれをしましたが本来は(2)がした...続きを読む

Aベストアンサー

主文
被告人は無罪。

判決理由。
窃盗とは、刑法第二百三十五條に規定されて居る通り、
他人の財物を窃取する行為にて、自然物は他人の財産に
非ず。

「他人の財物」とは、自己以外の者が権限に基づき占有
所持しているモノを謂う(但し、自己の財物であっても
他人に貸し又は役所の命に依り他人が看守している財物
は、他人のモノと見なす.刑法第二百四十二條に依る)

然るに、昆虫は自然物にて、他人が占有、所持して居る
モノと認められず。

他人が占有、所持していないモノを自分のモノにしても
罪に成らず。

依って、窃盗に関して被告人は無罪。

不法侵入。正しくは刑法第百三十條を参考願います。

本罪の成立要件は、常識的に其の場所に他人が入るのは
おかしいと認められる時だけ。

依って、原告の謂ふ2),4),5)の場合、柵などで四囲を明
確に囲われて居らぬ場合は罪に成らず。
所有者が居ても、人が誰でも自由に出入り出来る構造に
なって居るならば、その部分に他人が入り込んでも罪に
成らず。所有権を主張出来る者若しくはその代理が監視
していない土地では尚更そうである。

然るに寺の境内は常識的な時間帯ならば誰でも自由に入
れるので罪に成らず。

依って、不法侵入に関しても被告人は無罪。

参考までに

刑法第百三十條。住居を侵す罪。
故無く人の住居又は人の看守する邸宅、建造物若しくは
艦船に浸入し又は要求を受けて其の場所より退去せさる
者は三年以下の懲役若しくは十万円以下の罰金に処す。

第百三十一條。削除。

第百三十二條。第百三十條の未遂は此を罰す。


刑法第二百三十五條。窃盗の罪。
他人の財物を窃取したる者窃盗の罪と為し、十年以下の
懲役に処す。

第二百三十五條之二。
他人の不動産を侵奪したる者は十年以下の懲役に処す。

本件、上の通り判決す。
平成十七年七月三十一日
以上。

主文
被告人は無罪。

判決理由。
窃盗とは、刑法第二百三十五條に規定されて居る通り、
他人の財物を窃取する行為にて、自然物は他人の財産に
非ず。

「他人の財物」とは、自己以外の者が権限に基づき占有
所持しているモノを謂う(但し、自己の財物であっても
他人に貸し又は役所の命に依り他人が看守している財物
は、他人のモノと見なす.刑法第二百四十二條に依る)

然るに、昆虫は自然物にて、他人が占有、所持して居る
モノと認められず。

他人が占有、所持していないモノを自分のモノ...続きを読む

Q不法侵入:囲繞地でない庭で侵入者に対して退去するよう勧告した場合

囲繞地でない庭で侵入者に対して退去するよう勧告した場合に、侵入者が退去しなければ不法侵入として現行犯逮捕しても良いでしょうか?
家は庭に囲いがないので、庭に侵入してきただけでは不法侵入とは言えないと思うのですが、退去を要求しても侵入者が出て行かない場合は庭が囲われていなくても不法侵入が成り立つでしょうか?
詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

http://www.asahi.com/national/update/1114/TKY200511140259.html

このような記事があります

http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Green/6533/tenkenlaw.html

また専門家ではありませんが

不法侵入者に対しては、刑事訴訟法により「私人による逮捕」が認められています。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Green/6533/tenkenlaw.html

Q不法侵入者発見!取り押さえたまではよかったんですが。。

先日、覗き目的の侵入者が我が家に入ってきました。近所の方が連絡してくれたのです。幸い私は武道の心得があり手の指を一本骨折しただけでその変質者を取り押さえることが出来ました。激しく抵抗する男を制圧するため私もかなりのパンチを相手に浴びせていたみたいで男の顔は見るも無残に腫上がっていました。
ここからが質問したいことの本旨です。
まず一つ目は、その男は怪我を負ったことにより釈放されて今は町をうろついています。なぜですか?
二つ目は、警察に傷害でも訴えると言うと、相手も反省していて謝りたい。治療費も出すと言っているので会ってあげてくれと言うです。傷害で訴えてからだと治療費の支払いも損害賠償も受けられないのですか?また謝ってすむ問題なんでしょうか? 
相手に弁護士さんが付いてから話を進めたいと言うと
弁護士さんは付かないと、その変質者も怪我を負ったから罪が軽くなるらしいんです。官憲が負わした傷ならともかく、一般市民が、自己の財産と家族を守るため必死で取り押さえるためにしたことがまたその変質者を野の放つことになるは、納得がいきません。 
質問させていただいたことも含めて私はどうしたら良いのでしょうか?
犯人と会う約束をしたのですが、やはり気が進まず断りました。武道の心得があるとはいえ、こちらは常人、あちらは異常者ですものね。
子供たちはお風呂に一人では入れなくなり、寝るのもひとりでは無理な状態です。

先日、覗き目的の侵入者が我が家に入ってきました。近所の方が連絡してくれたのです。幸い私は武道の心得があり手の指を一本骨折しただけでその変質者を取り押さえることが出来ました。激しく抵抗する男を制圧するため私もかなりのパンチを相手に浴びせていたみたいで男の顔は見るも無残に腫上がっていました。
ここからが質問したいことの本旨です。
まず一つ目は、その男は怪我を負ったことにより釈放されて今は町をうろついています。なぜですか?
二つ目は、警察に傷害でも訴えると言うと、相手も反省して...続きを読む

Aベストアンサー

1.今後の対応をお考えになるに当たって、優先順位をつけるとすれば、次のようになると思います。
(1)事件後における家族の安全確保。←重要度95%以上。
(2)治療費などの損害賠償の請求。
(3)侵入者の刑事処分。
 この順番を常に念頭に置き、家族の安全確保のためなら、侵入者の刑事処分など“他人事”と軽く考えたほうがいいと思います。

2.まず、今後の解決までの道筋(案)をストーリー形式でまとめてみました(今後の展開を予測しておくと、対応が取りやすい。もちろん、この通りいかないこともある)。
 「骨折の被害届に基づき警察は、被疑者(=侵入者)を傷害罪と住居侵入罪の牽連犯として書類送検する。検察庁で被疑者を再度取り調べる。その間、被疑者から見舞いと治療費、慰謝料の支払いの申し出があり(実際に支払いを受けること)、治療費などを受け取った後に減刑を求める嘆願書を検察へ提出する。被疑者は起訴猶予処分になる。」という流れが考えられます。
 ただし、被疑者が起訴されるかどうかは検察官が決めることなので、起訴され裁判となるかもしれません。
以下、このストーリーに沿って対応策を書いてみます(※は私の感想です)。

3.回答の補足で「警察は話し合いでの解決を薦めて来る」と書かれていましたが、警察は犯罪が存在すれば、それに対して適法な刑事手続をするのが仕事です。
警察が厳しい処分を下そうとするのを、被害者である質問者さんが「穏便にして」というのが正しい対応だと思うのですが、警察が示談を勧めるというのは納得できません。現に住居侵入罪と傷害罪の容疑があるのですから、書類送検するのは警察の義務だと思います(※事件をうやむやにしないため、書類送検までは持っていきたい)。

4.質問者さんが被害届を出すことにより、警察は再度、被疑者を取り調べて検察へ送致(書類送検)することになると思います。しかし、警察がもたもたするなら、以下の対応策も考えられます(※ただし、慎重にお考えの上、行動して下さい)。

 警察に対して、捜査を進めるように希望されるのなら、近所の人と一緒に警察署長(大きな警察署なら副署長のほうがいい)を訪ね、今回の事件と合わせて地域の防犯に対して要望を伝えるのも効果があると思います。このときには、刑事課長の顔をつぶさないために、刑事課長を通じて署長への面会を予約した方がいいです(署長を訪ねるときは2~3人の少人数で)。

 さらに、警察への強力な圧力をかけるなら、学校を通じて行うことです(※学校には、警察への働きかけとは関係なく、知らせておいたほうがいいと思う)。
最近、子どもたちを狙った事件が多いので、幼稚園や小中学校では父兄に対し「不審人物や事件があれば、学校に知らせてほしい」というプリントを配っているはずです。お子さんが通っている学校長に事件の内容を話されると、学校は、校区内の児童に注意を呼びかけるプリントをすぐに配ってくれるはずです(もちろん、児童の名前は匿名です)。
 このとき、「風呂場を覗いていた」という必要はありません。侵入者の目的は、わからないのです(匿名であっても、うわさが漏れることもある。お子さんが女の子なら心が傷つくから)。

 このプリントをもって、学校長が(あるいは一緒に)警察署長を訪ねて、今度は児童の安全をお願いします(「侵入者を捕まえろ」なんて言いません。あくまで児童の安全をお願いします)。

 警察というのは不思議な組織で、新聞記事とか学校のプリントとか文書になって広く知れ渡ると、無視できなくなるようです。
 これによって、侵入者は少なくとも住居侵入罪で書類送検、おそらく傷害罪も合わせて書類送検されると思います。

5.書類送検されたら、侵入者から警察を通じて(あるいは弁護士から)、謝罪と示談の申し入れがあると思います。あわてず、侵入者からの申し出を待った方がいいと思います(不法行為による損害賠償は、3年以内なら請求できます=民法724条)。
 示談交渉は、第三者が立ち会った方がいいので、侵入者に弁護士が付いた場合は、その弁護士事務所で行います。しかし、侵入者本人だけの場合、だれか保証人(侵入者の親族)を立ち会わせたほうがいいと思います。警察を通じてなら、警察の一室を借りることを提案してもいいと思います(警察は民事不介入だが、便宜をはかってくれるかも)。
質問者さんが弁護士に法律相談(報酬は1時間1~2万円)をしたついでに、示談交渉の席として事務所を貸してほしいとお願いする手もあります(席料は弁護士との交渉です)。

6.治療費などを支払ってもらったら、刑を減軽する「嘆願書」を書いてほしいと頼まれるかもしれません。頼まれたら、簡単に、書いてあげればいいと思います(※憎むべき侵入者ですが、逆恨みされないためと割り切る)。後は、検察が決めることです。
 
7.さて、今回は指の骨折で済みましたが、相手が刃物を持っている可能性があるので、素手でつかみかかるのは自殺行為です。かといって、バットや木刀を用意しておくと過剰防衛を疑われることにもなります。
用意されるなら、小中学生用の剣道の竹刀がいいです(手足を叩いても骨折することは少ない)。侵入者を撮影するため、感度のいい「使い捨てカメラ」を用意しておくのもいいです。

8.万が一、警察が過剰防衛などと言い出したら、「盗犯等の防止及び処分に関する法律」を出させて下さい。同法1条で、「自己又は他人の生命、身体に対する現在の危険を排除するため、犯人を殺傷したるとき」にも正当防衛は成立するとして、刑法に規定されている正当防衛をさらに広く解釈しています。「他人の生命」とは、お子さんのことです。

※正直に言って、質問者さんには拍手を送りたい心境です。家族を守るために賊と素手で闘い、逮捕したのですから。警察署長表彰ものです。

1.今後の対応をお考えになるに当たって、優先順位をつけるとすれば、次のようになると思います。
(1)事件後における家族の安全確保。←重要度95%以上。
(2)治療費などの損害賠償の請求。
(3)侵入者の刑事処分。
 この順番を常に念頭に置き、家族の安全確保のためなら、侵入者の刑事処分など“他人事”と軽く考えたほうがいいと思います。

2.まず、今後の解決までの道筋(案)をストーリー形式でまとめてみました(今後の展開を予測しておくと、対応が取りやすい。もちろん、この通りいかないこ...続きを読む

Q不法侵入(住居侵入)って

不法侵入(住居侵入)って
先日私の知り合いが、相手方から不法侵入で訴えられそうだと話してくれました。
話の内容では、面接交渉のやりとりがあったのですが、相手先が返答してくれなかったり、ファックスの通信が拒否されていたりして、どうしても相手につながらなかったそうです。それで、夜中に郵便受けに意向を書いた文書を届けに行ったそうです。これって不法侵入に当たるのでしょうか。法律に詳しい方、教えていただければと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

不法侵入の条件は簡単に言うと、
・用事も無く敷地に侵入
・無断での侵入
の二つになりますが、実はこの他にも相手側が面談や面接の拒否、
来宅の拒否をしていると不法侵入に成る可能性もありますが、
今回は、事前の連絡不足等があり、一概に不法侵入とはなりえないと思えます。

ただ、夜中に訪ねたのはまずいとは思います。

Q不法侵入の法律の解釈(家宅侵入?)

ここで、気になる回答を見てマナー違反になるかも知れませんが、詳しい方、お願いします。
内容はアレンジしてあります。

無断で個人の敷地内に侵入しても、法的に問題ないこと(刑事、民事とも)
1 鍵が掛かっていなければ、断りも無く玄関にはいってもよい。
2 鍵が掛かっていなければ、他人の敷地、建物に無断で入ってもよい。
3 出入りして、物を動かしてもよい。
4 ガレージに入ってエンジンオイルを無断で抜いてもよい。
5 水田にある水の給排水設備を破壊してもよい。
一般的には非常識だと思われますが、法的には何の問題もないのでしょうか?

Aベストアンサー

質問の趣旨が理解出来ませんが、1~5全て違法行為です。
1・2は住居侵入罪。
3は場合によっては、窃盗未遂罪に該当するかも知れません。
4.は窃盗罪。
5.器物損壊罪。

>一般的には非常識だと思われますが、法的には何の問題もないのでしょうか?<

一般的にも法的にも、問題おおありです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報