筒などにエナメル線みたいなのを巻きつけて、この線に電流を流してコイルを作る時、右ねじの法則というのは、フレミングの左手の法則みたいに、手を使うことによって力の向きが分かったと思うのですが、右ねじの法則というのはどちらの手を使うのですか???右手ですか???左手ですか???
また、どこから見て右ねじのようであると判断するのですか???電流の+の方ですか???それとも-方ですか???

あと、U磁石の磁界の方向というのは、「N極からS極」ですか???それとも「S極からN極」ですか???

分かる方がいらしたら教えてください。
お願いします。

A 回答 (5件)

フレミングの左手の法則は左手を使います。


ですので、右ねじの法則は右ねじを使ってください。

右ねじは右っ側(時計方向)に回すとしまります。しまるときぐっと
奥の方へ進みます。右に回してる方向に磁界ができてるとしたら、
このねじの進む方向が電流の方向です。
電流の見方ですが、一点だけ見ると+か-かわかりません。
流れを見てください。
電池がついてれば、電池の+側から-側へ流れるので
そこへ”右ねじの法則”を当てはめるなら、銅線の周りに
電流の進行方向に対して”右ねじ”の方向(時計回りの方向)に磁界ができる
というのが、右ねじの法則によってわかります。
ただ、これではどのぐらい強い磁界ができるのかはわからないので、
この法則は磁界がどっちの方向を向いてるかの判断に使われます。
テストでは方向が聞かれるでしょう。

U磁石についてですが、U磁石に限らず、磁界はN極からS極向けて発生します。
では、U磁石のUの根元らへんはどうなってるかというと、
拡大してみると(裸眼では見えませんが)やっぱりNからSへ向けて磁界が発生しています。安心してください。

納得でしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

納得できました!!!ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/22 02:36

左手の法則は、左手を見ながら、右手で回答用紙に書き込めますから良いですけど、右手を使いながらだと鉛筆が握れなくて困るんですよね(笑)



私が中学生の時に先生に習った覚え方は、右ネジの法則は左手で撃つ、コークスクリューパンチです。内側にねじりこむように撃つべし撃つべし!撃つ方向が磁界の方向・電流の流れる方向、ねじりこむ回転方向がコイルの巻き方ですね。これは右手で鉛筆を持ち、左手を見ながら回答する場合です。

テストの時間は男子も女子もシャドーボクシングしてました(笑)
    • good
    • 1

あ,下(No.125500)の回答ですが,コイルを作った時,ですよ.


書くのを忘れてしまいました.すいません.
    • good
    • 0

“右ネジの法則”の方に関して補足の意見です.



“手を使って”ということですので,こういうのはどうでしょうか.

右手を使って下さい.

ヒッチハイクをする時のように,手を握りながら親指を立てて下さい.
そうすると,4本の指が電流の方向,親指が磁界の方向を示します.

あまりネジを巻いたりしない女の子に説明する時や,ど忘れしてしまった
時などはこちらの方が分かりやすいと思います.
    • good
    • 0

右ネジの法則というのは、手を使わないで、


ネジを締めるイメージだけで説明できるものです。
自分がネジを締める時、ネジを前進させようと思ったら、
ネジの頭を右(時計回り)回転させなければいけませんね。
この2方向の関係に例えてあるのです。
ネジを前進させる向きが、電流の流れの向き。
ネジを回す向きが、磁力の向き。

この時、電流の流れの向きとは、+側から-側を見る方向を言います。
「電流の正体は、自由電子の流れである」
「自由電子は、-から+へ流れる」と中学理科で習いますが、
自由電子が-から+へ流れる時、電流が+から-へ流れたと、
そう呼び慣わすことになっているわけです。

磁界の向きは、「その場所に方位磁針を置いたら、Nはどこを指すかな?」
って、常に考えるようにしてください。
すると、磁石のN極の付近では、反発してソッポ向くはずだし、
S極付近では、引き合って、そのS極を向くことになりますね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPCケースに磁石は?

会社の机の上にコンパクトサイズのPCを縦型においているのですが、横面が空いているのでそこに磁石のフックをペタっとつけて色んな物をぶら下げようと思うのですが、パソコンの箱に磁石など近づけて大丈夫でしょうか?最近は磁石も強力ですが。マニュアルを眺めた限りではいけないとは書いていません。

Aベストアンサー

回答者#8です。

すいません、参考URLに間違えて変な文字を入れてしまいました。

参考URL:http://www.26magnet.co.jp/qa/qa_19_conts.html

Qフレミングの左手の法則と右手の法則の違い教えて^^

フレミングの左手の法則と

右手の法則+右ねじの法則

の違いがわかりません。

問題があってとくときに、

どっちを使えばいいのかわかりません。

こういうフレーズがあったら
「左手の法則」とか(右手の法則」

っていう決まりのフレーズみたいなのがあったら教えてください

例えば、問題文の中に

「電流の向きを書きなさい」とあったら

「右手の法則」を使う。

のようにお願いします

Aベストアンサー

私が習ったときには、

「うわ(は)さも」

と習いました。

右手(う)の法則は発電(は)
左手(さ)の法則はモータ(も)

の時に使います。

要するに、
力を電気に変えるのが発電
(力を加えるとか、磁石を動かすとか…。)
電気を力に変えるのがモータ
(電流を流すとどっちに動くとか…。)

Q乾電池と磁石について

運動後の用具の乾燥のために小型のファンを充電式乾電池で動かそうと工作しています。
その仕組み自体は問題なく出来上がったのですが、乾電池を電池BOXに収納するとそれなりの重さになってしまうため、設置位置に四苦八苦しています。
設置個所は鉄部なので、電池ボックスを小物ネット等に入れて磁石付フックで吊り下げようかと思ったところ、磁石に電池自体がガッチリ貼りついてしまいました。

そこで質問させていただきたいのですが、
磁石を電池に貼り付けた状態だと、電池自体に故障や能力低下、寿命が縮む等の悪影響はあるのでしょうか?

磁石に貼りついた電池の保持力はかなり強いので、問題がないようであれば色々細工せずにそれで十分じゃないかと思ったのですが、
もし悪影響があるのであれば、当初の予定(小物ネットに入れて磁石付きフックで吊り下げ)も避けて別の方法を考えた方が良いかな、とも思っております。

電池の仕組みが電子の移動によるものだ、という事自体は理解しているのですが
何分文系なもので、それに対する磁石の影響が分からず質問させていただきました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

運動後の用具の乾燥のために小型のファンを充電式乾電池で動かそうと工作しています。
その仕組み自体は問題なく出来上がったのですが、乾電池を電池BOXに収納するとそれなりの重さになってしまうため、設置位置に四苦八苦しています。
設置個所は鉄部なので、電池ボックスを小物ネット等に入れて磁石付フックで吊り下げようかと思ったところ、磁石に電池自体がガッチリ貼りついてしまいました。

そこで質問させていただきたいのですが、
磁石を電池に貼り付けた状態だと、電池自体に故障や能力低下、寿命が縮む...続きを読む

Aベストアンサー

> 磁石を電池に貼り付けた状態だと、電池自体に故障や能力低下、寿命が縮む等の悪影響はあるのでしょうか?
・問題ナシ。
電池は電解液に溶け込んだイオンの移動による化学反応です。
従って、サイクロトロンのような超強力な磁力ならば影響を受けるでしょうが、通常のマグネット程度ではほとんど影響はありません。

因みに、ウチでも乾電池を磁石で鉄板に貼り付けて使用しています。

Qフレミング左手の法則

電流(運動する荷電粒子)と磁界によって
電流の流れる導線に力が働く現象を
フレミング左手の法則と呼ばれていますが
これについていくつか質問をお願いします

まず、この力ですが
厳密にはどの物質に働く物なのでしょうか
やはり、荷電粒子そのものに働いているのでしょうか?


さらにこの時、力の向きは左手で親指の向きを指しますが
何故この向きなのでしょうか?
現象としてそれを実験・観測して
その事実を確認は出来ますが
理論的に向きについて説明・解釈をお願いします

Aベストアンサー

> 電流(運動する荷電粒子)と磁界によって
 電流の流れる導線に力が働く現象を
 フレミング左手の法則と呼ばれていますが
 これについていくつか質問をお願いします

> まず、この力ですが
 厳密にはどの物質に働く物なのでしょうか
 やはり、荷電粒子そのものに働いているのでしょうか?

物質は、原子、分子からなり、それらは、かならず電子をもっています。さらに、電流は、電子の流れの逆で、厳密には、電子に力が働いていると解釈していただいて良いと思います。


> さらにこの時、力の向きは左手で親指の向きを指しますが
 何故この向きなのでしょうか?
 現象としてそれを実験・観測して
 その事実を確認は出来ますが
 理論的に向きについて説明・解釈をお願いします

この力というのが、ローレンツ力というもので、
  F=q(E+v×B) (1)
と書けます。
この力について詳しくは、調べてもらえばいいと思います。
ここで、電流については、
  I=nevS    (2)
と書け、詳しくは、これも調べてもらえばいいと思います。
本題ですが、(1)より、力は、vとBの外積といってもいいでしょう。
外積については、高校でやるところもあるかもい知れませんが、理系の大学なら必ずやると思います。vとBの外積は、どちらにも垂直な方向のベクトルですので、F、v、Bそれぞれ垂直となり、三本の指で表せるわけです。また、vとIは、(2)のような比例の関係にあり、ニアリ-イコールと考えてもいいのではないでしょうか。

> 電流(運動する荷電粒子)と磁界によって
 電流の流れる導線に力が働く現象を
 フレミング左手の法則と呼ばれていますが
 これについていくつか質問をお願いします

> まず、この力ですが
 厳密にはどの物質に働く物なのでしょうか
 やはり、荷電粒子そのものに働いているのでしょうか?

物質は、原子、分子からなり、それらは、かならず電子をもっています。さらに、電流は、電子の流れの逆で、厳密には、電子に力が働いていると解釈していただいて良いと思います。


> さらにこの時、力の...続きを読む

Q電子レンジに磁石をくっつけても大丈夫?

タイトルどおりなんですが、電子レンジの外側に磁石をくっつけても
悪影響はないでしょうか? 磁石式のフックや物入れをくっつけたい
と思ってるんですけど、このせいで電子レンジが壊れたり、上手く
機能しなかったりするのも困るので・・・。(電気製品と磁石って
相性悪いイメージがあって。。。)
新しい機種で、壁にピタっとくっつけて置けるタイプなので、排気口
などはありません。
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子レンジは、それ自体が電磁波をシールドするようにできています。
内部は、電磁波の嵐が吹き荒れていますので、完全に外部へ漏れていないわけではありません。
ようするにこのように、電子レンジの電磁波は強力です。
この電磁波のエネルギーに比べて、家庭で使われる「磁石」の磁界(磁力の働く範囲)は無視できるレベルです。

ということで、電子レンジに磁石をくっつけても、何の問題も生じません。

ご安心ください。

Q電流を流すと右ねじの法則で磁界が発生するのはなぜ?

導線に直流電流を流すと右ねじの法則の通りに磁界が発生しますが、
量子力学的にどうして磁界が発生するのでしょうか?

Aベストアンサー

量子力学的ではなく、運動する電荷の相対論な効果として
磁場が発生します。詳しくは
太田浩一著マックスウエル理論の基礎(2002)東大出版
を参照して下さい。

QPCの磁石による影響について質問します。

PCの磁石による影響について質問します。
デスクトップPCの筐体の金属部分に、
小物を吊るすために、磁石タイプのフックをつけたいと思いますが、
PCが不具合を起こすとか、なにか影響はないでしょうか。
ディスプレイは液晶でブラウン管式ではないので、大丈夫です。

Aベストアンサー

私も付けています。
位置は左側面(マザーボードの反対側)です。理由はもしもの場合マザーから離しておいた方が良いのかなあ、程度の事ですが。

Qフレミングの左手の法則について

高校生で、物理(2)を勉強しています。

フレミングの左手の法則は、電流の向きがわかっているときじゃないと使えないと先生に言われました。
僕は磁界の向きと力の向きがわかっていれば電流の向きもわかるのではないかと思ったのですが、
なぜ電流が決まらないとわからないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

横から失礼致します.

>磁場内で、導線などに力を加えた場合、
>電流は流れないのでしょうか? よかったら教えて下さい。

これは「フレミングの右手の法則」が適用されます.
或いは「電磁誘導の法則」でも構いません.

この「右手」やら「左手」やらは,電磁気を数学的に表したときの
「外積」の計算の結果です.
「左手の法則」は数学で書くと,
F=j×B  (電流j,磁界の強さB,力Fはベクトル)
で,一般に外積の計算は,右手を使って右辺最初のベクトルが人差し指,
右辺次のベクトルが中指,そいでもって左辺ベクトルは親指となります.

しかし高校では外積を習わないので,この説明ではなく,
結果として「左手の法則」を教えることになります.

本当は数式(外積)で教えるべきで,そうすると「右手/左手の法則」は
区別することはなくなります,でも今はそういうカリキュラムなので,
しかたありません.

Qマグネットの不思議、磁石の不思議

ホームセンターや100円ショップなどでもよく見る、
マグネットタイプのフック等がありますが、
最初、スチール面にマグネットを付けて物を掛ける時、
仮に500gの物を掛けると大丈夫ですが、
800gの物を掛けるとスルスルっと落ちてしまう事があります。
しかし、再度まったく同じマグネットフックを全く同じスチール面に取り付けてから
3時間程置いたのち、800gの物を掛けてもビクともしなくなります。

これは磁石の
磁力がスチール面に馴染んでいるという事でしょうか?
なぜそのようなことになるのかも知りたいです。

化学の方面に明るい方、
どなたでも構いませんのでご教授の程宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

素晴らしい考察ですね。 化学的変化を予想したのですね。

接触面がスチールの場合
錆で面が荒れた、としか考えられませんね。
ネオシムなんかは錆易いです。 局所電池できまくりかも。

余談
接触面に塗装が有る場合
樹脂は、力を受け続けると変形するので、
食い込んでギャーみたいな効果が期待できます。

Qフレミングの左手の法則(ローレンツ力)とマクスウェル応力の関係について

フレミングの左手の法則(ローレンツ力)とマクスウェル応力の関係について
モータ等の力やトルク(電磁力)発生の原理として、コアレスの物ではF=BLI(フレミングの左手の法則)と鉄心付きの物(電磁力)ではマックスウェルの応力があると思っているのですが、このローレンツ力とマクスウェルの応力は全く別のものでしょうか?それともどちらかが他方の一部と考えられるのでしょうか?マクウスウェルの方程式からローレンツ力は導かれるものでしょうか?ローレンツ力も磁場の応力から説明できるのでしょうか?
等等、この両者の関係を教えてください。インターネットや電磁気学の参考書等で気が向いたときに調べたりするのですが、全く理解までには至っていません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マクスウェルの応力からローレンツ力を計算する事も可能なはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報