マンガでよめる痔のこと・薬のこと

社会科で「杉田玄白」について調べてまとめるんですが、Wikiとかみてもどう短くするかわからないし(新聞をつくります)
なにか良いサイトのURL教えてください。こんな厨房のお願いをきいてください。どうかおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

杉田玄白さんの、主な 「経歴」です。



江戸(今の東京)、牛込の小浜藩酒井家の下屋敷に生まれる。

青年期には家業の医学修行を始め、医学は奥医の西玄哲に、漢学は本郷に開塾していた古学派の儒者宮瀬竜門に学ぶ。

宝暦4年(1754年)には京都で山脇東洋が、処刑された罪人の腑分け(人体解剖)を実施している。国内初の人体解剖は蘭書の正確性を証明し、日本の医学界に波紋を投げかけるとともに、玄白が五臓六腑説への疑問を抱くきっかけとなる。

明和2年(1765年)には藩の奥医師となる。
明和6年(1769年)には父の玄甫が死去。家督と侍医の職を継ぎ、新大橋の中屋敷へ詰める。

明和8年(1771年)、自身の回想録である『蘭学事始』によれば、中川淳庵がオランダ商館院から借りたオランダ語医学書『ターヘル・アナトミア』をもって玄白のもとを訪れる。玄白はオランダ語の本文は読めなかったものの、図版の精密な解剖図に驚き、藩に相談してこれを購入する。偶然にも長崎から同じ医学書を持ち帰った前野良沢や、中川淳庵らとともに小塚原刑場(東京都荒川区南千住)で死体の腑分けを実見し、解剖図の正確さに感嘆する。玄白らは『ターヘル・アナトミア』を和訳し、安永3年(1774年)に『解体新書』として刊行するに至る。

晩年には回想録として『蘭学事始』を執筆し、後に福沢諭吉により公刊される。
以上。

長くなりましたが、玄白さんと言えば『解体新書』と『蘭学事始』は、削除できないと思います。
それ以外なら字数を減らして行って構わないのでは?
    • good
    • 4

wikiにだって著作権がありますよ。

なんでも勝手に写して
発表はできません。新聞やってるならその辺のとこから
勉強汁。

この回答への補足

すみませんが、新聞とってませんorz

補足日時:2008/09/05 20:39
    • good
    • 1

Wikiなんてゴミレベルのインチキ辞書を使うよりも、図書館に行って吉川弘文館の『国史大辞典』で「杉田玄白」の項目を調べ、さらに岩波書店の『日本史辞典』や山川出版の『日本史人物辞典』も参考にした方がいいですよ。


良書を読んだ方が、記述のまとめ方が分かると思います。

この回答への補足

図書館に行きたいんですけど、部活でいく時間がないんですよ。
だから学校でのサイトでみたいんですが(。。;)

補足日時:2008/09/05 20:40
    • good
    • 3

学校新聞なんかで、記事を書く時は、まず字数と段数を確かめます。

それに合わせて、何をした人か、どういう人か、生い立ち、歴史・背景とか当時の時代背景とかを書いてみて、予定した枠がはみ出たか、反対に文章が足りないとかを見ながら、どこを重点的に表現したいかを考えて構成してみてください。

Wikiの記事が一番良くまとまっていると思います。それをまず、予定の枠に全部入れてみてください。はみ出すか、足りないか。多分、大幅にはみ出すでしょう。それを最初に助言した方法で切り込みしてください。それが出来ないと、受験もおぼつかないですよ。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング