出産前後の痔にはご注意!

学校で”~に驚く”という熟語として
be surprised at ~ と習いました。
が先日教科書に、
You will be surprised by my body.
という文が出ていました。
by と atではニュアンス的に
何が違うのですか??
生徒に聞かれて困ってます。
あさってには答えてあげたいので
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

A NO1#の方の答えでいいと思います。


ただ
「The dog surpprised me. を受動態にせよ」の答えを
I was surpprised at the dogとする問題は30年近く前(1970年代まで)にはありました。が今は姿を消しているはずです。意味が違うことが指摘されたからです。The dog surprised me の受動態はI was surpprised by the dogです。

The dog surprised me
「その犬は私をびっくりさせた」のsurpriseは「驚かせる」という動詞

I was surpprised by the dog.
「私はその犬にびっくりさせられた」
はsurprise動詞「驚かせる」の受動態surprisedは純然たる動詞の過去分詞でthe dogは行為者を表す。
surprisedが動詞であることの証拠に強調したければvery muchかmuchが用いられる。(たしか昔の中学ではmuchを使うと教えていた)
I was very much(/much) surpprised by the dog.
(ただしnativeにより個人差あり)

I was surprised at the dog.
「私はその犬にびっくりした」
これはsurprisedが過去分詞、つまり「受身」の意識を失って「びっくりした」という(能動の)意味で完全な形容詞になった(or なりつつある)文です。従って、この文を”能動態に戻す”ことはできませんし、ましてthe dogsurprised meの受動態などでは決してありません。(interestingが「興味づかせる」という現在分詞ではなくではなく「興味深い」という形容詞なのと同じことです)このsurprisedが形容詞であることの証拠に強調したければveryが用いられる
I was very surprised at the dog.。

atは、学校文法では「感情の原因」を表すと言われます。新しいところ(認知意味論)ではatが, I get up at 6「私は6時(という時点)に起きる」I arrived at the town 「私はその町(という地点)に到着した」などのように「1点(に意識が集中すること)」を表すことから、次のように解釈されることもあります。
He was surprised at the dog.において
「彼が驚いた(能動の意識!)」時、「『彼』の気持ちは『その犬』(という1点)に集中していた」

生徒には、「be surprised at の文は『受動態』ではなく『be+形容詞』であり、「『驚いた』のではなく『~に驚かされた』と受動であることを強調したければbyを使うこともある」と言えばいいと思います
(byを使うことは現在では『まれ』とする辞典もありますが、googleでhit数を見ると意外と多い! ご自分で確認してみてください)

なおat以外にabout,with(古風!)を使うこともあるとする辞典もある。(学校のテストでは×でしょが)

ご指摘の
You will be surprised by my body.
という文はどういう文脈で使われているのでしょうか?

また学校の先生でしたら
雑誌「高校英語」で連載されたクエスチョンボックス
の集大成である「英語語法辞典」(1,続、3集あり、またその簡略版は安価で手に入ります)「英語語法活用大辞典」(上記の索引)に詳しく書かれていますので、図書館でご覧になってはどうですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくお返事ありがとうございました。
そのままコピーしてプリントアウトし
生徒に渡しました。喜んでいました。
異様に知的好奇心というか知的レベル
の高い生徒なので(中2)時々
困ります。

お礼日時:2002/12/18 18:59

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

 謹慎休暇<g>を取っていました。 帰ってきましたので、これからもよろしく!!

はい、受験英語の間違いです。 いまだに教えているとは知りませんでした。

では説明しますね。 「~に驚く」は「~に対して」驚くという意味なんですね。 つまり「~によって驚かされる」ではないんですね。

という事は、日本語で、「~に驚く」という表現には、二つの意味あいがある(つまりフィーリング)があるという言う事なんですね。 ですから、この次からはこのことが頭に浮かんだら、「~によって」なのか「~に対してなのか」、差別してみてください。

I'm surprised at you.はあなたに対して驚いた。 あなたって言う人は!、そんな人とは知らなかった、ということなんですね。

それに対し、I'm surprised by you.はあなた(の出現)に驚かされた。という意味なんですね。

ですから、この例文のYou will surprised by my bodyということは、私のボディーに驚かされるだろう、つまり、私の変わり果てた(とか、ボディービルで鍛えたなど)ボディーの出現(つまり、見たら/知ったら)驚かされるだろう、つまり、「見たら、驚くぜ!」という事なんですね。 他の英語の言い方で言うと、You will be surpised if you see my body.

じゃ、You will be suprised at my bodyは? ですよね。 これは、見たら驚く(つまり驚かされる)、ということより、ただ、変わった体に対して驚くでしょう、つまり、俺の体は前より変わったんだぜ、といっていることになります。

ですから、このbyを使い、驚かされるという、受動態のフィーリングを出しているということなんですね。

paninixxさんの説明もすごくきれいにまとまっていると思います。

これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
35年もアメリカにいるなんて
大変ですね。
参考にさせていただきました。

お礼日時:2002/12/22 00:17

昔習った事の丸暗記ではなく少し大きめの辞典で用例をおさらいしてください。



suppriseは驚かす、びっくりさせるという意味ですね。You surpprised me.

驚くはbe surpprisedという受動態で表されます。
I was surpprised at the dog=The dog surpprised me.

He was supprised to see me.

by は受動態で行為者を明確に表すためです。誰によって(何によって)驚かされたか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大きな辞書、買わないとダメですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/12/18 19:02

byの方は『受身性が強い』そうで、


「予想外の」というニュアンスが含まれるそうですよ。
参考にして下さい(^^ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにその教科書は
”五体不満足”の英訳
で、”驚かされた”と
受身的にとるのが最もです。
お答えにより、
例文のニュアンスも
納得です。ありがとうございました。

お礼日時:2002/12/18 19:05

純粋に、"by"の場合は、


「受動態」のために"by"を使っているのだと思います。

これを能動態になおすと、
My body will surprise you.
(私の身体はあなたを驚かせるでしょう。)
になりますから。

"at"を用いる場合のsurprisedは
形容詞的性格が強くでている時のようです。
だからveryで修飾されるそうです。
(と辞書に書いてありました)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

#4の方のご回答と一緒に
そのままコピーさせて頂いて
生徒に渡しました。
ありがとうございました!

お礼日時:2002/12/18 19:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qcovered with とcovered inの違い

covered with とcovered inの違いはあるのでしょうか。あるとすればどのように使い分ければいいのでしょうか。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

これはかなり難問だと思います。結局のところ、最終的には、前置詞単独のニュアンスの違いということになると思います。

Longman Languate Activater を引くと、このようになっています。

*covered
covered with /in / by

つまり一緒の扱いになっています。例文を、Activaterから拾ってみます。

1. The desk was a mess, completely covered with papers and pens.

2. When the children returned home, covered in dust, parents began to complain.

次に、Colins Cobuild E. D. にこのように書かれています。

If something is filled or covered with a substance or with things, it has that substance or those things in it or on it.
「あるものが、物質によって、filled or covered with されているということは、そのあるものがその物質を有しているか、そのあるものがそのものを、そのあるものをin(中)か、on(上、表面)に有していることになる。」

(一方、covered in に関しての例文は、様々な英英辞典を見ましたが、出ておりませんでした)→ ということは、

結論:これは、前置詞単体のニュアンスの違いということである。

英和辞典には、coverd の説明で、「with, by は表面が隠されていることを示し、in はあるものの中にすっぽり収まっていることになる」となっています。

そうすると、Longman Activater の例文に戻ると、

with は机上が、メチャメチャで、覆われていることを表し、Cobuild の説明と一致します。一方、in は例文から、「ホコリでいっぱいで」という感じだと思います。

(ちなみに、英和も英英も、in の場合の例文は、dust で共通です)

そうなると、with は「表面を覆っている」ニュアンスで、in は 「あるものな中がすっぽりいっぱい」というニュアンスかと思います。

うまく説明できないのが、単語のニュアンス。少しでも参考になればと思います。もし、前置詞の深いニュアンスを掴むためなら、「前置詞活用辞典」(三省堂)が深く学習できると思います。

誤字等はお許しください。

これはかなり難問だと思います。結局のところ、最終的には、前置詞単独のニュアンスの違いということになると思います。

Longman Languate Activater を引くと、このようになっています。

*covered
covered with /in / by

つまり一緒の扱いになっています。例文を、Activaterから拾ってみます。

1. The desk was a mess, completely covered with papers and pens.

2. When the children returned home, covered in dust, parents began to complain.

次に、Colins Cobuild E. D. にこのよう...続きを読む

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。

Qbe known as~とbe known forの違いについて

His name is known as a great composer.
This town is well kown forits old castle.

be known as~「~として知られている」とbe known for「~で知られている」の違いがわかりません。日本語の他に何か違いはあるのでしょうか。

私考えたんですけどA be known as BのほうはA=BでA be known for Bのほうは
A≠Bなのではないかと思ったのですがこの区別は有効でしょうか。

また、他に「~」に来る部分が違うなど違いをお知りの人は教えてください。

Aベストアンサー

お考えの

私考えたんですけどA be known as BのほうはA=BでA be known for Bのほうは
A≠Bなのではないかと思ったのですがこの区別は有効でしょうか。
は、かなりいい線を行っていますが、あと付け加えるならば、for は「理由」をあらわす前置詞であると言うことです。ですから、know に限らず、
be noted for / be celebrated for / be famous for などもあります。
例文では、町が有名な理由が城だというわけです。

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Qbe surprised thatについて

いつもお世話になっています。

以下の文についてお教え頂けないでしょうか。

I'm surprised that she should have felt so angry.

(1)このようにsurprisedの後のthat節は可能と理解しています。
しかし、どうして可能かがわかりません。
その理由は、
surpriseは他動詞→他動詞にedをつけたら自動詞→従ってsurprisedの後は目的をとれない。
と考えております。
どうしてsurprisedがthat節(目的格)をとれるかを平易にお教え頂ければ幸いです。

いつも基本的なことで恐縮でございますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8864972.html

be sure that
be afraid that
be sorry that
be surprised that
be glad that
こういう表現はいくらでもありますが、
この that 節を説明するのに、形容詞は目的語をとらないので、
普通の名詞節とは説明できず、副詞節、というのがよくある考え方です。

so ~ that 「とても~なので」など、副詞節としか言いきれないものもありますし、
同様に、理由を表わす感じなので、そういう副詞節と説明するのもわかります。

私も10年くらい前まではそういう考えだったかもしれませんが、
今では名詞節と感じます。

無理やり、be sure とか、be certain で think 的な「~と思う」的表現と考えることも可能です。

それが無理なら、手法としては be certain of the fact that ~の省略表現とする。
あるいは、前置詞 of の後に that 節は来れないので、自然に前置詞が消滅した。

普通にはこの that 節は副詞的に M(修飾部)と考えればいいと思いますが、
私は名詞節で of (the fact) を補って、目的語的(あるいは fact と同格)
と感じます。

引用終わり

be surprised であれば be surprised (at the fact) that ~
と考えることもできます。

1つの手としては多くの辞書がしているように、
理由を表わす副詞節とする、でいいと思います。

私も昔はそうでしたが、今では名詞節に感じます。

他の回答にあるように、単純に that は接続詞、というのでいいのかもしれません。
名詞節で目的語、というのは大切な考えではありますが...

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8864972.html

be sure that
be afraid that
be sorry that
be surprised that
be glad that
こういう表現はいくらでもありますが、
この that 節を説明するのに、形容詞は目的語をとらないので、
普通の名詞節とは説明できず、副詞節、というのがよくある考え方です。

so ~ that 「とても~なので」など、副詞節としか言いきれないものもありますし、
同様に、理由を表わす感じなので、そういう副詞節と説明するのもわかります。

私も10年くらい前まではそういう考えだった...続きを読む

Q「映画をみる」を英語に訳すと。

今まで「see a movie」と訳してきましたが、今日の参考書に「watch a movie」と書いてありました。

どちらが正しいんですか?
また、両方正解なら、どういったニュアンスの違いがありますか?

高1です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。

こう考えてもいいと思いますよ。

see a movie
watch a movie

は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now.などですね。

seeは見ると言う経験をする
watchは観ると言う行為をする。

I saw the movie 見た経験・事がある
I watched the movie. 観た

I am seeing the movie now. 使わない (下を参照)
I am watching the movie. 観ている

I will see the movie. 見る経験を持つ予定
I will watch the movie. 観るつもり

I'm gonna see a movie tongiht. 見る経験を持つつもり
I'm gonna watch a movie tonight. 観るつもり

上のI'm seeing the movieですが、今進行しているという言い方では使わないですが、未来形としての現在の予定、と言う意味では問題なく使います。 I'm seeing the movie next week with Jackie.と言う感じですね。

確かにwatch a movieと言うとビデオやテレビで見るというフィーリングがありますが、見たという経験を言いたいのであれば、I saw the movie on TVと言う表現は全く問題ないわけです。 テレビで見た経験があるよ、すなわち、テレビで見たよ、と言うことになり、テレビで見たよ、はI watched the movie on TVは、テレビで見た行為をした(これも日本語では、テレビで見たよ、となりますね)、と言うフィーリングになるわけです。

I saw him. 彼を(そのときの)みた経験がある、すなわち、彼を見かけた、と言うことになり、I watched him.と言うと彼を見る行為をした、すなわち、彼を観察した、と言うことになるわけです。

ちょっと断言しすぎたところはあると思いますが、このmovieについてはこのようなフィーリングを元に使っています。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。

こう考えてもいいと思いますよ。

see a movie
watch a movie

は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now.などですね。

seeは見ると言う経験をする
watchは観ると言う行為をする。

I saw the movie 見た経験・事がある
I watched the movie. 観た

I am seeing the movie now. 使わない (下を参照)
I am ...続きを読む

Q[be kind of]と[be kind to]の違い

[be kind of]と[be kind to]の違い

[be kind of]と[be kind to]の違いって何ですか?
教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

一般的にtoは方向を示します。したがって、kind toは「~に親切に」という意味で、
My mother is very kind to anyone. 「母はだれにでもとても親切です」
Be kind to anyone. 「誰にでも親切にしましょう」

be kind ofの場合、相手や他人の性格など評価する時に使います。
たとえば、It's kind of you to give me the book. 「その本をくれるなんてあなたは親切ですね」
この文型の場合、You are kind to give me the book.とおきかえれます。

It's difficult for me to read the book.の場合、difficultのところはそれぞれ判断を述べる形容詞が入ります。上のkind ofの文のようにいいかえることができません。

Qlookとtake a lookのニュアンスの違いを教えてくださいm(・0・)m

『見る』を辞書で調べると、look.take a look. have a look などが書いてあるのですが、それぞれのニュアンスの違いがわかりません。なんとなくでもいいので、違いがあれば教えてください。

Aベストアンサー

日本語では動詞で表現するものを英語では名詞で表現すると
よく言われます。

take a look, have a look とすると、名詞 look の前に
色々と修飾語を加えることができ、表現する上で都合が良いからです。

take a look なら「ちょっと見てみる」、
take a long look なら「じっくりと見る」

動詞を修飾するのに、いっぱい副詞をつけるのは
わかりにくく、表現しづらいのです。


人気Q&Aランキング