こんにちは。
遺族年金をもらっている義母(58歳)が、
諸事情で働くことになるかもしれません。
現在は税金を免除していたり安く済んでいたりいるのですが、
働くことで税金がかかるかどうか知りたいです。

義母は20年ほど前に配偶者を事故で無くし、
現在働かずに遺族年金だけで生活しています。
なので色々税金を免除してもらっています。
(健康保険は月2000円くらい)
それが、諸事情で9月~11月まで働くことになるかもしれません。

誘いを受けての仕事なので、断ることは可能のようです。
三ヶ月足らずのみの労働で、合計所得は50万円もありません。

この場合、免除していた税金がかかってしまうようになる、
もしくは増額してしまうといったことはあるのでしょうか?
もしかかったり、増額してしまうならば、
どれくらいかかるものなのでしょうか。

どなたか詳しい方がいましたら、
ぜひとも教えていただけませんか?
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

公的年金制度の被保険者や加入者の遺族が受け取る遺族年金については、相続税も所得税もかからないことになっています。

非課税です。仮に遺族年金受給者が働いて給与所得を得たり、その他の所得を得たりしても、そのために遺族年金の非課税措置が取り消されるというような事はありません。安心して良いです。

もしお義母さんの今年の給与収入が50万円で、遺族年金以外の収入がないならば、所得税も住民税もゼロです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>公的年金制度の被保険者や加入者の遺族が受け取る遺族年金については、相続税も所得税もかからないことになっています。非課税です。

遺族年金は非課税なんですね^^
それならば年間50万円程度の収入ならば
特に税金はかからないかもしれないですね。

私の場合、税金って思わぬところでかかってきたという経験があったので、
ちょっと神経質になっています^^;
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/08 21:03

>なので色々税金を免除してもらっています…



具体的に何の税金を免除してもらっているのですか。
所得税や市県民税などの直接税なら、免除という制度はありません。

>現在働かずに遺族年金だけで生活しています…

それは免除などではなく、もともと働いていないから、所得税や市県民税がかからないだけです。

>三ヶ月足らずのみの労働で、合計所得は50万円もありません…

「合計所得」の言葉遣いに誤りがなければ、所得税や市県民税が発生する可能性はあります。
--------------------------------------
「合計所得」とは、
純損失、雑損失、居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失及び特定居住用財産の譲渡損失の繰越控除を適用する前の総所得金額、特別控除前の分離課税の長(短)期譲渡所得の金額、株式等に係る譲渡所得等の金額、先物取引に係る雑所得等の金額、山林所得金額、退職所得金額の合計額をいいます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1170.htm# …
--------------------------------------

おそらく、「給与収入」のつもりだとは思いますが、「給与収入」が年間 50万であるなら、若く健康な人でも、所得税は発生しません。
市県民税は自治体によって違いますが、均等割だけ何千円かかかるかも知れません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

合計所得については・・・
恐れ入りますが私の脳では理解が難しかったようです・・・。
住民税だけは少しかかるかも知れないんですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/08 21:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q開業医で働いています。主婦ですので税金のかからない範囲でと思っていまし

開業医で働いています。主婦ですので税金のかからない範囲でと思っていましたが、それを超えてしまいました。院長に範囲内で働きたいと言うと、市県民税を払うと言われ何年かそのようにしてきましたが、税金も所得に伴い上がっていくわけですが5年以上前と同じ金額しか出してくれません。(こちらが言わないからずっと同額です。所得が増えてるんだから税金も上がるのは当たり前なのに知らんふりです。)払ってもらっている分も所得の中に入れられています。最近私より後に入ってきた人がやはり税金のかからない範囲内でと直訴したら、超える分は退職金として辞める時に払うと言うことになったそうです。私の時は会計士がそういう裏帳簿はできないと言っていると聞いたのに・・・やはり主婦のパートは税金のかからない範囲内で働くのが一番賢明なのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。

>私のほかの従業員がやって貰っているように、年収を税金がかからないように超えた分は退職金と言う形で超えた額は今貰わずに退職時に貰うという方法が一番賢明でしょうか?
そうしてもらえるならそのとおりです。
退職金にも所得税はかかりますが、控除額が大きいです。
40万円×勤続年数(20年以下の場合)が控除額なので、それ以下なら税金かかりません。
でも、それは本来ではないでしょう。
一種の”脱税行為”ですよね。
あとは、貴方(院長)の自己責任です。

>私のように少しだけ特別手当としてもらっているほうが損なのでしょうか?
損とかではなくそれが本来です。

>所得が増えても確かに健康保険の額が増えることになったりと・・・差し引いたらどうなんでしょうか
貴方は自分で社会保険(健康保険)に加入している(する)んでしょうか。
通常、年収130万円未満ならご主人の健康保険の扶養でいられます。
貴方の健康保険料は発生しません。

Q拾った1億円にかかった税金ってどういう税金だったのか?

宝くじには税金がかからないというのは、前の方の質問で
わかったのですが、拾って届けた一億円を結局手にできた
方の場合、税金で40%近くはもっていかれたとニュース記事に
ありました。

あれは、どういう税金なんでしょうか?
興味本意で恐縮ですが。

Aベストアンサー

所得の分類は雑所得だと思います。
日本の所得税は累進課税ですが、1800万円以上は一律37%のようです。
# そんなに稼いだ事無いから知らんです・・・・

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2260.HTM

Q税金免除

こんにちは。
最近義父が事故の後遺症で身体障害1級になりました。
義父は現在は入院中ですが、義母と旦那と私と娘で同居中です。
身体障害者とその同居家族は税金が免除になるみたいな事を聞いた事があるのですが、旦那の税金も免除になるのでしょうか?
私と娘は旦那の扶養です。

世帯分離はしておらず、住民票の世帯主は義父になっています。

もし、旦那の税金も免除になるならその浮いたお金で義父が乗れるように福祉車両を私達で買ってあげようと思っています。
分かる方いたらお願いします。

Aベストアンサー

所得税の計算の上では「障害者控除」があります。
これは本人が申告する所得の上で控除を受けることができます。対象は国税である申告所得税と地方税である住民税です。
本人に収入がすくなく、誰かの控除対象親族になってる場合があります。
息子が親を扶養にいれてるという場合です。この場合には扶養控除+障害者控除を息子が受けることができます。

自動車税の関係では障害者が使用する車は免税です。

「身体障害者とその同居家族は税金が免除になるみたいな事を聞いた」とのこと。
その説明をされた方自体が免税と所得控除という区分ができてない方だと思います。
障害者自身にかかる税金が「免除」というのと、障害者なので所得の計算上「障害者控除が受けられる」というのとは、全く別物だと思ってください。
本人が障害者、障害者を控除対象親族にしてるかたは年間○○万円の所得控除を受けられるという制度があります。
つまり○○万円以上の所得に対しては課税対象になるわけで、全額を免除という制度ではありません。

具体的には旦那様が障害者の父を控除対象親族とすれば、「障害者控除」が受けられますので、所得税も住民税も安くなります。
その結果収める税金が「ゼロ」になる可能性もありますが、この場合は計算結果が「ゼロ」となってるだけで、免除されてるわけではありません。

免除(自動車税の障害者免除)では、いくらを免除するというのではなく、金額に関わらず全額免除です。

税金の計算をする土俵の上に乗らなくてもよいのが「免除」、土俵の上に乗ったけど、控除があって税金が出ないという場合もあります。
後者は免除とはいいません。
ちょと面倒ですけど「免除」と「障害者控除を受けられる」とは違うということです。

「家に障害者がいるので、税金を払わなくてもよい」という者もあるでしょうが、正確性には乏しいです。
正確には、障害者がいるので税金免除になってるのか、元々所得税がかからない程度の所得だからかからないかは、個別に見ないとわからないのです。

なお障害者が利用する車の自動車取得税は免税、自動車税も免税です。購入時には誰がお金を払う場合でも「障害者の名義」にする必要があります。この点は車屋さんが良く知ってますから、大丈夫です。

所得税の計算の上では「障害者控除」があります。
これは本人が申告する所得の上で控除を受けることができます。対象は国税である申告所得税と地方税である住民税です。
本人に収入がすくなく、誰かの控除対象親族になってる場合があります。
息子が親を扶養にいれてるという場合です。この場合には扶養控除+障害者控除を息子が受けることができます。

自動車税の関係では障害者が使用する車は免税です。

「身体障害者とその同居家族は税金が免除になるみたいな事を聞いた」とのこと。
その説明をされた方自体...続きを読む

Q税金の免除/減額。

 先日、今年度の市民税・県民税納税通知書が届きました。去年の9月にカラダをこわして仕事を辞め、現在も失業中です。なので、いま現在は収入がないのですが、このような場合でも税金を真っ当に支払わなければならないのでしょうか。
 知人によると税金の免除/減額制度があるらしいのですが、どのような方に対して適用されるのかがわかりません。似たような質問【http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=944469】をみつけましたが、よくわかりませんでした。
 私の場合はどうなるのか知りたいので、補足要求があれば順次補足いたします。

 両親とは別居。扶養家族なし。現在も就職活動中。

 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

住民税(市民税、県民税)は、「今年の収入」に対して「来年の6月~再来年5月まで」の期間に「来年1月1日現在の所在地」に支払います。
要するに、無職で課税対象額が「現在は」なくても、なんと1月から5月までは、おととしの収入に対する住民税を支払う期間になってしまうのです。

ということで、残念な話ではありますが、原則論としては「今月から来年5月までの期間に、平成16年分の収入に対する住民税を支払わなければならない」のです。

免除や減額は、役所によって微妙に判断が違うかもしれませんが、「支払いが著しく困難な場合」「災害などに被災した場合」など、どう工夫しても捻出できない場合でないと無理かもしれません。
たとえば、支払い回数は増えるけど1回の支払額を減らしてもらえるとか、別居であってもご両親が健在で普通の生活をなさっている場合、一時的にご両親から借りるとか、就職活動中だったら仕事が決まるまで支払いを延期してもらえるとか、そっちの方がありえる話です。

他の方も書かれていますが、確定申告はしましたか?
12月に給与の支払いが無いので、今までのように「会社で年末調整をしてもらう」わけにはいきません。
源泉徴収していて、所得税を多めに支払っている可能性があるので、それが還付されます。それどころか、課税対象額が多めの認識をされている可能性が高いので、確定申告をして課税対象額を減らすと、住民税も少なくなります。

新聞にも、「現行の住民税徴収方法では、無収入になってから住民税の請求が来て、支払いが困難になる人が多いので、所得税と同じように収入と同時期の徴収にすることを検討している」みたいな話、出てましたね。

住民税(市民税、県民税)は、「今年の収入」に対して「来年の6月~再来年5月まで」の期間に「来年1月1日現在の所在地」に支払います。
要するに、無職で課税対象額が「現在は」なくても、なんと1月から5月までは、おととしの収入に対する住民税を支払う期間になってしまうのです。

ということで、残念な話ではありますが、原則論としては「今月から来年5月までの期間に、平成16年分の収入に対する住民税を支払わなければならない」のです。

免除や減額は、役所によって微妙に判断が違うかもしれ...続きを読む

Q学生アルバイトにおける諸税金

似たような質問があったのですが、あまり理解できなかったので質問させていただきます。

私は今大学三年です。昨年の10月からアルバイトを始めまして、12月に源泉徴収票を受け取りました。支払金額はだいたい20万でして、源泉徴収税額は0円でした。しかし11月の給与支払いを見ると所得税がだいたい1000円ぐらい引かれていました。これは還付を受けられますか?また受ける場合は確定申告をする必要があるのですか?いつ行えばいいですか?住民税は払わなくていいのですか?

そのアルバイトを今も継続中で2月の給与明細で既に課税対象になるアルバイト料の累計額が大体30万近くいっており、このままだと103万を超えてしまいます。103万を超えるということは親の扶養から外れるってことですか?私が103万を超えると親の税金が大幅にアップするのですか?
源泉徴収の内容は自動的に税務署に送られ、私が103万以上稼いだってことはわかるのですか?


本当に素人ですみません。
ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 途中から書きますとややこしくなりますので(私がです。-_-;),最初から書かせて頂きます。すでにお分かりのところは,飛ばし読みしてください。

◇アルバイト先がする税金の手続き

・今回,アルバイト先がkoinoki7さんに支払われた「給与」について,アルバイト先がどのような税金の手続きをするのかを書かせていただきますと分かりやすいかと思いますので,まず,それについて書かせていただきます。
 
・なお,アルバイトの収入の多くが,所得税法では「給与所得」に当たると思いますので,その前提で書かせていただきます。

◇「源泉徴収票」と「給与支払報告書」
 給与支払い者(A社とします)は,支払い内容を「源泉徴収票」に記載して受給者全員に交付しなければなりません。この「源泉徴収票」は,「給与支払報告書」と4部複写になっています。
 上2枚が「給与支払報告書(市区町村提出用)」で,下2枚は「源泉徴収票(本人交付用と税務署提出用)」です。

◇「源泉徴収票」の提出先
 「源泉徴収票」は,支払いを受けた者(koinoki7さん)に1枚が交付され,残り1枚が税務署に提出されます。
 ただし,一定要件に該当する人(収入が500万円を超える方など)以外は提出されません。

◇「給与支払報告書」の提出先
 「給与支払報告書」は2枚ともさんのお住まいの市区町村に提出されます。これに基づき住民税の計算がされますので,全員について提出されます。

◇「収入」と「所得」

・簡単に言いますと,「収入」は支払額で,「所得」は各種控除を引いた後の課税される収入です。

・koinoki7さんの場合は,給与所得に当たると思われますので,19年の所得は,

 収入20万円-給与所得控除65万円=課税所得0円

ということで,所得税は課税されません。

----------
 以上から,

>私は今大学三年です。昨年の10月からアルバイトを始めまして、12月に源泉徴収票を受け取りました。支払金額はだいたい20万でして、源泉徴収税額は0 円でした。しかし11月の給与支払いを見ると所得税がだいたい1000円ぐらい引かれていました。これは還付を受けられますか?

・源泉徴収票で源泉徴収額が0円で,「11月の給与支払いを見ると所得税がだいたい1000円ぐらい引かれていました。」ということは,A社があなたについて「年末調整」をしたということです。上記のとおり,19年はkoinoki7さんには課税所得がないため,源泉徴収額が0円になります。
 つまり所得税1000円は,「年末調整」ですでにkoinoki7に還付がされています。おそらく,12月の給与の支払の時に還付がされているはずです。

・「源泉徴収票」で源泉徴収額が0円の方は,所得税の支払額が0円ということですから,還付される所得税はないことになります。

>また受ける場合は確定申告をする必要があるのですか?いつ行えばいいですか?

・上記のとおり,「確定申告」をされても還付される所得税はないです。

>住民税は払わなくていいのですか?

・住民税も,所得税と同様の給与所得控除がありますので,20万円でしたら非課税です。

>そのアルバイトを今も継続中で2月の給与明細で既に課税対象になるアルバイト料の累計額が大体30万近くいっており、このままだと103万を超えてしまいます。

・所得税は年(1月~12月)の収入で計算しますので,今年の1月以降の収入と,19年の収入は合算する必要はないです。

・20年1月から12月までの収入が103万円を超えると,20年の親御さんの「年末調整」(または「確定申告」)において,あなたについて扶養控除の対象にすることが出来なくなります。

>103万を超えるということは親の扶養から外れるってことですか?

・上記のとおりです。

>私が103万を超えると親の税金が大幅にアップするのですか?

・親御さんが,あなたについての扶養控除38万円が受けられなくなります。
 金額としては,親御さんの所得税率にもよりますが,仮に20%(このぐらいの方が多いと思われます)としますと,概算で,

 38万円×20%=約7万円

の増額となります。

>源泉徴収の内容は自動的に税務署に送られ、私が103万以上稼いだってことはわかるのですか?

・上記のとおり年収500万円を越える方以外は,「源泉徴収票」は税務署に提出する必要はないこととなっていますから,税務署は直接には分かりません。
 ただし,上記のとおり市区町村には報告がされますので,市区町村は年間の収入額が分かります。
--------------
 次に,追加のご質問ですが,

>「>この130万円というのは、いつからいつまでと期限がなく、今後1年間で130万円を超える見込みになった時からになります。130万÷12月=月108,333円くらいになると扶養からはずれます。」
 とあったのですが、よく要領がつかめません。12月の前に見込みだけで勝手に扶養からはずされるのですか?

・この社会保険の扶養は,勝手にはずされるわけではなく,親御さんが勤務先にはずす手続きをすることになります。
 なぜなら,親御さんの勤務先は,koinoki7さんの収入が扶養の範囲を超えたことは分からないからです。

・親御さんの勤務先の社会保険により扶養の判定の仕方が違いますが,多くは,毎月「月108,333円くらいになる」ことが見込める時点から,申告して扶養から外れる必要があるというような制度になっていると思われます。

・社会保険の扶養は,所得税のように収入額を算定する起算月ありません。つまり,所得税は1月からの1年間で扶養を判定しますが,社会保険の扶養は,今後年収が130万円を超える見込みとなった月に外れる必要があるということです。

>あと103万稼いだときの住民税はいくらなのでしょうか。翌年に徴収されるということですが、アルバイトの私はどのような形で徴収されるのでしょうか。

・住民税の計算は次のとおりです。

 収入103万円-給与所得控除65万円-基礎控除33万円=課税所得5万円

 所得割 5万円×10%=5千円 … (a)
 均等割 4千円(都道府県によっては,森林税等が数百円加算される場合があります) … (b)
 合計 (a)+(b)=9千円(年間)

・支払方法は,通常はアルバイト先で,天引き(「特別徴収」といいます。)されますが,アルバイト先が天引きしてくれない場合は自分で金融機関に振り込むことになります。

・住民税は,6月から翌年の5月に支払います。
 「特別徴収」ですと,毎月「9千円÷12=約7百円」
 「普通徴収」ですと,年4回で分割で支払いますから,1回「9千円÷4=約2千円」
となります。

 大まかには以上です。
 補足が必要でしたらどうぞ。

 こんばんは。

 途中から書きますとややこしくなりますので(私がです。-_-;),最初から書かせて頂きます。すでにお分かりのところは,飛ばし読みしてください。

◇アルバイト先がする税金の手続き

・今回,アルバイト先がkoinoki7さんに支払われた「給与」について,アルバイト先がどのような税金の手続きをするのかを書かせていただきますと分かりやすいかと思いますので,まず,それについて書かせていただきます。
 
・なお,アルバイトの収入の多くが,所得税法では「給与所得」に当たると思い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報