AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

 外構でいくつかの集水枡をU字側構でつなぐ場合の雨水流量計算を教えてください。
 3つの枡A、B、Cを A→B→C とつなぐと仮定して、A→B区間、B→C区間のそれぞれの流速・流量をマニング式で計算した結果、流速はどちらも0.6~3.0m/s程度に納まり、流量も「合理式」の流量面積をそれぞれクリアしました。
 ただし、途中の流入や勾配の違いによって、水上(A→B区間)より水下(B→C区間)の方が流速が遅くなってしまいました。この場合は、枡Bであふれ出して 排水できないと判断すべきなのでしょうか?
 敷地の勾配などの条件により、流速の大小まで含めて設計するのは、事実上難しいと思うのですが。

A 回答 (5件)

cyoi-obakaです。



ANo.2で説明した内容に、一部追加説明をしておきます。
私が設定している条件は、降雨強度150~200mm/hを想定した上での、通常降雨強度50mm/h程度で計算した場合です。
そのため、1/4の排水路断面積を採用しているのです。
この条件で計算すれば、ゲリラ豪雨にも対処できる可能性が大きいでしょ!

ですから、計算自体は、あなたは間違っていませんヨ!

流速の差が気に成っているだけですよネ?
径深(円管の場合 ≒内径D/4)で80%の排水路断面設定は、完了していますから、流速の変数は管勾配だけです。この計算の場合、管内断面積の80%を水が流れた状態の流速を求めているだけで、実情の流速を求めているのではないのです。
ANo.4さんが言っているのは、この実流速の事を示唆して、
>水深が下がると勾配が同じでも流速は低下する。だから、流量の少ない上流ほど流速は低下する。
と述べているのです。当然の事です!

あなたが、当初から降雨強度を150mm/hの豪雨を設定しているのでしたら、排水路断面積を低減する必要はありません。実質の排水路断面積で計算して問題ありません。

流速が違っても、流下能力がOKであれば、使用する配水管の排水能力はOKです。
流速の判定要因に 0.8 ≦ V ≦ 3.0m/s があるのですネ。
これは、管径及びその勾配を設定する上での実務的な目安値です。
従って、自治体によってその数値が異なっている場合があるのです。
要は、極端な勾配の設定や管径の設定をしないで下さい!というお願い数値と解釈して下さい。


ANo.1さんへの礼文に、流速差0.1m/sと記述してますね。全く問題ない差です。心配するオーダーでは無いですヨ(桁が違います)!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。たいへん勉強になりました。
机上の計算と実際は違うだろう、と思いながらも机上の計算でさえ成立しないのでは話にならないと、不安だったのですが、すっきりしました。
ややこしい質問に丁寧に回答いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/11 20:28

 B→C区間における排水面積は、A→B区間も含めて排水量を求めているかと思います。


 その上で許容値内に収まっているのであれば問題ないはずです。
 通常流量計算で用いる流速は、実流速(実際に流入する流量による水深から求められる流速)ではなく、許容流量に対する流速を使っているかと思います。表面排水の場合、「道路土工-排水工指針」では満流時の80%を、「下水道施設設計指針」では開水路では満流時の80%の水深の時を許容値とします。
 通常、水深が下がると勾配は同じでも流速は低下します。つまり、流入量の小さい上流側は、余程の急勾配でない限り実流速は下流側よりも小さくなります。
 従って、計算で使用した許容値に対する流速が下流側で小さくなっても、実用上はほとんど問題になりません。

 なお、下水道や水路の設計を行う場合、下流に行くに従って流速は漸増し、勾配は次第に緩やかにしていくことを原則とします。ただし、最上流部など流量のちいさな区間についてはそこまでシビアに考える必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
もしかして私はマニング式の使い方を誤解しているかもしれません。
 
 流量の比較は「合理式:Q=C・I・A/360×10,000」<「マニング式:Q=AV」となるようにしており、「合理式Q」を出す際には、おっしゃるようにA→B→Cの側溝を流れていく分とは別に、それぞれの集水枡への直接の流入がありますので、枡Bへの流入量は「A→の側溝分+直接流入分」のように、順次加算していき、最終枡には敷地全体分の流入が計上されるようにしています。
 ただ、マニング式で各区間の流速を出す際には、それぞれの区間で、「通水面積の割合」を80%として流速Vを計算し、それぞれの「Q=AV」を出して、先の「合理式Q」と比較しています。【今回、質問しているのも、こうして算出した上・下流の各区間の流速Vの関係についてです】
 そうではなく 流入量の少ない上流区間は、「通水面積の割合」を小さくして流速計算しないといけないのでしょうか?その場合の数値の目安はありますでしょうか?(流速が間違っているということは「Q=AV」の流量も間違っているということですね)

※降雨強度が 150mm/hのような極端な場合を想定しています。
 これは下水道課からの指示で、おそらく 25mm/10分 を想定しているのだと思います。
 

お礼日時:2008/09/11 09:36

その通りです!


だだし、あなたが危惧するように、極端な流速差の場合は、瞬間的な処理が不可能になる危険性があります。
特に、水下が緩勾配の場合は注意が必要です。そこで、勾配が変化する部分の枡のサイズを大きく設定するとか、出来るだけ流速差を少なくするとか、考えます。
あくまで目安ですが、流速差は50%程度にすると問題無く処理できます。
また、マニング式では配水管の1/4の面積を排水路断面積としますから、計算上は、配水管の1/4しか雨水が通っていない設定になってますよネ!
その辺に計算上の安全率が潜んでいるのです。
また、計算上の雨水流出量にも1.5倍程度の余裕率を設定するでしょう?
以上です。スッキリしましたか?
参考意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
たいへん参考になりました!

お礼日時:2008/09/10 20:29

マニングの流量計算ですね。


質問のように、区間ごとに、雨水の流入量及び排水管勾配が異なる場合は、
それぞれの部分で、雨水流出量を計算し、それに伴う流下能力(マニング式)を計算します。
その結果が、それぞれOKであれば、問題ありません。
区間ごとの流速の違いは気にしなくていいんです(規制値内に納まっていれば)!
要は、それぞれの区間で、流入量 < 流出能力 の関係が成立すればよいのです!

参考になればよいのですが?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
つまり枡で一度流速はリセットされていると考えてよいということでしょうか?
とはいえ、極端な流速差は好ましくないと感じていて、その場合の判断の目安や対処方法があれば知りたいのですが?

お礼日時:2008/09/10 19:34

地球には、重力があります。


水は、高い場所から低い場所に向かって落ちます。
質問文で水下(B→C区間)の方が流速が水上(A→B区間)より遅くなると、Bのマスで溢れる事となります。
水量=管径面積×流速で計算すると、区間の水量が分かると思います。
水上が水下より水量が多い場合は、溢れる事となります。
排水管の径は、水下に行くにしたがって水量により大きくして設計するのが基本のようなものです。
ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
たしかに基本はおっしゃる通りだと思います。
ただ、流速が A→B>B→Cで0.1m/sの差 の場合でも、B→Cの側溝をサイズアップするというのは非現実的な気がするですが・・・。
枡で受けた際の流速の減少分をどう考えるべきなのでしょうか。

お礼日時:2008/09/10 20:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q流量の計算式。

流体の流量の計算式でこのような記述を教えて頂きました。
流量=(圧力元吐出口圧力-シリンダ入口圧力)/配管抵抗
流量は、流速×断面積ではないのですか?
これなどのような式なのでしょうか?
成立する場合単位を教えて頂きたいです。
できれば簡単な数値を入れて、計算式を教えて下さい。
お願い致します!

Aベストアンサー

>流量は、流速×断面積ではないのですか?
そうなのだけれど、今問題としているのは、圧力から流量を計算する式がどうなっているか、であるため
流速×断面積という回答ではアウト。

で、流量=流速×断面積という関係があるので、 流速と圧力の関係を式で示す方法でも可。

>これはどのような式なのでしょうか?
要するに、圧力差と流量は比例する、という式。

No.3の回答とは違います。No.3の回答は、圧力差と√流量が比例し、適当な範囲を取り出すなら、
そらは直線で近似できる、ということ。それ自体はそうなのですが、それなら
流量=(圧力元吐出口圧力-シリンダ入口圧力ーα)/配管抵抗
と、なにやら意味不明(=実験などで求める)の定数がオマケに入ります。

で、圧力差と流速は比例する場合と圧力差と√流速が比例する場合は、両方存在。
粘性が低い場合(たとえば水)が√流速に比例し、粘性が高い場合(たとえば油)が流速に比例します。
※厳密に言えば、√流速と流速の中間の中途半端な状態です。また、水の場合でも地下水(流速が遅く、かつ、管径が細い、と考えればよい)なら流速に比例します。
よって、油(など、粘性が高い流体)の場合の計算式がHPに示されていたものと思われます。

式を一般形で書くと、

ΔP=f ・ L/D ・ V^2/2g  (ダルシー・ワイズバッハの式)

f :比例定数(損失係数)
ΔP:圧力差 (=圧力元吐出口圧力-シリンダ入口圧力) 単位は、m。 (圧力を、流体の密度で割ったもの。)
L :管の延長  ただし、曲がりなどは、適当な倍率を掛けて直線に換算する。
D :管の直径
V :流速  お望みなら、Q/ (πD^2/4)と読み替える。
g :重力加速度 約9.8m/s^2

ややこしいのがfであって、定数と書いたけれど定数ではない......
油のような場合、f=X/V (X:今度こそ定数。) 、水の場合はfは定数(として解く場合と、Vの関数として解く場合の両方を使い分ける。)

油の場合、f=X/Vなので、式を整理すれば、
V=ΔP×β (β:式を整理し、管の直径などの定数から計算した定数)
Q=V/Aだから、
Q=ΔP÷(A/β)   ここで、A/βを配管抵抗と定義すれば、元の式と一致。

>できれば簡単な数値を入れて、計算式を教えて下さい。
それ、上の説明で、βの計算式を示すしか方法がないが....
動粘性係数とかレイノルズ数とか出てきて、とてもじゃないけど簡単じゃないです。

>流量は、流速×断面積ではないのですか?
そうなのだけれど、今問題としているのは、圧力から流量を計算する式がどうなっているか、であるため
流速×断面積という回答ではアウト。

で、流量=流速×断面積という関係があるので、 流速と圧力の関係を式で示す方法でも可。

>これはどのような式なのでしょうか?
要するに、圧力差と流量は比例する、という式。

No.3の回答とは違います。No.3の回答は、圧力差と√流量が比例し、適当な範囲を取り出すなら、
そらは直線で近似できる、ということ。それ自体はそう...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q流量計算方法

横に配管してある内径100ミリの水位が半分の50ミリのときで、流速が3m/sの時の流量を求める計算はどんようにすれば良いのでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは
流量=断面積×流速

断面積(A)は、水位が半分なので、ちょうど半円の面積となりますよね。
よって、
A=50mm×50m×3.14×(1/2)
 =0.0039m2

これより、流量(Q)は
Q=A*V
 =0.0039×3
=0.0117m3/s
=(702L/min)

となります。

※上記は単純計算です。
 配管内が半充水ということは、排水管かなにかでしょうか?
 おそらく勾配もついているのではないでしょうか?
 こうなると、もっと複雑な計算となります。
 (マニングの式というものを使います)
 ご確認ください。
 

Q屋根といの雨量計算ってどうやるんですか?

屋根といの雨量計算ってどうやるんですか?

Aベストアンサー

こういうサイトが参考になります。
 
http://www.sekisui-kenzai.com/prd_amatoi1/ama_haisui/
https://sumai.panasonic.jp/amatoi/hyoujun.php

日本での降水量の記録
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%8D%E6%B0%B4%E9%87%8F

Qマニングの流速公式について

マニングの流速公式で
流量(Q)=0.2(m³/s)を勾配(i)=1/150、粗度係数(n)=0.015で流すためには、管の直径はいくらにしたらいいか
という問題の解き方を教えてください 

Aベストアンサー

マニング式は下記です。、

v=(1/n)R^(2/3)I^(1/2)

v:流速 [m/s] (=Q/((π/4)D^2))
n:粗度係数[m^(1/3) s]
I:勾配
R:径深 [m] (= A /S)
A:流積 [m2] (=(π/4)D^2 満流の場合)
S:潤辺 [m] (=πD 満流の場合)
D:管径[m]

したがって、満流(管全体が流体で満たされている状態)なら、

R=(π/4*D^2)/(πD)=D/4

で、マニング式は、

4Q/(πD^2)=1/n*(D/4)^(2/3)*I^(1/2)

になるから、

D=4^(5/8)*(nQ/(πI^(1/2)))^(3/8)

で計算できる。

Q=0.2[m^3/s]
n=0.015[m^(-1/3) s]
I=0.006666667

を入れて計算すれば、

D=0.449[m]

になります。

計算は関数電卓や表計算ソフト(Excelなど)を使えばいいでしょう。

式の変形や計算は自分で確認してください。

Q雨水排水のVU管の口径について。

自分で雨水配管を施工します。
雨どいはΦ65が3本降りてきています。
面積は合計で90平米です。

これを、1本に集合させて側溝に放流します。
受け口をVUΦ75で受けて、すぐにΦ100に口径変更して、
その後は3本を1本に合流させてΦ100で放流します。
と考えています。

排水量的に、容量オーバーでしょうか?

何か基準等でもあれば、教えて下さい。

Aベストアンサー

 単純計算では問題ないと思われますが、水流はなかなか単純にはいかず、横樋から縦樋への流れ、合流部の状況や縦樋の屈曲部の形状などで全く違ってきます。

 参考になりそうなURLを貼っておきます。

 http://www.inagakishoji.co.jp/download/gi-ama.pdf

 http://www.sekisui-kenzai.com/prd_amatoi1/ama_haisui/

 http://www.tanita-hw.co.jp/arch/haisui.html

 なお、VUΦ75などと書かれていますが、VU75の内径は75mmではありません。

 VU管についてもURLを貼っていきます。

 http://www.rakuten.ne.jp/gold/suidou/html/sunpou_vp.htm

Qコンクリートの単位容積重量はいくらぐらい?

一般的なコンクリート塊の単位容積重量はおよそどれぐらいですか。
できたら、Kg/立方mで教えてください。

Aベストアンサー

コンクリートの単位容積重量(正式には単位容積質量)はコンクリート中の
砂、砂利、の質量とコンクリートの乾燥具合によって変わってきます。

現在日本で使われてるセメント、砂、砂利の比重から考えて2300~2400Kg/立方m
と考えて良いでしょう。

特殊な用途があれば軽いコンクリート、重いコンクリートも作ることが出来ます。
元生コンクリート技術に従事していました。

Q雨水排水トラップ桝の泥溜めについて教えて下さい。 平成21年2級管工事実地にて図の様に雨水が横管で桝

雨水排水トラップ桝の泥溜めについて教えて下さい。
平成21年2級管工事実地にて図の様に雨水が横管で桝に入りトラップを経て排水される場合の施工は○×のどちらでしょうか?
雨水桝の泥溜めは150㎜必要なのは分かるのですがトラップが有る場合はトラップから下が泥溜めとなるのか、雨水の横管から下が泥溜めとなるのか分かりません。

Aベストアンサー

#1です。

>手元の教本では×となっています。

本当ですね。
下記サイト「11 設計上の諸注意」の項目に次のような記述とともに、図解がありますのでご確認ください。
【~、底部が深さ15cm以上の泥溜を持つ雨水マス、タメマスを設けます。】
http://www.maezawa-k.co.jp/school/sekkei/
この図解と同じに考えて良いのであればですが、質問者さんお手持ちの教本が正しくて、サイトは誤植なのかもしれませんね。

Q雨水排水の処理についておしえてください。

現在新築工事中で、外の配管工事中なのですが、雨水排水の処理の事でおしえてください。
当初、雨水排水の処理設備に35万位かかると言うことだったのですが、契約交渉の中で雨水排水はサービスでしてくれることになりました。
そして現在に至っているわけですが、工事をしている設備屋さんに聞くと、「雨水排水は雨水枡をもうけて、その底に砂利を敷き、そこから地下浸透させる」工事をしていると言われました。
当初確認しなかったのですが、私はてっきり配管をして、公共の管に流すのだと思っていました。(隣接する実家がそうなので)
そこで工務店に確認してみようと思うのですが、当初に詳しい内容について確認しなかったため「最初から雨水枡を設けるだけで、配管の予定はありません。」と言われてしまえばおしまいです。
そこでうかがいますが、当初「雨水排水に35万」と言われましたが、その金額は(1)雨水枡を設けてそこまで雨どいをひくための金額
もしくは(2)雨水枡を設けて、さらにそこから雨水配管をひく金額
のどちらに妥当な金額なのでしょうか?
ちなみに、市役所などに申請をするときは「宅内処理をしてください」と言われるそうですが、この地方の土地は水位が高くて自然浸透は無理な地域なので、配管をするのだと別の業者さんは言っていました。
わかりにくい文章で恐れ入りますが、よろしくお願いします。

現在新築工事中で、外の配管工事中なのですが、雨水排水の処理の事でおしえてください。
当初、雨水排水の処理設備に35万位かかると言うことだったのですが、契約交渉の中で雨水排水はサービスでしてくれることになりました。
そして現在に至っているわけですが、工事をしている設備屋さんに聞くと、「雨水排水は雨水枡をもうけて、その底に砂利を敷き、そこから地下浸透させる」工事をしていると言われました。
当初確認しなかったのですが、私はてっきり配管をして、公共の管に流すのだと思っていました。...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと駆け足になります、斜め読みが有りましたら御免なさい。
一般に新築ですと35万位は掛かるでしょうか。
ああ(2)との仮定です。
去年竣工の増築の際は10畳程度であれ見積りでは20万となりました。
ぶっちゃけ設備業者に聞くと13万位なんて話でしたので結局竣工後死ぬ思いをしましたが自力でやりました(二人がかりで4日、15m位の配管に桝数箇所)。

サービスの響きから感じられるのは手抜き浸透桝のイメージですね。
屋根の面積によりますがまともに計算すれば相当量の地盤掘削が必要になります。
まあサービスとは言っても別なところで利ざやを確保している訳ですから一概には言えませんが、「自然浸透は無理な地域なので」これは引っ掛かりますね。
地下水位が高い場合は飽和状態になって一般に浸透しにくくなります。
近所で浸透桝を設置している例があれば聞いてみて下さい。

配管を流すにしても私の様に手掘りでは有りませんから難しくありませんし雨水枡もビニルパイプ(VP)も極めて廉価です。
浸透式でも桝は必要ですし一般にオーバーフローの対策位は取ってほしい。(あふれた場合の措置です)
地盤調査はしているでしょう、状態が別業者の言う様に悪ければ配管を設けるべきでしょう。
とにかく突っ込んで納得行く回答を引き出して下さい。

ちょっと駆け足になります、斜め読みが有りましたら御免なさい。
一般に新築ですと35万位は掛かるでしょうか。
ああ(2)との仮定です。
去年竣工の増築の際は10畳程度であれ見積りでは20万となりました。
ぶっちゃけ設備業者に聞くと13万位なんて話でしたので結局竣工後死ぬ思いをしましたが自力でやりました(二人がかりで4日、15m位の配管に桝数箇所)。

サービスの響きから感じられるのは手抜き浸透桝のイメージですね。
屋根の面積によりますがまともに計算すれば相当量の地盤掘削が必要になります。
...続きを読む

Qアスファルトの重さ(t)をm3に置き換えたい。。。

アスファルトの重さ(t)をm3に置き換えるにはどのような計算になるのでしょうか?
誰か詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

アスファルトは重量(t)で出荷します。基本的には体積を算出し、単位重量を掛けます。通常使用する密粒度13mm、舗装厚0.05m(50mm)とします。面積(m2)×厚さ(m)×2.35となりますが、さらに転圧減量として1.08を掛けます。これで算出された数量が使用重量(t)となります。
(以上引用)
 ですから、Xtのアスファルトは、X÷2.538(立方メートル)となります。
例によって、受け売りでした。(^_^;)

参考URL:http://www.setsubi-forum.jp/cgi-bin/c-board/data/construction/log/tree_105.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング