ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

視力回復手術を受けようか迷っているのですが、これは本当に視力が劇的に回復するものなのでしょうか?
個人差はあると当然思いますが、
あまり変化が無いような方もいらっしゃると耳にしました。
また、リスクはどの程度ありますでしょうか?例えば数年後に視力が元に戻る、目の病気にかかりやすいなど。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

guruguruchさん、こんにちは。


成功すれば劇的に回復します。
私はレーシックを受けたのですが、元々両眼とも0.1だったのが、手術後2.0となり、つい先日1年目の定期検査を受けたところですが、両眼とも2.0を維持していました。
また、私より数年前に妹もレーシック手術を受けたのですが、妹も2.0になりました。
今は技術も格段に進歩してきて成功率は相当高いようです。
術前検査で不的確と判断されると手術を受けられませんから、そういった意味でも成功率は上がっているのだと思います。
私の場合、何の理由だったか忘れましたが、もう少し軽めのイントラレーシックを勧められましたが、「どうせやるなら普通のレーシックを」と強引に頼みました。
お医者さんは渋々でしたが、結果的に成功でした。
私はまだ1年なので、今後又視力が落ちてくるかもしれませんが、手術を受けなければ0.1のまま、もしくは更に悪化していた訳ですから、私は受けて良かったと思っています。
特に私は10代までは2.0だったのが、だんだん悪くなっていったタイプなので、大人になってからメガネっ子になるのに抵抗があった為、0.1なのに裸眼で生活しておりましたから、術後は本当に劇的な変化でした。
0.1で過ごしていた頃は、本当は2.0あったのにと悔やんだりもしましたし、2.0あった時は壁の向こうが見えてたんじゃないの?なんて思った事もあります。
手術を受ける受けないはご自身の判断ですが、どこの病院でもまず説明会、適性検査があるはずなので、まず病院をしぼって相談されてはどうでしょうか?
術後の定期検査などもありますので、あまり遠くは面倒かと思いますし、安さを売りにしているところもちょっと怖いですよね。
私の場合は総合病院の眼科が独立したところを選びました。
すぐ近くに本院があったので、何となく安心でしたし、料金も1年前の時点では決して安い方ではない30万円だったのも、何となく安心出来る要因でした。
    • good
    • 0

それは本当に個人差があるんですよね。


レーシックなどを受けても思ったほど視力が戻らない、馴染まないというケースは残念ながらありますし。
先ずはご自身の目の状態や事前カウンセリングなどでしっかり把握する事ですよね☆
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング