今度、インフルエンザの特効薬が発売されるということをニュースで聞きましたが、いつぐらいに発売されるのでしょうか。また、どこへ行けば買えるのでしょうか?また、インフルエンザの特効薬に関するその他の情報を何でも良いので教えていただけないでしょうか。詳しい方お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

補足ですが、精神科系のお薬をお飲みでしたら、併用は必ず避けてください。


さもないと、私のように意識を失って大騒ぎになりますので。では。
    • good
    • 0

タミフル、リレンザの効能を少し調べましたが、


発症40時間以内に使用しないと効果のない点、殺ウイルス作用のない点、などからして、とても特効薬と呼べるような代物ではないと思います。

全てのインフルエンザ症例に使用が推奨されているのではない点をご留意ください。
    • good
    • 0

mijunさんの回答に載っているアマンタジン(製品名シンメトレル)はもともとパーキンソン治療薬なので内科でしょうか。

リレンザは、小児科でも扱うと思います。ただ、普通の風邪では、処方されませんのでご注意ください。でも、特効薬とは言っても副作用が全くない訳ではありませんからね。元気にこの冬をのり越えられますように!!
    • good
    • 0

naokunさんのご紹介のように「薬価収載」に関するサイトが以下の参考URLサイトにあります。


直接的な回答ではありませんが、関連サイトとして、
http://www.win.ne.jp/~igarashi/influenz.html#kik …
(A型インフルエンザ治療薬アマンタジン)
http://www.ktx.or.jp/~kenkou/link/linkinf.html
(『インフルエンザ対策』総合リンク集)
http://www.so-net.ne.jp/vivre/influenza/roche/
(朝日医学衛星セミナー)

ご参考まで。

参考URL:http://d-inf.org/drug/zanamivir.html,http://d-in …
    • good
    • 0

相変わらずの(笑)deagleさんに、ひとこと。

(規則違反?)
私の例に挙げたのは、deagleさんが提示されたホームページに出てくるもう一つの薬のことですが、正式に薬価収載されたので、保険がききます。
    • good
    • 0

 「リレンザ」のことだと思います(それ以外にもいくつか出てますが)。


 もっとも、ウィルス性の疾患に、本当の意味で特効薬と呼べる薬が存在したりしたら、そりゃあもう天と地がひっくり返ると思いますが(笑)

 まあ、それはともかく……。
 えーと、下記の資料によりますと、リレンザはウィルスの成長抑制効果を持つ薬なのだそうで、今までよりも完治期間が半分くらいになるそうです。
 ただし、保険がきかないうえ、医師の処方箋がないと手に入らないそうです。病院によっては扱ってない、ということもどこかで読みました。

 「A型とB型の両方に効く」と書いてありますが、それはつまりそのうちどのウィルスにも効かなくなるってことですから、過剰な期待は禁物でしょうね。

参考URL:http://medwave.biztech.co.jp/health/saizen2.html
    • good
    • 0

つい先日発売されました。


しかし、この薬は市販薬ではありません。病院や診療所でインフルエンザの診断を受けて初めて処方されるものです。
ちなみに、私は先週の土曜日インフルエンザに罹患しましたが、この薬をすぐに服用し始めたためか、高熱はその1日のみで、仕事も日曜日に休んだのみで月曜日からは普通に出て、当直までやってしまいましたが、現在は全く元気です。一般名リン酸オセルタミビルという薬剤で、A型およびB型インフルエンザには効果がありますが、C型には効きません。この薬剤は、ノイラミニダーゼというインフルエンザウィルスが人の細胞から遊離・増殖するために必要な酵素を阻害することにより効果を発揮します。また、発症2日以内に服用を開始しないと無効といわれています。1日2カプセルを5日間服用します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医薬品の添付文書について

医薬品の添付文書には医療用と一般用の2種類があるのでしょうか。
一般用は薬を買ったその人が読むためだと思うのですが、医療用の添付文書とは一体誰がどのような目的で使うのでしょうか。

Aベストアンサー

ドクターや薬剤師・医薬品卸の薬剤師が見ます。
メーカーは自社製品の添付文書集(本にしてある)を依頼があれば、診療所・病院・調剤薬局等へ届けます。
頻繁に改定版が出ます。

Qインフルエンザの特効薬

子供がインフルエンザに罹り、病院でインフルエンザの特効薬というのを処方されました。
病院の先生によると、パーキンソン病の薬がベースになっているとか。
これって、いったいどういう理屈でどういう風に効く薬なのですか?
ちょっと副作用が強いようです(幻覚を見たみたいです)
5日間服用しないと効果が無くなってしまうそうなので、続けるのがちょっと心配です。

Aベストアンサー

インフルエンザに処方される薬としては、シンメトレル、タミフル、リレンザという3種類の薬が出されます。まず、高熱を発症しているなどのインフルエンザが疑われる症状の場合、診断薬を使って、インフルエンザかどうか、また、インフルエンザの場合、A型なのかB型なのかを診断します。A型の場合、シンメトレルというパーキンソン病の治療薬が処方されることがあります。パーキンソン病とは、脳内のドーパミンといわれる神経伝達物質(神経の刺激を伝達する働きをする化学物質のこと)が枯渇することで生じる筋肉の硬直や手の震えを伴う病気です。パーキンソン病になっている人では、元ボクサーのモハメド・アリ氏が有名だと思います。シンメトレルは、もともとパーキンソン病の薬ですので、副作用として幻覚を生じることが知られています。また、小児の場合、投与量の設定が難しいかとから、副作用の問題もあります。しかしながら、インフルエンザに対して抵抗力がない小児や老人には、リスクよりも使用する利点が大きいため、処方されます。インフルエンザウイルスは、他のウイルスと同様、シンプルな生き物で、それ自身では、繁殖できません。人間などの生物の細胞に入り込んでしか生きていけません。ウイルスは、大きくわけて自分の子孫を増やすための遺伝子とそれを覆う殻の2種類のもので構成されています。ウイルスは、まず、人間などの生物の細胞の表面にくっき、それから、自分の遺伝子を細胞に注入します。次に、細胞のなかで、自分の遺伝子を使って、勝手に細胞内にある材料を使い、自分のコーピーを大量に作ります。細胞の中で、これ以上自分のコピーを作れなくなると、細胞を破壊してコピーのウイスルが次の感染していない細胞にくっいて同様の増殖を繰り返します。シンメトレルは、ウイルスが細胞にくっいて、自分の遺伝子を注入しようとするのを邪魔する効果があり、ウイルスの増殖を抑えます。シンメトレルは、B型のウイルスにはききませんので、B型の場合、タミフル、リレンザを処方します。これらは、A型、B型いずれも効きます。ただし、これらの薬は、最近発売された薬で高額な薬であること、また、リレンザは、吸入薬なので使いにくいと言う欠点があります。タミフルやリレンザという薬は、インフルエンザウイルスが細胞に感染し、細胞内で増殖した後、増殖したウイルスが感染した細胞より出られなくする効果があります。具体的には、増殖したウイルスが感染した細胞を破壊する際に、ある酵素が必要なのですが、その酵素の働きを阻害する作用があります。

インフルエンザに処方される薬としては、シンメトレル、タミフル、リレンザという3種類の薬が出されます。まず、高熱を発症しているなどのインフルエンザが疑われる症状の場合、診断薬を使って、インフルエンザかどうか、また、インフルエンザの場合、A型なのかB型なのかを診断します。A型の場合、シンメトレルというパーキンソン病の治療薬が処方されることがあります。パーキンソン病とは、脳内のドーパミンといわれる神経伝達物質(神経の刺激を伝達する働きをする化学物質のこと)が枯渇することで生じる...続きを読む

Q医療用医薬品の添付文書を理解できますか

皆さんは医療用医薬品の添付文書を理解できますか?最近ではネットで誰でも閲覧できますね。ちなみに私は薬剤にもよりますが、「薬物動態」「薬効薬理」「有効成分に関する理化学的知見」あたりで理解困難になる事がほとんどです。

皆さんどうですか?それと医薬品、病気に関する質問にて明らかに全く知識がない方と思われる質問者にその難解な「添付文書」を参考URLとして紹介しますか?

「添付文書」には治験時の副作用の全て、類似薬での副作用報告が事細かに記載していますよね。如何でしょうか?ちなみに私は紹介した事があります。

Aベストアンサー

また、お邪魔いたします。

>さて、緊張するとはそんなに私が怖いのか(笑)
いえいえそうではなくて、薬のことに詳しい方に回答をするのは、(私は小心者のくせに ええかっこしー なものですので、)どこかでぼろを出してしまうのが心配ということで・・・・・でも、やっぱり少しは怖いかな?~ホントにちょっとだけですけど。(笑)

それから、「この手の質問」というのは、「一般の方の病気カテの」というつもりだったんですけど、でも、この書き方だと確かにそう解釈されますよね。文章能力に問題ありました。失礼しました。(^ ^;

さて、本題ですが、
私は、以前にちょっとだけ製薬関係の仕事に関わっていたことがありました(専門家なんて言われるようなものじゃありませんけど)ので、多少は理解しているつもりです。
と言っても、理解度はかなりいいかげん(ごく一部を除きほとんど表面的)なもので、薬効薬理なんかは全くお手上げですけどね。

大体、普通は理解できなくてもあたりまえだと思いますけど?

理由その1:内容の専門分野が多岐にわたる。
メーカーで添文の元データに関わっている専門家をあげると、薬理、毒性、薬動、製剤、分析、化学、臨床開発、薬事・・・・全部の専門知識を持てと言われてもねー。

理由その2(こっちの方が本題):ほとんど試験の結果ぐらいしか書いていない。
kaznhiさんが「行間を読む」っておっしゃっているのに通じることですけど、添文ってごく簡単な試験条件と結果しか載っていないですよね。
副作用頻度の数値はわかるけど、どんな調査をした結果なの?
催奇形性ってネズミにどのくらい与えた結果で、人間で臨床容量だとどうなの?
やはり、厚生労働省のレギュレーションとか、薬の開発で行われる一般的な試験のパターンとかを知らないと、内容を意味のあるデータとして解釈するのは難しいんじゃないでしょうか。
edogawaranpoさんがおっしるように、十分参考文献を読みこなす能力があっても、添文は「理解できない場合が多い」っていうのは、この理由ですよね。

ということで、必要なところだけわかれば、全部を理解する必要はないと思いますよ。
実際、薬剤部でたまに確認するぐらいで、Drはほとんど見ないような項目もありますし。

添付文書は、医薬品情報の「基本」かもしれませんけど、「絶対」ではないですよね。(メーカーの責任逃れみたいな記述もありますし。)
あくまでも参考であって、最終的な薬の使い方はDrの裁量で決まるわけですし、実際の臨床現場のことがわからなければ、本当に意味のある情報として活用するのは難しいんじゃないでしょうか?

以上、一般人の勝手な考察ですが、多少でも参考になれば・・・・・。

また、お邪魔いたします。

>さて、緊張するとはそんなに私が怖いのか(笑)
いえいえそうではなくて、薬のことに詳しい方に回答をするのは、(私は小心者のくせに ええかっこしー なものですので、)どこかでぼろを出してしまうのが心配ということで・・・・・でも、やっぱり少しは怖いかな?~ホントにちょっとだけですけど。(笑)

それから、「この手の質問」というのは、「一般の方の病気カテの」というつもりだったんですけど、でも、この書き方だと確かにそう解釈されますよね。文章能力に問題あり...続きを読む

Qインフルエンザ特効薬、タミフルについて

この前、インフルエンザにかかりタミフルを服用しました。そうしたら、副作用がひどく、吐き気、胃腸炎、白血球の異常な低下、持病の衝撃性、蕁麻疹がひどくなり大変でした。
タミフルに関して、詳しい方や、副作用を体験した方、回答待ってます。

Aベストアンサー

3月18日にインフルエンザA型に感染して、3月20日~24日までのタミフルを5日間服用しました。
その後、手の指の付け根に水ぶくれのような小さい吹き出物ができたのを始めとして、
体のあちこちに吹き出物ができました。現在でも症状は続いています。
肌そのものも敏感になっているようです。

もう医者には行ってないのですが、時間が経てば治るのでしょうかね。
かゆみ止めを塗っていますが出血したり、結構厳しいです。
もう2~3週間して改善がみられなければ医者に行くつもりではありますが、
先月は医療費で随分使ったので、できれば医者は避けたい。^^;

しかし38度あった熱が一晩で落ち着きました。インフルエンザそのものに
対する効果は劇的でした。ただ、かなり強い薬ということなのでしょうか?

Qアンドロイドアプリで添付文書情報

iPhone アプリでは「添付文書Lite」という、医療従事者向けの薬の添付文書を
検索出来るアプリがありますよね。
アンドロイドアプリでは無いのでしょうか?
薬を検索するアプリは2,3件見つけたのですが、専門的なものは無かったので…。

無いとしたら、今後作られる見込みはありますでしょうか?

Aベストアンサー

これは?
QLifeお薬検索
http://www.qlife.co.jp/news/1763.html

ただし、AndroidOS2.1以上なので、使用できない端末もあります。

Qインフルエンザの特効薬と抗体のつき方の関係

去年の丁度今頃に、幼稚園児だった第二子がインフルエンザに罹り、幼児の妹、私、第一子、主人の順に家族全員が罹りました。その際、初めに罹った2人は発熱後すぐに特効薬(シンメトレル)を処方され、飲みました。私がその薬を処方され、飲んだのは発熱後丸二日経ってからでしたので、完治までに2週間くらい要し、薬の効果はあまりなかったように感じました。(要するに、ウィルスが十分に繁殖し、自然治癒力で良くなった状態と同じ)

さて、今年ですが、第二子、第三子がやはりインフルエンザに罹りました。ところが、その二人の看病をし、24時間一緒に生活している私にはうつりませんでした。(予防接種もしていません)第一子と主人も無事です。初めは、去年罹った時期からまだ1年経ってないので抗体が残っている為に罹らないのかと思いましたが、三人とも熱こそ出ないものの、喉の痛みや咳などの症状はあります。
このことから、
『特効薬を使うと抗体が十分につかないのではないか?』
という思いが日に日に増しているのですが、みなさんはどのように思いますか?(特効薬を批判しているわけではありません。ただ、かかりつけの小児科の先生が「どうして今年はこんなにインフルエンザが多いのだろう?」と首をかしげていたのに加え、自分がこのような状態にあるので、昨シーズンの特効薬の使用によって十分に抗体がつかないで治ってしまった事が今年のインフルエンザを蔓延させる原因になっているような気がして仕方ないのです)

去年の丁度今頃に、幼稚園児だった第二子がインフルエンザに罹り、幼児の妹、私、第一子、主人の順に家族全員が罹りました。その際、初めに罹った2人は発熱後すぐに特効薬(シンメトレル)を処方され、飲みました。私がその薬を処方され、飲んだのは発熱後丸二日経ってからでしたので、完治までに2週間くらい要し、薬の効果はあまりなかったように感じました。(要するに、ウィルスが十分に繁殖し、自然治癒力で良くなった状態と同じ)

さて、今年ですが、第二子、第三子がやはりインフルエンザに罹りました。...続きを読む

Aベストアンサー

水痘(みずぼうそう)のウイルスの場合も、それ用の抗ウイルス薬があり、免疫が十分出来なのではないか、と心配されたことがあります。水痘の場合、不十分な免疫となると、帯状疱疹という病気のもとになることが知られていたからです。水痘ワクチンが導入されて10年以上たちますが、今のところそうした問題はないようです。/同じようにインフルエンザでも、抗ウイルス薬の使用が免疫の低下をもたらす、という証拠はありません。何故なら、たとえ薬を使ってウイルスの増加を防止しても、その時にインフルエンザが治るためには、自分の免疫の力で抗体をつくり、ウイルスをやっつけないと、いつまでもウイルスが体に残ってしまうからです。/インフルエンザの種類で、最近の日本で流行っているものは、A香港型、Aソ連型、B型の3種類で、それぞれ別々の免疫が必要なため、一シーズンに2回も3回もインフルエンザにかかってしまう場合もありますし、2年続けてかかる場合もあります。/ただ、質問者のかたの疑問はもっともなので、ここ数年内にそうした研究データがでると思いますが、本当のところは、まだデータ不足のところもあります。

水痘(みずぼうそう)のウイルスの場合も、それ用の抗ウイルス薬があり、免疫が十分出来なのではないか、と心配されたことがあります。水痘の場合、不十分な免疫となると、帯状疱疹という病気のもとになることが知られていたからです。水痘ワクチンが導入されて10年以上たちますが、今のところそうした問題はないようです。/同じようにインフルエンザでも、抗ウイルス薬の使用が免疫の低下をもたらす、という証拠はありません。何故なら、たとえ薬を使ってウイルスの増加を防止しても、その時にインフルエンザ...続きを読む

Q海外製画像診断装置の添付文書(英語)

海外製画像診断装置(MRIとか)の添付文書(英語)というのは
存在するのでしょうか?
あれば確認したいのですが、どこのサイトで見れるものでしょうか?

Aベストアンサー

回答No.1さんへの "補足" を拝見したのですが、
此のペ~ジとは違いますか ?

http://www.510kdecisions.com/product_codes/index.cfm?fuseaction=companies&product_code=MOS

外にも在るとは思いますが........
例えば、K103275 ↑URLの外、http://www.accessdata.fda.gov/cdrh_docs/pdf10/k103275.pdf

Q至急!インフルエンザの特効薬がない

子供(6歳)が インフルエンザに罹ったようです。というのは 今住んでいるあたりには 検査のキットがもうないらしいのです。 
そして 特効薬も もうないとのことでもらえませんでした。
今のところ 熱が高いだけで まあまあ元気もあり 食欲も果物ならけっこう食べています。
これから 何をどう気をつければよいでしょうか。
緊急のことで 急いでお返事お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。そういう場合は◎水分・塩分の補給を怠らない事、◎体力を維持する事の二つが最も重要です。
水分、塩分はともに普段以上必要なので、ビタミンなども含むスポーツドリンクなどを活用するといいでしょう。
また、好みに併せて各種ジュース、お茶など工夫してとにかく普段以上に欲しいだけ与えてください。
体力維持には食事です。食が細くなったら急変する可能性が出て来ます。
食べられるのならやはり好きなだけ与えましょう。
無理にオカユや流動食にする必要はありません。食べられるなら固形物で全く構いません。
ぐったりして食欲が落ちるような場合、容体が急に悪くなった場合、ヒキツケた場合は救急車やむなしです。
いつでも呼べるように準備をしておいてください。

Q添付文書をひらけない

最近メールで添付文書開くことができなくなりました
教えてください

Aベストアンサー

  たとえば、OSがXPであってメーラーはIEで、「Sp2」を適用されていることはありませんか?

  ▽ Outlook Express の添付ファイル ブロック機能について
 http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;JA;883873

Qインフルエンザの診断と特効薬、受けられる医療機関は

インフルエンザは48時間以内に手を打たないと重くなると言います。
既に丸一日以上経ってしまった後で、何軒もの病院や医院を尋ねて回っているヒマはもうない!という状況の時、
今自分のいる地域で、インフルエンザ診断キットによる診断や、特効薬(タミフル?でしたっけ?)を受けられるところを知る手段は有るでしょうか。
(例:検索できるサービスとか、教えてくれるテレホンサービスとか、こういう病院を選べという目安とか)
(東京+神奈川県 の範囲でよろしくお願いいたします。)

Aベストアンサー

どこの病院、診療所でも今はほとんどでインフルエンザのキットやお薬は置いていると思います。お薬はシンメトリル、リレンザ、タミフルがあり、シンメトリルはA型に、後の二つはA,B両方の型に効くといわれています。但し投薬を受けられる際には、注意事項(副作用など)についてよく確認されるとよいと思います。念のため、インフルエンザについてのホームページを下に載せておきます。
また、医療機関の手っ取り早い探索は、夜間や休日であれば休日診療所にお電話されるとよいかと思います。昼間でしたら、それこそお近くの医療機関に一度お電話されるとよいと思います。

参考URL:http://idsc.nih.go.jp/others/topics/newpage2.html


人気Q&Aランキング