学生時代硬式テニスをやっていたこともあって、仕事とは別に無償で子供たちに硬式テニスを教えています。
 基本ドリル、試合練習もやり、試合にも出ていますが、なかなかパターンがマンネリになってしまい。飽きてしまうところがあります。
 少し遊びの要素も入れ、そして、実力を付ける要素も入っていて、楽しく展開するのがジュニア指導で大切だと聞きます。(鬼ごっこだけでもダメだとおもいますが。)
 ホームページでそのへんの実例や練習ドリルを載せているものはありませんか?お教え下さい。大変、苦労しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

スペインドリルはどうですか?



バリエーションを加えれば実践向けのドリルになります。

これにはダブルステップ必須となります。詳しくは「ダブルリズム」というDVDがウイルソンから出ています。

同じ鬼ごっこでもサイドステップだけでするとか、どうでしょう?
    • good
    • 0

1番さんの回答に、そしてほめること


言葉が悪いですが
好きにしてしまえば焼いて食おうがにて食おうが勝手
恋愛と同じです。
好きになればどんな厳しい練習にもついてきます。
好きなしてしまえば相手も工夫します。

悪い点よりも良い点を見つけてとにかく、ほめる、ほめる、またまたほめるたまに冗談でけなす(傷つけないように)

テニスで上手になるこつは玉をしっかりつなぐ事です。何本でも打てる打法に間違いがあるわけありません
間違えても打点を高くしてフラットでガンガン
等度指導しないでください。
(正しい打ち方か技術的に未熟なのかはっきりしない。往々にして打法に問題があるケースが多いです正しい技術でないものをいくら練習しても巧くはなりません)
よしんば正しい打法でも楽しいゲームができないので意欲がそがれます。上達が遅れます。
つなげる延長で攻撃的な打法を身につけさせた方が絶対的に上手になります。
練習は攻撃的なものの方が楽しいですから指導には工夫がいります(攻撃的な練習をさせていると思わせながら守備の練習をさせている等)

ほめることとしっかりボールを持たせることを心がけて指導すれば沢山の名選手がでると思います。
頑張ってください
    • good
    • 0

ホームページには、まだ載せていませんが、私はアルバイトコーチの経験があり、


今でもテニスを教えることが多いです。
ジュニア指導に関して、これからまとめますので、少し時間をください。
一言、指導で一番大切なことは「しからない」ことですね。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~cab38110/tennis.htm

この回答への補足

ありがとうございます。しからないことは大切なことだと思います。ジュニアの指導のまとめ待っています。よろしくお願いいたします。

補足日時:2001/03/02 22:16
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硬式テニスとソフトテニスを交互に練習するのはやめたほうがいいですか?

硬式テニスとソフトテニスを交互に練習するのはやめたほうがいいですか?

Aベストアンサー

どのような目的なのでしょうか?

軟式テニスはダブルスしかなく、シングルスもある硬式テニスとは、コートの使い方が違います。

また、軟式と硬式のボールのスピード、バウンドなどは全く異なるため、その対応にも違いが生じます。

同じように見えて、全く違う競技であることを知っておいてください。

Q硬式テニス、試合の一回戦で実力が出せません

高校生で試合に出るようになって一年以上経つんですが、硬式試合の一回戦で実力が出せません。かなり格下の相手でもかならず4-2とか5-2とかリードされて何とかまくれたら勝てるという感じで、弱い相手にもこっちのミスだけで簡単に負けてしまいます。アップはストレッチ、ランニング、素振りをしています。試合会場ではボールを使った練習はできないんで。しかし、合宿で部内戦をしたりといったときは試合前にボールを使った練習ができるので実力に近いものが出せています。ちなみに一回戦を何とか勝てたときは2回戦では実力に近いものが出せています。
そこで、何度も悔しい思いをしているので、一回戦から実力を出せるようになりたいんですが、どうすればいいでしょう??何かアドバイスください。お願いします。

Aベストアンサー

的確なアドバイスは出来ませんが、私の経験から…

私もどちらかと言うと783467393さんと同じタイプです。つまり、その日最初の試合で自分のテニスが出来るか?あるいは練習の成果がしっかり出せるか?が不安なのです。加えて身体的(脳も含めて)に覚醒していないのか、普段の動きではないことがしばしばありました。
しかしそんな時は「自分はあれだけきつい練習をしたじゃないか!十分やることは継続してやったじゃないか!」と心の中でつぶやきながら自己を鼓舞し、徐々に試合中に低調な自分を高めていきました。はるか昔の思い出ですが…

だいたいテニスプレイヤーは真面目派とマイペース派の2つに大別出来ると思います。前者は執念や気力があって、おのれの技術を高めるために、きつい練習や反復練習をいとわず自分を鍛えるタイプ(コーチのし甲斐があるタイプ)。後者は自分は結構何でも出来るという自惚れ屋さん(コーチのしたくないタイプ)です。しかしこの自惚れ屋は、時として大物を食ってしまったり、普段見かけないようなパフォーマンスを本番でかましてしまうのです。一方真面目派は練習は熱心なのですが、いざ本番では緊張したり萎縮したりして、ときに普段の成果を発揮できないという不幸な事態に陥ったりします。
とは言っても自惚れ屋は、いずれ練習不足が露呈し、競り勝つことが出来なかったり、プレイが不安定だったりするので限界も低いと思います。
理想は練習は真面目派、試合はマイペース派くらいの気持ちで望むのが丁度良いかもしれません。

この辺が何かヒントになれば良いと思いますが、とにかく経験を積むことによって自分流のやり方を見つけて徐々に解消していくしかないと思います。

的確なアドバイスは出来ませんが、私の経験から…

私もどちらかと言うと783467393さんと同じタイプです。つまり、その日最初の試合で自分のテニスが出来るか?あるいは練習の成果がしっかり出せるか?が不安なのです。加えて身体的(脳も含めて)に覚醒していないのか、普段の動きではないことがしばしばありました。
しかしそんな時は「自分はあれだけきつい練習をしたじゃないか!十分やることは継続してやったじゃないか!」と心の中でつぶやきながら自己を鼓舞し、徐々に試合中に低調な自分を高めていきま...続きを読む

Qテニス(硬式) 試合になると弱い

テニス経験:3年(2回/週) 性別:男
試合経験:ダブルスで少々

試合について以下のことに困っています。

1.ダブルス,シングルスの試合時、相手の実力が自分と同じぐらい、又は少し強かったりすると、どうしても勝ちたいという気持ちが強くなり過ぎてしまい、気持ちが空回りしてミスが多くなり負けることが度々。(緊張のせいなのか、心臓がドキドキして、脚も震えたりします。)

2.対戦相手よりも練習の時はサーブ,ストローク,ボレーと、一つ一つの技術は自分の方が上なのに、シングルスの練習試合をするといつも負けてしまいます。何故なのでしょうか? 私はシングルスの試合経験は殆ど無く、ゲームの組立はさっぱりわかりません。いいリターンをしても前に出られないときが多いです。 対戦相手はいつも「打ち合うと負けるから」と言っています。

すごい悔しいので、誰か良きアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

aruchanの気持ちよくわかります。
1.については、まずaruchanさんがその試合に「勝ちたい」という気持ちが強すぎて、いわゆる感情のコントロールができていない状態だと思います。このような時は概して心拍数が上がったり腕や脚の筋肉がこわばってしまうものです。この様な場合は、なるべく早くその状態から脱するために何かをイメージするか何かの行動を取るべきです。
そこで問題なのがここで言う「何か」ですが、無責任なようですが私にもaruchan用のその何かはわかりません。例えばaruchanさんが練習中にすごく良いプレイやショットをしている時にはきっとこの「何か」が存在しているはずです。
一般的には、心理的な集中力や闘争心と身体的なリラックスとの結合が試合中で最高のパフォーマンスを生む、などと言われていますが、この状態を作るには、きついトレーニングと練習、それに1試合でも多くのゲームをこなす以外方法は無さそうですよ。

2.について、
この対戦相手はaruchanさん対して自信満々の勝ちパターンを持っているのです。そして試合に勝つための技術はaruchanさんより上ということになるわけです。ですからこの対戦相手はいざゲームが始まると何かのスイッチをONにしてキッチリと自分の勝ちパターンで試合を進行するのです。
今のaruchanさんは対戦相手に完全に呑まれてしまっています。この対策は考えるよりまずとにかくシングルスのゲームを沢山こなして自分のスタイル(例えばストロークで勝負するか、サーブ・アンド・ボレーで短期決戦か、オールラウンダーで適宜攻めるか、あるいは相手に応じたカウンター・テニスで行くかetc)を見つけることです。
その前に、ここに良いヒントがあります。対戦相手の「打ち合うと負けるから」という一言。これって自分はネットプレイが得意と言っているようなものですからaruchanさんも一度対戦相手が得意なサーブ・アンド・ボレーで首尾一貫戦ってみるのも面白いと思います。ここで重要なのは勝とうが負けようが最後までこのスタイルを貫くことです。とりあえず試してみては。

あなたの対戦相手は優しい人だと思います。
でもいつまでも「打ち合うと負けるから」などと言わせておいてはいけませんよ。

aruchanの気持ちよくわかります。
1.については、まずaruchanさんがその試合に「勝ちたい」という気持ちが強すぎて、いわゆる感情のコントロールができていない状態だと思います。このような時は概して心拍数が上がったり腕や脚の筋肉がこわばってしまうものです。この様な場合は、なるべく早くその状態から脱するために何かをイメージするか何かの行動を取るべきです。
そこで問題なのがここで言う「何か」ですが、無責任なようですが私にもaruchan用のその何かはわかりません。例えばaruchanさんが練習中に...続きを読む

Q硬式テニスサービスリターンの練習

硬式テニスのサービスリターンの練習方法について質問させて頂きます。

誰かにサーブを打ってもらう、以外に効果的に練習できる方法はありますでしょうか。
改めて各ショットの練習を考えてみると、ストロークやボレーの球出しは簡単にやってもらえると思うのですが、自分のレベルにあったサーブをしっかりと打てる人がサービスリターンの練習には必要になるので、リターンの練習は中々機会を作ることが難しいと感じています。

私自身の求めているレベルはフラット、スライス、スピンが打ち分けられて、スピードも130キロくらい(ていくバックする時間はなく、ブロックとフォロースルーで打たなければならないサーブ、しっかりていくバックできるリターンは問題無いので)は出る人です。

こうなると人に打ってもらう以外に有効な方法はないのでしょうか。
幸いにも弟が上記のレベルを超えるサーブを打てるので時々相手を頼むのですが、1時間サーブだけを打ち続けてもらうのは、何か申し訳ない気がして…。

何か妙案が浮かぶ方はぜひ教えて頂ければと思います。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>人に打ってもらう以外に有効な方法はないのでしょうか。

難しいですねえ。

確か野球のピッチングマシンのようなものがあったかと思いますが、あなたの要求水準を満たしているかどうか、また、それをコートに持ち込めるかどうか、電源はどこか、などの問題がありますから。

実戦では、相手の最速のサーブにポイントを合わせて、スライスやスピンは、キレや弾みに対応させます。
また、相手のフォームやトスの位置でコースや球種を読む、ということもしますし、どのコースへのサーブが多いのかも判断材料にします。

とすれば、最速のサーブに目を慣らし、コースや球種の見極めを早くして、その分早くリターンの姿勢を取れるようにする、ということになりますね。

月並みですが、グループなどで、色々な人にベースラインより前からサービスを打ってもらう、ということになるかと。
あとは、テニスクラブや実戦で、より多くの経験をすることでしょうか。

Q軟式テニスから硬式テニスに転向するのですが。

来月中学を卒業し、高校からは、やっていた軟式ではなく硬式テニス部に入部しようと考えています。
しかし、硬式のことはさっぱりわからないので、いくつか質問をさせてください・・・。

(1)・・・軟式から硬式に転向するにあたって、気をつけることはありますか?

(2)・・・硬式ラケットのメーカーは軟式より多めと感じているのですが、おすすめの所はありますか?軟式ではYONEXを使っていました。

(3)・・・(1)とかぶるかもしれないですが、軟式の技術から引き継いでもいい部分はありますか?(一般論としては)

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

(1)の回答
 いままでやってきた軟式の打ち方をそのまま流用しようとしないこと。
(2)の回答
 硬式でもヨネックスは一流です。硬式ではその他に外国のメーカーのラケットが沢山あります。
 有名どころでは、プリンス、ウィルソン、ヘッド、最近ではバボラも。ってところかな。
(3)の回答
 軟式の技術から引き継いで良いのは、フットワーク(足さばき)と、トップスピンを打つ場合、フォアハンドの打ち方が割と似ているということかな。
 バックハンドやボレー、サーブはすぐに硬式の打ち方に変更する方がよいと思いますよ。
 しかし、軟式をしていた人は、なにもやってない人と比べて、ボールに対する感覚がかなりすぐれているというか、慣れているので、すぐに上達すると思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報