痔になりやすい生活習慣とは?

料理人を10年している者です。
数年前、ホテルの厨房に勤めていた時、すごく昔気質な先輩がいました。
仕事中の罵声罵倒はおろか、殴る蹴るも当たり前。
内緒で病院に行った事もありました。
それでもその先輩の料理に対する姿勢は
尊敬に値するものがあり、当時私はどんな目に遭っても
辞めずにずっと我慢していました。
しかし昨年、ある相撲部屋の先輩力士が「かわいがり」と称し
後輩を虐待していたとのこと。後輩はその時の外傷が原因で死亡。
結局先輩たちは刑事責任を問われる立場に。
今思い返せば私は命こそ取られなかったものの
されてたことは相撲部屋と大して変わらなかったんじゃないかと。
そこで質問ですが、後輩を指導するのに「かわいがる」料理人は
今でもたくさんいらっしゃるのでしょうか?
またそこまでして指導しないと一流の料理人にはなれないものなのでしょうか?
私はただ先輩の「かわいがり」の道具だったんでしょうか?
よろしくお願いします。
(文章力に欠けるのでご不明な点があれば補足要求してください)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

こんばんは。


お礼を頂き、またいろいろ考えていたのですが。。。

>・ここでのこのような議論が彼らの目にもしとまるようなことがあれば
私と同じような目に遭う後輩は少しでも減るかな?という期待

これについては、私は「期待出来ない」と思えるのですが。。。そのような行為に至る事の出来る人は、そのような「客観的視点が無く」、「自律も弱い」と思えるからです。

なので、その「期待」は、先輩ではなく、「後輩へ」向ける方が得策かと思われます。

私は完全に「門外漢」ですので、このような事が可能か、判らないのですが、
*専門学校、業界紙等を通じて、「このような事例がありうる事」を、これからこの世界に踏み込む者の「予備知識」として持ってもらう。
*実際に遭遇してしまった場合の、「相談窓口」を、各学校に設置してもらう。
*実際に相談があった場合は、「迅速な調査を行う組織」を立ち上げる。

そのような先輩であれど、「素晴らしい技術の持ち主」である事には、「敬意を持ちつつ(=技術を損なわず)」、「その行為のみを糾弾」出来るのが「理想」ですよね。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。お礼が遅くなり申し訳ありません。

やはり期待するだけ無駄ですかね…少しでも思いとどまっていただける
良心をお持ちの方がいると信じたいですが。

*1
これはさらなる人材不足を招く恐れありで、私はあまり気がすすみません。

*2*3
学校関係者が職場の幹部と横の繋がりがあるのが現状なので、あまり効果が期待できません。
あと、専門学校卒の新人ばかりとは限らないので対象外の被害者は相談しづらいと思います。

アイディアを提供していただいて恐縮ですが、古い体質が抜けきるには少し時間がかかりそうです。

>そのような先輩であれど、「素晴らしい技術の持ち主」である事には、
「敬意を持ちつつ(=技術を損なわず)」、「その行為のみを糾弾」出来るのが「理想」ですよね。。。

全くもってその通りだと思います。

お礼日時:2008/09/17 01:59

こんばんは。

再びお邪魔してもよろしいでしょうか?

お礼をありがとうございます。
正直、質問者様も他の回答者樣方も、私より人生経験が抱負と見受けられますので、私如きの拙い回答に、丁寧なお礼を頂きまして、恐縮しております。
 
お礼文にありました、
>いいえ、私に言わせれば最初から誰が何と言おうと虐待でした。

との事。
それならば、その先輩の行動は、「虐待」と位置づけて良いのではないでしょうか? 何か「躊躇される理由」がお有りなのでしょうか?

「虐待」は「不必要」。この結論が「質問者様の結論」であり、今後自ら後輩を指導なさる時には、決してこのような行為をなさらなければ良い事。そう固く決心なさればそれで良い。そうでは無いのですか?

お礼にありました、質問
>あなたはお子様に躾をする時に必要以上に叩いたりしますか?

これについては、恥ずかしながら「あります」。
質問者様は、お子様はいらっしゃいませんか?
おそらくほとんどの世の親が、一度は「余計な体罰」への「衝動」を感じた事があると思います。それほどに、「子育て」における「果てしない繰り返し」は心身ともに、親を疲弊させるものだからです。(これについては、やはり「技術の継承過程」も同様と思われます。)

その「衝動」を、現実にするにしろ、しないにしろ、それを「感じた事」そのものに、大抵の親は自らへの恐れを抱き、更に「自律を強化」するのです。

稀に、何らかの理由で、「衝動への恐れ」が「自律の強化」へ、結びつかせられない者がいるのです。それは、どのような理由があっても、「異端」であり、「悪」であり、その人の「人として欠陥がある」と言う結論で良いのでは無いでしょうか?

質問者様は、何故「今になって」このような質問をされたのでしょう?

「いずれ後輩を指導する身」として、「指導方法に思いを巡らせた」事による疑問でしょうか?

それならば、「技術」と言うものの特性の一つである、「独創性」「創造性」に基づいて、質問者様の理想とする「独自の指導方法」で、それを遂行なされば良いのでは無いでしょうか。

いかに「良い」「理想的」と、世間で評される「指導法」も、「相手によって」効果に大きな差が出るものだと思います。「指導法」と言うものは、「指導者」に属するものでは無く、「師匠と弟子の「間」」に「化学反応」のようにして生まれるものだと思うのです。

私は三人の未就学児を育児している者ですが、同じ「おもちゃをひったくる」行為であっても、三人三様に「対応が変わります」。一番目には、「理由の如何を問わず、叱る」事が多く、二番目には「制止」の後に、「どうしてそんな事したの?」と問いかけ、三番目は「ひったくるのも遊びの一つ」と捉えます。この「原則」すら、その時々の状況で変わります。

「技術の継承」の指導法も、同じように、「言葉遣い」等、後輩それぞれによって「変える」ものだと思います。「危険行為の制止」や「印象を強める為」の「体罰(的行為)」も、その後輩によって変わるものだと思います。その際に、その行為が「体罰(的行為)」か、「虐待」か、の線引きは、前述の「好意と信頼の有無」で、「後輩の主観で」決める他無い、と思います。


話は、ご質問から逸れるかも知れませんが、私が気になったのは、お礼に有った、次の文です。
>当時の私はそうは思いたくなくて、「ああ、これも指導の一環か」と自分に言い聞かせていただけです。

これこそが、質問者様が「今になって」このような質問をされた、「理由」では無いのかな?  と、「穿った読み方」をしてしまったのですが、違いますでしょうか。。。

「これは虐待だ」と認めつつも、それを耐え、「技術を手に入れた(質問者様の表現で「良い麦に成長出来た」)」けれども、
「それに耐えた自分こそが「間違い」だったのではないか?」

この疑問が「頭から離れない」。。。違いますでしょうか。。。

先輩の行為を「虐待として否定」するならば、
それに「耐えてしまった」自分も「否定」する事にはならないだろうか?
そうしたら、「その期間に自分が得た技術」も「否定」する事にはならないだろうか?
しかし、今現在、自分はその技術を活かして働いている。
「否定」する訳にはいかない。
しかし、それでは、先輩の虐待行為を「必要悪」として、「肯定」する事にはならないだろうか?

違いますならば、後半部分はどうぞ読み捨ててください。
もしも、そうであるならば、私でよろしければ、また伺います。
長々と、読み取り難い文章で申し訳有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再々のご回答をいただき、こちらも恐縮している次第です。
拙い回答だなんて、とんでもないです。

>質問者様は、何故「今になって」このような質問をされたのでしょう?

・相撲部屋の事件と当時の自分がオーバーラップしたから
・未だに時代錯誤な指導をしている人間がどれだけいるのかも興味があった
・ここでのこのような議論が彼らの目にもしとまるようなことがあれば
私と同じような目に遭う後輩は少しでも減るかな?という期待

こんなところです。たまたま「今」であっただけで、暴力に関しては以前から疑問視していました。
もちろん当時も。言い聞かせてはいたものの、疑念は抱いていました。
しかしその裏にある「もっと大きな意味を持つもの」の存在は理解していました。
どんなに痛い目に遭っても、それがあったからこそ先輩についていけたのです。
それがあったからこそ「感謝している」と言えるのです。

しかし、私はだからといって暴力を容認できません。はっきりいって教える側のエゴなんです。
ものすごく料理のセンスのある新人がいたとします。
先輩の言うことも素直に聞き、仕事もまじめで将来有望です。
しかし彼が先輩の暴力が原因で料理の道を諦めてしまったら?
将来の貴重な人材を失うにはあまりにもくだらなさすぎる原因だと思いませんか?
現にこういうケースはいくらでもあるのです。
せっかく自分たちが先代から受け継いできたものを引き継がせようとしても
このような手段は結局自らの首を絞めているということになるのです。
当事者はそれが「悪」だとは認識してません。と言うより「できない」のです。
調理場でお金をもらって仕事をする人間は子供ではありません。
言葉が理解できる大人です。そこに暴力の介入する余地はないでしょう。

お礼日時:2008/09/06 04:31

bagnacauda様の回答を追って来た者です。



二十代後半、三児の母です。
「子育て真っ最中」の立場と「家業の技術を受け継いだ者」の立場から少し考えた事がありまして、お邪魔致しました。

職人世界の「師匠と弟子」の関係は、「親と子」、
「技術を継承する過程」は「子育て」と良く似ている気がします。

「技術」は「言葉では表現出来ないもの」がほとんどを占めるように思います。何度も何度も気が遠くなる程繰り返しの果てに、「見えて来るもの」であったり、無意味に思える(実際無意味かもしれない)「決まり事」に忠実にしたがった結果、「現れて来るもの」である事が多いのではないでしょうか。

「子育て」も同じです。「躾」は「押しつけ」であり、個性を一旦消して、「型にはめ込む」作業です。それこそ、毎日毎日気が遠くなる程、叱り、励まし、おだて(笑)、褒めて、の繰り返しです。しかもそのほとんどを「叱る」事が占めます。

「個性ある人間(乳幼児にもあります)」が、それに耐えうるのは何故か?と考えました。
それは、「好意」と「信頼」があるから、では無いでしょうか。

世間では「黒」とされるものを、親が「白」と言えば、子供は「白」だと思います。子供が「両親」を「好き」で「信頼」していさえすれば、「説得」なんて「不必要」です。親の影響力は絶大です。

それは「善悪」の場合も同じです。その「悪」の最たるものである「虐待」は、「親が間違っているはずが無い」と信じるから「親の呪縛」に絡み取られてしまって、起こるものです。
。。。質問者様のケースは、この「虐待」に当たる訳ですよね。

「虐待」と「躾」の線引きは、この「好意」と「信頼」の「有無」で決まるものではないでしょうか。
これはもう、本当に「主観」で決めるしか無いものだと思います。ただ、「技術の継承」という目的の下、その先輩を「素晴らしい、信じられる、正しい」と思えるうちは、(誰が何と言おうと)「虐待ではない」。

しかし、疑念が生じた「その瞬間から」、その先輩の行為は(誰が何と言おうと)「虐待である」。


そう考えると、先輩に指導を受けていた「その時は」、「虐待では無かった」事になり(実際、質問者様もそう感じておられるのですよね?)、疑念を持つ「今となっては」、「虐待である」。

何だか「意味不明」な文章になってしまいましたが、伝わったでしょうか? こんな「考え方」はいけないでしょうか。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>疑念が生じた「その瞬間から」、その先輩の行為は(誰が何と言おうと)「虐待である」。

いいえ、私に言わせれば最初から誰が何と言おうと虐待でした。
当時の私はそうは思いたくなくて、「ああ、これも指導の一環か」と
自分に言い聞かせていただけです。
私の質問文の「我慢」の文字がそれの証明です。
私の問いは「暴力の必要性」です。あなたはお子様に躾をする時に
必要以上に叩いたりしますか?こんないかにも封建的でナンセンスな指導方法が
今でも一部の厨房内でまかりとおってるのは問題視すべきです。
変な例えですが、料理やファッションも時代に即したトレンドというものがありますよね?
指導方法も同じなんじゃないでしょうか?
昔の人の価値観で今の人間を指導するのには無理があると思います。

お礼日時:2008/09/04 15:59

まあ、今時、料理人になろうと思えば、カフェみたいな小さなカウンターの店をいきなり出すとか、調理師学校で勉強するって手もあるのでしょう。

ただ、そういうのは、既存の料理人さん、特に修業を繰り返した方から見れば、甘いとしか映らないでしょう。

私も、職種は違えど、給料一切なし、いわゆる丁稚奉公のようなことをしてました。普通の生活がいい人から見たら、とんでもない封建的な話なのでしょう。殴られはしなかったですが、休みも寝る間もなく働いて、怒られて、当時はきつかったですが、今にして思えば、そこでつけた技術や考え方などがあるから、今の自分があるのだと思います。結局は、怒られるとか殴られるとか言う事象だけをとらえるのか、もっと包括的な考えを持てるのかって話だと思います。

かの親方も、一生賢明だからそれだけ付き合ってくれたのでしょうが、それだけきつくあたることに多少は後ろめたさもあったようです。近年話をしてて、白状してくれたんですが(笑)

結論として、厳しくしなくても立派になる人もいるが、努力ないとこに達成感はないだろうってことでは。で、その感性が、職人なのでは?

少なくとも、死ぬ限度を超えるまでお玉で殴るわけはないので、あの話とは違うと思いますが。まあ、それを一緒にして考える感性の方は、その道に向かないのでしょう。殴る行為がいい悪いは別にして。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>厳しくしなくても立派になる人もいるが、努力ないとこに達成感はないだろう

まさしくおっしゃる通りだと思います。
しかし努力の芽が暴力によって摘まれてしまっては元も子もありませんよね?
その可能性は否定できません。

>少なくとも、死ぬ限度を超えるまでお玉で殴るわけはないので、あの話とは違うと思いますが。

程度の差こそあれ、私は同列の話ととらえます。
彼の指導は限度を超えていたことも度々あったのです。
説明不足をお詫びします。

お礼日時:2008/09/03 03:34

お礼を頂き、少しだけ加筆します。



■これには賛同しかねます。誰のおかげで「職人」でいられるのでしょうか?
「お客様のいうことよりも」というのは私には理解できません

「プロ」というものは、お客様の要望に添ってはいけない場合があります。
例えば、設計士や大工がお客様の言うがままの家を建てると、耐震性のない、見た目アンバランスな家が建つことがあります。
法律の職人である弁護士は、客の要望よりも、法律を優先しなければならない。
医者にしても、患者の要望に添えないときがある。
料理人だって、プロとして、いくらお客様が要望しても、作ってはいけない料理があるはずです。
「プロ」の「職人」の仕事を「評価」できるのは「プロ」だけです。
素人であるお客様には、わからない良い仕事がある。
僕はそういうレベルの仕事をしてきた自負がありますので、お客様に従わず「説得」し、それでも駄目な場合は、「仕事を受けない」という選択をしてきました。

僕にとっては、お客様の言うとおりの仕事をすることよりも、プロとして納得の行く仕事をすることの方が大事です。

■ならば極論すればプロの職人は技術向上のためには何をしても、
どんな法に触れてもかまわないということになりませんか?
私は職人になるために人間性まで捨てたくありません。

僕は一流の職人なるために人間性を捨てる「必要」があるとは言っていません。
どんな技術でも、プロにふさわしい領域に踏み込むためには、1日それこそ25時間、仕事のことだけ考えているくらいの時期が、一定期間「必要」なんじゃないかな?と思うだけです。
それを、「善悪よりも大切」という表現に込めました。

ま、そんな感覚です♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ありがとうございます。
こんなにも何度も付き合っていただいてただただ恐縮です。

>お客様の言うとおりの仕事をすることよりも、プロとして納得の行く仕事をすることの方が大事です。

私はプロとしての視野が少し狭かったのかもしれません。
bagnacaudaさんのアドバイスはずっとお客様至上主義の私に
一石を投じるものになりそうです。

少し話が脱線してきているので
本題の「暴力は必要か否か」の回答に限らせていただきます。
ご了承ください。

お礼日時:2008/09/03 03:18

#6です。

追記したいと思います。

誤解を避けるために敢えて書けば、僕はいわゆる「かわいがり」や、職人世界での先輩の理不尽な行いは、「悪」だと考えます。
しかし、「善悪」よりも大切なものがあるというのが、プロの職人なのだと思う。
それが技であり腕、技術。

職人として大成したいのであれば、少なくとも自分自身を肯定するために、技術的に上位にある先輩や師匠を否定する「必要」がないことが大事です。
貴方の料理の腕前、技術を誇り、自信を持つために、先輩の人間性を否定する必要はないはずです。

善悪という観点なら、貴方の先輩は悪い。
しかし、貴方にとって大切なのは何か?
それが生活のために金を稼ぐことであるのならば、貴方は職人には向かないから、時間を切り売りするサラリーマンになるべきだ。

職人は、何よりも、それこそお客様の言うことよりも、自分自身の「仕事」が大事な人間なんですから、、、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の投稿ありがとうございます。
いくらプロの職人であっても、それ以前に人間なのです。

>「善悪」よりも大切なものがあるというのが、プロの職人なのだと思う。それが技であり腕、技術。

ならば極論すればプロの職人は技術向上のためには何をしても、
どんな法に触れてもかまわないということになりませんか?
私は職人になるために人間性まで捨てたくありません。
捨てなければ職人になれないというなら、なれなくてもいいと考えます。

>職人として大成したいのであれば、少なくとも自分自身を肯定するために、技術的に上位にある先輩や師匠を否定する「必要」がない

これは大いに納得です。

>職人は、何よりも、それこそお客様の言うことよりも、自分自身の「仕事」が大事な人間なんですから

これには賛同しかねます。誰のおかげで「職人」でいられるのでしょうか?
「お客様のいうことよりも」というのは私には理解できません。
それが職人だ、と言われれば、やはり私は職人にはなれないようです。

お礼日時:2008/09/02 16:10

50代の中小企業経営者です。



●貴方にとって「料理」という「仕事」が、どれほど大事なものであるか?

ということに尽きるとぼくは思います。
僕にとっては、仕事は金を稼ぐ手段と言うだけではありません。
家族が「命」なら仕事は「生き甲斐」。
だから、世の中の理不尽さも、それなりに愉しんで仕事をしています。

■またそこまでして指導しないと一流の料理人にはなれないものなのでしょうか?
■私はただ先輩の「かわいがり」の道具だったんでしょうか?

なんてことは、「料理を身につけ、魂の籠もった料理を作る頃が夢」ということにくらべれば、ど~~でもいい、そう思えるのが「職人」なのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>世の中の理不尽さも、それなりに愉しんで仕事をしています。
さすがは私より20年以上も生きていらっしゃる先輩ですね。
私には悟りの境地のようなお言葉です。
まだまだこんな風には考えることができません。
ゆえに私はまだまだ職人レベルではないということです。

お礼日時:2008/09/02 15:45

相撲部屋のように金属バットで殴ったり、包丁で叩くようなことをされていたのなら問題でしょう。


叩かれるようなくらいならあってもおかしくないでしょう。

料理人は包丁を使ったり火を使ったりと非常に危険が多い仕事です。
まずは自分が怪我をしないために非常に厳しく指導されます。
それ以上にお客様の口に入るものを作るのですから、おかしなものを作ってお客様の体調を悪くさせたら一大事です。
だから人によってはそういう暴力もあるでしょう。

料理人は何秒という時間が大事になる世界ですよね。
話してわかるだろといっても、その話している時間がないですから、手が出るということだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
さすがに包丁でやられたら新聞沙汰ですね。しかし木ベラとかお玉とかはザラでした。
>お客様の口に入るものを作るのですから、おかしなものを作ってお客様の体調を悪くさせたら一大事です。
>だから人によってはそういう暴力もあるでしょう。
この因果関係には甚だ疑問です。

お礼日時:2008/09/02 15:38

40過ぎの男。



確かに暴力は法律に触れる行為ですのでそこについては触れません。
ただ、あなた自身が一番よくわかってるはずですが
包丁一本で食っていく男の生き様を伝えたかったのだと思いますよ。
職人の世界は甘くない。シビアなもんや。
命かけれんのやったらやめてまえ。。
任侠道の世界に近いかも・・・
でもどこの業界でもいっしょやと思います。厳しいんです。
本気でやらん人は生き残れん。。

ま、あなたはその先輩の下で立派に命を落とさずいいものを吸収して
今がある。
あなたは同じやり方をする必要はありませんよね。
自分がいいと思ったことをしましょう。
ただ先輩の「かわいがり」の道具って言葉には???ですよ。
まだわかってないの??って感じ。。
ほんとうはわかってるはずだと思う。

ただ、社会的に表に出れば叩かれる。
しばかれるのとしょうもない男になるんとどっちが痛い?
そん時は叩かれんとわからんレベルやったいうことちゃうかな?

この回答への補足

私の説明不足が誤解を招いてしまいました。
申し訳ありません。
私が「かわいがりの道具」と言ったのは
先輩の手出しが必要以上に感じるときがあったからです。
わからせるレベルを超えていた事が何度もあったのです。
物で殴ったりとか、物を投げつけたりとか
鼻血が出るまで顔を殴ったりとか…
そこまでの行為は「熱い指導」だとは思えません。
普通にいじめられていたと思われても致し方ないと思いませんか?

補足日時:2008/09/02 15:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私は今までずっとこの仕事を「本気で」してきています。
だからこそ彼のように熱い人柄に魅力を感じたのです。
今時珍しいタイプだと思いました。
ただせっかくの人柄も反社会的な行為によって魅力半減です。
vervisさんのおっしゃるように、その時の私は「叩かれんとわからんレベル」
だったのかもしれません。彼にしてみれば「麦踏み」と同じ感覚だったと思います。
しかしその踏み方もそれ如何でいい麦にも悪い麦にもなると私は思います。

お礼日時:2008/09/02 15:13

まぁ度が過ぎてるのはあれですが……それでも多少なりともかわいがりじゃないですが、軽くしごかれる人が居るだけでも、まだ捨てたもんじゃないって思いますよ。

そう言うのは、ちゃんと教えてもらっている見習いのためになることだってありますからね。
嫌なら自分から辞めればいいだけで、無理してそこに留まる必要はないのも事実なのですが、教えている側は、立派に育てようって思ってやっているんですから、その気持ちだけは感じ取るべきです。決して指導者は相手を道具扱いなんてしないので、質問者さんそこを良く理解してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>軽くしごかれる人が居るだけでも、まだ捨てたもんじゃない
もしあなたの職場でこのような人がいるのが原因で新人がすぐに辞めていったとしても
同じことが言えますか?旧態依然の価値観にとらわれていませんか?
私にとっては手を出した時点でアウトです。
百歩譲っても病院送りになるほどの手出しって必要だとは到底思えません。

>教えている側は、立派に育てようって思ってやっているんですから、その気持ちだけは感じ取るべき
これに関しては十分理解しているつもりです。
「怒られてるうちが華」って言いますからね。

お礼日時:2008/09/02 14:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性のシェフが少ないのはなぜ?

女性のシェフが少ないのはなぜだと思いますか?
家庭で料理を担当しているのは絶対的に女性が多い。
それなのに、レストランやホテルのシェフには女性は圧倒的に少ない。なぜでしょうか。

ひとつ考えられるのは、大型寸胴なべやフライパンの扱いが体力的にむずかしい。

その他にありますか?

Aベストアンサー

料理に限らず「職人」の世界は伝統的に男だけでした。
「女性は体温が高いから、なまものを扱うには手が温かすぎる」とか「生理があるから、気分が一定しなくて味にぶれが出る」とかいうのは、現代になって「どうして女性がいないの?」という素朴な疑問が生まれ、後づけで考え出された理由だと思います。
昔はどうしてともなんとも思われずに、専門職、職人、技術者イコール男というふうだったのでしょう。機械もなく、職人の仕事というのはすなわち力仕事ということで、さらに長い修行を必要とするので、10代で嫁に行き、10代のうちから、どんどん子供を産まなければならない女性は考えるまでもなく問題外だったはずです。商家のおかみさんとか、家族総出でする農業とか、家でできる仕事は女性も重要な戦力だったでしょうが。
それが今でも尾を引いていて、職人の世界は「男の世界」ということで、女性が入って行くのにはハンディがあるのでしょう。「親方と弟子」の関係でも、親方の方だって、慣れなくて「女の子」を敬遠しがちということで採用でもハンディがありそうです。もちろん、それでもがんばるという人が増えてるので、これからはだんだん増えてはいくのでしょうね。

料理に限らず「職人」の世界は伝統的に男だけでした。
「女性は体温が高いから、なまものを扱うには手が温かすぎる」とか「生理があるから、気分が一定しなくて味にぶれが出る」とかいうのは、現代になって「どうして女性がいないの?」という素朴な疑問が生まれ、後づけで考え出された理由だと思います。
昔はどうしてともなんとも思われずに、専門職、職人、技術者イコール男というふうだったのでしょう。機械もなく、職人の仕事というのはすなわち力仕事ということで、さらに長い修行を必要とするので、10...続きを読む

Q新人研修について

最近、ビジネスグランドワークスという会社で短期の新人研修を受けました。

体育会系のノリで、とにかく大声を出させます。
自己紹介や挨拶、それだけならまだしも、
トイレに入る時や誰かが前を通るときも全て、
大声で「失礼します」、や「どうぞ」、と研修中ずっと大声を出さなければなりません。
また声がでないとやり直し!みたいなことで何回もやらせて、ホントバカみたいな研修です。

大声でかつ15秒(早口)で、何か販売のルールみたいなのもを読ませてたりもします。
喉がかれるほどの大声と早口なんて何の意味があるのでしょうか?
最も重要なことは、お客様にわかりやすく、伝えることが重要だと思います。


また、意見を聞いて、かならず、先生が思ったような意見がなかったりだと、
しつこく聞いてきてきて、その意見が出るようにします。
結局はその反論の意見に対して否定するだけで、筋書き通りの説明するだけなのです。
教育させるために、わざわざ思ってもないことを無理に言わせるなんてどうかと思います。

また何か感想をいうと、それは違うよ的なことをいって、
個性の否定に近いことをいいます。
なら聞くなよ!と思うのですが。


もちろん、敬語などを教育など役に立つものもありますが、
上記の内容がくだらなさ過ぎて飽きれます。
餃子の王将の研修が酷いとネットにのっていましたが、
近いのかな?と思ってしまいました。


質問
販売系の新人研修なのですが、こんなのが普通の研修なのでしょうか?
委託の仕事なので、独自の研修ではなく、研修会社を使ってるので、しょぼいのでしょうか?
それともこんなものですか?
研修会社が行っている内容を、会社は理解しているのですか?

よろしくお願いします。

最近、ビジネスグランドワークスという会社で短期の新人研修を受けました。

体育会系のノリで、とにかく大声を出させます。
自己紹介や挨拶、それだけならまだしも、
トイレに入る時や誰かが前を通るときも全て、
大声で「失礼します」、や「どうぞ」、と研修中ずっと大声を出さなければなりません。
また声がでないとやり直し!みたいなことで何回もやらせて、ホントバカみたいな研修です。

大声でかつ15秒(早口)で、何か販売のルールみたいなのもを読ませてたりもします。
喉がかれるほどの大声と早口なんて...続きを読む

Aベストアンサー

この春大学を出られ無事就職をされたのですね。
きびしい就活の末の就職のはずですね。
自身の会社で新人研修をされていないところを見ると 大手ではないのでしょうか。
販売、営業系で国内もしくは地域内での営業をしている会社で求めている人材とは、会社を発展させる能力を持つ人より 会社を維持してくれる人でしょう。あまり発展性の企業ではトップは限られて人間で十分で必要であればいくらでも有能な人材を引き抜いてこれます。
ある程度規模が大きくなったが市場規模であまり成長が見込まれない会社がほとんどです。
新入社員も現場の戦力としか見ていないでしょう。
求められるのは、決められたことをいかに早く正確に実行し成果を残せる人材です。
無理をいってもやり通すことができる人材です。
このような人材にするために トップ20%以下の学卒に対して求めるのは 知識の教育ではなく 考え方の教育です。つまり 会社の無理難題を批判せずに実行できる人材の育成です。
そう意味で 貴方の受けた新人教育は 会社の意図するものでしょう。
昔は中間管理職を育成するために学卒を採用しましたが、情報化が進みすべてがパソコンを通して業務が動きますから 比較的 判断業務、企画業務が少ない販売・営業系の仕事は努力、精神的なものが重要視されるのではないですか。

Web上で
 株式会社ビジネスグランドワークス. 企業PR. 知識集積型研修を最小限にとどめ、精鋭講師による体験学習、事例研究、ロールプレイを多用した行動習得型研修で、研修効果の高い人材育成、能力開発をサポートしている研修会社です。
となっています。

入られた会社が求めているものがはっきりされているようです。
この方針に納得されないのならもっと能力を生かせる会社を探すべきです。




この春大学を出られ無事就職をされたのですね。
きびしい就活の末の就職のはずですね。
自身の会社で新人研修をされていないところを見ると 大手ではないのでしょうか。
販売、営業系で国内もしくは地域内での営業をしている会社で求めている人材とは、会社を発展させる能力を持つ人より 会社を維持してくれる人でしょう。あまり発展性の企業ではトップは限られて人間で十分で必要であればいくらでも有能な人材を引き抜いてこれます。
ある程度規模が大きくなったが市場規模であまり成長が見込まれない会社がほ...続きを読む

Q飲食店に正社員として就職したら・・・

現在大学3年生、就活中の女子大生です。

これまで何社かES通過し、面接も受けてきましたが、まだ内定はいただけていません。

就職氷河期と言われてきたのに加え、今回の震災で採用活動停止する企業も出てきて、焦りが出始めました。
そして、これまで絶対に就職したくないと思っていた飲食店も視野に入れるようになりました。

なぜ絶対に就職したくないと思っていたかと思うと、私はアルバイトで3件の飲食店で接客業をしてきまして、

1件目の店→社員はとてもいい人たちばかりで仕事も楽しかったのですが、社員の方たちはおそらく労働規準法違反だと思うくらいフルで働いていて、私が早朝5時位に店に行くと、控室に段ボールをひいて眠っている深夜勤務の方がたくさんいました。そしてこの社員さんたちはまた6時くらいから働き始めます。
自宅にほとんど帰ってこれない子供を心配して店にご両親が来る社員もいました。

2件目の店→主に商業施設のフードコートに出店している店なので体力的には問題なさそうでしたが、フィリピン、ミャンマーなど多国籍の人ばかりで日本人の割合がものすごく低かったです。日本語が必要なホールはほぼアルバイトかパートで、給料体制などがいい加減な部分が多かったです。

3件目の店→社員が全てにおいていい加減です。例えば、何日も容器に入れっぱなしのジュースをお客様に出す→お客様から「なんか酸っぱい臭いがするんですけど…」→ジュース代は結構です(反省の色は全くなし)。というパターンが多いのです。賞味期限切れのものを出したり、レジや雑巾を触った手で料理に直接触るなど当たり前で正直ドン引きしました。

このような体験をしてきたので、正社員として働いてもまず体力が続くのか、仕事に楽しみややりがいを見出せるのか、給料や福利厚生などはきちんと頂けるのか、色々不安があり、ちょっと敬遠してきました。

ですが、内定もらえないまま卒業ということになるのはもっと困るので、視野を広げようかと思っています。

飲食店と言ってもファストフード店から高級レストランまで様々だと思いますが、現在働いている方や、以前関係者だったという方から現実的なご意見頂きたいです。

ちなみに厨房は未経験で、調理師免許も持っていません。経験してきたのはあくまで接客のみです。

現在大学3年生、就活中の女子大生です。

これまで何社かES通過し、面接も受けてきましたが、まだ内定はいただけていません。

就職氷河期と言われてきたのに加え、今回の震災で採用活動停止する企業も出てきて、焦りが出始めました。
そして、これまで絶対に就職したくないと思っていた飲食店も視野に入れるようになりました。

なぜ絶対に就職したくないと思っていたかと思うと、私はアルバイトで3件の飲食店で接客業をしてきまして、

1件目の店→社員はとてもいい人たちばかりで仕事も楽しかったのですが...続きを読む

Aベストアンサー

僕も飲食でいくつかバイトしてた事があるんですけど、条件は相当酷いですよね。
ただ向き不向きだと思うんです。

あるバイト先であまりに酷いんで(給料のい抜きと、後輩への暴力。それ以前も暴力はあった)、バイト仲間に「みんなで辞めようぜ」と言ったんですが、やめたのは僕1人。
殴られる危険があっても残る奴は残るんだな、と。なんか妙に関心した(で、そもそもそういうのを嫌ってやらない奴は絶対に最初から入らないんだな、と分かった。遅いか・・・)。
あんな条件でもやる奴はやるんですよ。
で、彼らから見れば僕こそが異常者で負け組なんですね。
文化みたいなもんだし、批判もできないと思う。
要するに好きか嫌いかでしかない。好きならやる、そうじゃないならやらない。



まだ3年の4月だし、まだまだある。秋採用もあるし。
そもそも飲食は新卒じゃなくとも、いつでも行けるからまだ辞めた方がいい。
僕は色んなタイプの飲食経験したけど、暴力や罵声、労基法を越えるような待遇、理不尽な応対、
業界でしか通用しない独自の「社会人としてのルール」は大なり小なり共通でしたよ。



お客様第一と言いつつも、お客さんの見ていないところでのあまりの倫理意識の低さ、遅刻した学生に社会人としてのルールを語る一方でやくざや飲酒運転や暴力を肯定するようなあり得ない発言など、まったく一貫性の欠ける言動や行動など、僕はその辺が受け入れ難かった。
2つほどはすごく良い店だったけど、社員さんは生活はかなりキツイ感じだった。
自身がまったくマジメとは思って無かったので自分を再評価できたって点では良かった。
彼らはストレートな人が多いので陰険さは無かったからそこは救いかな。


1-3軒目は君的にはほんとうにダメだったわけでしょ?
それを反動にしてシュウカツ頑張ればいいでしょ。
まだまだやれるよ。
がんがん動け。

僕も飲食でいくつかバイトしてた事があるんですけど、条件は相当酷いですよね。
ただ向き不向きだと思うんです。

あるバイト先であまりに酷いんで(給料のい抜きと、後輩への暴力。それ以前も暴力はあった)、バイト仲間に「みんなで辞めようぜ」と言ったんですが、やめたのは僕1人。
殴られる危険があっても残る奴は残るんだな、と。なんか妙に関心した(で、そもそもそういうのを嫌ってやらない奴は絶対に最初から入らないんだな、と分かった。遅いか・・・)。
あんな条件でもやる奴はやるんですよ。
で、彼...続きを読む


人気Q&Aランキング