「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

陸上自衛隊を受ける者ですが、今まではウエイトトレをしてきました。
友人が陸自にいますが、いろいろと教えてもらうと体力検定なるものがあり、
腕立てや腹筋、懸垂、の回数が重要と言われたので回数を伸ばしたいです。
ウエイトは8~12repを3set、そして48~72hは休めろという事はわかっています。
しかし遅筋はどういったスポーツ科学的なメカニズムでやればいいのかわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 ご友人が説明しているのは、筋肉を太らせる方法ですね。


実は、最大筋力を上げる( 筋肉をつける )のと、腕立て
などの回数を増やすのは、別のトレーニングになります。

 もし腕立て自体が10回くらいしかできないのであれば
話は別ですが、30回くらいはできるのであれば、毎日
トレーニングしても構いません。筋組織の断裂を伴わ
ない運動なので、48時間などの回復が必要ないからです。

 トレーニング理論が進んでいる米国のプロスポーツ選手は
毎日ウェイトルームに入ります。軽い負荷の運動は毎日続け、
重い負荷は「8~12repを3set、そして48~72hは休む」で
行ない、軽い負荷は日常的に行なっています。

 腕立ては慣れてくれば 50回+ できるようになりますが、
こうなったら日常的に続けたほうがいいでしょう。朝と晩に
やってもいいくらいです。ただ懸垂はそうそう 10 回以上
できるものではないので、足が付く状態の軽い負荷で回数を
稼ぐのがひとつの手です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうでしたか、遅筋運動なら毎日行っても良いのですね。
中学生の頃は遅筋運動をがむしゃらにやってたので30回以上は出来ましたが、
今は22回でダウンです・・・。30回もできないなら休ませるべきでしょうか?

お礼日時:2008/09/03 16:37

> 今は22回でダウンです・・・。

30回もできないなら休ませるべきでしょうか

 20回以上できるなら、毎日続けていれば1ヵ月もしないうちに
50回できるようになると思いますよ。体力に自信がない方だと
難しいですが、自衛官を目指すのならぜひ頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。頑張ります。

お礼日時:2008/09/04 05:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腕立て伏せの回数を増やす方法

腕立て伏せの回数を短期間でアップさせるには、どのようなトレーニングをしたら良いのでしょうか?

腕立て伏せ以外で、腕立て伏せに使う筋肉を効率よく鍛えられるトレーニングがあればぜひご教授ください。

Aベストアンサー

10回出来るのですから、30回は必ず出来ます。

もう上がらない限界+1回を必ず行って下さい。
確実に回数とパワーが上がります。

酷なようですが、回数の伸びない方は、必ず疲れたら止めています。
更に、死ぬ気でやれば数回行くでしょう。

ここで止めるのでなく、もう上がらない!
ここが終了地点である事は明白です。
これでも更に上げようとする方が最も回数、筋力を手に入れます。

11回無理やり上がらなくてもしようとしなければ、回数は持って行けません。
11回出来たのですから、翌日は、何が何でも12回出来るまでやります。

10回程度の方を何人も知っています。
50回を目標にしましょう。
背中に何か乗せましょう。

相当太った方でも、どんどん回数を増やす事が出来ました。
この方は、25回が50回でクリアーです。

クリア出来なかったのは、最初に、1回も出来なかった方だけです。

Q腕立て伏せの回数アップ法

38歳男性です。2ヶ月前から健康の為にほど腕立て伏せを始めました。
最初は10回位だったのがすぐ20回までできるようになりましたが
その後が伸びません。
そこで、回数を伸ばす鍛え方を知りたくて投稿しました。
-------------------------------------------------------------
現状のトレーニング
週に2回ぐらい
セット数 2セット
回数 1セット目はめいっぱいを目指すも毎度20回できつくて止まります。
   2セット目も同様で15回前後です。

Aベストアンサー

はじめまして!中学時代から陸上競技をしている20歳の男です。
中学時代から陸上が好きなのと中学・高校とキャプテンをしていたことも
あり、筋トレについてかなり自分で勉強したりして実践してきました。
その知識を色々紹介したいと思います。
筋肉についてしっかり理解し、有意義な筋トレを行って頂きたいため、
かなりの長文になると思いますが、全て読んで頂くと参考になると
思いますので、ご了承下さい!

ご存知かもしれませんが、
筋トレには、『筋持久力』を向上させるためのメニュー、
『筋肥大』をさせるためのメニューの2つがあります。
『筋持久力』とは文字通り、筋肉が少しでも長い間
 力を発揮させ続けるための持久力のことで、
『筋肥大』とは、筋肉を以前よりも太く大きくし、
 『最大筋力』を伸ばしていくということです。

ここでSuperFrogさんの20回から回数を増やしたいということを
叶えるためには、少しでも多くの回数をこなすための『筋持久力』を
鍛えることも必要なのですが、『筋肥大』のメニューをこなすことも
必要なのです。

わかりやすく説明するために筋力を数字で表しますが、
これは専門的な数字だったり、実際の筋力を表したものでは
なく、ただ単に説明しやすくするために表したものなので
気にせずに見てください!

SuperFrogの現在の最大筋力の数値を「104」と仮定します。
もし、腕立て伏せを1回するのに筋力を「5」必要となるとすると、
20回腕立てを行うと、「100」の筋力を消費することになります。
そうすると、SuperFrogの残りの筋力は、「4」ということになり、
もう一度腕立てを行うために必要な筋力「5」には達していないため、
21回目が行えないということになります。

ここで『筋肥大』のメニューをこなすことにより、『最大筋力』を
「1」だけでも増やすことができれば、SuperFrogさんの最大筋力は
「105」となり、腕立て伏せを21回続けて行えるということに
なります!

ここまでで『筋持久力』、『筋肥大』両方大切ということが
分かって頂けたと思います。
早くメニューを教えてくれとお思いかもしれませんが、
もう1つだけ重要なことがあるので、説明させて下さい!

それは『超回復』というものです。筋トレを行うということは、
筋肉の組織を壊しているということでもあります。
そして、壊された筋肉は、48時間つまり、2日間かけて
組織を修復していき、筋トレ前よりも強い筋肉を
作り上げてくれます。これが『超回復』です。

つまり、筋トレを行うには、筋トレを行った日の3日後に
また筋トレをするというのが効率が良いです!
(例:月曜日に筋トレを行ったら、
  次の筋トレを行うのは、木曜日ということになります。)

では、そろそろメニューを紹介していきます。
まず、『筋持久力』のメニューです。
・3セット必ず行える回数で、3セット行う
 (15回なら、15回必ず3セットとも行う)
・1回1回行うスピードをいつもよりもゆっくりにする
 (1回行うのに2秒かけていたとしたら、5秒くらいかけて行う。
  このメニューの場合は、10回くらいの少ない回数でもOKです。)
・腕をまげ、体が床スレスレのとこまで下げたときに3秒間くらい静止する
 (これも、10回くらいでOKです。)

次は、『筋肥大』のメニューです。
・そのセットごとで限界の回数を行い、3セット行う
 (20→15→10と回数が減ってもいいので、限界の回数行います。)
・腕立てを行うときの両手の間の幅を広げる
 (これは、普通の腕立てよりもきついので回数を減らしてもOKです。)
・ベッドやテーブルなどに足を乗せて腕立てを行う
 (これも、腕だけで体重を支えているため、きついので回数を
  減らしてもOKです。)

これらのメニューを参考にしてみて下さい。
また、3セット行うのがお勧めです。
そして、SuperFrogさんは週2回筋トレされているようなので、
1回目は、『筋肥大』のメニューを、
次の筋トレの日には、『筋持久力』のメニューを行うのが
いいと思います!
(もちろん、1回目に『筋持久力』、2回目の時に『筋肥大』のメニューを
行ってもかまいません。)

これらを参考に頑張って、鍛えて下さい!!
本当にかなりの長文になってすいませんでした。

はじめまして!中学時代から陸上競技をしている20歳の男です。
中学時代から陸上が好きなのと中学・高校とキャプテンをしていたことも
あり、筋トレについてかなり自分で勉強したりして実践してきました。
その知識を色々紹介したいと思います。
筋肉についてしっかり理解し、有意義な筋トレを行って頂きたいため、
かなりの長文になると思いますが、全て読んで頂くと参考になると
思いますので、ご了承下さい!

ご存知かもしれませんが、
筋トレには、『筋持久力』を向上させるためのメニュー、
『...続きを読む

Q3000m走のトレーニング

もうすぐ20歳になります。
半年前までは運動はしていたのですが、今は全く動いていません。

仕事で3000mを走ることになりました。
選ばれたからには全力でやりたいと思ってます!

そこで3000m走が速くなるトレーニング方法はありますか?
仕事の都合上、3日の内1日はどうしてもトレーニングができません。
何かあればアドバイス下さい!

Aベストアンサー

長期間練習するのか短期間で仕上げたいのかで答えは変わりますが

陸上競技をやっていたものから、言わせてもらえば
どの距離でも距離感をつかむことが大事なので
3000メートルと言う距離感を自分のものにするために練習をすべきです
まず、3000以内であるとこの400メートルからはじまって、1500メートルあたりを息を整えた状態で何本か走ります
これは陸上競技では距離が短いなら短い距離で距離が長いなら長い距離なりにスピード養成が必要なのです
そして、トレーニングでは短い距離の設定の場合にはその走る回数を多くするようにします

3000メートル以内の距離を何回も走ることでスピードの養成をします

連動して3000メートルより長い距離も走ります
5000メートルくらいがよいでしょう
これも陸上競技選手は自分の担当の距離より長く走る練習もしてスタミナを養います

そうした中で
3000メートルに
おけるスタミナの配分と自分の実力を覚えていきます
全てに全力疾走は無理なので、どこでスピードアップすべきか変化をつけながら自分のものにしていきます。(どんな変化でも走り通すということが大事でありその中で自分の得意なペースを作るわけ)

試合は短い距離の練習をしているので、少しぐらい
ハイペースでも
ついていけますが
そのペースで3000メートルは無理だと感じたら、いずれどこかでペースダウンするか
集団離脱を容認しないとなりません
バテバテ覚悟でいけるとこいくと言う作戦もありますがタイム的には
期待できません

日本選手権上位者は、いろんなシチュエーションに対抗できるようにペースを変えながらの練習もしますが
一般アマチュアはそこまでは難しいので

参考までに

a
(1)ウォーミングアップ
(2)3000メートルジョギング
(距離を覚えるため)
(3)息を整えてから全力疾走
400m×5本
(スピードトレーニング)
(4)5000メートル走(タイムより走りきることを主眼に)
(5)クールダウン

これが練習内容ですね。

スピード強化は
400メートルを800メートルに変えたなら三本程度にして1500メートルに変えたなら二本程度にします。
それに連動して5000メートルも4000メートルや3000メートルに変更します

スピードとスタミナに慣れるので
後は3000メートルをどう走れば
一番よい成績になるかということです

これは人それぞれタイプがあります
先頭を譲らないことが信条のタイプは先行逃げ切り型のスピード練習重視を

後半、勝負どころでスパートタイプなら、スパートとスタミナのバランス練習を

根性走りで
つき離されないことが信条なら
スタミナ重視と
いうことに
なります

試合はペースも
上がったり
下がったりで
駆け引きがあるのですが
アマチュアだと
駆け引きも甘く
行ったままと
いうレースが
多いです

そのためにも
最初の先頭集団に残れるように
スピード練習を
しておき
そしてイーブンなペースに落ちたらスタミナ練習での成果に期待します
最後は二の足的な再度のスパートが可能かどうかが
勝敗を左右します
一流選手だと
3000メートルは
8分以内に駆けてしまいます

9分を最初の目標にして頑張ってください

さらに大切なのが苦しくなったら
手で走ると言うこと

足が思うようにならないなら
手を動かして足を強制的に運びます

それには手のウエイトトレーニングも必要です

さらに、肺活量の強化

これは、スピード練習の時に
息を整えたらスタートとありましたが
若干、息が上がっている中でトレーニングをするなり
または、普段から息止め練習をすることで拡大できます

一回の呼吸での
摂取酸素量が多いほど有利ですから
ここまでやって
さらにもっと早く走りたいのなら
フォームの矯正です

省エネフォームを会得すれば
実力が上がります
フォームも
人それぞれですから一様にどれが
いいとは言えませんが
中距離~長距離においては省エネでかつスピードを
落とさないフォームです

かかとを落として走るとそのたび
ブレーキをかけているようなものです

つまさきから着地するフォームが
向いていますが
会得するのは
大変です

長期間練習するのか短期間で仕上げたいのかで答えは変わりますが

陸上競技をやっていたものから、言わせてもらえば
どの距離でも距離感をつかむことが大事なので
3000メートルと言う距離感を自分のものにするために練習をすべきです
まず、3000以内であるとこの400メートルからはじまって、1500メートルあたりを息を整えた状態で何本か走ります
これは陸上競技では距離が短いなら短い距離で距離が長いなら長い距離なりにスピード養成が必要なのです
そして、トレーニングでは短い距離の設定の場合にはその...続きを読む

Q自衛隊で働いている人の身体能力とはどの程度なんでしょうか。

自衛隊で働いている人は
腕立て・腹筋・スクワット等どのくらい出来るのでしょうか。

こんな基礎トレで表したところで、どの程度も身体能力をはかるバロメーターにはならないことは分かりますが
基礎的な筋トレはどのくらいなのかなぁと思い質問させてもらいました。

筋肉番付とかで腕立て300回とか腹筋300回とかやっているのをみてナレーターが凄い凄いと言っているのですが、
その程度って結構出来るものですよね?

自衛を仕事している人たちなら平均殿程度出来るものなんでしょうか

Aベストアンサー

腕立て伏せ 28回
膝半屈腹筋 40回
3000m走  16分33秒
懸垂腕屈伸 3回
走り幅跳び 360cm
ボール投げ 30m以上

上記が体力検定7級で、陸自の場合ですがこれをクリアできてればとりあえず問題ないようです。腕立て・腹筋は各2分での記録で無論学校等でやってるようなのではなく、しっかりした体勢で一回一回きっちりやらされます。
他に陸自の最精鋭部隊の一つ第一空挺団(通称:第一狂ってる団)になると体力検定1級~2級はクリアしてないと辛いようです。

一級 / 二級
腕立て 82 / 72
腹筋85 / 77
3000m11,26 / 12,22
懸垂17 / 14
走幅跳5,10 / 4.80
ボール投60 / 56

そして以下は空挺の人の平日のメニューだそうです。

1時間走(約11km程度)
懸垂×10~12回 2セット(毎回腕を伸ばしっきってあげる時は顎を鉄棒より上に持っていく)
腹筋×60~80回 2~3セット(出来れば斜めになっている台の上で)
腕立て×40~50回 2~3セット(下げた時胸を地面ぎりぎりまで持っていく,尻は上げない下げない一本の線のように)
スクワット×50回 3セット(荷物を背負うなど負荷をかけて膝の角度は45度)

余談ですがレンジャー等はさらに過酷なトレーニングをしているのもあります、場所にもよりますが炎天下で数キロの小銃を持ちゴツいブーツを履きながら20キロ走でしかも途中何度も全力疾走させられたり、30キロの背嚢を背負って4日間不眠不休で樹海を行軍し途中訓練も行うとか。
冬季レンジャー訓練はさらに過酷で本気で死を覚悟するそうです。

腕立て伏せ 28回
膝半屈腹筋 40回
3000m走  16分33秒
懸垂腕屈伸 3回
走り幅跳び 360cm
ボール投げ 30m以上

上記が体力検定7級で、陸自の場合ですがこれをクリアできてればとりあえず問題ないようです。腕立て・腹筋は各2分での記録で無論学校等でやってるようなのではなく、しっかりした体勢で一回一回きっちりやらされます。
他に陸自の最精鋭部隊の一つ第一空挺団(通称:第一狂ってる団)になると体力検定1級~2級はクリアしてないと辛いようです。

一級 / 二級
腕立て 82 / 72
...続きを読む

Q腕立て30回x1より10回x3のほうがいい?

筋トレをするときに、腕立て30回→腹筋30回→背筋30回とやるよりも
腕立て10回→腹筋10回→背筋10回を3セットという風に分けてやるほうが
効果があるもんなんでしょうか?

Aベストアンサー

1回も出来なくなる回数までやって、それで1セット完了です。

筋トレの効果を左右するのは、筋肉にどのぐらい重い負荷をかけるかという事です。30回もできるような軽い負荷だと体型の変化や筋力アップはほとんど見込めません。

だいたい8~12回しかできない負荷が効果的。少ない回数しかできない内容のほうが当然負荷は高いです。肉体改造はそれほどできなくても持久力さえつけばいいという場合でも、せめて20回以上はできない重さにすべき。1回も出来なくなるまでやるという原則は同じ。

回数が少なくなるのは内容がキツイからです。ですから、30回も40回もできる内容という時点であまり効率的ではありみあせんし、それを途中で区切って10回前後ずつに分けるのはますます無意味です。

1回の上下に10秒ずつかけてみてください。
またはプッシュアップバーを使って、10cm程度の台の上に足を上げてやってください。

https://www.google.co.jp/search?hl=ja&tok=drnPIYgtqX5EsX55r6o4Lg&pq=%E8%85%95%E7%AB%8B%E3%81%A6%E4%BC%8F%E3%81%9B%E3%80%80%E8%8B%B1%E8%AA%9E&cp=5&gs_id=hi&xhr=t&q=%E3%83%97%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%90%E3%83%BC&client=firefox-a&hs=SYV&rls=org.mozilla:ja:official&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.r_cp.r_qf.&bpcl=37189454&biw=1400&bih=544&um=1&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=C42UULv-G4zjmAXY_oCAAQ

プッシュアップバーは安くてなかなか便利です。
腹筋腹筋ローラーがあると腹筋・背筋も捗ります。

https://www.google.co.jp/search?q=%E8%85%B9%E7%AD%8B%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a&um=1&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=v46UUOmiOOnQmAXV34HgCw&biw=1400&bih=544&sei=w46UUN3CGOL2mAWJnYDQCg

完全に道具無しではいろいろ面倒なので、このぐらいは用意したほうが良いと思います。


無理しない負荷で回数や頻度をコツコツたくさん続けても変わらないけれど、1回1回の負荷がしっかりしていると、少ない回数を週2日しかやらなくても何倍も早く成果が見えてきます。

1回も出来なくなる回数までやって、それで1セット完了です。

筋トレの効果を左右するのは、筋肉にどのぐらい重い負荷をかけるかという事です。30回もできるような軽い負荷だと体型の変化や筋力アップはほとんど見込めません。

だいたい8~12回しかできない負荷が効果的。少ない回数しかできない内容のほうが当然負荷は高いです。肉体改造はそれほどできなくても持久力さえつけばいいという場合でも、せめて20回以上はできない重さにすべき。1回も出来なくなるまでやるという原則は同じ。

回数が少なくなるの...続きを読む


人気Q&Aランキング