人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

テナントビルの電気料金についてお尋ねします。

電力会社のホームページ等を見ると、電灯用の単相(100V)の単価は1kwh当り20円程度。動力用の三相(200V)の単価は1kwh当り11円程度。とわかりました。
私どものビルでは6000Vの高圧で引き込み、ビル側で変圧し、100Vや200Vで各テナントに売電しています。

お尋ねしたいのは、このテナント側に課金する場合の適正な単価です。

ビル側が電力会社から課金されるものに管理料を上乗せする事は慣例のようであり、確かにキュービクル等の設備を維持するのに費用は発生するだろうとは思うのです。
しかしながら、本来設備の維持管理のようなものは固定費用であり、共益費に含むべきではないか。と考えています。

従量課金の部分ですが、
1.高圧受電(6000V)し、100V、200Vに変圧した電力をテナントに利用させる場合の課金は、単相と三相に分けた単価が設定されるものでしょうか?あるいは、高圧受電している場合は一律の単価となるものでしょうか?

2.管理費として上乗せが許されるのは、どの程度でしょうか?

3.テナント側で多くの電力を利用する場合、ボリュームディスカウント(多く使った部分については単価を低減していく)のような課金になりますでしょうか?

素人でございますので、言葉の用法の誤りや前提に誤りがあると思われます。併せてご指摘いただけますと幸甚です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

電気料金制度について質問者様より若干知識がある人間です。



以前にテナントさまと大家さまの両方から同様のご相談を受けた経験から回答させていただきます。

まず、電力使用に関わる費用の内訳とどのような考えで費用負担を行うかの私なりの考えを説明します。

1.費用内訳
(1) 設備保守費
保安協会等に支払う保守点検費用、修理費用
  (2) 電気料金(基本料金)
    電力使用の瞬間最大値に単価を乗じた料金
(30分毎に最大値を計測し過去1年の最大値によって決定)
  (3) 電気料金(従量料金)
    使用電力量に単価を乗じた料金

2.費用分担の考え方
  私がお付き合いした大家さんはすべて電気使用に掛かった費用をテナントに公平に配分することに腐心していらっしゃいました。
  そこで配分方法を検討するにあたって、上記を整理すると、
(1)はほぼ固定費
(3)は完全に変動費
(2)は質問者さまの理解に反して変動費です。

(2)は最大使用の実績を計量していますので、特定のテナントが使い方によっては基本料金は上昇します。

 したがって私の考え方では(1)については固定費的な費用負担でもかまわないかと思いますが、(2)、(3)は実績に比例した配分が必要と考えます。

では(2)の実績をどうやって把握するかという問題になりますが、電力会社がやってるのと同じ方法は現実的には困難です。
 したがってほとんどの大家さんは(3)の計量値を持って(2)を配分されています。
 これは現実的な次善の方法と私は考えます。

 まったく同じ床面積を使用するテナントでも電力使用量がまったく違うことは当たり前に発生します。
 その二つのテナントが同じ電力の基本料金を負担するのはきわめて不合理とおもわれます。

 あなたのビルの中で大量の電気を使用されるテナントがいて、基本料金分を固定的に配分された場合問題を指摘されると思いますよ。
 特に、新規のテナントが大量に電気を使ったことによって上がった基本料金を床面積比例で負担することになったら当然否定されるのではないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!
ようやく、交渉できるだけの基礎知識を得る事ができました。

最後の部分でご指摘いただいた点は、まさにその通りだと私も思いました。

で、先ほど交渉して参りました。

電力会社によって(あるいはビルによって)課金方法が違うからだと思いますが、私どものビルに電力会社から請求される基本料金は契約電力(kw)に基本料金単価を乗じた額で算出されておりました。
契約電力は、ビル管理会社の努力で(ここが腕の見せ所。との事でした)ここ数年間変動していない。という事で、基本料金もほぼ固定化しておりました。

ビル側は、基本料金や機器の維持管理費を共益に含めておりました。
(ご指摘の通り、基本料金が特定のテナントの電気使用量によって変化した場合は、このポリシーは変わる可能性がありますね。)

ビル側には包み隠さず全てお話しして頂き、ほぼ私の提案通りの内容で合意できそうです。

大変助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/03 11:14

#2です。



お宅様と、議論はしたくはありませんので、最初にお断りしておきます。

気持ちは、お察ししますが、基本料金まで固定費(共益費)として処理する件は、私は初耳です。  
たとへば郊外へ店舗を構え、電力会社と受電契約すれば、当然電気料金として基本料金も支払います。
立場を変え、お宅さんが家主だったら、どうしますか? また、電話料金も基本料金がありますが、どうなされていますか?

最終的には、家主さんとの交渉です。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

私も議論をしたくて質問しているわけではありません。
テナントが負担する電気料金の一般的なプライシングロジックについて知りたく、その手がかりを教えていただくために質問しております。

電気料金の基本料金が共益費に含まれない事が一般的で無い事を理解しました。

>たとへば郊外へ店舗を構え、電力会社と受電契約すれば、当然電気料金として基本料金も支払います。
>立場を変え、お宅さんが家主だったら、どうしますか? また、電話料金も基本料金がありますが、どうなされていますか?

私が大家であれば、電力会社から請求される基本料金及び管理コストの固定費部分は、テナントに共益費に含めて請求するでしょう。
ビルはテナントエリアだけでなく、エレベータや照明等共用部にも電気を使います。テナントが電気を使わなくてはビル側の固定費も賄えないという事は合理的ではないという理由から、ビル側の固定費は共益費というテナント側の固定費で賄う事が健全であろうと判断します。
また、テナントが使用量に応じて負担する電気料金は、電力会社から請求される従量課金部分に対して、相応の管理コストを上乗せして請求するでしょう。

ただ、上記の考えは一般的ではない。との事。
悩みは深まるばかりです。

補足日時:2008/09/02 08:44
    • good
    • 0

>一般的に電力設備の固定費部分は共益費には乗らないものだ。

という事でしょうか…

あくまでも一般論であり、質問者さんの貸しビルでもそうだとは言いません。
共益費というのは各テナントの床面積を元に算定されます。
一方、電気設備の維持管理費は床面積に比例するわけではありません。
電気使用量の多いテナントも少ないテナントも、一律に床面積比で負担させるのは合理的ではありません。
電気設備の維持管理費は、電気使用量に応じて負担するのが理にかなっています。

百歩ゆずって質問者さんの主張が通ったとしても、今まで電気料金に上乗せされていた部分が共益費の値上げという形で請求されるだけです。
電気料に家賃も含めた総支払額は変わらないですよ。

>キュービクルは私どもの専用になっているようです…

それならなおのこと、1kwh当り20円だの 11円だの言っているのは、社会通念に反します。

もし、独立した建物で電力会社と直接契約しているなら、20円なり 11円なりの従量料金だけで済むわけでは決してありません。
基本料金がかかるのは当然ですが、電気設備の設置費用、維持、保守管理費用がかかるのです。
初期費用は何百万、維持、保守管理費用は月に何万円にもなるのです。

いずれにしても、わが国は国家が民間の取引金額まで規制しているわけではありません。
商行為は、売るほうと買うほうの合意の元に成立するのです。
ここであーだこーだ言っていても解決しません。
家主さんとお話し合いください。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
私の説明が舌足らずのようで申し訳ありません。

固定費が共益費に乗らないのが一般的だということを理解しました。
ただ、
>一方、電気設備の維持管理費は床面積に比例するわけではありません。
という事は、維持管理費は固定だという事ですが、にもかかわらず、
>電気使用量の多いテナントも少ないテナントも、一律に床面積比で負担させるのは合理的ではありません。
>電気設備の維持管理費は、電気使用量に応じて負担するのが理にかなっています。
となるのは、理解できません。つまり固定費を何故変動費で賄うのか。
維持管理費が固定であれば、テナントに請求するフィーも固定で良いと理解します。
エレベータも共用部電灯の照明もその電気量は共益費で賄われますよね?
この中になぜ、電力の基本料金が含まれないのかというロジックが良くわかりません。
極論ではございますが、私どもが一切電気を使わなくても基本料金は発生します。基本料金がテナントに請求する従量課金部分に含まれているとすれば、大家は取りっぱぐれる事になりませんか?これは合理的でないと考えます。

次に、価格の正当性ですが、私は当初の質問から、請求される単価が20円や11円で良いとは考えておりません。ビル側が管理料を上乗せする事は慣例として認めております。私の質問の主旨は、この上乗せ部分についての最適なプライシング・ロジックが知りたいと考えているのです。

また、商行為が双方の合意に基づく事も理解しております。
だからこそ、交渉相手に失礼のないよう、基礎的な知識を身につけたいと考え、質問させていただいております。

補足日時:2008/09/02 08:06
    • good
    • 0

現在の社会環境、コスト削減で大変ですね、心お察しします。



最近の電力料金は、色々な契約メニューがありますので、一番合理的なメニューを選ぶのは、
専門家でも苦労しているようです、素人ですからなおさら大変だと思います。


<電力会社のホームページ等を見ると、電灯用の単相(100V)の単価は1kwh当り20円程度。
動力用の三相(200V)の単価は1kwh当り11円程度。とわかりました> の件

基本認識として、正確な電力料金の価額を把握しなければなりません。
価額は、各電力会社により少々ですが異なります。
 質問者の単価把握に基本料金が入っているでしょうか。
  電力料金は、基本料金+使用料金+消費税です。
 質問者の把握している電気料金は、使用料だけの様です。
基本料金がある程度かかりますので、基本料を加算しなければなりません。
(基本料金は、使用不使用関係なく一定にかかります)

ホームページでの把握は、素人では無理です。 
誤解を招くもとになりますので、直接電力会社の窓口で確認すぺきです。


後は、#1さんと同じです。


 
   

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
また、状況お察し頂きありがとうございます。

確かに基本料金は考慮しておりません。
それは、ご回答者様もご指摘の通り、
『基本料金は、使用不使用関係なく一定にかかる』からです。
つまり、使用不使用に関係ないのであれば、私どもが利用しなくともビルの固定費として処理されており、月々の電力料(単価)の計算要素には関係ないのではないか。と思ったのです。
という事が、ビル側の固定費(基本料金や機器のメンテナンスフィー)は共益費に含まれ(てい)るべきではないか?と考えた理由です。(それが一般的な考え方かどうかは不明ですが・・)

今回の私の質問は、基本料金等の固定費は共益費に含まれている事を前提に、使用電力の従量課金部分についての適正価格を知る手がかりが欲しかったのです。

電力会社に確認したところ、6600V受電の従量課金は、季節にもよるのですが9月1日より13円/kwh との事でした。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

補足日時:2008/09/01 19:48
    • good
    • 0

>本来設備の維持管理のようなものは固定費用であり、共益費に含むべきではないか…



質問者さんがそのようにお考えになるのはけっこうですが、ここで言ってもどうしようもありません。
家主さんと交渉してください。

>変圧した電力をテナントに利用させる場合の課金は、単相と三相に分けた単価が設定されるものでしょうか…

単相と三相に分けて請求される例が多いかと思います。

>2.管理費として上乗せが許されるのは…

それは設備容量や建物築年数、電気設備を更新してからの経過年数などいろいろな要素が絡み合いますので、一言では言い表せません。

>ボリュームディスカウント(多く使った部分については単価を低減していく)のような課金になりますでしょうか…

家主さんがそのような複雑な計算をこなせるだけの頭をお持ちの方なら、あり得ない話ではないでしょうね。

>素人でございますので、言葉の用法の誤りや前提に誤りがあると…

いやいや、よくお分かりになっていらっしゃいますよ。
ぜひ、家主さんと腹を割った話し合いをしてください。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
もし、よろしければ追加で質問させてください。

1.
>本来設備の維持管理のようなものは固定費用であり、共益費に含むべきではないか…
についてですが、私としては一般的にどのように考えるのだろう?という疑問を込めて書かせていただいきました。
『そのようにお考えになるのはけっこうですが・・・』というご回答は、一般的に電力設備の固定費部分は共益費には乗らないものだ。という事でしょうか?また、電力設備の維持費は電力量によって比例して増加するものもある。という事でしょうか?

2.
それは設備容量や建物築年数、電気設備を更新してからの経過年数などいろいろな要素が絡み合いますので、一言では言い表せません

設備容量というものは良くわかりませんが、築年数は19年。キュービクルは少なくとも14年は利用しております。
キュービクルは私どもの専用になっているようです。
(100KVA~200KVAなのではないかと推測します)
電力使用量は月に40000kwh程度です。(内三相10000kwh)

どうぞよろしくお願い申し上げます。

補足日時:2008/09/01 17:58
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテナントビルの電気料金について

高圧受電のテナントビルのオーナーから相談を受けたのですが、基本料金の割り振りについて以前の取り決めの根拠がわからないまま来ているがこのたび店子さんから質問を受けたので再度見直したい。とのことです。

使用量については子メーターではっきりしているが基本料金が高いとの指摘があったそうです。
一般的な基本料金の決め方などあるのでしょうか?

私が考えられるのは子メーターでの使用量割合で全体の基本料金を割り振る。
専有面積で割る。
などですが、合理的な割り振り方はありますか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

現実的な選択肢を考えますと

「子メーターでの使用量割合で全体の基本料金を割り振る」

ですね。

最も重要な点はテナントへの料金請求がガラス貼りになっていることです。
次に、できるだけテナント間の不公平を少なくすることです。 


まず注意しなければならないのは、高圧受電と低圧受電(特に電灯)の料金体系の差です。
電力会社の料金体系では高圧は基本料金が高くて電力量料金が安く、電灯契約は基本料
金が安く電力量料金が高い構成となっており、テナントに基本料金と電力量料金を別建てで
請求すると基本料金が高く感じます。

<オーナーが電気料金で儲ける気が無い場合>
1.ガラス張りの方法は
  オーナーが儲けていないことを明確にする方法として、
  ・電力会社からの請求金額×(テナントの使用電力量÷全体の使用電力量)で請求する。
   当然電力会社の請求金額を明示する。
  ・上記は月ごとに単価が変わるので固定単価で計算し、年ごとに上記で清算するのでも
   よいと思います。

  請求金額の中には保安点検委託料を含めることも有りかと思います。
  低圧の需要家への点検は電力会社が実施して電気料金の中に含めていますので同じ
  考えです。
  受変電設備のコストも入れても構わないとは思いますが、これは建物の一部として賃料
  に含んでいると考えたほうがよろしいかと思います。

2.公平性を保つためには
  すべてのテナントを納得させるような方法は困難でしょう。電力会社の客でも納得してい
  ない人がほとんどです。
  ただしルールを決めてしまえば意外と納得するものです。実際に自分が得しているのか
  損しているのかよくわからないものです。
  その点で、使用量案分というのが現実的な方法かと思います。
  使用量案分というより、基本料金・電力量料金を分けずに案分してしまうのがわかりや
  すい方法かと思います。


 私が感じるのは他のテナントとの不公平感より、オーナーが儲けているのではないかとい
 う考えがトラブルを生んでいるいるように思います。


次に
<オーナーが電気料金で少し儲けようとする場合>
 必ず儲かるわけではありませんが、儲かる可能性が高い方法です。
 
 ○電力会社と全く同じ料金体系を利用することです。
  基本料金は主開閉器(主幹ブレーカー)の容量で決定する。
   (または電気設備の総容量の合計)
  料金は電灯(単相100/200V)と動力(三相200V)に分けてそれぞれ電力会社の単価で
  計算してください。
  燃料費調整費と再生エネルギー付加金も加算します。
  低圧の料金単価は電力会社に聞けば教えてくれますし、ホームページでも公開してます。
  計算方法は電力会社に聞けば教えてくれます。

 低圧で計算するとなぜ高くくなるかというと、電力会社は変電設備の費用を料金に乗せて
 るからです。
 ただし共用部分の分担請求を忘れずにしてください。この費用分担もちょっと難しいですが。
 ここは床面積比あたりが妥当かと思います。
 以外とこの方がテナントが納得しやすかったりします。



以上お好きな方法をどうぞ。

現実的な選択肢を考えますと

「子メーターでの使用量割合で全体の基本料金を割り振る」

ですね。

最も重要な点はテナントへの料金請求がガラス貼りになっていることです。
次に、できるだけテナント間の不公平を少なくすることです。 


まず注意しなければならないのは、高圧受電と低圧受電(特に電灯)の料金体系の差です。
電力会社の料金体系では高圧は基本料金が高くて電力量料金が安く、電灯契約は基本料
金が安く電力量料金が高い構成となっており、テナントに基本料金と電力量料金を別建てで
請求する...続きを読む

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む

Q賃貸テナントの水道代請求について

私は賃貸のテナントで飲食店をやっているのですが大家さんから送られてくる水道料金請求書が
○万○千円と言う感じで金額だけなのです、少し疑問に思い大家さんに(せめて使用量などの明細書を付けてもらえませんか?)とお願いしたところ断られてしまいました
本当に明細書をつけることはできないのでしょうか?
お分かりになる方お手間かけますがお願いします。

Aベストアンサー

 不動産賃貸業を営んでおります。

 契約で、「使っても使わなくても○万○千円」と決めているのでなければ、使用量に従った請求をすべきですし、当然、そういう請求は可能です。

 双方納得ずくで定額に決めてあれば、それはそれで有効ですけど。

 バーなど歓楽系ビルだと、上記のように定額に決めている所が多いようですが、たいていは、大家がテナント全体の使用量に見合った金額を一括支払いして、それをテナント(そのテナントへの給水管の大本に孫メーターが設置してあって使用量が判るようになっている)毎に按分して請求、料金を受け取るという仕組みを取っています。

 質問者さんだけが使っている一戸建てなら、水道局などから来る請求書をそのまま質問者さんに引き渡せばいいだけのことですし、なんの問題も感じません。

 断る理由も説明しないのでしょ?

 どうも、その大家は、いくらか乗せて請求している感じがしますね。

 契約書に何も書いてないなら、「明細が来ないのはおかしい」と主張してくださってけっこうです。

Qビルの概算電気容量

オフィスビルのコンセント電気容量は一般的に30~40VA/m2程度で設定していますが、その需要率(%)はどれぐらいで設定すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2のGUWANAです。
100~150VA/m2はコンセントのみです。
No.3の方も仰っていますが、ユーザーによって左右されるからです。
これはあくまでも私の場合です。
基本設計は上記でみて
実施設計で細かく検討して下げて行けば良いという考えです。
大は小を兼ねるからです。
そこで絡んでくるのが予算ですね
過剰設計しても問題ですからね
今までの経験でいくと、完成引渡し後
何度も幹線を追加した経験があります。
幹線まで対応しておけば後はテナント側で何とかやりますからね。
要するにテナント盤一次側に問題ならないような計画をしたいということです。
予算と完成引渡し後の変更追加がでないように入居ユーザーとの打合せが重要になってくると思います。

理想(予想)と現実はなかなか一致しないという事です。

Qテナントの水道光熱費の仕訳

貸ビルの大家が店子(テナント)の水道光熱費などを請求する時、実際使用料でなくても自由な金額で請求できると聞いたことがあります。
例えば、店子の電気代の実際使用料が月2万円だとしても、大家は3万円請求できるとか。法的な根拠は知りませんが、それは本当なのでしょうか?
もし、そういうことをしても法的には問題ないとしたら、どういう仕訳をすればいいと思いますか?
自分なりに考えてみたのですが、電気・ガス会社などに支払う時は、水道光熱費勘定科目を使用するとして、店子から入金があった時は、実際使用料よりも多く請求したのだから、収益科目を使うべきでしょうか?
その場合、例えば家賃入金の様に「賃貸収入」勘定が適切か?それとも、「雑収入」勘定が相応しいでしょうか?

別のやり方では、入金時も「水道光熱費」を貸方で使用して仕訳をし、期中の水道光熱費勘定はマイナス金額になりますが、決算の時にそのマイナス残高を収益科目に振替えるのはどうだろうかとかいろいろ悩みます。
同時に、消費税の扱いも気になります。簡易課税事業者だとしたら、水道光熱費の差額(儲けの部分)だけを収益科目にするのは間違いですよね?

みなさんならどうされるか聞いてみたいです。

貸ビルの大家が店子(テナント)の水道光熱費などを請求する時、実際使用料でなくても自由な金額で請求できると聞いたことがあります。
例えば、店子の電気代の実際使用料が月2万円だとしても、大家は3万円請求できるとか。法的な根拠は知りませんが、それは本当なのでしょうか?
もし、そういうことをしても法的には問題ないとしたら、どういう仕訳をすればいいと思いますか?
自分なりに考えてみたのですが、電気・ガス会社などに支払う時は、水道光熱費勘定科目を使用するとして、店子から入金があった時は...続きを読む

Aベストアンサー

>電気代の実際使用料が月2万円だとしても、大家は3万円請求できるとか…

1.5 倍が妥当かどうかは別にして、子メーターの設置・維持管理費用、検針費用、請求・集金等の費用はとうぜん上乗せされます。

>店子から入金があった時は、実際使用料よりも多く請求したのだから、収益科目を使うべき…

質問者さんは大家さん側ですね。
やはり収益科目でしょう。

>「賃貸収入」勘定が適切か?それとも、「雑収入」勘定が相応しいでしょうか…

「雑」の字はなるべく使わないことをお勧めします。
あとでなんだか分からなくなり税務署から追求されても返答に困ることも予測されます。

「賃貸収入」の一部でよいでしょう。
しかも、本来の賃貸料とは区分して、『電気料収入』などとして集計すればなお万全ですね。

>別のやり方では、入金時も「水道光熱費」を貸方で使用して仕訳をし…

経費科目の入金は、返品した場合などを除いて、普通はありません。

>消費税の扱いも気になります。簡易課税事業者だとしたら…

本則課税でも同じですが、前述のように、本来の賃貸料とは別に『電気料収入』などとすれば、課税売上と認識できますね。

>電気代の実際使用料が月2万円だとしても、大家は3万円請求できるとか…

1.5 倍が妥当かどうかは別にして、子メーターの設置・維持管理費用、検針費用、請求・集金等の費用はとうぜん上乗せされます。

>店子から入金があった時は、実際使用料よりも多く請求したのだから、収益科目を使うべき…

質問者さんは大家さん側ですね。
やはり収益科目でしょう。

>「賃貸収入」勘定が適切か?それとも、「雑収入」勘定が相応しいでしょうか…

「雑」の字はなるべく使わないことをお勧めします。
あとでな...続きを読む

Q地図から住所の番地まで調べたいのですが・・

お家の場所は地図で明確にわかっているのですが住所がわかりません。
あちこちの地図検索サイトを覗いてみたのですが
番地までは表示されませんでした。
何か方法はないでしょうか?

いつもすみません。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

調べる方法はNETに有ります

1.まず普通の無料地図検索で、調べたい場所を求める

   http://www.mapfan.com/

2.このページの下にある「MAP」をクリック表示

   http://www.navijiman.com/shop.asp?s_id=N001924

3.出てきたMAPをさっきの検索結果を参考に、その場所まで移動する
(縮尺変えれば日本中移動できます)
(印刷用画面で移動すると楽ちん)

4.1/750又は1/1500に拡大して番地を見つける

複合技で面倒ですが、大抵の場所の番地は見つかります
(両方を同時に使うと楽です)

この技、余り教えたくなかった「とっておきの技」だったのですが...(笑)。

参考URL:http://www.navijiman.com/shop.asp?s_id=N001924

Q店舗の入り口用自動ドアの価格はどれくらい?

質問させていただきます。
近い将来、店舗を構える予定です。
入り口を自動ドアにしたいのですが(ガラスのもの。片開きでいいです。よく町で見かけるタイプのもの)、本体価格、設置料金などはどれくらいなものなのでしょうか。メーカーのホームページはたくさんあるのですが、どこもすべて価格が表示されていません(当然でしょうが)。例で結構ですので、金額を教えていただけたらと思います。よろしくお願いいたします。
追伸:メンテナンス料なども支払わないといけないのでしょうか。維持費についても少し教えていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

自動ドアの駆動部(エンジン装置という)のみの回答をしますと、ドアのサイズがH2200xW900という仮定をしますと、20万円前後です。
モーター、滑車、ベルト、人感センサー、工事代、合計です。
ドア、サッシ枠、ガラスは別です。
エレベーターと同じで、月々のメンテナンス費用が必要ですが、これは分かりません。

ドア、サッシ枠、ガラス、施工費は、アルミサッシかスチールサッシかステンレスサッシか、材料で変動しますが、50万円くらいは必要でしょう。

コンビニが自動ドアを採用しない理由は、出入りが多いため、メンテが安い両開きにしてるからだと思います。

Qビルの電気代について

親がテナントビルの経営をしており、テナントが電気代を滞納している為、支払い請求の簡易裁判をおこしました。
そうしたところ、テナントも裁判官もテナントビルにおける電気代が通常の電力会社よりも高くなることが理解できないようで、以下の資料を作成し、早急に提出するよう請求されました。
・電気の基本料金の根拠と計算方法
・電力損失の根拠と計算方法(電力損失分も付加して請求しています。)
根拠を示せと言われても、電力会社でさえ基本料金の設定根拠をいちいち明らかにしているとは思えないのですが、どのように回答すれば一般の方にも理解していただけるのかアドバイスを頂ければと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>電力会社から請求される電気量が常にテナントに請求する電気量の合計を上回る為…

共用部分の消費電力を誤差と言っているわけではないのですね。
それでは、それは先の回答で言った
【電力メーターから子メーターにいたる送り幹線での損失分】
のことですが、適正な配線がなされている限り、微々たる数字にしかならないはずですが、その損失分も請求している事実がある以上、計算の根拠を示さなければいけないのでしょう。

それには、店子 1軒あたりの平均値で、
・電力メーターから子メーターにいたる配線の太さと長さ。
・使用量。
・不平衡率および力率。
などが分からないと計算できません。

たとえば仮に、
・使用量・・・単相三線式 10kW (50A)
・不平衡率・・・0
・力率・・・100
・電線太さ・・・14mm2
・電線長さ・・・31m
・抵抗率・・・0.000000017 Ω・m
とすれば、188W程度の損失が発生します。
(先の回答で月に 5円や 10円と言ったのは取り消します。)

0.000000017 ÷ 14 × 31 × 2 = 0.0752 Ω
50 × 50 × 0.0752 = 188W

10kW に対して 188W、つまり 2%弱ということです。
店子が建物の端っこで電線が長いとか、店子の使用量に対して電線が細めだとかなら、5% になることもあるかも知れません。

いずれにしても、工業高校電気科卒業程度の電気理論を武装して裁判に臨まないと、この部分で勝つのは難しいかも知れません。

>電力会社から請求される電気量が常にテナントに請求する電気量の合計を上回る為…

共用部分の消費電力を誤差と言っているわけではないのですね。
それでは、それは先の回答で言った
【電力メーターから子メーターにいたる送り幹線での損失分】
のことですが、適正な配線がなされている限り、微々たる数字にしかならないはずですが、その損失分も請求している事実がある以上、計算の根拠を示さなければいけないのでしょう。

それには、店子 1軒あたりの平均値で、
・電力メーターから子メーターにいたる...続きを読む

Q電灯と動力の違いってなに?

今更ですが電灯と動力の違いって何ですか?

単に対地電圧の差を区別する為の符号ですか?
電圧はトランスの巻き数比でいかようにも変化しますよね?

高圧受電で3相で取り込むか単相で取り込むかの違いですか?

基本的な事なんでしょうが考えてみると分からなくなってきました。
どなたかご教示ください。

Aベストアンサー

電灯と動力の大きな違いは、位相です。

電灯は、単相三線式の三本線でも赤~白~黒までの間で120°です。
電灯がそうなる理由は、高圧の三本の内の二本を取り出し、変圧器で200Vにさせているからです。
そして、変圧器の丁度真ん中からもう一本取り出したのが、白線です。
低圧側両端の赤と黒で200Vですから、半分に割った所の白は100Vとなる原理です。
そのため三本の線は、赤から60°ずつズレて白、黒となり、次にもどって赤になる間では、240°ズレています。

これに対して動力は、高圧をそのまま低圧にした物で、三本がそれぞれ120°ずつズレて順繰りに回転していくようになっています。
その為、発電機で発電した電源を、効率よく使用できるのが動力です。
主に電動機を駆動する回路に使用されています。

電灯も動力も、伴に高圧が低圧に流れ込んでこないようにする為、変圧器の低圧側で電線の一本を接地に接続しています。
B種接地と呼ばれ、どちらも白相に接続されますが、電灯と動力とではこの接地との間の電圧が違います。
電灯は先述のように白相が半分の位置である為、黒、赤相と白相との電圧が100Vですので、大地との電圧も100Vになります。
動力では、赤~白~黒の全てが200Vなので、大地との電圧も200Vになります。

このように、変圧器での変圧のやり方が根本的に違います。
200Vではどちらも同じ感じがしますが、大地電圧が違うので注意が必要です。

電灯と動力の大きな違いは、位相です。

電灯は、単相三線式の三本線でも赤~白~黒までの間で120°です。
電灯がそうなる理由は、高圧の三本の内の二本を取り出し、変圧器で200Vにさせているからです。
そして、変圧器の丁度真ん中からもう一本取り出したのが、白線です。
低圧側両端の赤と黒で200Vですから、半分に割った所の白は100Vとなる原理です。
そのため三本の線は、赤から60°ずつズレて白、黒となり、次にもどって赤になる間では、240°ズレています。

これに対して動力は、高圧をそ...続きを読む

Qエアコンの最大消費電力(W)最大電流(A)教えて。

冬になり、エアコンの使用量も少なくなり、家庭でので電気使用量が大きく減ったため、配電盤の電力会社とのアンペア契約を変更(60Aから30Aに)しようと思っています。
ところが、冬でも1台だけ下記表示のスペックのエアコンを暖房用に使用します。
家庭内のその他の家電の消費電力と合わせると30A契約では、電流が多く流れブレーカーが落ちるかもしれません。
特に、深夜のエアコンの起動時、早朝起動時など、炊飯器などの消費電力の大きなものと重なる可能性があります。

そこで、質問です。下記スペックのエアコンを暖房用として、外気温が0℃を下回るような時、エアコン起動時など、瞬間最大で、どれくらいの消費電力(W)、最大電量(A)になるのでしょうか。

エアコン FUJITSU AS-J22S-W (下記サイトで確認できます)
http://www.fujitsu-general.com/jp/products/aircon/2007/j_series/lineup/asj22sdetail.html



房暖房能力 : kW(キロワット)

2.5kW
(0.5kW~5.1kW)

外気温2℃時

暖房能力 : kW(キロワット)

3.7kW

消費電力 : W(ワット)

1,140W

電気特性

消費電力 : W(ワット)

420W
(100W~1,290W)

運転電流
(最大) : A(アンペア)

4.7A
(15.0A)

力率

90%

エネルギー消費効率(COP)

5.95

運転音 : dB(デシベル)

室内

44dB

室外

42dB

圧縮機出力 : W(ワット)

600W

送風機出力 : W(ワット)

室内

24W

室外

26W

始動電力 : A(アンペア)

4.7A

冬になり、エアコンの使用量も少なくなり、家庭でので電気使用量が大きく減ったため、配電盤の電力会社とのアンペア契約を変更(60Aから30Aに)しようと思っています。
ところが、冬でも1台だけ下記表示のスペックのエアコンを暖房用に使用します。
家庭内のその他の家電の消費電力と合わせると30A契約では、電流が多く流れブレーカーが落ちるかもしれません。
特に、深夜のエアコンの起動時、早朝起動時など、炊飯器などの消費電力の大きなものと重なる可能性があります。

そこで、質問です。下記スペ...続きを読む

Aベストアンサー

最大は15A以下です。


契約アンペアの変更をした場合、大きな問題があります。
配線は、『単相3線式』であることは、間違い無いと思われます。

で、60Aの契約はいいのですが、『単相3線式』の場合、【中性線(アースが取られている)】と、簡単に表現すると、A相とB相があります。
そのエアコンがA相、B相のどちらに接続されているのか? また、冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器(電気の場合)などは、A相、B相、どちらに配線されていますか?
それによっては、電力消費バランスが崩れて、ブレーカーの落ち方が計算以上に速くなりますよ。
電気の負荷バランスを計算に入れて、契約変更しないと、「変更」自体が無駄になりますよ。
その辺は、アドバイザー会社なんかと、相談しないと危険です。

一気に半分にしたら、危険なので、40A当たりで考えてはいかが?


人気Q&Aランキング