出産前後の痔にはご注意!

飲食店を経営しております
仕入などの領収書、レシート、レジに打ち込んだレシート、
発行した領収書などなど・・・5年間保管義務がありますよね
飲食店の場合、伝票(注文票)も存在しますが、これも保管
しなければならないのですか?5年分の伝票となると
かなりの枚数になりますが、正直保管スペースが確保できません
みんさんはどうされているのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

http://questionbox.jp.msn.com/qa2877319.html?Sta …

このNo1の回答が参考になります。
不正などが見つかった際の税務調査の厳しさです。
「レシートと帳簿の付け合せが行われ、領収書もレシートも大変重要」
とあります。
ダンボールに詰め込んでもきちんと保管しなければ税務署から注意を受けるようです。
    • good
    • 1

保管は、5年間じゃ無く7年間ですよ!


税務署さんに確認しましょう。
みんな保管!
保管場所が無いなら、近くの安アパートの一室を借りて保管したら如何ですか?
    • good
    • 0

すべての保管がベストですが、レシートがあれば廃棄してもかまいません。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレジのジャーナルについて

レジのジャーナルについて

レジのジャーナル(ロール紙)5年間保管するように言われていますが、大量に溜まってしまいました。どれがどの日付かもわかりません・・・。
システムを導入して5年になるので、ジャーナルを処分しようと思っています。
PC上の販売管理システムで販売売上履歴が見れるのですが、システムに入力してあれば、仮に税務調査が入ったとしても大丈夫ですよね?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>レジのジャーナル(ロール紙)5年間保管するように言われていますが、

レジのジャーナルであれば、売上伝票もしくは領収書の控えに該当しますので
7年間の保存となります。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S40/S40F03401000012.html#1002000000004000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
法人税法施行規則59条

>どれがどの日付かもわかりません・・・

ジャーナルには、日付と時間が刻印されていますので、中身を確認すれば日付が
分かります。

>PC上の販売管理システムで販売売上履歴が見れるのですが、

ご記載の内容が、売上帳に該当し売上の詳細が当該帳票を確認すれば判定できる
のであれば、ジャーナルを保存する必要はありません。
(紙媒体の売上帳票が別途ある場合)

しかし、データとして見られるが、紙媒体の帳票保存をしていない場合において
は、別途法律に従う事になります。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10F03401000043.html
(税務署に届出がしてある場合は、システムとしてデータ保存のみで問題有りま
 せんが、届出がしていない場合は、紙帳票を残さねばなりません)

 ※良く分からない場合は、税理士に確認の上対処して下さい。

>レジのジャーナル(ロール紙)5年間保管するように言われていますが、

レジのジャーナルであれば、売上伝票もしくは領収書の控えに該当しますので
7年間の保存となります。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S40/S40F03401000012.html#1002000000004000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
法人税法施行規則59条

>どれがどの日付かもわかりません・・・

ジャーナルには、日付と時間が刻印されていますので、中身を確認すれば日付が
分かります。

>PC上の販売管理シ...続きを読む

Q納品書(仕入・売上)に保存義務がありますか?

従来、売掛帳や買掛帳に加えて、販売時の納品書控や仕入先から発行された納品書までダンボールに入れて保管してきました。近年、取引量が増加したこともあり、上記書類の保管スペースの確保が困難になってきました。
販売の納品書については月に一度、得意先に請求書を発行してお客の承認も得て入金されます。
仕入の納品書は仕入先からの請求書の内容と照合し、相違なければ支払いをします。
そのような運用の中で、何年も納品書を自社で保管する必要がありますか?

過去の取引の中で取引先から問い合わせがあれば、コンピュータの記録を参照して、それで納得できなければ保管してある請求書控や仕入先の請求書を確認する事で問題は解決できています。
税法や商法では納品書の一定期間の保存義務がありますか?
知り合いの会社(複数)では、納品書の保管はしていないという事ですが、違法でなければ当社でも不要な納品書は廃棄したいと考えています。

Aベストアンサー

原則は5年間の保存義務があります。

タックスアンサーより
「■帳簿等の保存
 収入金額や必要経費を記載した帳簿のほか、取引に伴って作成した帳簿や受け取った請求書・領収書などの書類を保存する必要があります。

【帳簿・書類の保存期間】
・帳簿  収入金額や必要経費を記載した帳簿(法定帳簿) 7年
・業務に関して作成した上記以外の帳簿(任意帳簿)   5年
・書類 決算に関して作成した棚卸表その他の書類 5年
 業務に関して作成し、又は受領した請求書、納品書、送り状、領収書などの書類 」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/index.htm

ただ、請求書、領収書等で確認できる納品書等の書類については、
破棄できるという風に言われることもあります。
(と、自分も税理士に確認をとったことはありますが、
あくまでも、税務署の公式な見解が最も適切とはいえます。)

Q飲食店の経理について

こんにちは。
近々夫婦二人で中華料理屋をはじめることになりました。
二人とも飲食店で働いていたり、知り合いに中華料理屋を営む方がいたりでだいたいのことはなんとかなりそうなんですが、経理に関してが全くわかりません。
旦那は楽観的で「まぁ適当にやればなんとかなるでしょ」という感じなのですが、私は不安でたまりません。あまりお金も使いたくないので本を読んだりネットで調べたり、独学で頑張ろうかとも思ったんですが本当になんとなーくしか理解できません。
本当に適当でなんとかなるのか、
個人飲食店の経理をはじめるにあたって、まず何からするべきなんでしょうか。
最低限この帳簿がいるとか、なんとか…
やっぱり青色申告会とかを活用したほうがいいんでしょうか?
何もわからない人でも青色会計ソフトを使えばなんとかなりますか?
もしくはこんなバカな人でもわかる本とかありますか?
悲しくなるほど本当に何もわかりません、焦る一方です。

それと、私が青色専従者になるのか、子供と扶養に入り続けて控除を受けるのか。
どちらが良いのかもわかりません。

自分の理解力の乏しさが嫌になります…
どなたかどんな些細なことでも構いませんのでアドバイスをお願いします。すみません。

こんにちは。
近々夫婦二人で中華料理屋をはじめることになりました。
二人とも飲食店で働いていたり、知り合いに中華料理屋を営む方がいたりでだいたいのことはなんとかなりそうなんですが、経理に関してが全くわかりません。
旦那は楽観的で「まぁ適当にやればなんとかなるでしょ」という感じなのですが、私は不安でたまりません。あまりお金も使いたくないので本を読んだりネットで調べたり、独学で頑張ろうかとも思ったんですが本当になんとなーくしか理解できません。
本当に適当でなんとかなるのか、
個人飲...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
相当お困りのように感じましたのでお答えしてみようともいます。
まず、知識は全くないという前提でお話しします。

お商売を始めたならとにかく、お商売に関する物は全て保管しておいてください。
これは全てのお商売の基本です。
領収書、請求書、レシート、商売に関する物全てです。
中には商売で使うものと個人(自分)で使うものも一緒に買ったりすると思いますが、レシートにお商売で使った金額に丸をしてわかりやすくしておきます。
そして出来るだけ『領収書』をもらってあて名書きにお店の名前を書いてもらって下さい。(金額が細かいものは結構です)

次に会計帳簿を付けていきます。
会計帳簿を付けるソフトはいろいろありますが、まずは手書きで帳簿を付けてみましょう。
会計ソフトが使えるならそちらでチャレンジしてみてください。
付け方は簡単。家計簿の付ける要領と同じです。

本来は振替伝票というものに仕訳を書いていくのが正しいやり方です。

1日の収入と支出を1日ごとに現金出納帳とういうノートを文具屋で買ってきてその日のうちに書きましょう。

具体的には、

収入…お店の1日の売上合計→「売上」

支出…お店の材料の仕入れ→「仕入」
    アルバイトの給料→「給料」
    仕入れなどに使った交通費→「旅費交通費」
    お店の広告、チラシ代→「広告宣伝費」
    お世話になった人へお歳暮などを贈る進物代など→「接待交際費」
    作業服、エプロンなど→「福利厚生費」
    お店の火災保険など(養老保険や生命保険は経費になりません)→「保険料」
    携帯電話など→「通信費」
    税金などに関する支払い→「租税公課」
    お店の調理器具や1年未満で消耗するもの→「消耗品費」
    お店の家賃やガレージ代→「地代家賃」
    その他上記に属さないもの(新聞代や税理士さんへの決算料など)→「雑費」   

  「」書きは勘定科目といって、1年間分をその分類ごとに集計する物です。
  その詳細「相手先、購入先」「何を買ったのか、使ったのか」を摘要という欄に記入します。
  そしてその買い物ごと、使った金額ごとに書いていきます。
  これを取引といいますが、取引はまとめないで事細かく書いていきます。

そしてお店のお金で自分の物を買った、生活費のために出金した、お店の為のでないものは→「事業主貸」という科目でまとめます。

また売上以外でお店のお金を返したら→「事業主借」という科目で入金欄に書きます。

『日付』 『勘定科目』 『摘要』 『金額』 という具合に書くように現金出納帳は線引きしてあります。

これが一般的な書き方です。

そして奥様の給料ですが、お店の経費にしようとおもえば「給料」若しくは「専従者給与」という勘定で処理します。
しかしこの給料をとれば「所得税」が掛かります。
1月88,000円以下であれば所得税はかかりませんが、これを超えると税金が発生します。

なので(給料)80000(現金)80000 という感じで88000円以下で月末に仕訳を記入します。

これより欲しいというのであれば「事業主貸」という勘定で出金します。
「事業主貸」はいくら引き出してもよいですが経費になりまん。

この所得税については割愛しますが、申告納付が遅れたら延滞税がかかってきますので給料をとるには注意が必要です。

経営者さん(ご主人さん)には給料として経費にする事はできませんのでご注意を。

そして支出では無いけど費用(経費)になるものとして→「減価償却費」というものがあります。
これは固定資産(機械や備品)などを使って価値が下がるものを費用として計上できます。
たとえば、飲食店であれば30万円以上の業務用冷蔵庫、エアコン、自動ドア、仕入れのための車両とかをいいます。
決算時には必ずこの言葉出てきますので備品の領収書や購入日、金額がわかるのを保管しておいてください。


まずここまでができれば初めてにしては立派です。
あとは、来年の確定申告(3月15日)までにすべて金額を集計して、税務署に申告するわけです。

税理士さんに頼めば決算料で5万円~8万円くらいは報酬として取られると思います。

またお店の経営がよくなってきて売上金額が1000万円を超える事になれば消費税の申告が掛かってきます。消費税の申告が発生したら慎重に経理をしなければいけませんよ。

補足ですが、売上金額も含め、すべての金額は税込経理として処理します。(租税公課は非課税です。)

一連の流れを書きましたが、お分かりいただけましたか?

それと事業を開業したら所轄の税務署長に開業届を届けないといけません。
開業届をだしたら青色申告という申請の手続きもありますが、これは正規の簿記の原則にしたがって帳簿を付けないといけないので初めての方は白色申告となります。

まだよくわからなければ質問してください。


 

こんにちは。
相当お困りのように感じましたのでお答えしてみようともいます。
まず、知識は全くないという前提でお話しします。

お商売を始めたならとにかく、お商売に関する物は全て保管しておいてください。
これは全てのお商売の基本です。
領収書、請求書、レシート、商売に関する物全てです。
中には商売で使うものと個人(自分)で使うものも一緒に買ったりすると思いますが、レシートにお商売で使った金額に丸をしてわかりやすくしておきます。
そして出来るだけ『領収書』をもらってあて名書きにお店の...続きを読む

Qクレジットカードの控えや領収書はいつまでとっておく?

クレジットカードを使用した際には控えが発行され、その控えに「この控えは大事にとっておいて下さい」と言った文章が書かれています。またパソコンなど適度に高い買い物をした際には電気屋さんから領収書が発行されます。
私はこれら全てとってあるのですが、いつまでとっておけばいいのか分かりません。その為、控えや領収書が大量にあります。またクレジットカードの利用明細なども今までずっととってあるため、大量になってしまっています。例えば何年後かに○○の代金が支払われていないなどと、店側から連絡があったり、○○の商品について、クレジットカードの引き落としがされていないなどの連絡があった場合の証拠になるかもしれないと思い、とってあります。
購入した品物の支払いの有無が問われないのはその品物を購入してから何年後といったような法律や規定はあるのでしょうか?
ご存知の方がおられればご教示頂きたく存じます。

Aベストアンサー

カード会社の引き落としをチェックして、引き落とされていれば捨てるということでしょう。
そうすれば、基本的には1枚も残らないはずです。

 古い領収書、利用控は、クレジットカードの番号が全桁表示されていますので、シュレッダーで処理するのが安全です。
 また、複数の店舗の利用控も、店によって表示している桁部分が違ったりしますので、これもシュレッダーで処理するのが安全です。


本当に利用したものであれば、再度の請求はないはずですし、請求があったとしてもカード会社の引き落とし明細で事足ります。

カードの利用明細は、まあ2年でしょうね。


>購入した品物の支払いの有無が問われないのはその品物を購入してから何年後といったような法律や規定はあるのでしょうか?



商法522条で、商行為の時効は5年ですが、それより短い時効が他の法律で規定されていれば、それになります。
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8f%a4%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=M32HO048&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1


具体的には、例えば民法173条近辺で
小売商の商品売買代金は2年
飲食店の飲食料金の場合は1年となってます。

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%96%af%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=M29HO089&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1

時効の起算点は、権利行使可能なときからです。
ですのでカード会社が代金を販売店に立替払いした後に来る、普通の最初の請求日が基準になります。
販売店がカード会社に伝票を送り忘れていたときは、販売店がカード会社に2年以上請求しなければ終わりなのでしょう。

カード会社の引き落としをチェックして、引き落とされていれば捨てるということでしょう。
そうすれば、基本的には1枚も残らないはずです。

 古い領収書、利用控は、クレジットカードの番号が全桁表示されていますので、シュレッダーで処理するのが安全です。
 また、複数の店舗の利用控も、店によって表示している桁部分が違ったりしますので、これもシュレッダーで処理するのが安全です。


本当に利用したものであれば、再度の請求はないはずですし、請求があったとしてもカード会社の引き落とし明...続きを読む

Qレジロールは保存義務がありますか?

レジロールは保存義務がありますか?

こんにちは。
会社の経理(税務)に関する質問です。

1.会社の帳簿書類は税法上7年間の保存義務があると思いますが
 これにお客様に渡すレシートの控えとなるレジロールも含まれますでしょうか。

 ・・・「領収証の控え」という位置づけになるのでしょうか。

2.もし仮にレジロールが法令に基づいて保存する義務があるとすれば
  イオンなどの巨大スーパーもものすごい量を保存されているのでしょうか???

どなたかご存知のかたよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.保存義務があります。
2.電子化してます。

Q電気店での購入記録(レシートやデータなど)店側ではどれくらいの期間、保存している? あるいは、しないといけない?

大型電気店などで購入した製品の
履歴・記録は、どのくらいの期間保存されている
あるいは、保存しなければならないのでしょうか?

大きな電化製品から
小さな、電池や延長コードコード
あるいは、用紙やインクといった
電化製品そのものではないものまで
違いもあるのでしょうか?

電気店とのとあるやりとりをこれからするのですが
「保存していません」
「もう履歴・記録はありません」
という言葉で逃げられたくないことが
ありまして・・・


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

購買記録の保管義務は店にはないですが、店独自のトラブルやたな卸しなどの事由で2,3ヶ月保管していることもあります。

そこで買ったことを証明するには、挙証責任は購入者側にあります。
その店がポイント付加サービスをしている場合は、残っている可能性があり、クレジットカードで購入した場合もクレジット会社に残っています。   ただし、どちらも法的根拠はなく各企業の内部処理上の都合です。

電気製品ならば購入時に保証書に店印、日付など書き込まれたものを貰っていませんか?

Q開業2年目の個人事業主です。帳簿付けてません!

個人サロン開業2年目の個人事業主ですが帳簿を全然付けてません!
このままではいけないと、心が焦るばかりです。


備品や食糧、外食などの領収書やレシートは月別に袋に入れてます。

月々の売り上げ金額は大体わかります。

仕事仲間への支払いは、都度現金払いでしていたので、請求書や受領書など何もありません。

昨年度は申告もできていません。※昨年は初期の設備費用などでたぶんトントンだと思います。


私は、いったい何をどうすればよいでしょうか?
お勧めの会計ソフトなども教えて下さい。※現金商売なのでごく簡単なもので大丈夫だとおもいます。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>私は、いったい何をどうすればよいでしょうか?

まずは、「トントンだったことを(赤の他人にも)証明できるようにしておく」のが一番重要です。

本当に「トントン=儲かっていない」ならば、所得税もかかりませんので、「所得税の確定申告」もする必要がありません。

ですから、とりあえず「体裁」はどうでもよいので、「証拠となるものを残す、忘れてしまわないように記録しておく」ようにしてください。

---
ちなみに、今のままだと「現金払いで請求書や受領書など何もない仕事仲間への支払い」は、証明する方法がないので「遊びに使ってしまった」と思われても仕方がない状態です。

ですから、今からでも「人件費などのお金の流れ」を証明できるようにしておいたほうがよいと思います。

なお、「お金の流れ」を記録したものが「帳簿」で、その証拠になるのが「請求書(の控え)や領収書(の控え)など」です。

---
あとは、「初期の設備費用など」の中には、「減価償却(げんかしょうきゃく)」という独特な考え方で必要経費にしないといけないものがある可能性があります。

あくまでも「たとえ話」ですが、「40万円のものを買ったら、1年に10万円ずつ4年で必要経費に計上する」というような感じです。

『必要経費になる?ならない?「必要経費」の考え方【2/2】|All About』(更新日:2012年10月16日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14618/2/
>>[支出した金額が必要経費になるとは限らない]

>お勧めの会計ソフトなど…

まずは、「税理士」にどうすればよいか相談して、ついでに「お勧めのソフト」を聞くのがよいと思います。

ただし、「とにかく安くあげたい」場合は、(自分で勉強する必要がありますが)「税務署や商工会などが行なう記帳指導で使われているソフト」を使うのがよいかもしれません。

『個人で事業を行っている方の帳簿の記載・記録の保存について|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/index.htm
>>青色申告をはじめてみませんか?
>>「会計ソフト方式」
>>指導会場において会計ソフトを用いて記帳の仕方等について説明します。パソコンは会場に準備しています。
>>※ 使用する会計ソフトの種類は、記帳指導の受託者である事業者により異なります。

『事業者サービス|全国商工会連合会』
http://www.shokokai.or.jp/somu/main_service.htm
>><ネットde記帳>
>>ネットde記帳は、…商工会で操作方法等のサポートを行なっていることに加え、身近な商工会から記帳・経理等の指導も受けられることが最大の特徴となっています。

※「民主商工会(民商)」は【別団体】です。

---
(補足1.)

「税金の時効」は、原則として「5年」、脱税など悪質な場合は「7年」ですから、「税務署の調査(税務調査)」は、いつ行われるか分かりません。

たとえば、今後儲かってきて税務申告した後で、税務署から「開業した時からの帳簿を見せてもらえますか?」というようなチェックが入る可能性は十分あると思います。

あとは、可能性は高くないですが、取引業者の税務調査の流れで自分のところにも調査が入るようなこともあります。

そうなったときに帳簿がないとどうなるかといいますと、「推計課税(すいけいかぜい)」という方法で税金を「一方的に」決められてしまう可能性があります。

具体的には、「今これくらい儲かっているんだから、○○年も○○円くらいは儲かっていたはず」というような税金の決め方が行われるということです。

もちろん、「必要経費がまったく認められない」ということはなく、同じように「この仕事だと売上の○割くらいの必要経費が妥当かな?」という感じで考慮はしてもらえます。

「推計課税」については、以下の記事が分かりやすいです。

『白色申告の話』(2010/06/25)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-527.html

---
(補足2.)

「所得税の確定申告」は、「儲かっていない≒所得税が0円」ならばしなくてもよいですが、「個人住民税の申告」は、「収入が全くない」場合でも原則として行う必要があります。

なぜかと言いますと、「収入があったかどうかすら分からない」と「国保の保険料の算定・軽減の判定」などの「行政手続き」に支障が出ることがあるからです。

『住民税の申告について|町田市』
https://www.city.machida.tokyo.jp/kurashi/tax/shimin/shimin02.html
>>【注】住民税の申告は前年の収入の有無等を市役所に届け出てもらうもので、収入が全くない方も申告の必要があります。
>>申告がありませんと、公営住宅入居・子ども手当・保育園入園・公的年金・事業資金の融資等の申請に必要な住民税の課税・非課税証明書の交付が受けられませんのでご注意ください。

ちなみに、「所得税の確定申告書を税務署に提出した人」は「個人住民税の申告書」は(市町村に)提出するする必要がありません。

『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08

※なお、「個人住民税」は「地方税」なので、詳しくは「1月1日に住んでいた市町村」にご確認ください。

『住民税とは?住民税の基本を知ろう|All About』(更新日:2014年06月06日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

※分かりにくい点があれば「補足」にてお知らせ下さい。



*****
(その他、参照したサイト・参考サイトなど)

『税務調査って怖いの?』(2009/08/29)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-373.html
『第1回 税務署に疑われない「必要経費」の区分|アットマーク・アイティ』(2009/2/4)
http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/rensai/kakutei/01/01.html
---
『確定申告を忘れたとき|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm
『確定申告の期限後申告によるペナルティとは|All About』(更新日:2014年02月12日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14820/
>>延滞税の計算は…平成26年1月1日から平成26年12月31日までの期間は、【年2.9%】とされています。
---
『税務時効|大埜治仁税理士事務所』(2013年8月 5日)
http://www.ohno-jp.net/blog/2013/08/post-13-588376.html
---
『税務署の仕事|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/works.htm
>>個人課税部門は、所得税や個人事業者の消費税等についての個別的な相談や調査を行っています。また、個人事業者向けの各種説明会や青色申告のための記帳指導・研修等も担当しています。…
---
『腹が立つ国税局の税務相談室|税理士もりりのひとりごと』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切|こっそりと。』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切|家族を幸せにする自営業家庭の家計管理』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm
---
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ|税理士もりりのひとりごと』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1264.html
『ニセ税理士|税理士もりりのひとりごと』(2014/01/04)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1912.html
『リンク集|日本税理士会連合会』
http://www.nichizeiren.or.jp/link.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>私は、いったい何をどうすればよいでしょうか?

まずは、「トントンだったことを(赤の他人にも)証明できるようにしておく」のが一番重要です。

本当に「トントン=儲かっていない」ならば、所得税もかかりませんので、「所得税の確定申告」もする必要がありません。

ですから、とりあえず「体裁」はどうでもよいので、「証拠となるものを残す、忘れてしまわないように記録しておく」ようにしてください。

---
ちなみに、今のままだと「現金払いで請求書や受領書な...続きを読む

Q領収書の控えの保存について

経理関係の知識が全く無い人間です。ですが、このたび、母から個人経営の月極駐車場の管理を任されることになりました。
店子さんから賃料を領収した際に、領収書を渡しているのですが、複写式になった控えのほうはどのような形で保管するればよいのか教えてほしいです。領収書の冊子につけたまんまにしておかないといけないのでしょうか。それともその控えを台紙からはずして、ファイルなどに保存するほうが紛失もないかと思うのですが。
ご教示お願いします。

Aベストアンサー

>領収書の冊子につけたまんまにしておかないといけないのでしょうか。

法人税法施行規則59条3項
取引に関して、相手方から受け取つた注文書、契約書、送り状、領収書、見積
書その他これらに準ずる書類及び自己の作成したこれらの書類でその写しのあ
るものはその写し

つまり、領収書を発行して控えがある場合には控えを取っておくこと。と定め
られています。(控えが元々無い場合には、保存する必要はありません)

この規則がありますので、領収書控えが無いからと言って罰せられる事はあり
ません。

但し。税務署が望む管理方法(詳しくは所轄の税務署にご確認下さい)
 ◯領収書番号は連番であること
 ◯領収書は複写式であり、冊子式であれば冊子を崩していないこと
 ◯間違えた領収書、未渡しの領収書は、控えに貼付しておくこと
 ◯領収書は、宛先・受領金額・受領日を明確に記載する事

以上を満たしていれば、税務調査時に文句を言われることはありません。

>それともその控えを台紙からはずして、ファイルなどに保存するほうが

税務署は控えを冊子から外した時点で、改竄の疑いを持ちます。
このようにした場合であっても法律には触れませんが、領収書控を丁寧に調べ
る事になります。
(わざわざ、税務署に疑いをもたれる行為をする必要はありません)

>領収書の冊子につけたまんまにしておかないといけないのでしょうか。

法人税法施行規則59条3項
取引に関して、相手方から受け取つた注文書、契約書、送り状、領収書、見積
書その他これらに準ずる書類及び自己の作成したこれらの書類でその写しのあ
るものはその写し

つまり、領収書を発行して控えがある場合には控えを取っておくこと。と定め
られています。(控えが元々無い場合には、保存する必要はありません)

この規則がありますので、領収書控えが無いからと言って罰せられる事はあり
ませ...続きを読む

Q税法で7年の保管が定められている「送り状」とは何が該当するのでしょうか

税法で7年の保管が定められている「送り状」とは何が該当するのでしょうか?

法人税法で、7年の保管期間が定められているものに、
「注文書、契約書、送り状、領収書、見積書その他これに準ずる書類」
とあるかと思いますが、ここでいう「送り状」とは、宅配業者に依頼して、
送る箱に貼ったりするものも含まれるのでしょうか?

例えば、送る中身がパンフレットや招待状など無料のものの場合にも
保管しなければならないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

送り状保管対象は商品・棚卸資産です。
あなたが印刷業者で配送するパンフレットが印刷注文を受けたもの
であれば保管義務がありますが、パンフレットが商品でなければ
保管義務はありません。

それから送り状というのは商品引渡確認の書類です。
受け取った相手が段ボールに貼ったものでも構わないというのであれ
ば問題ないかもしれませんが、普通は相手が書類として保管できる
状態で渡すと思います。
外箱に貼るにしても、ビニール袋に入れて貼るとか。

Q飲食店の請求書の書き方

こんにちは。

3ヶ月前に飲食店を開店した者です。

今まではカードと現金のみでの会計でしたが、お客様に「次回からは請求書で頼む」と言われました。

しかし、請求書を作成したことがなく、どのように書いてよいのかわかりません。

特別なソフトを使用することなく、作成したいのですが。。。。(私のパソコンはワードも入っておらず、文書作成時に必要な線や枠を引くことさえできません)

そこで質問させていただきます。

1・請求書には何をどのように書けばよいのでしょうか?飲食店からの請求書の見本になるような画像がネットで落ちていたら是非教えてください。

2・文房具屋で売っている請求書でも構いませんか?

3・それから、いつ頃発行すればいいのでしょうか?

4・請求書先が大手証券会社なのですが、色々な役職の方が来られて、どこに送ればよいのかもわかりません。宛名は○○証券会社 ○○様御中 でよろしいのでしょうか?

質問ばかりですみません(><)初めてのことばかりで、どなたかにご教示いただけましたら幸いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

上場企業の経費出納の経験者です

一般的な飲食費の請求書の場合、必要な項目は

飲食した日付、お客様のお名前、飲食費であることの明記、金額、支払い先、飲食店名と所在、捺印程度で問題ないようです

具体的には

ご請求書
○○株式会社さま
□月□日 ご請求額○○○○円
但し、お食事代として
お振込み先△△銀行△△支店(普通口座)口座番号○○○○口座名××××
お店の住所及び電話番号、店名 店舗印

くらいの感じですね
住所店名はハンコを作ってると思います(なければ作ったほうがいい)
それプラスお店の角印か丸印(朱印)

あと、細かく言えば
会社の場合、振込手数料を差し引かれる場合がありますので
「振込手数料はご負担ください」と書いておいてほうがいいかもしれません
それと、支払期日ですね
「ご利用日の翌月末までに」とか「請求書到着後、7日以内に」とか書いてあるケースも多いです
消費税額(相当額)を明示するようなこともありますが、普通はそこまでなくてもいいと思います

書式は、文房具店や100円均一に売っているもので十分です
ただし、複写式や半券式のように店舗側で控えが取れるものがいいです
(入金確認のため)

請求書はできるだけ早めに発行したほうがいいです
利用日から一週間以内には相手先に届くようにしたほうがいいと思います

宛先については、会計時にお名刺を頂き
「では、お名刺の○○様あてにご請求でよろしいでしょうか?」と確認するのが間違いないです
(少なくとも、最初のうちは)

その場合、名刺の住所・会社名・部署役職名で○○様、としてお送りします
(同姓の方がいるケースもあります)
ですので
○○証券会社 ○○部 ○○様
の方がいいですね

ちなみに「様御中」はNG
特定の個人の方へ当てるなら「様」だけ、部署あてなら「御中」です
「○○会社○○部○○様」
あるいは
「○○会社○○部御中」

場合によっては、「会社の経理部あてに送って。」というケースもあります
その場合は、請求書の摘要欄に「○○部○○様ご利用分」と書き添えておきましょう
封筒の左下に「請求書在中」と書いておくものアリですね
見慣れないお店からの封書だと、DMの類と勘違いされる事もありえます


あと気になったのですが、お客様は間違いないですよね?
近所の会社で顔見知りとか常連さん、常連さんの紹介とか、ならいいでしょうが、
一見のお客さんに請求書対応するのは避けたほうがいいです
私の知っている店で請求書を出したところ、「そのような者は弊社にはおりません」という連絡があった
という話を聞いたことがあります
請求書を発行するという事は、相手を信じるという意味であることを認識しないといけませんね


まあ、参考になれば

上場企業の経費出納の経験者です

一般的な飲食費の請求書の場合、必要な項目は

飲食した日付、お客様のお名前、飲食費であることの明記、金額、支払い先、飲食店名と所在、捺印程度で問題ないようです

具体的には

ご請求書
○○株式会社さま
□月□日 ご請求額○○○○円
但し、お食事代として
お振込み先△△銀行△△支店(普通口座)口座番号○○○○口座名××××
お店の住所及び電話番号、店名 店舗印

くらいの感じですね
住所店名はハンコを作ってると思います(なければ作ったほうがいい)
それプラスお店の角印か丸印(...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング