人気雑誌が読み放題♪

タイトルのとおり、日本の民俗学や考古学をテーマにした小説を探しています。おそらく現代伝奇小説、ということになるのでしょうか。よくある例として「呪われた血筋」、「某地方の風習」などが挙げられます。ホラーや現代ファンタジーにもありそうですが。フリーソフトのサウンドノベルで読んで楽しめたので、小説で読んでみたいのです。オススメの作家や作品を教えてください。できれば簡単なあらすじなども。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

QNo.1で紹介されている柄刀一(つかとう・はじめ)やたつみや章(しょう。

児童文学)は私もお薦めです☆

それ以外では
北森 鴻(きたもり・こう)<蓮丈那智フィールドファイル>シリーズ
『凶笑面』『触身仏』『写楽・考』
去年あたりだったかドラマ化もされた民俗学ミステリ。冷徹美貌の民俗学教授蓮丈那智と振り回され助手の三国君が、フィールドワークの際に巻き込まれる事件の数々。

西風 隆介(ならい・りゅうすけ)<神の系譜>シリーズ
『竜の封印』『真なる豹』『幽霊の国』『幽霊の国・解』『竜の時間 亡国』『竜の時間 神国』『竜の秘密』『竜の源 高句麗』
さまざまな伝承を研究する歴史部の天才美少女とその仲間達。
天才美少女の兄の研究もときにはリンクし・・・
と書くと女の子が主人公かと思われてしまいますが、歴史部の一員である天目君が実は神様なので、その関係でいろいろあります。
神様とはいえなんだかぼーっとした男の子なんですが。

梅原 克文(うめはら・かつふみ)『カムナビ』上下巻
前代未聞の土偶発見と発見者の焼死。事件に巻き込まれた考古学者の話。

後、だいぶ伝奇よりですが、高橋克彦さんはその手のをいっぱい書いてます。『総門谷』シリーズとか。
    • good
    • 1

横山充男 著


『水の精霊』四部作
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4591073173.h …
『幻狼神異記』三部作
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4591100537.h …

どちらも民俗学的要素が強い作品です。
児童文学ですが、大人が読んでも充分楽しめます(むしろ子どもには難しいような・・・)。
    • good
    • 1
    • good
    • 1

民俗学に限りませんが、「呪われた血筋」「某地方の風習」の要素があるということで。



京極夏彦『姑獲鳥の夏』
http://www.amazon.co.jp/dp/4062638878
    • good
    • 0

古戸マチコ著『やおろず』(イースト・プレス)


http://www.amazon.co.jp/%E3%82%84%E3%81%8A%E3%82 …

 祖母の死をきっかけに、八百万の神々が見えるようになってしまった女の子と神々との交流を描いたお話。
 ファンタジーですが、神様に関する解説もあります。

柳田國男『遠野物語』(集英社文庫他)
 民俗学の御大の本。妖怪に纏わるものから山人、マヨヒガ、神隠し、死者などに関する怪談、さらには祀られる神様、そして行事にいたるまでさまざまな話が書かれている。
    • good
    • 0

・柄刀一  3000年の密室  光文社文庫


 密室状態の洞窟で発見された縄文人男性のミイラの謎を考古学や科学の
 視点を取り入れて描いたミステリ
・柄刀一 4000年のアリバイ回廊 光文社文庫
 “九州のポンペイ”と呼ばれる縄文遺跡の調査で発見された謎と遺跡発掘
 担当者の死の謎をめぐるミステリ
・たつみや章 月神の統べる森で 講談社 
 縄文から弥生へと時代が移り変わる時期の騒乱を描いたファンタジー
・鳥飼否宇 異界 角川書店
 明治時代、紀伊山中で全身が体毛で覆われた野生児をめぐる謎を
 南方熊楠が神話、狐憑き、山の民等の日本の風土に根づいた神秘を
 モチーフに解き明かすミステリ
などはどうでしょうか
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生贄の風習とか昔の伝説とか過去の事件なんかが背景にある小説を教えてください。

生贄、伝説、事件の設定は、もちろんフィクションでいいんですけど、過去に起こりえたかもしれない悲劇なんかが感じられる作品がいいです。こういう部類の小説はあまり読んだことがないんでよくわからないんですけど、ホラー小説とかミステリー小説とかにチャレンジしてみたくて質問しました。ゴーストハントの迷宮の話とか、ゲームの零作品とか、アニメの地獄少女1期の最後らへんとかが好きです。普通の小説でもライトノベルでも構わないんでよろしくお願いします!

Aベストアンサー

有名どころですが、京極夏彦作品は如何でしょうか。
私も零や地獄少女が好きなのですが(ゴーストハントは読んだことがないのです、ごめんなさい)古本屋の探偵が活躍する「京極堂シリーズ」はややレトロ味が入ったホラーミステリーといった感じで、質問者様の言われる「生贄や伝説、悲劇などを背景に」といった点にあっているように思います。
舞台は昭和です。旧家の風習・少女・美しい女性・彼岸と此岸・旧字体・錯乱や異常事件等…がキーワードになると思います。幻想的で耽美的な雰囲気もあるなと感じつつ読んでいます。
もしまだ未読で、ご参考になりましたら、是非。

Qおもしろい歴史ミステリー

歴史(日本・東洋・西洋問わず)とミステリーが好きです。
最近おもしろいものに出会えてないので・・・何かあれば教えてください。
今まで面白かったのは・・・「ダヴィンチ・コード」、高木彬光の「邪馬台国の秘密」です。

Aベストアンサー

こんにちはmondayと申します

鯨 統一郎 さんはご存知ですか?
「邪馬台国はどこですか」が面白かった。
短編ですが・・・。

Q民俗学を勉強できる大学

私は大学では民俗学を学びたいのですが、些かマイナーなので歴史学や文化学に組み込まれていて上手く大学が探せない状況です。
そこで、民俗学を勉強できる学科がある大学を教えて欲しいのです。
(○○学科の「中」で学べる、というので結構です。メインじゃなくて構いません)
出来れば、関西の共学がいいです。国公立、私立問いません。
条件が多いですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2の者です。
ひょっとしたらもうご存知かもしれませんが、割と簡単に検索できるところを見つけました。
よければ参考にしてください。

参考:リクルート進学ネット

参考URL:http://shingakunet.com/cgi-bin/shingaku.cgi?DUMMY=000&SYSTIME=20050315023316&SCRIPT=scl_gakkou_guide.cgi

Q一度もデートしたことない彼女についての質問です

はじめて質問させて頂きます~!

僕は二十代前半男子です。

会社に入った当初から付き合っている彼女がいます。
付き合って約七ヶ月です。
最初は僕の一目ぼれでした。
初めて会ったときにインスピレーション(?)を感じ、彼女も僕に好意を持つようになると確信しました。結果は・・・ビンゴ!!でした。
なぜ、そう感じたかというと彼女の好みの男性のタイプを聞くと正に僕のことを言っていると思えるような発言でした。
そこで僕は告白したんだけど、彼女は照れているのか返事をにごされてしまいましたが、拒否されてはいません。それって一般的に考えてOKってことですよね?

しかし、彼女は僕に好意があるにもかかわらず電番を教えてくれません。(メアドは会社の同僚から聞いて知っています)
メールを打っても返事がほとんど来ません。
彼女は奥手なタイプなんでしょうか?
もうすぐ彼女の誕生日が近いので僕は旅行などを考えています。
しかし、応じてくれればこれが初旅行&初デートになります。
今までも、休日にはデートの誘いを何度もしたのですが忙しいらしくまだ一度もデートしていません。

そこで、女性の皆様に質問です。
彼女のような、奥ゆかしい純情な女性を旅行に誘うときは何といって誘ったらいいのでしょうか?
プレゼントはやっぱり給料三か月分の指輪がよいと聞いたことがあります。
他に何か良いプレゼントがあれば、それも教えてください。
将来的に結婚を考えているので、多少値が張るプレゼントでも構いません。

よろしくお願いします。

はじめて質問させて頂きます~!

僕は二十代前半男子です。

会社に入った当初から付き合っている彼女がいます。
付き合って約七ヶ月です。
最初は僕の一目ぼれでした。
初めて会ったときにインスピレーション(?)を感じ、彼女も僕に好意を持つようになると確信しました。結果は・・・ビンゴ!!でした。
なぜ、そう感じたかというと彼女の好みの男性のタイプを聞くと正に僕のことを言っていると思えるような発言でした。
そこで僕は告白したんだけど、彼女は照れているのか返事をにごされてしまいま...続きを読む

Aベストアンサー

補足ありがとうございました。
何も言わなかったのですが、前回の回答を覚えてくれていたんですね。
とりあえず今はいい同僚って感じじゃないんですかね。
少なくとも嫌われているということはないでしょう。
ただ電番だけは全然わかりません。
何でも聞いてみいてみないとわかりませんね。
近々彼女との関係について深く話すつもりなんですね。
彼女の事が好きであればあるほど怖いはずなのに、その勇気は本当にすごいと思います。
頑張ってくださいo(^_^)○
俺の好きな人もなかなか気持ちを表に出さないのです。
なのでなかなか深い話にもっていくことができません。
ずっと凹んでましたが、友達に励まされてまたやる気になりました。
次に会えるのはいつかわかりませんが、その時は必ずいい感じにもっていこうと思います。
そしてそれまでできるだけ自分を磨いて前とは比べないものにならないくらい輝いた姿をみせたいと思います。
cupnoodle777さんに負けるわけるにはいきませんからね。
はっきりいって俺はかなりcupnoodle777さんに刺激されています。
この質問のおかげで俺自身も成長できたと思うし、好きな人とうまくいく確率も高くなったと思います。
cupnoodle777さんからのすばらしい報告があることを願っています。
本当にうまくいってほしい。
cupnoodle777さんなら彼女を幸せにできるはず。

補足ありがとうございました。
何も言わなかったのですが、前回の回答を覚えてくれていたんですね。
とりあえず今はいい同僚って感じじゃないんですかね。
少なくとも嫌われているということはないでしょう。
ただ電番だけは全然わかりません。
何でも聞いてみいてみないとわかりませんね。
近々彼女との関係について深く話すつもりなんですね。
彼女の事が好きであればあるほど怖いはずなのに、その勇気は本当にすごいと思います。
頑張ってくださいo(^_^)○
俺の好きな人もなかなか気持ちを表に出さな...続きを読む

Q関 裕二 と井沢元彦は、トンデモ系の人ですか??

歴史を勉強するのは好きですが、ロマンチック過ぎて嘘の多いような、きちんとした史料の裏づけのないような歴史本を読んでいる時間はありません(それはそれで面白いのはわかります)。
歴史学会で「正統」とされているものだけ、なるべくなら読みたいです。

本屋さんで歴史の棚に行くと、タイトルのお二人の本が数多く並べられていますが、タイトルが(かなり面白そうだけれども)ほんとかどうか疑わしい感じのものが多いのです(特に関氏)。
私は素人ですので、歴史学会でこの二人がどのような評価を受けているのかわかりません。
そもそも歴史は曖昧なものなのかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お二人の評価については、ちょっと分からないので「正統説」を知る方法について回答してみたいとおもいます。

>歴史学会で「正統」とされているものだけ、なるべくなら読みたいです。

との事ですので、一つの方法として学会に入会してみてはいかがでしょうか?
中には、なんらかの資格(博士号とか修士号とか)が必要な学会もありますが、多くの学会は意外とオープンであり一般会員を受け付けているところも沢山あります。
日本史では、「日本歴史学会」と「歴史学会」が主流の二本柱であると言えるかと思います。


http://wwwsoc.nii.ac.jp/jhs/link.html
http://www.yoshikawa-k.co.jp/nihonrekisi.htm
http://wwwsoc.nii.ac.jp/rekigaku/index.html


本屋の棚には玉石混合であり、なかなか素人では「トンデモ本」であるかどうかを見分けるのは難しいです。
ですが、定期的に学会が発行する冊子や論文集などはその学会での「正統説や有力説」とみて間違いないと思います。
また、「一冊の本」よりも「5本の論文」の方が学術界では資料価値は高いです。
なので、歴史本をよむより学会発行の雑誌論文のほうが有益かもしれません。

また、学会発行の雑誌は図書館に縮尺版や纏められたモノがありますので、過去の論文ならタダ(他館から取り寄せや印刷を頼んだ場合は、印刷代や郵送料がかかる場合がある)で読めます。
また、大学図書館の中には一般会員を募集してるところも出始めているようです。
公共図書館・大学図書館等を活用すれば、資料収集の幅が大きく広がりますよ。
また、CiNiiで論文を探して、近くの図書館や国立国会図書館で複写を依頼することも出来ます。
また国立国会図書館では、ネット申し込みと郵送サービスがありますので、活用してみてください。

http://ge.nii.ac.jp/genii/jsp/index.jsp
http://www.ndl.go.jp/jp/information/guide.html

お二人の評価については、ちょっと分からないので「正統説」を知る方法について回答してみたいとおもいます。

>歴史学会で「正統」とされているものだけ、なるべくなら読みたいです。

との事ですので、一つの方法として学会に入会してみてはいかがでしょうか?
中には、なんらかの資格(博士号とか修士号とか)が必要な学会もありますが、多くの学会は意外とオープンであり一般会員を受け付けているところも沢山あります。
日本史では、「日本歴史学会」と「歴史学会」が主流の二本柱であると言えるかと思い...続きを読む

Q宗教学・民俗学を独学してみたいです

今年(テレビを通じてですが)初めて京都の五山の送り火を見ました。

とても綺麗だと感動するとともに、私は無宗教なのですがとてつもない親近感と何か神聖なものを見ているような感覚を味わいました。

その時に、きっと外国の方が同じ送り火を見ても綺麗だとは感じても私が感じた神聖なものを見ているような感覚は味わわないではないんだろうか?この感覚は土着の日本人ならではのものなのではないのか?日本人って何?宗教って何?と疑問を抱きました。

それからというもの今までまったく興味のなかった民族と宗教に関心が出てきて、独学で学べないかと
近所の図書館に行って本を借りて読んでみたりしているのですが、どうも難しく感じてしまって中々先に進めません(因みに借りているのはミルチア・エリアーデ著の世界宗教史です)。

そこでみなさんに独学する上でお勧めの宗教学・民俗学の入門書や本、勉強する上で知っておいたほうがいい知識などありましたら教えて頂きたいのですが。

勉強の流れとしては、《そもそも宗教とは何なのか→宗教学的見地から見て民族とは何なのか→日本に見られる宗教→日本人とは?》とまず宗教・民族を大まかに勉強したあと細かく具体的に日本の事に結び付けていく予定です。

大学に行くというのは無しの方向で、でも趣味として本格的に学びたいと思っているので、お願いします。

今年(テレビを通じてですが)初めて京都の五山の送り火を見ました。

とても綺麗だと感動するとともに、私は無宗教なのですがとてつもない親近感と何か神聖なものを見ているような感覚を味わいました。

その時に、きっと外国の方が同じ送り火を見ても綺麗だとは感じても私が感じた神聖なものを見ているような感覚は味わわないではないんだろうか?この感覚は土着の日本人ならではのものなのではないのか?日本人って何?宗教って何?と疑問を抱きました。

それからというもの今までまったく興味のなかっ...続きを読む

Aベストアンサー

大学に行くこと無しということですが、通学することなしに学べるところもあります。

放送大学などは、一科目だけでも学べます。
↓こっちは大学院の方ですが、、、
http://72.14.235.104/search?q=cache:KvKLZx6KJ5MJ:www.u-air.ac.jp/hp/kamoku/daigakuin/bunka/s_8910162.html+%E6%94%BE%E9%80%81%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%80%80%E5%AE%97%E6%95%99&hl=ja&ct=clnk&cd=5

大学の方で、前宗教関連のものがあったんですが、今調べてみたら見つかりませんでした。
人気なかったのでしょうか・・・。

日本文化については大学の方でも開講しているようです。


他にお勧めなのが、
http://encul.impress.tv/host/pj/sgb/
XYZ日本史 ってビデオ。
プロモーションビデオだけ観て「欲しい!」って思ったのですが、高額で、中古探している情況です。

日本の歴史なのですが、大陸の思想(宗教)の影響を受け、それが現代に受け継がれていると思えるので、必見のビデオだと思えます。
空海などもかなり日本の文化に影響を与えたと思えます。


他は、、、、異形の王権 とか。
http://www.amazon.co.jp/%E7%95%B0%E5%BD%A2%E3%81%AE%E7%8E%8B%E6%A8%A9-%E5%B9%B3%E5%87%A1%E7%A4%BE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC-%E7%B6%B2%E9%87%8E-%E5%96%84%E5%BD%A6/dp/4582760104

もののけ姫の世界と同じ感じです。
何故部落問題が現代にあるのかなど、見えてきます。
非人とは誰のことだったのか、遊女の原型は。。。など。


宗教じゃないじゃないか と思うでしょうけど、これは日本というものが一体どんなものか考える上で必須の情報だと思います。
大和朝廷が他の部族を支配していき、そして天皇を神とする文化ができていく。


あとは、、、、
http://www.amazon.co.jp/%E9%BE%8D%E3%81%AE%E6%96%87%E6%98%8E%E3%83%BB%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%AE%E6%96%87%E6%98%8E-%E5%AE%89%E7%94%B0-%E5%96%9C%E6%86%B2/dp/4569617352/ref=sr_1_2/503-1321990-7001566?ie=UTF8&s=books&qid=1191755469&sr=1-2

日本には大きくわけて二つの文明がある というもの。


他に、
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E7%8B%90%E3%82%92%E4%BF%A1%E4%BB%B0%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%9D%BE%E6%9D%91-%E6%BD%94/dp/4061498290/ref=sr_1_1/503-1321990-7001566?ie=UTF8&s=books&qid=1191755532&sr=1-1

エジプトの文明がこんなところまで大陸を伝ってやってきている。
かなり興味深い一冊でした。


で、日本人ってなに?
多神教のようで一神教。
どうしてかは、これらの本を読めば少しわかってきます。


日本は山を神としたり、神が住んでいると敬虔的に思う思想がありますよね。
山を神聖な場所と思うのは日本人だけじゃない。
山という象形文字に隠された秘密。


上に紹介した本を読めば、なぜ日本人は山を崇拝するのかわかってきます。


あと参考になるのがもののけ姫という映画。
負けた方はオロチとか呼ばれ、成敗されたと物語に記される。
勝った方は負けた方を奉ったりしている。
面白い文化だと思います。


あ、そうそう、
http://www.amazon.co.jp/%E5%88%9D%E7%89%88-%E9%87%91%E6%9E%9D%E7%AF%87%E3%80%88%E4%B8%8A%E3%80%89-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E5%AD%A6%E8%8A%B8%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC/dp/4480087370
にも日本の宗教に関することが出てきます。


なんでこんな風習があるのかってことありますよね。
実はちゃんと意味があるようなんです。
金枝篇を読むと「へーーー」ってわかってきます。
ただ、、、長いので読むのが辛いです・・・。

大学に行くこと無しということですが、通学することなしに学べるところもあります。

放送大学などは、一科目だけでも学べます。
↓こっちは大学院の方ですが、、、
http://72.14.235.104/search?q=cache:KvKLZx6KJ5MJ:www.u-air.ac.jp/hp/kamoku/daigakuin/bunka/s_8910162.html+%E6%94%BE%E9%80%81%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%80%80%E5%AE%97%E6%95%99&hl=ja&ct=clnk&cd=5

大学の方で、前宗教関連のものがあったんですが、今調べてみたら見つかりませんでした。
人気なかったのでしょうか・・・。

日本文化...続きを読む

Q高田崇史QEDについて!

どうしても読みたいので、回答おねがいします(>人<;)

高田崇史さんの、とくにQEDシリーズが大好きなのですが、【出雲神伝説】のあたりででてくる(1)小松崎と大地くんに関する物語(2)崇の失った大切な人・それにともなう崇の自殺未遂の物語
が、気になってしょうがありません!!

毒草師シリーズ、カンナシリーズetc読んでみましたが、その部分に関して書いてあるものが見つかりませんでした。講談社ではないところからの書籍なのでしょうか。。。


何度も読み返すたびに気になって気になって。。ご存知の方、どうか回答お願いします!

Aベストアンサー

結論から申し上げますと、残念ながらそれらの部分が実際にお話として書かれている小説は(少なくとも現在のところは)ありません。

高田先生はよく小説の登場人物(おもにタタルや貴湖ちゃん)に「歴史は憶えるものではなく考えるもの」だと言わせていますが、ご自身の小説でも「語り尽くさずにほのめかす」ということをしばしばなさっておられます。

(1)については、既に“出雲大遷宮”の中でタタルが「中島晴美さんと何回か会っている」と発言していることや、「大地君と小松崎不在時に会っている」ことなどから、タタルが現在(大遷宮の時点)どのような生活を送っているのかをほのめかしていましたし、“伊勢の曙光”では直接ではないものの種明かしをしていました。

(2)については私の知る限りでは全くと言って良いほど触れられていませんが、タタルがいい年をして恋愛に臆病というか、自分の人生から切り離そうとしていたとしか思えないような行動の原因として考えられた設定だと思われます。

他にも、「タタルは中学入学前に何故か1年、学年が遅れている」とか、「九段坂の春の二人きりの送別会で、何か…あった」など、裏設定が書きこまれたり、色々とほのめかされたりしていますね。
高田先生はシャーロキアン(シャーロック・ホームズ研究者)にも興味がおありのようなので、小説そのものだけでなく、登場人物やその人間関係なども推理して楽しめるようにしていらっしゃるのではないかと思われます。

近いうちにQEDの追加作が上梓されるそうです。“~flumen~”だということなので、時間軸が通常のQED世界のものからずれた作品になるようですが、過去にずれれば(2)の話に、未来(現実世界の時間軸)にずれれば(1)の話に触れられることもあるかもしれませんね。高田先生の性格から考えるとまたもや“ほのめかし”で終わっちゃうような気がしますが…。

私のこの回答も“ほのめかし”っぽくなっていますが、やはり、ご自分で色々とお考えになられた方が楽しめると思ったからです。

それでもどうしてもそのようなお話を読みたいとお思いでしたら、二次小説の作家さんの中に、高田先生の世界観を壊さずに、素敵なショートストーリーを書かれている方がいらっしゃいます。その方はマンガもお上手でかなり面白いタタ・ナナコミックも描いていらっしゃいます。
そちらのサイトでは、(1)も(2)もかなり高いクォリティのお話を読むことができます。同人誌などには全く興味が無かった私がハマったくらいのレベルですので、「やはり高田先生の書かれたもの以外ではタタル君や奈々ちゃんに会いたくない!」と思っていらっしゃるのでなければ、サイトを覗いてみるのも楽しいと思います。

URLは敢えて掲載しませんが、検索すればすぐにヒットすると思います。

これからも高田先生の作品をお互い楽しみましょう!(ファンクラブの集まりも楽しいですよ!高田先生と直にお話しできますし、前回は高田先生の“ナマ歌”も聴けました(笑))

結論から申し上げますと、残念ながらそれらの部分が実際にお話として書かれている小説は(少なくとも現在のところは)ありません。

高田先生はよく小説の登場人物(おもにタタルや貴湖ちゃん)に「歴史は憶えるものではなく考えるもの」だと言わせていますが、ご自身の小説でも「語り尽くさずにほのめかす」ということをしばしばなさっておられます。

(1)については、既に“出雲大遷宮”の中でタタルが「中島晴美さんと何回か会っている」と発言していることや、「大地君と小松崎不在時に会っている」ことなどから...続きを読む

Q国内のミステリーでシリーズものを・・・

探しています。下記に列挙した既読作品からもれていて「これ個人的にオススメ!」って言うシリーズがあれば教えて下さい。2~3冊のシリーズでもOKです(岡島二人の「織田貞夫と土佐美郷シリーズ」とか)。
現在検討中なのが 高里椎奈 「薬屋探偵」  物集高音 「第四赤口の会」ですが、既読の方から感想がいただければうれしいです。
長文・駄文で申し訳ありません。宜しくお願いします。

(好きなシリーズ)
綾辻行人 「全作品」      有栖川有栖 「国名/江神二郎」
笠井潔 「矢吹駆」       京極夏彦 「京極堂」 
霧舎巧 「あかずの扉研究会」  倉知淳 「猫丸先輩」
篠田真由美 「建築探偵」    島田荘司 「御手洗潔/吉敷竹史」 
殊能将之 「石動戯作」     高田崇史 「QED/パズル」
森博嗣  「S&M/V」

(こういうのも平気)
太田忠司 「狩野俊介」     霧舎巧 「霧舎学園」
はやみねかおる 「虹北恭助」  横溝正史 「金田一耕助」

(読んだけどちょっと苦手)
大沢在昌 「新宿鮫」      関田涙 「ヴィッキー」
2時間ドラマ常連の大御所作品   

探しています。下記に列挙した既読作品からもれていて「これ個人的にオススメ!」って言うシリーズがあれば教えて下さい。2~3冊のシリーズでもOKです(岡島二人の「織田貞夫と土佐美郷シリーズ」とか)。
現在検討中なのが 高里椎奈 「薬屋探偵」  物集高音 「第四赤口の会」ですが、既読の方から感想がいただければうれしいです。
長文・駄文で申し訳ありません。宜しくお願いします。

(好きなシリーズ)
綾辻行人 「全作品」      有栖川有栖 「国名/江神二郎」
笠井潔 「矢吹駆」...続きを読む

Aベストアンサー

高橋克彦の浮世絵ものは、どうでしょうか。塔馬双太郎という浮世絵研究者が探偵役で、浮世絵や美術品のうんちく、研究者社会のごたごたに殺人事件がからんだ読み応えがある作品です。短編などもありますが、主なものは、浮世絵三部作と言われる『写楽殺人事件』『北斎殺人事件』『広重殺人事件』です。

また、同じ高橋克彦の『完四郎 広目手控』のシリーズは、時代物ですが、江戸時代末期の瓦版(マスコミ&広告代理店)の活躍に、ちょっとした謎をからめた小気味いいミステリになっています。

物集高音「第四赤口の会」は、以前1、2冊読みました。京極夏彦のような重厚さはないけれど、独特の語り口が面白く、別の作品も読みたいと思っています。他の作家の好みからみて、大はずれはないと思います。

Q恋愛がらみの推理小説のおすすめはありますか?

 私は、通勤に往復で4時間かかるので、文庫本の類が必須アイテムとなっています。しかし、最近コレ!!と思うような小説と出会えません。gooでも検索してみたのですが、ヒットしません(泣)。
 そこで、皆様に質問です。メインが推理(ミステリー)でそこに恋愛が絡んでくる小説を探しています。できれば学園・学生モノではなく、社会人(?)が良いです。
 私が最近ハマったのは、高田崇史さんの「QEDシリーズ」(推理小説っぽくないのですが)、赤川次郎さんの「早川家シリーズ」「三姉妹探偵団」です。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

少しSF入ってもよければ松尾由美さんの『九月の恋と出会うまで』(新潮社)なんかよいかな、と思うのですが、実は去年出た本なのでまだ文庫化されてません。
壁にあいてるエアコンの穴から時を越えた声が聞こえてきて、彼が週に一回隣人を尾行してほしいなんて頼むのです。
SFでミステリで恋愛物でハッピーエンドです。
松尾さんの作品で文庫本になっているものだったら『スパイク』(光文社文庫)もよいです。こちらは結末がせつないです。

加納朋子さんの『月曜日の水玉模様』(集英社文庫)なんかは、OLが通勤電車で出会った男性と謎を解いていく連作推理短編なのでよいかもしれません。恋愛要素は少ーしあり。

海外ものならジョアン・フルークのお菓子探偵シリーズはどうでしょう。
クッキー屋さんを経営している女性が主人公。
シリーズ物の常として、毎度毎度死体を見つけてしまっては素人探偵をかってでるはめになります。
そして、ルックスはいまいちだけど一緒にいると癒される歯科医と、頭は固いが腰が抜けるほどハンサムな保安官から好意を寄せられているのですが、なかなか進展がありません。どうやら7-8巻目くらいで波があるようなのですが(まだ6巻までしか読んでないのです)
第1弾は『チョコチップ・クッキーは見ていた』(ヴィレッジブックス)です。
毎回クッキーレシピも満載でちょっとお腹がすくかも。

少しSF入ってもよければ松尾由美さんの『九月の恋と出会うまで』(新潮社)なんかよいかな、と思うのですが、実は去年出た本なのでまだ文庫化されてません。
壁にあいてるエアコンの穴から時を越えた声が聞こえてきて、彼が週に一回隣人を尾行してほしいなんて頼むのです。
SFでミステリで恋愛物でハッピーエンドです。
松尾さんの作品で文庫本になっているものだったら『スパイク』(光文社文庫)もよいです。こちらは結末がせつないです。

加納朋子さんの『月曜日の水玉模様』(集英社文庫)なんかは、OL...続きを読む

Q鉢屋と云う姓

忍たま上級生キャラの鉢屋についてですが、アニメ制作にあたり『鉢屋』が差別用語にあたると見なされ
『蜂屋』と変えて表記した
と聞きました。
『鉢屋』が差別用語にあたる詳細を教えて下さい。

宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

参考URLにあるように、ある種の賎民を『鉢屋』と呼んでいたからです。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20100817/1282073048


人気Q&Aランキング