パンヤ初起動時にクライアントのアップデート、nproのアップデートと終わった後でFWのCOMODOが起動していたため、ブルーバックすらせずにPC強制再起動。
その後は起動する度にsvchost.exeがウィルス検出される始末。
それは改善できたものの、それ以降パンヤのアップデートが出来なくなってしまいました。
さらに起動クライアントのミニブラウザも表示されない状態です。※COMODOは未起動
クライアントの再インストール、システムの復元と試してみたのですが改善されず。
これ以上は自分の知識だとクリーンインストールくらいしか解決方法が思いつきません。
アドバイスいただけませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Windows自体のファイルが壊れている気がします。



最善はクリーンインストールですが避けたいというのであれば
回復コンソールによる修復を試してみてはどうでしょう。
http://support.microsoft.com/kb/307654/ja

それにしても、nProは相変わらず問題ばっかり起こしますねえ(;'-')=3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

手元にOSのROMが無いため回復コンソールの利用は難しいみたいです。
パンヤをする為だけにクリーンインストールというのも面倒なので、素直に諦めようと思います。

>nproは相変わらず
本当にその通りですね。
簡単に回避されてしまってる現状で、ほとんど意味をなしていないのにも関わらず
PCにとって単なる害でしか無いものが色んなネットゲームで使われている・・
運営には、ユーザーが快適にプレイできる為にはどうすることが理想なのかをもう少し考えて欲しいものです。

お礼日時:2008/09/02 03:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報