初めまして、将来、コンサートとかで照明をしたいと思っている学生です。今、本当がけっぷちのところで、専門に行くべきかそれとも大学に行くべきか迷っています。専門に行っても、照明の仕事につけるのはごく一部だと聞きます。しかし、大学では、照明関係の勉強はあまり、ないと思います。自分はめざしている学部には、音響・画像が勉強できるんですか…。本当にどっちがいいのかわかりません、、誰か教えて下さい。あと、照明の仕事につくために有名な大学などあるのでしょうか??返事待ってます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は演劇の世界でアカリヤ(照明)をやっていますが


教わった事は殆どなく現場で「盗んで覚えた」事が殆
どです。
学校が悪いとは思いませんし、役に立つ知識や技術を
学べるかもしれませんが、現場で自分の体で覚えるの
が良いように思います。

尚、世田谷パブリックシアター(世田谷区、三軒茶屋)
で舞台技術がワークショップ年に二回ほど開催されて
います。

こういうものに参加するのも技術や人脈を広げるのに
役にたつかもしれません。詳細は下記HPの「ワー
クショップ」で確認してください

参考URL:http://www.setagaya-ac.or.jp/sept/frame.html
    • good
    • 0

現在フリーで照明をやっています。


僕がこの世界に入ったきっかけは求人広告でした。特に専門学校や大学などで照明を学んだわけではありません。それどころか、まったく知らない世界でした。
最近の新人を見ていると、専門学校卒の人が多いですね。それはきっと、専門学校の就職時期に照明会社からの募集が学校の方へ行くのだと思います。大学からこの世界に入ってくる人も少ないわけではないのですが、学歴重視の世界ではないのであまり関係ないようです。勉強ができるからといって照明家として成功すると言い切れるものではないからです。照明会社のアルバイトから社員になる道もあります。僕としては専門学校や大学で照明効果を学ぶよりも、まずは現場に出る事をお勧めします。早ければ早いほどいろいろな事が身につくので、アルバイトからでもいいと思いますよ。
ただ、この世界は『手取り足取り』教えてくれるような世界ではないので、『見て覚えなさい』が基本ですね。わからない事は聞かないと教えてくれない事の方が多いです。それに、会社によって違うと思いますが、新人のうちは怒られるのが仕事です。何をやっても怒られる時期が必ずと言って良いほどあるものです。その時期に負けてしまうとそれまでです。嫌な事が多い時期も、何年か経てばいつのまにか過ぎていきます。新人から中堅になったらきっと楽しさも実感できると思いますよ。
頑張ってください。いつか現場でお会いできると良いですね。
    • good
    • 0

確かに、イベント関係は(も?)現場積んだ方がいいですね。


ただ、学校で学術的に照明効果を学ぶことも非常にためになると思いますよ。
専門校は(人にもよるし、学校にもよりますが)果たしてどこまで実践的に教えてくれるのかの見極めが大事でしょう。講師も人気商売ですから、学生に飽きさせないように、現場で本当にほしがっている内容よりも、面白そうなことを率先して授業に取り組んでいるケースも多いです。
学校に行きながらイベントの人材派遣、ライティングチームなどのバイトで、理屈と現場を両方から見られる視野を持つと、後々強みになるのではないでしょうか?イベント、舞台関係はバイト上がりでそのまま就職した知人も(その後独立した人も)多いですし、現場のテクを盗んで自分のテクを昇華させていくのが醍醐味ですから。
現場でオペレーションこなしていると、そのうちきっとステップアップしたくなりますよ。
あんまりお答えになっていませんね、ごめんなさい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q照明卓と照明盤

演劇部です
照明卓と照明盤の違いがよくわかりません。
顧問の先生には
「卓は抵抗を使って明るさを操作していて、盤は直接信号を送っている云々」
と言われたのですが良く分かりません。
どうか教えてください!

Aベストアンサー

ホールや会館には大容量の電源が来ていますが、それは「照明盤」に繋がっていて、その中で回路ごとに分けられて、舞台に吊っている照明器具につながっています。
「照明盤」だけでは照明器具に電気を送る制御ができません。その制御をするのが「照明卓」です。
「照明卓」には何本ものフェーダーがありますが、そのフェーダー1本は、先程の「照明盤」のたくさんある回路の一つに繋がっています。
「照明卓」のフェーダーを上げ下げすることで、はじめて「照明盤」から電気が流れ、照明器具に明かりが点くのです。
「照明卓」のフェーダーの数だけ「照明盤」の電源回路があり、それぞれを調整できます。

これをデスクトップパソコンに例えていうなら、「照明盤」はPC本体であり、キーボードが「照明卓」、ディスプレイは「照明器具」ということになります。
「キーボードを叩く」=「フェーダーを上げ下げする」
「PC本体でキーボードからのコマンドを受け映像信号に変換する」=「照明盤でフェーダーの量だけ電気を流す」
「ディスプレイ上にキーボードで叩いた文字が表示される」=「照明器具に電気が流れ、明るさが変わる」
例えが悪かったかもしれませんが、おわかりになったでしょうか??

ホールや会館には大容量の電源が来ていますが、それは「照明盤」に繋がっていて、その中で回路ごとに分けられて、舞台に吊っている照明器具につながっています。
「照明盤」だけでは照明器具に電気を送る制御ができません。その制御をするのが「照明卓」です。
「照明卓」には何本ものフェーダーがありますが、そのフェーダー1本は、先程の「照明盤」のたくさんある回路の一つに繋がっています。
「照明卓」のフェーダーを上げ下げすることで、はじめて「照明盤」から電気が流れ、照明器具に明かりが点くのです。...続きを読む

Qこれはどういう記号ですか。 一応、音楽を専門に勉強してきましたが、楽典にもこんなものはありませんでし

これはどういう記号ですか。
一応、音楽を専門に勉強してきましたが、楽典にもこんなものはありませんでした。
それとも、これはただの印刷ミスですか?

ご存知の方、ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

フランスのデュラン社から出ているラヴェルの『クープランの墓』でしょう。印刷時に異物が混入してできた汚れで、記号ではありません。ほかの版の楽譜にはありませんよ。

Q音楽…専門学校か。大学か。

将来、バンドミュージシャンとして生活したいのですが、

専門学校と一般の大学どちらの方に進学しようか迷っています。

実際にプロやインディーズで活躍しているミュージシャンの方達は、音楽の専門学校で知り合ったというより一般の大学で出会って結成という方が多い気がしますし…

専門学校の体験入学にも行ってきましたが…
見学者も在校生もなんだかチャラチャラしたような人が多い印象に思えてしまいました。(まだ2校しか見学していなくて、短時間の見学なので、わかりませんが)

普通の大学ならいろんな人がいて、きっとやりたい音楽が近い人もいるだろうし、バンドサークルや軽音楽部はいいなとも思います。

ただ、本当に音楽一本でやっていきたいので、
一般の大学に行って音楽以外の勉強する時間があるなら、もっと音楽の事を学びたいと考えています。


一般の大学と、専門大学…どちらの方がよいでしょうか。

なんだかよくわからない質問になってしまってすみません。
どなたかよろしくお願いします

Aベストアンサー

質問者の方が迷っているのは音楽の専門学校とそれ以外の大学ということでしょうか?

私は一般の大学の軽音楽部にいた経験があります。
現在は中退して音楽の専門学校にいます。

大学のことからお話させていただきます。
軽音楽部といっても学内にひとつではないことが多いです。
フォークソング研究会が事実上の軽音楽部だったりすることもあります。
私のところはフォークソング研究会と軽音楽部が両方あって、フォークソング研究会をそのまんまフォークソングサークルだと思い込んだ私は軽音楽部に入りました。

よかったと思うことは自由な時間がたくさんあったことです。
曜日ごとに班(バンド)が分かれていて、集まって演奏するのは週に1度なので、個人練習や勉強の時間が多く取れたと思います。

悪かったことはふたつありました。
まず、オールジャンルと謳いながら、事実上はパンクロックサークルだったことです。
もちろんうちの学校のがたまたまそうだっただけかもしれません。
しかし、あらゆるジャンルの音楽をやれる(そのうち私の好きな音楽もと期待してました)場所ではなかったのは確かです。
後で聞いた話ですが、公表していなくてもやはりサークルによってある程度ジャンルが偏っていることが多いようです。
近所の大学には軽音楽部の一部メンバーがデジタル音楽をやっていて、それが活動として形になっているというのも耳にしました。

もうひとつ悪かったことは音楽全般の知識(機材、理論など)を勉強できる場所ではなかったことです。
私はプロ志望なので、やはりそういうことに期待していて、サークルで勉強して卒業と同時にプロになるような知識と技が身についていればと思っていました。
しかしみんな演奏を楽しむために来ているので、そういうことを勉強できる環境も人もありませんでした。

このままでは絶対プロになれないと思ったのが私が大学をやめた理由です。

専門学校に入ってよかったと思うことは2つです。
やはり時間があることです笑
といっても2年だけなのでこれに関しては大学よりいい点ではないかもしれません。
もうひとつは機材等を実際に使える点ですね。

悪かったと思うことは・・・まあやはり、触りしか教えてくれません。
たとえば「コンプレッサーという機材がある」→「コンプレッサーのパラメータについて説明」→「さ、あとは自分でやってみろ」。
すべてにおいてこういう感じでした。
つまり、こういう場合はこういうふうにすればいい・・・といった具体的なことは教えてくれません。
突っ込んだ方法・手法は教えず、あくまで音楽の知識全般の触りだけを教える・・・そんな感じでした。
それぐらいなら自分で書籍等で勉強するだけで学校にいなくても覚えられるので、授業内容がどれぐらいためになっているかというと微妙です。

かといって「じゃあダメじゃん。」ってわけでもなくて、講師の先生方はやはりひとりひとりがその道のプロフェッショナルな方々なので私も本気で語り合うことができます。
上記の突っ込んだ方法を教えてくれないというのは授業での話で、個人的に質問すればばっちり教えてくれます。

あと、専門学校は2年しかありません。
普通の大学生みたいに「彼氏(彼女)作って遊びたいよぉー!」とか「オール三昧で毎日遊んで暮らしたい!」なんていうことをしているとあっという間に2年間が終わってしまいます・・・。
それに専門学校には「ま、入ったからにはなんとかなるだろう」という意識の方が多いように感じます。
入った段階で2年間というタイムリミットが始まっている、そういう認識で勉強していかなければならないと思います。
上記のとおり触りしか専門学校では教えてくれないので、頼れるのは結局自分です。
これは音楽以外にも言えることですが、学校の授業で満足しないで自分から積極的にどんどん勉強していかないと本物にはなれないと思いますよ。

といった感じで、私からすれば一般大学も音楽の専門学校もプロを目指す点においては一長一短です。

質問者の方が迷っているのは音楽の専門学校とそれ以外の大学ということでしょうか?

私は一般の大学の軽音楽部にいた経験があります。
現在は中退して音楽の専門学校にいます。

大学のことからお話させていただきます。
軽音楽部といっても学内にひとつではないことが多いです。
フォークソング研究会が事実上の軽音楽部だったりすることもあります。
私のところはフォークソング研究会と軽音楽部が両方あって、フォークソング研究会をそのまんまフォークソングサークルだと思い込んだ私は軽音楽部に入...続きを読む

Q音響係

学校の文化祭で、人形劇をします。 私は、音響係(BGM,効果音)なのですが、 音響をするうえで、何かポイントはあるでしょうか?

曲は決まりました。
劇の内容は、親子愛です。

Aベストアンサー

一番重要なのは何よりも音がとぎれないことです。それ以外のことは二の次です。
テレビでもラジオでも止まってしまうのは絶対NG
学校の文化祭では基本的な音が出ないトラブルがありがちです。
機材の整備、点検、予行演習、マイク、ケーブル、予備機材、を確認しましょう

Q音響の職種について

基本的な質問で申し訳ありません。
同じ音響でも「MA」や「PA」など幅広くあるようで、いま少し把握できていません。

音響の職種はどれだけあるんでしょうか?
また、その仕事内容を教えてください。

Aベストアンサー

一応専門学校の説明を貼っておきますね(参考URL)

MA:ラジオや映画の音響(半分は作りこむ作業)
PA:コンサート・ミュージカルなどの音響(現場でリアルタイムで)
あとはミキサー(レコーディングエンジニア)かなぁ

学校のコースで悩んでおられるのでしょうか?
どこで仕事をしたいか? あるいはどういうことが得意なのか? 考えてみてくださいね^^

参考URL:http://www.tohog.com/scl_onkyo/course/01.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報