プロが教えるわが家の防犯対策術!

来年2月頃、キロロかルスツに2泊3日で行こうかと思います。

前回はトマムに行き、天候もスキー場も素晴らしく大変満足しました。
しかし、大浴場がなかったのです。

今回は大浴場があるキロロかルスツを候補としてあげています。
ルスツはインドアテニスコートも有るとありました。

行かれたことが有る方、情報をお願いします。

A 回答 (6件)

キロロは日帰りで一度だけ。

ルスツは4~5泊を何度か。

これだけでお解りと思いますが、ルスツのほうがスキー場としては面白いと私は思います。
初心者はキロロのほうが良いかな?
初中級なら文句無しにルスツに決定!

キロロ
日帰りで行った時に二度とこないだろうなと思ったのを憶えています。(コースレイアウトが好きではない。)
フラノ、ニセコ、サホロなどにも行きますがキロロが一番面白くなかった。(できた直後に行って期待が大きかった分ガックリきたのかな?今は変わってるかも?)

ルスツ
『スキー場は◎ほとんどが中級者パラダイス。ただし天気は積雪量の違いを考えればわかると思いますが、トマム程期待できないかも。』『料理は洋△(私が根本的に好きではないい)、和は普通、中華○、ディナーバイキング×、選択肢が多いので総合して○』『客室はスキーリゾートとしては普通。隅々まで綺麗とはいい難い。タワーは綺麗かも。』『プールは子供の遊び場になっていました。』


なお、この回答は独断と偏見に満ちています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう御座います。
キロロ、ルスツの比較がありとても参考になりました。

お礼日時:2002/12/17 18:56

だんぜんルスツがおすすめです!毎年12月の1週目にルスツに行っていますが、今年は雪不足の為、トマムに行きました。

トマムにないものがルスツには数多くあります→大浴場、プール、テニスコート、そしてなによりも便利なのがショップ。ここでお土産がすべて揃いますし、お土産以外にもかわいいお店がたくさんあって、夜はあきることなく遊べますよ!

宿泊は新館の方がなにかと便利です。タワーは広くてリッチな気分を味わえますが新館の方がゲレンデが近くショップも多いです。もしタワーに行きたければモノレール(敷地内)があるので覗いてみるのもいいかと思います。
    • good
    • 0

ルスツに数年前に行きました。

キロロには行っていませんが、他にニセコとフラノにいきました。もう一度いくならルスツかなと思います。

ルスツはスノーリゾートという名がぴったりのスキー場です。
プールもゲレンデの隣にあって、全面ガラスの向こうがスキー場でした。
少し冷ためで、あまり長居はしませんでしたが、あのギャップというか人工的さはおもしろかったです。
ホテルが長ーい構造をしてて、なおかつ大浴場が端っこの方にあるため、ノースウイングの部屋から大浴場までが遠く、かつ、屋根しかない道を通ったりするので、大浴場の行き帰りがとても寒かったように思います。
今は改善されているかもしれませんが。

ルスツではスノーモービルを体験しました。とってもおもしろかったです。おすすめですよ!
    • good
    • 0

今年の2月ルスツリゾートに行きました。

ホテルについてのみですが、そのさい自分でアンケートに答えたものが手元にあったのでご参考まで(以下はその写しです)。

A 接客サービス
大変行き届いており感激しました。フロントスタッフは勿論メンテナンススタッフ、レストランスタッフ、リフト乗り場の係員に至るまで、皆さん非常に好感がもて終始気分よく過ごせました。応対はマニュアルで規定されているような画一的なものでもなく、いったいどういう人事管理をすればこういうことが可能なのか秘密を知りたいと思うほどでした。

B レストラン
いずれも美味でとても満足でした。セタナリアの料金設定はやや高すぎる印象でした。サウスウィング唯一の施設であるベルヴューは朝食が気持ちのいいつくりですが2日目から貸切になってしまい、しかたなく遠いオクトーバーフェストに行きましたが、ここは暗いので夕食はともかく、朝食にはあまり嬉しくないつくりでした。

C 設備
部屋の位置関係のせいか、時間によって湯温が十分でないことや水圧が足りないことがありました。ある夕方は湯がまったく出なくなりましたが、修学旅行客がいっせいに使用するのが原因のようでした。部屋の引き出しの最下段はハメ殺しになっており、見かけは一番大きいのに実際には使えなくて幻滅でした。また通りを隔てた反対側に「ルスツ市場」なる店があり、毎晩11時半頃まで大音量の音楽を流すのには閉口しました。チェックアウト後の手荷物預かりが有料なのは、ホテルとしては異例なのではないでしょうか。

D その他の意見
数年前にやはりスキーで利用させていただいた事があり、そのときの印象がとてもよかったので、今回はリピーターとして伺った次第です。スタッフの好感度をはじめ総じて期待に違わぬサービスではありましたが、最大の難点は「客質」です。経営上仕方ないことでしょうが、修学旅行客に占領されており、折角のリゾートホテルが単なる合宿所に堕しています。あれだけの大人数がほぼ同時に食事したり、移動したり、入浴したりすること自体が、一般客にとっては既に暴力ですが、加えてホテルの顔であるところのフロント隣に運動会の臨時連絡所のような場所を設営したり、ロッカールーム内でハンドマイクで連呼したり(摂稜)、はては深夜の廊下に座り込んでミーティングしたり(川越東)と、学校側の無神経さも筆舌に尽くせぬものがありました。無論生徒のほうも、例によって酔っ払ってふらついているもの、トイレで喫煙するものは少なくありませんでしたが、これはむしろ学校側の運営の問題でしょう。ただ、たとえばスリッパで部屋の外を歩かないように、という美学・倫理を堅持するホテルの格式としては、あれだけ多数のジャージー姿の高校生が群れている事実をいかに許容しうるのか甚だ不可解でもあります。修学旅行を排除するべきだというような極論を申し上げるつもりはありませんが、もっとうまく共存する方法を模索する必要はあると思います。でないといずれ一般客のリピ-ターは皆無となるでしょう。

最後に些事ながら一点。スキー場でラジオを大音量で流すのはやめたほうがいいと思います。リフトに乗っている間は所謂 Captive Audience で音の暴力から逃れる術はありません。単なる音楽でも時代錯誤でおしゃれではないのに、脈絡の無いラジオ放送をたれ流すセンスでは、せっかく高品質のスタッフサービスを貶めてしまいます。

以上。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すごい長いご意見ありがとう御座います。
忙しくて行けるか分かりませんが、参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/12/26 19:31

こんばんは。


僕は去年、サークルでルスツへ1泊2日でスキー旅行に行きました。
キロロはしょっちゅう行きます。

スキー場はどちらもすばらしいですが、ルスツの方がコースの数は多いはずです。
また、ルスツは上級者向けのコースが多かった記憶があります。
一日でコースを回るのは難しいくらい広かったと思います。

キロロはどちらかと言うと、中級者から上級者向けだと思います。
6人乗りのロープウェイで頂上に行きますと、
スロープが非常に長く、頂上から滑り降りると相当な時間がかかりますので、
体力は結構使いますよ。

どちらもすばらしいスキー場ですが、僕はルスツの方が好きです。

この回答への補足

ありがとうございます。ルスツの方が良いかなぁと思っていたので、決定の一押しです。

補足日時:2002/12/17 18:52
    • good
    • 1

両方行きましたが印象としてはルスツの方が良かったですね。

屋内プールもあり(キロロにもありますが)まさにリゾートといった感じです。
料理も結構おいしかったです。
館内にあるメリーゴーランドが今ひとつ意味不明なんですが。

また、コースも結構色々あって良かったです。リフトで頂上付近まで行ってそこから見る羊蹄山がとても印象的でした。

参考URL:http://www.rusutsu.co.jp/,http://www.kiroro.co.j …

この回答への補足

ルスツ、キロロともいい場所だと思いますので、
比較検討してみます。

補足日時:2002/12/17 18:51
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング