Cuba was the last Spanish Colonial enclave in America and is the largest island of the Caribbean Sea. Due to its location as a crossroad between the Old and New Worlds, it is a true melting pot where different influences have intermingled for centuries. Though the Pre Columbian population was soon exterminated by the Spaniards, some remnants of their culture has been retained on recipes, names of places like Havana, for instance, and archaeological findings.

キューバについての説明なのですが、”Due to its location as a crossroad between the Old and New Worlds,”の部分がいまいちわかりません。「旧世界と新世界のクロスロードなっていたため」だとおかしいですか?

A 回答 (1件)

Due to its location as a crossroad between the Old and New Worlds,”



(キューバ)が旧世界と新世界の十字路(交差点)にあるというその地理的位置から、


で良いんではないでしょうか?


location = 「位置」「置かれている場所」、を「地理的位置」と意訳、、、
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドミニカ共和国からキューバまでの行き方

11月にドミニカ共和国に旅行に行きます。それで、カリブ海のことを調べているうちに、キューバにもかなり関心を持つようになりました、というか、キューバに行きたくなってしまいました。
現在、アメリカに住んでおりますので、NYからコンチネンタル航空でサントドミンゴまで行くのですが、サントドミンゴからキューバに行く方法を教えて下さい。
できれば、大体の料金なども教えて下さると助かります。
それともドミニカ共和国から日帰りでキューバ一日観光なんて、あるのでしょうか?

Aベストアンサー

私もアメリカに住んでいたときにサントドミンゴ経由でキューバに行きました。サントドミンゴに、Japan Travelという日本人の経営する旅行代理店があり、そこに前もって連絡をして航空券を手配してもらい、着いたときに現金と引き換えでチケットをもらいました。エアラインは確かCubana Airlinesだったと思います。このフライトは毎日飛んでいるわけではないので、事前に確認が必要です。Cubanaのサイトでもわかるかもしれません。ビザについては、Japan Travelに問い合わせてみたらいいと思います。Japan Travelの連絡先は在ドミニカ日本領事館に確認すれば判るのではないかと思います。(私の場合は、サントドミンゴに住んでいる商社の駐在員の方に助けて頂きました。)
料金は2000年当時往復で600ドル程度だったと記憶しています。ドミニカからの日帰りは、多分無理です。また日帰りでは行く意味がないのではないでしょうか?
キューバに行くには、他にパナマ経由(COPA)、メキシコのカンクン経由(Aero Mexico)などがあります。
なお、キューバではパスポートにはっきりそれと判るスタンプを押すことはしませんでした。特にアメリカに住んでいるといろいろ厄介でしょうから、その点は心配ないでしょう。

私もアメリカに住んでいたときにサントドミンゴ経由でキューバに行きました。サントドミンゴに、Japan Travelという日本人の経営する旅行代理店があり、そこに前もって連絡をして航空券を手配してもらい、着いたときに現金と引き換えでチケットをもらいました。エアラインは確かCubana Airlinesだったと思います。このフライトは毎日飛んでいるわけではないので、事前に確認が必要です。Cubanaのサイトでもわかるかもしれません。ビザについては、Japan Travelに問い合わせてみたらいいと思います。Japan Travelの...続きを読む

Q1 The building was hit by a bomb この日本語訳を教えてください

1 The building was hit by a bomb
この日本語訳を教えてください

Aベストアンサー

その建物には爆弾が直撃しました。

Qキューバの雨季について

6月、7月というのは、キューバの雨季ですがまともに観光できますか? スコールや暑さが半端じゃないと聞きますが。またお勧めのホテルなどありますか?

Aベストアンサー

キューバは行ったことがないですが、すぐそばのジャマイカなら何度も行きました。雨季にも訪れたことがあります。
あの辺の雨季というのは決して一日中雨が降るような気候ではないことが多いです。一日のうち、晴れの時間もあれば雨の時間もあるという感じですね。

空は雲が多くどんよりしています。スカっとしたカリビアンブルーを期待していると裏切られるでしょう。
気温は極端に高いわけではありません。昼間でも30度前後くらいまでしか上がりません。夜は25度前後というところです。

ということで観光も何とかなると思いますよ。

ただし上記はあくまでもハリケーンがいないときの話です。ハリケーンが来るともう外出はできません。カリブのハリケーンは東京の台風とはわけが違います。一週間ずっとハリケーンが停滞してビーチそばのリゾート施設も破壊されたり打撃をしばしば受けます。

繰り返しますが、キューバには行ったことがないのでホテルは分かりません。

QThis is the house where I was born. について、次の日本語訳のどちらでもいいのでしょうか。

This is the house where Mr. Ando was born. について、次の日本語訳のどちらでもいいのでしょうか。(1) ここが安藤さんが生まれた家だ。(2) ここは安藤さんが生まれた家だ。

この質問の背景も説明しておきます。例えば、次のような二つの英文を比べてみます。
(1) This is the house Mr. Ando built. (2) This is a house Mr. Ando built.

(1)では、話し手と聞き手の間ですでにMr. Andoのことが話題に出ているものと考えられます。そして、話し手が聞き手に、ある家を指して「ここが安藤さんが建てた家ですよ」と言ったと考えられます。(2)では、話し手と聞き手の間でMr. Andoのことはまだ話題に出ていないと考えられます。単にある家を指して、この家はこれこれしかじかの素性を持った家ですよと説明したにすぎないと思います。問題なのは(2)のタイプの文です。「これこれしかじかの素性」がこの世で常識的に一つに決まるようなことだったらどうなるのでしょうか。
 例えば、話し手と聞き手が二人で歩いていて、話し手がふと見つけた家を聞き手に紹介しようとして、この家は、(あなたは知らないと思うけど)実は、安藤さんの生まれた家ですよ。と言ったとします。この場合、This is the house where Mr. Ando was born. となります。--日本語訳は「これは[ここは]安藤さんの生まれた家ですよ」という日本語訳になります。でもこの文は、話し手と聞き手の間ですでにMr. Andoのことが話題に出ている場合の英文--「これ[ここ]が安藤さんの生まれた家ですよ」と同じになります。これが質問の趣旨です。

This is the house where Mr. Ando was born. について、次の日本語訳のどちらでもいいのでしょうか。(1) ここが安藤さんが生まれた家だ。(2) ここは安藤さんが生まれた家だ。

この質問の背景も説明しておきます。例えば、次のような二つの英文を比べてみます。
(1) This is the house Mr. Ando built. (2) This is a house Mr. Ando built.

(1)では、話し手と聞き手の間ですでにMr. Andoのことが話題に出ているものと考えられます。そして、話し手が聞き手に、ある家を指して「ここが安藤さんが建...続きを読む

Aベストアンサー

>"Have you ever climbed Mt. Kurodake? It is a mountain in Daisetuzan National Park that is 1,984 meters above sea level" において、Mt. Kurodakeは明らかに一つに決まるのになぜtheがつかないのでしょうか。この文が間違っているのでしょうか。

簡単に言えば、Mt. Kurodake is THE name of A mountain.だからです。(それで前回最後に書いたのです)

これは疑問文の形を使ってその山を紹介しているのでしょう?つまり、"Have you ever climbed Mt. Kurodake?"に対して多くの人の"No idea."という答えが前提になってるわけです。

この疑問文と説明文の間の事を考えてみてください。「クロダケ登った事ある?」に対して、理屈を言えば、それがもし家の近くの山だったら私も登った事があるかもしれない、でも私は登った山の名前なんて覚えてない。それがたまたまそのクロダケかもしれないし、もし名前がクロダケでも違う山かもしれない。

そこでまず、クロダケというのは大雪山国立公園にある山の一つですよ、という”視点”で説明しているわけです。この時点ではクロダケを山の一つとして紹介しているわけです。

そして前回の終わりにもう一つ書いたのはthatとはthe height of the mountainのことだという事です。 敢えてくどい言い方をすれば It is a mountain in Daisetuzan National Park, the height of the mountain is 1,984 meters. となります。こう言った場合、後の方のthe mountainはもちろんa mountainにはできません。それは既に”文脈”の中でa mountain in Daisetuzan National Parkと、数ある山の中のある一つの山の事を言っているからです。その山はこんな山(1984m)である、と説明する場合はもちろんthe mountainなのです。

>じゃんけんの例についてですが、feeders氏が勝ったとして、Mr. feeders is the winner. と確かにそう言えると思いますが、Mr. feeders is a person who won in the 'paper-rock-scissors' game. と言うことは本当にできないのでしょうか。

「Mr. feedersはジャンケンというゲームに勝った人の一人だ」とはもちろん言えますよ。ただそれでは「私とfeedersさんとの勝負」という意味と全然変わってしまいます。あくまでもこの勝負では、誰がどう見てもどう解釈してもthe winnerとthe loserしかいないのです。わかりやすい例だと思ったんですが・・・

>"What is Barnaba? On the form and on the back of these photos Barnaba is written."
"Barnaba ia a hospital where my brother was born." (1)

上記クロダケの説明で十分だと思います。Barnaba is the name of a hospital. The hospial where my brother was born.

>"Let me tell you a story of a country. A country where the people believe in freedom. A country where education and health care are free. A country where Winston Churchill was born. (2)

これは英語の問題といえるかどうか・・・表現方法の問題なので、わかってもらえるかどうか微妙ですが、誤解を恐れずに言えば、これはすべて「どこでもよいあるひとつの国」という意味で言っているのです。それはイギリスしかないわけですが、その事を言いたいわけではないのです。どこでもよいが、それはわかるだろう、というニュアンスですね。A country (called the U.K.)のカッコの部分が暗示されているような。意味がわかってもらえるでしょうか?

では

>"Have you ever climbed Mt. Kurodake? It is a mountain in Daisetuzan National Park that is 1,984 meters above sea level" において、Mt. Kurodakeは明らかに一つに決まるのになぜtheがつかないのでしょうか。この文が間違っているのでしょうか。

簡単に言えば、Mt. Kurodake is THE name of A mountain.だからです。(それで前回最後に書いたのです)

これは疑問文の形を使ってその山を紹介しているのでしょう?つまり、"Have you ever climbed Mt. Kurodake?"に対して多くの人の"No idea."という...続きを読む

QWBCのキューバに対する扱い

WBCでキューバはいろいろ大変だったようですが、
判定でキューバが不利になるようなものはあったのでしょうか。
キューバ対プエルトリコ戦はキューバに不利な判定が多かったと聞いたのですが。

Aベストアンサー

WBCは問題が多い大会でしたね。
アメリカのアメリカによるアメリカのための大会でしたので、アメリカと「敵対している」キューバは不利な扱いを受けたかもしれません(わかりませんけど)。

「WBCにキューバを出さない」と言う話までありましたからね。

参考URL:http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20051215020.html

QThe rest of the menu was a level up from last time to two dined together.

2月23日(月)先日のある英字新聞に "Chirac, Bush share appreciation for culinary arts, if not politics"という見出しの記事の第7段落に次の一節があります。ブッシュ米国大統領とシラク仏大統領食事会に関するもののようです。

The rest of the menu—lobster risotto and filet of beef with Bordelaise sauce—was a level up from last time to two dined together, scarfing down cheeseburgers.

(同様の記事はhttp://66.102.7.104/search?q=cache:Fb6diW5qSeYJ:news.tradingcharts.com/futures/7/7/63966277.html+%22was+a+level+up+from+last+time%22&hl=ja)

このwas 以下なんですが、
" ...was a level up from A to B"の構文でBの部分は「S' V'」の節になっていると見ていいのでしょうか?それとも?よくわかりません。ご教示ください。

2月23日(月)先日のある英字新聞に "Chirac, Bush share appreciation for culinary arts, if not politics"という見出しの記事の第7段落に次の一節があります。ブッシュ米国大統領とシラク仏大統領食事会に関するもののようです。

The rest of the menu—lobster risotto and filet of beef with Bordelaise sauce—was a level up from last time to two dined together, scarfing down cheeseburgers.

(同様の記事はhttp://66.102.7.104/search?q=cache:Fb6diW5qSeYJ:news.tradingcharts.com/futures/...続きを読む

Aベストアンサー

何が言いたいのかは、white-bonbonさんの訳している通りだと思います。

そこで、fwkk8769さん、ここは素直に考えた方がいいのではないでしょうか。

要するに単純な間違えではないかと。"two"と書こうとして"to"と書き、"to"を消し忘れたか、"the"と書くべきところを"to"としたかのどちらかで、個人的には"the two"だろうと思っています。

Q「キューバ」の質問

「キューバ」について3つの質問をします。答えられるだけでもいいので、教えてください。                                                       <(1)なぜアメリカは、ソ連が消滅した今でもキューバに対して経済封鎖をしているのですか?                                                     <(2)キューバは、「テロ支援国家」になっていますが、本当にテロ組織を支援しているのですか?                                                 <(3)アメリカに亡命したキューバ人が、キューバ本国に出入国することができるって本当ですか?

Aベストアンサー

<(1)なぜアメリカは、ソ連が消滅した今でもキューバに対して経済封鎖をしているのですか?                    

米国の対キューバ経済制裁はソ連とはあまり関係がありません。 表向きの理由は、キューバにおける人権抑圧への制裁ですが、もともと米国が実質支配していたキューバが、革命によって米国の在キューバ資産を接収したままで返還もしていないゆえ、経済封鎖によって制裁を続けているのです。 また、キユーバ革命の時にアメリカに逃れた地主や富裕階級の子孫がアメリカの政治家や実業家になって大きな政治勢力になっています。 そういった連中が政治力を行使して意地になって封鎖を継続させています。

<(2)キューバは、「テロ支援国家」になっていますが、本当にテロ組織を支援しているのですか? 

キューバは国連のテロ防止関連条約に署名していますが、カストロは依然としてテロを合法的な革命戦術と見なしています。 キューバは、引き続き「バスク祖国と自由(ETA)」のメンバーの少なくとも20人を、特別な客人として国内に居住させています。 また、コロンビアのコロンビア革命軍(FARC)および民族解放軍(ELN)のメンバーに何らかの隠れ家を提供しています。 FARCに爆発物訓練を提供した疑いでコロンビアで逮捕されたアイルランド共和国軍(IRA)のメンバー3人のうちの1人、シン・フェイン党のキューバ・中南米公式代表のニアル・コノリーが、過去5年間キューバを本拠地としています。 また、最近ブラジルで、チリのテロ集団マヌエル・ロドリゲス愛国戦線(FPMR)のリーダーが逮捕されたことで、1990年代半ばにチリで殺人容疑で手配されていたFPMRテロリストらをキューバ政府がかくまっていた可能性が高いことが明らかになっています。 この逮捕されたリーダーは、ブラジル当局に、キューバを経由してブラジルに入国したと話しています。1996年にFPMRメンバーが脱獄した後、チリの捜査官は、国内のFPMRメンバーの身内がキューバへ電話をかけたことを確認しましたが、キューバ政府は、手配されている者はキューバ国内にはおらず、電話番号は間違っていると主張し、2度にわたって引き渡し要請を拒否しました。
更に、多くの米国人逃亡者がキューバに居住し続けています。1973年にニュージャージー州の警察官を殺害した容疑で米国で指名手配されているジョアン・チェシマードは、1979年以来、カストロ政権の客人としてキューバに住んでいます。
                                

<(3)アメリカに亡命したキューバ人が、キューバ本国に出入国することができるって本当ですか?

これについては、具体的な事例を知りませんが、一般の米国人は表向きキューバへの渡航を禁じられているような現状、米国籍をもった亡命キューバ人がキューバ―を自由に出入りしているというのは、米国へのいやがらせとして可能性があるんじゃないでしょうか。 確かベトナムでも米国との正式な国交回復以前から、米国に亡命したベトナム人のベトナムへの入国を歓迎していたと思います。

<(1)なぜアメリカは、ソ連が消滅した今でもキューバに対して経済封鎖をしているのですか?                    

米国の対キューバ経済制裁はソ連とはあまり関係がありません。 表向きの理由は、キューバにおける人権抑圧への制裁ですが、もともと米国が実質支配していたキューバが、革命によって米国の在キューバ資産を接収したままで返還もしていないゆえ、経済封鎖によって制裁を続けているのです。 また、キユーバ革命の時にアメリカに逃れた地主や富裕階級の子孫がアメリカの政...続きを読む

QIt was the best times, It was the worst timesの意味

Charles Dickensの "The Tale of Two Cities" という本の中からの引用ですが、これは、どういう意味になりますか? この本を読んだ人でないと、わからないかもしれません。
best times と worst times が どのように関連しているのか教えてください。

Aベストアンサー

 冒頭の言葉ですね。英文の教授の恩師が「ディッケンズ屋」だったので、学部1年の時、読んだ事を覚えています。

 パリとロンドンを舞台に、社会派の作家が、下層社会の置かれた状態「最悪の時代」と、それが終わりそうになる「最善の時代」、上流社会が享受した「最善の時代」と、それが終わりそうになる「最悪の時代」、まあこういってしまえば実も蓋もありませんが、それを、冒頭で要約した、今では有名な書き出しです。

 解説は、下記などがあります。

 http://www.sparknotes.com/lit/twocities/quotes.html#explanation1

Qアメリカでの駐在員(Eビザ)がキューバにいけますか

アメリカでの駐在員(Eビザ)がキューバに旅行にいけますか?

現在、日本の会社からの駐在員として、アメリカで働いています。

ビザはEビザ(5年)です。

今年、旅行で、キューバに行きたいと思っているのですが、Eビザでアメリカで働いていても、キューバへの渡航は可能でしょうか?

パスポートは日本で、キューバにはカンクン経由で入りたいと思っております。

どうぞ、アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も昔、仕事でアメリカに数年間住んでいて、その間にキューバ旅行を計画したことがあります。周辺のバハマやフロリダのキーウェスト、ジャマイカには何度か行きました。

結論から言えば渡航は可能です。でも割に合いません。

観光目的でキューバに入国し30日以内で滞在するにはツーリストカードが必要で、これを取得するためにキューバの大使館や領事館に行く必要があります(もしくは代行業者を利用する必要がある)。

残念ながらアメリカとキューバは国交がないので、アメリカにはキューバの大使館や領事館がありません。つまりアメリカにいる限りはこのような手続ができないってことです。

一旦、日本に帰国してキューバ大使館で上記のような手続をするか、日本までわざわざ戻って来るのが面倒ならばキューバとの国交があるカナダやメキシコ、カリブ諸国等のキューバ大使館に行って上記のような手続をするしかないです。

これはEビザホルダーでも同じです(アメリカ国籍の人でもキューバには行けます)。結構面倒くさいし、アメリカからだと直行便もないのでお金もかかります。
そのお金があったらアメリカからなら楽勝で南米ブラジルやペルーとかにも行けてしまうんです。これなら費用的にも手間的にも日本に帰ってからキューバに改めて行くのと変らないやってことで、結局私は調査だけしてキューバには行きませんでした。

キューバに行きたいっていうのは、おそらく地理的に近いからアメリカにいるうちに行ってみたいってことだと思うんですが(私もそうでした)、残念ながらキューバはアメリカからは近くて遠い国なんですね。アメリカにいるうちはカナダや中南米、キューバ以外のカリブ諸国に行きまくっておき、キューバだけは日本に帰ってから機会があれば行ってみればいいと思いますよ。

私も昔、仕事でアメリカに数年間住んでいて、その間にキューバ旅行を計画したことがあります。周辺のバハマやフロリダのキーウェスト、ジャマイカには何度か行きました。

結論から言えば渡航は可能です。でも割に合いません。

観光目的でキューバに入国し30日以内で滞在するにはツーリストカードが必要で、これを取得するためにキューバの大使館や領事館に行く必要があります(もしくは代行業者を利用する必要がある)。

残念ながらアメリカとキューバは国交がないので、アメリカにはキューバの大使館や領事館...続きを読む

QNancy was the first girl to come.と Nancy was the girl to come first.

Nancy was the first girl to come.「ナンシーはやってきた最初の女の子だ」をfirstを副詞で使って、 Nancy was the girl to come first.と言えるでしょうか。意味が変わってしまうでしょうか。説明できる方、お願いします。

Aベストアンサー

> Nancy was the first girl to come.

形容詞的用法のこの不定詞は「来た→最初の少女」と単純に修飾しているので( = Nancy was the girl that came first .)、訳は「ナンシーはやってきた最初の女の子だ」になると思います。

> Nancy was the girl to come first.

これも形容詞的用法の不定詞ですが「最初に来くるべき→少女」というように「-するべき」という義務、当然のニュアンスを含んで修飾しているように思います。( = Nancy was the girl who should come first .)、「ナンシーは最初に来るべき少女だった」

Cleanig your room is the work to do first .
= Cleanig your room is the work you have to do first .
(部屋を掃除するのが最初にすべき仕事ですよ)
この例文のような感じだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報