こんばんは。
来年、専門学校(准看)を受験するのですが、国語入試で読解のほか近代文学の「思潮と流派と作家・作品」が出題されるようです。
私は中学高校の時から苦手だったので、殆どこの分野の勉強をしていません。素人にでもわかり易い、テキスト(年表タイプ・穴埋めでもいいです)もしくは問題集などありましたら、メーカー等は問いませんので教えて下さい。

例えば、このような問題です

(1)次の作品の冒頭文を読んで、「作品名」と「作者名」を記せ。

1、春はあけぼの。やうやうしろくなりゆく山ぎはすこしあかりて、むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる。

2、つれづれなるままに、ひぐらし~~以下省略

(2)次の事柄と関係の深い作家と作品を後の語群より選び記号で答えなさい。もしくは、解答欄に書きなさい←(学校により選択式と自筆がありますので)

1、白樺派 2、自然主義 3、耽美派 4、プロレタリア文学 5、浪慢主義

「作家」a 小林多喜二 b 川端康成 c武者小路実篤 d夏目漱石 e
永井荷風 f田山花袋 g泉鏡花

「作品」ア アメリカ物語 イ 婦係図 ウ 蟹工船 エ 伊豆の踊子オ 蒲団 カ 友情 キ こころ

詳しくは判りませんが
リアリズム、自然主義、反自然主義、余裕派、高踏派、耽美派、白樺派、新思潮派、新感覚派、プロレタリア文学、戦後文学、などで登場する作者、作品名等々・・・・・・

ほかにも詩や短歌もでるそうです・・・・・・

入試(来年2月上旬)まで間に合うでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

高校や中学の教科書(参考書)だったので、すでにお持ちかも知れませんが、各社から出ている「国語便覧」があれば事足りるのではないかと思います。


例えば、
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4578840786.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。この分野がどうも苦手であまり勉強してきませんでした。家の中を探しても、国語便覧は見つかりませんでした。多分処分してしまったのだと思います。

また何かありましたらよろしくお願いいたします。

お礼日時:2008/09/02 01:42

私も学校教材の国語便覧を使う事をお勧めします。


自分は「シグマ 新日本文学史」を使って大学受験の際に勉強してました。流れも分かりやすく、有名な文章や冒頭部分は引用して明記されてますのでかなり重宝した覚えがあります。
代表的なものはモーラしてありますし、そのような問題形式だったら対応できるのではないかと思います。

参考URL:http://www.bun-eido.co.jp/t_japanese/adopt/bunga …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。lnoonlさんお薦めの、シグマ新日本文学史購入させていただきました。また、シグマ新国語便覧も購入しました。
今回はありがとうございました。また何かありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2008/09/03 22:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q川端康成著『温泉宿』の一節について

川端康成著『温泉宿』の一節「淵の周りには、銀色の渡鳥の群が溺れるかのように、月光が乱れ立っていた」について質問です。
この文章の意味は、以下のように解釈してよろしいのでしょうか?

ナラの葉によって細く別れた月の光が、流れる川の水面に乱れ射している。
そして、その水面に反射されて銀色に光る月の光が、銀色の渡り鳥の群れが溺れているように見える。
すなわち、流れる川の水面の様子を、銀色の渡り鳥が溺れるさまに例えた文章である。

Aベストアンサー

そこまで、細かく説明する必要は無いですが、そのような解釈で問題は無いでしょう。
原文を普通に書けば、「淵のまわりの水は、激しく波立って、月の光を反射していた」となると思います。
激しく波立つ→銀色の渡鳥の群れがおぼれるかのよう
月の光を反射していた→月光が乱れ立っていた
という文学的な表現にしたと言う事ですね。

Q心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。 イギリス文学 心理学 イギリス文学を用いて心理学

心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。

イギリス文学 心理学

イギリス文学を用いて心理学の論文を書こうと思っています。
特にサスペンスやミステリーが好きなので、犯罪心理学の路線で行こうかなと考えていますが、未定です。
集団心理、思い込み(幻想、幻聴など)、多重人格でも何でも、何か心理学的なヒントが見つかりそうなイギリス文学作品があれば教えて頂きたいです。時代は問いません。
和訳されていない作品でも大丈夫です。英語で論文を書くので、むしろそっちがやりやすいかもしれないです。

どんどん挙げてくれたら嬉しいです!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シャーロック・ホームズはコカイン中毒だったとのことですから、病理心理学はダメですか?
ルイス・キャロルは幼児性愛者だったそうですが、これも病理心理学として使える?

Q面白い近代文学作品・作家を教えてください

来年度、卒論でひとり作家を選び、その作家の作品について様々な研究をします。
しかし…日本文学を専攻しているのに、近代文学ってつまらないような気がして今までほとんど読んだことがありません!なので、どの作家を選んでいいのか困っています。
おもしろい作品に出逢えたらいいな、と思うので、おすすめがあればぜひ教えてください。

Aベストアンサー

 どの辺りから、近代文学に分類されるのかが分からない程度のものです、はじめまして。
私も日本文学が苦手です。内輪のことをぐだぐだ言っていて、スピード感がないのがまずいやですね。でも、梶井基次郎の「檸檬」はいいです。ものすごく短い作品ですがキレが違います。「闇の絵巻」なども気に入ってます。対象から距離をとっていたくせに、一瞬間合いが縮まる感じが巧いと思います。
 それから、坂口安吾もひねくれた感じで、バサバサ斬ってて気分爽快です。「堕落論」。

Qプロレタリア文学だと思うのですが、作者と題名は?

たぶん明治後期~大正にかけての時代を背景にしたプロレタリア文学だと思うのですが、作者名と題名を知りたいのです。
内容の一部ですが、このようなものでした。
「主人公がセメントの粉を買って袋を開けたところ、その中から一通の手紙が出てきた。その内容は『わたしはセメント工場で、セメントを袋に詰める仕事をしている女性です。わたしの恋人はセメントの原料の石を砕く仕事をしていましたが、過労で倒れて砕石機の中に落ちてしまいました。わたしの恋人はセメントになってしまいました。どうか、このセメントを買われた方は・・・(以下失念)』というものだった」
ご存じの方、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

葉山嘉樹 「セメント樽の中の手紙」です。
懐かしいな~。
昔、読みました。

Q日本の純文学作品内でしばしば言及される海外文学

日本の純文学作品内に高い頻度で登場する海外文学を教えてください。
たとえば太宰なら聖書やドストエフスキーの小説を引き合いに出すことが多かった気がするのですが、
他に頻繁に引き合いに出される作品には何があるのでしょうか。

Aベストアンサー

同じく、太宰はギリシア神話からも引いていますね。
例:走れメロス

順位から云えば、
1.中国文学(近現代では「中島敦」とか、江戸期以前の文学では当たり前)
2.佛教経典(芥川・・蜘蛛の糸なんか・・)
3.聖書(現代では、「森山周一郎」・・クリスチャンだった)
4.ギリシア神話(太宰、白樺派辺りでも引用が多い)
5.ドストエフスキー(近代で引用が多い)
6.シェークスピア(大正期文学では多い)

特に自然主義文学と呼ばれる作品群(大正期から昭和初期にかけて)は、西洋文学の引用が増えているような気がします。そして、新古典主義と呼ばれた、芥川らによって、佛教経典や日本古典から引用があり、その後の現代に続くようです。

では。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報