人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

5月に交通事故に遭い早4ヶ月、現在、鍼灸院で治療中なのですが、手足の痺れと首、肩、肩甲骨、腰の痛みが酷く、保険代理人と友人に後遺障害の申請を勧められました。
アドバイスと、後遺障害申請のメリット、デメリットをご教授頂けないでしょうか。

医師の診断は、頭部、頚椎、腰部、胸部、膝部の打撲。
レントゲン、MRIにも異常はありません。
昨年末にも交通事故に遭いました。

労力を考えると後遺障害には乗り気になれませんし、このままでは治療にどれほどの時間が掛かるか分かりませんが、手足の痺れと首や腰の痛みが軽くなれば充分だとも思っています。
鍼灸での治療ですと、慰謝料を頂けないらしいのですが、それも充分存じております。
痛み、痺れの原因が画像に映らないと認定が困難になることも、です。
保険代理人にもそれは伝えており、申請は控え、とりあえずは治療に専念することに致しました。
ですが、友人は、泣き寝入りをするな、と、言います。

私はどうすれば良いのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「労力を考えると後遺障害には乗り気になれません」


( ̄~ ̄;) ウーンなにか勘違いされていませんか?
後遺障害って、主治医に後遺障害診断書いてもら
うだけですよ。ま、書いてもらうのに5000円く
らいかかりますが。

この、後遺障害診断書を任意保険屋通じで認定結果
を決める第3の機関に提出するだけです。
あとは認定するかどうかは第3の機関が判定しま
す。

後遺障害診断書を書いてもらう時期は、主治医が
もうこれ以上良くならないね!だからもう通院し
ても意味がないですよ!ってなったら書いても
らうんです。

あとは後遺障害診断書って現時点での症状が
書いてあるだけなんです。
日々の治療内容は任意保険屋が主治医に
診察の都度もしくは月1回程度の割合で任意
保険屋持ちで診断書を書いてもらっています。

これがないとmilkyaliceさんがほんとうに事故
の件で治療を受けたの?ってわからないからです。

ですので現時点においては後遺障害診断書、治療の
課程は診断書で解るようになっています。
ですのでこの診断書も提出しないとmilkyaliceさん
の治療過程が解らないので不利です。

ただ後遺障害に認定されるかどうかは保険屋も
プロですからある程度わかります。

俺も保険屋に言われました。この程度ではまず
認定されませんがどうしますか?と。

主治医にもこの程度で後遺障害に認定されるのは
無理だと思いますが後遺障害診断書かけというな
ら書いてあげるよって。

ですのでmilkyaliceさんが判断するのでは
ないのですからダメ元で提出するわけにいきませんか?
ダメだった場合診断書料金が無駄になるだけです。
milkyaliceさんは労力は何も必要ありません。
後遺障害診断書料金だけです。

提出してダメならしかたないですよ。
逆に認定されないで良かった!って思いますよ。
認定されるような後遺症じゃいやですもん。

このままでは治療にどれほどの時間が掛かるか分
かりませんが!となっても主治医がもうこれ以上
無理ですとなれば保険も打ち切りです。

なのでまずは主治医がもうこれ以上無理ですと
なるまで治療に専念するんです。
もう回復の見込みがないので来なくていいですよ
となればいちおう後遺障害診断書書いて提出
してはどうですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・
凄く参考になりました。
我が家では車のことをすべて代理人(ディーラー)に任せているので、保険についても無知に等しかったのですが、回答者様の御意見で、少し利口になった気がします。
友人やネットの情報は理解に難しく、また、代理人に結構な金銭の絡む話を詳しく訊くことに気後れしておりましたので、回答者様の御丁寧な説明と御意見はとても有難く思いました。
御意見通り、しばらくは治療に専念し、それでも回復の見込みがなければ、後のことは医師と第三機関に委ねます。

無知な私にもわかりやすい御回答を、真に有難う御座いました。
またなにかありましたら、宜しく御願い致します。

お礼日時:2008/09/03 14:52

「免許を有する柔道整復、あんま、マッサージ、指圧師、はり師、きゅう師が行う施術費用は必要かつ妥当な実費」と自賠責の支配基準には有りますので、


慰謝料は支払いされると思います。

問題は後遺障害で、後遺障害の診断書は鍼灸院では書く事が出来ません。
これが書けるのは医師だけで、整形外科等に通院していなければ諦める事になります。
画像で他覚的所見が見出されなくても、神経学的検査で自覚症状を説明できれば14級の可能性は有ります。
また、長期に渡る通院は14級の後遺障害認定の可能性が高くなります。
それと労力ですが、今現在任意一括の対応なら、必要ありません、簡単です。
そして、昨年末の事故が今回と同じ傷病名、同じ場所であれば昨年末の自賠責と、
今回の自賠責両方に後遺障害の請求が出来ます。
あくまでも病院に通院している事が条件です。

この回答への補足

御丁寧な回答、真に有難う御座います。
整形外科への通院は継続中です。
昨年末の診断は頚椎捻挫でした。
『任意一括』というのは相手方の任意ですべて賄っているということでしょうか?
それならば、はい、です。
保険代理人曰く、『鍼治療だけは慰謝料減額、あるいはゼロになる』らしいですが、よくはわかりません。
いずれにせよ、申請を視野に入れる価値はあるのですね。
よく考えてみます。
有難う御座いました。

補足日時:2008/09/02 20:38
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難う御座いました。
またなにかありましたら宜しく御願い致します。

お礼日時:2008/09/03 14:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング