妹がうつ病と診断されました。
現在、一人暮らし先から一時的に私たちが暮らす実家に帰ってきているのですが、私たち家族はどう接したらよいのか困っています。

父は管理職をしていることもあり、職場でメンタルヘルスに関する研修を受けています。
私は自分の友人にメンタル的な病気と診断された人が何人かいることもあり、それなりに分かっているつもりではいます。
また、母もいろいろな本を読んだりしてうつ病に関する知識は得ようとしています。

しかし、いざ自分の本当に身近で大切な存在の家族がうつ病になると、研修や本で得た知識よりも心配のほうが先に立ってしまい、どう接したらよいのか戸惑っています。

平日はみんな仕事に出かけているので、私たち家族が妹と接するのは、家族全員で夕食をとるときになります。
何か話をしないと、と思うのですが、家族がもっとも聞きたいことは妹のその日の体調。
「今日はどうだった?」と尋ねるとぼそっと一言返されて終わり、というパターンで会話が終了します。
家族としてはもっと知りたい、けどこれ以上聞いちゃいけないのかも、とかなり消化不良な感じでみんな無言になってしまいます。

それ以外の話をしようにも何の話題がよくて何の話題が悪いのかがわからず、また無言になってしまうことがほとんどです。

その無言に気を使ってバカ話をすると、妹が退席してしまったり。。。

もしかしたら、妹にとっては家族みんなでとる夕食、というもの自体がストレスになっているのかも、と思わざるを得ない状況です。

妹は調子がいいとひとりで外に出かけることもあります。
しかし、これまでの様子からは考えられないくらい長い時間、遠いところへ出かけていることもあり、家族としてこれは褒めるべきことなのか、何かの異常行動の前兆なのかもわからず、微妙な対応をしてしまいます。

また、もう一つの問題は同居している祖母のことです。
年代的にうつ病に偏見を持っているような世代だと考えられる祖母にはいまの妹のことを説明しても理解できないと判断し、祖母には妹がうつ病であることを話していません。
そのため、食欲がなく、あまり元気がない妹に対して「もっと食べなさい」とか「大きな病院で精密検査を受けたらどうか」など、口うるさく言っているようです。

最近、妹がリストカットをしていることがわかりました。
しかし、これについてもどう接したらよいのかわからず、今は見て見ぬふりをしているような状態です。

とりとめもなく書いてしまいましたが、妹のくるくる変わる日々の状態に一喜一憂している両親を見ていると、そのうち両親も気を病んでしまうのではないかと心配です。
私は私であまり妹に過干渉するのもよくないかな、と思いあえて不必要な会話はしていないのですが、もっと妹と積極的に話をしたほうが良いのかどうかも迷っています。

妹がうつ病と診断されて3か月、治るまでにはまだ時間がかかるであろうことは覚悟しています。
家族がこれからそんな妹を支えていくためにも、どんなことでも構わないので、うつ病の妹に対する接し方について何かアドバイスをいただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

3回目です。

私のからも「うつ病」もった友人とのつきあいからも、この病気はとても回復に時間のかかることも多く 三寒四温で 途中 本人も苦しいし、家族はふりまわされます。でもそれは 病気がさせるわざです。一進一退でも多くの人が正しく治療すればかならず立ち直り 本人にとっても周囲にとっても 「うつ」になってよかったと思える日がくることと思います。
その時が「うつ」に感謝できるときかな? あせらず じっくり 希望をもって (微笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最近になってようやく私たち家族も妹と接するのに慣れてきました。
といっても、両親は妹の調子の良し悪しで一喜一憂しているのは同じです。
調子の良い時などは「もしかして病気がよくなっている兆しかも」と思うようですが、その後調子が悪くなるということを何度か経験してそれに慣れた、という感じです。

いつかみんなでうつに感謝できる時が来ることを信じて・・・。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/27 10:16

2回目です。

ご丁寧なお礼、ご説明ありがとうございます。温かいご家庭が基本にあるようでよかったです。いい方向に向かわれることをお祈りしたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。

妹の状態は目に見えて良くなっているわけではありませんが、家族が支えあって今の状況を乗り越えて行けたらと思っています。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/21 10:47

妹さんに読んで頂けたらと思います。

 

 私は、知らない間にうつ病になって、自分がうつ病であることを
知らないまま、自分で考えた独自の方法でうつ病を克服しました。

うつ病の原因は、はっきりしないとされることが多いのですが、
うつ病の根本的な原因はマイナス思考です。
マイナス思考は、うつ病の症状ではなく、うつ病の原因そのものです。
マイナス思考の積み重ねが、うつ病につながっているのです。
うつ病は、「心のカゼ」ではなく、「思考習慣病」です。
「マイナス思考習慣病」です。

プラス思考ができるようになれば、うつ病は治ります。
うつ病が治りにくいとか、再発が多いというのは、根本的な原因である
マイナス思考に対して、何も手が打たれていないからです。
だから、休養や薬で症状が治まっても、なかなか完治しないし、
再発もしやすいのです。

 私は、長い間、知らず知らずにマイナス思考をしていました。
しかし、ある経験をきっかけにして、自分で考えた独自のやり方で
プラス思考に転じることができました。
(シンプルな方法で、続ければ、必ずプラス思考になります。)

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。

妹は今、あまり情報に触れたくないようですので、yutampo様から頂いたご回答は、それとなく私から妹に伝えてみようと思います。

マイナス思考・・・確かにそうなのかもしれません。
今は確実にマイナス思考になっているな、と分かりますが、もしかするとうつになる前から、私たちが気付かないところでマイナス思考のまま妹はずっと生きてきたのかもしれません。

実は私はかなりのプラス思考の人間で、家族で話しているときにもプラス思考の話ばかりしています。
妹が帰ってくるまではそれはそれで楽しかったのですが、妹が話の輪に加わると、そのプラス思考の話さえ妹にとっては迷惑、ウザいと思われているのではないかと思っていました。

実際、マイナス思考になっている妹の前でプラス思考の話をするのはどうなんでしょう?
感化されて妹もプラス思考に・・・なんて、ちょっと期待しすぎですかね。

プラス思考に!と妹に強要することは難しそうですので、せめて私たち周りの家族だけでもプラス思考でいられるように頑張ってみます。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/21 10:45

他の方が親切なご返事されてますね。


祖母が年齢的に「うつ」に偏見のあった時代の方だとはわかります。でも今時代はかわりましたので、きちっとご家族がまず理解した上でみんなで同居の祖母の方にもご説明されて理解をもとめたほうがいいと思いますが?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
本当に皆様親身になってお返事をしていただいて、ありがたい思いでいっぱいです。

祖母は、実際これまで精神的に調子が悪そうな他の人のことを偏見や差別的な言葉を使って表現していたりしたので、祖母に本当のことを言うのをためらっていました。
うつに対してある程度理解していると思っていた私や両親でさえ現実を目の当たりにして戸惑いを隠しきれないのに、これまで「うつ」に偏見を持っていた人に妹がうつだと告げることにより、私たち以上にショックを受けるのではないかと思って・・・。

でも、ここ数日の間に、どうやら祖母は、「うつ」という具体的な病気はともかくとして、妹が調子が悪いのは精神的な病気だということをなんとなく気づいているみたいです。
いつもは好き放題思ったことを口にし、質問にも書いたようにあれしなさいこれしなさいと言っていた祖母があまりなにも言わなくなったのです。
妹が自ら祖母に言ったのかと思っていたのですが、そうでもないみたいで。
どうやら祖母は、自分で「家庭の医学」を見て、「うつ」のページに書いてあったことがあまりに妹の症状と同じだったため、妹がうつではないかと思ったらしいのです。
そして、祖母なりにそこに書いてあることを参考にしながら妹と接していたらしいのです。

祖母にうつを理解させるのは無理だと勝手に思っていましたが、あの祖母でさえ、身近で大切な存在である妹の状態を理解しようとし、一生懸命自分ができることをしようとしていたと思うと、本当にありがたいと思わずにいられません。

妹のうつは本当につらいと思いますが、これをきっかけに家族が本当に家族を思う気持ちを持って行動しているんだと感じます。
いまは気持ちが空回りして何をしたらよいのか戸惑いながら、もがきながら、という状態ですが、それでも妹のことを思う気持ちはみんなあふれんばかりに持っています。
私は特に何もしていないけれど、両親や祖母の姿を見ると本当に家族というのは大切でありがたい存在なんだと感じます。

いつか、笑い話にはできないまでも、家族の思い出話のひとつとして話ができるときが来ればいいと思います。

散文ですいません。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/13 12:36

無理に話題を作る必要はないですよ。


妹さんは音に対して敏感になっている可能性があります。こんな時の会話はとても耳障りで聞こえないところに行こうとしてしまいます。特に症状の悪いときは他人の元気な声が許せないくらいに苦痛です。わがままと思わないで下さい。病気だから仕方ないと思って許してください。

妹さんは辛いですよ。何が辛いのか解らないのが辛いんです。それなのに将来に希望が持てない。
私は自殺しようとは思いませんでしたが、あの絶望感は二度と経験したくありません。毎日が拷問を受けるために生きている感覚で、鬱で自殺する気持ちも判ると思いました。
私も妹さんと同じように実家に戻りましたが、ものすごい安心感で確実に回復しています。妹さんの年齢が判りませんが、自分は必要とされているんだと、感覚で理解させてあげてください。理屈ではなく感覚です。
症状は人によりマチマチですが、私の場合は頭で整理することができなくなっていました。会話も「あ~、う~」と老人のようでした。
回復途中でDSの「脳トレ」をやったりして、約半年の治療で元に戻ってきています。それでも精神安定剤と睡眠薬を服用しています。そして毎月「良くなった」と実感しています。ほぼ完治しただろうと思った翌月に良くなったと感じるのですから、まだもう少し時間がかかるのだと思います。

妹さんも今はしたいようにさせてあげるのが一番です。家族、友人が状況を理解してあげて「何があっても味方である」というスタンスをとってください。妹さんが鬱になった原因が判れば、その原因を完全に排除するのが回復の近道です。

また妹さんが嫌でなければ診察のときは家族も付き添ってあげてください。私の経験ですが症状を医師に伝えるのがヘタになっています。というか他人の前では強がってしまいます。
だから質問者様の妹さんも見た目よりも遥かに辛いですよ。ここを解ってあげてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。

>妹さんの年齢が判りませんが、自分は必要とされているんだと、感覚で理解させてあげてください。
>妹さんが鬱になった原因が判れば、その原因を完全に排除するのが回復の近道です。

妹が鬱になった原因は、職場の人間関係だったようです。
それでも気丈に「仕事は休めない」と言っていた妹に、私たち家族、そして幸いにもこのような状況に理解があった職場の上司の方でしきりに説得し、やっと仕事を休職して実家に戻ってきているというわけです。
その説得の際、「あなたが休んでも、迷惑なんかじゃないから、安心して休みなさい」のようなことを言うと「私は必要とされていないんだ…」と逆にまた落ち込んでしまい、休職までもってくるのが非常に大変だったことを思い出しました。

病院の件ですが、一度母が診察に付き添ったことがあります。
母としては、妹への対処法を聞きたくて、できれば妹がいないところで話をしたかったみたいなのですが、患者と一緒でなければいけないということで肝心のことは聞けなかったと言っていました。
今日、妹は一人で病院に行っているのですが、先生にリストカットのことなどは話していないような気がします。
実は、妹が通っている病院はもともと一人暮らしをしていた先にある病院で、いま暮らしている実家からは片道5時間以上かかります。
そのため、毎回家族が付き添うことができればいいのですが、そういうわけにもいかないのが現状です。
長時間の移動がつらそうなこと、何か心配なことがあったときにすぐに相談できればいいのに、とか思うと近くの病院に変えればいいのにと思いますが、本人は今かかっている病院の先生を信頼しているようなので、変えるのも良くないのかなとも思ったりしています。

何はともあれ、妹がしたいようにさせ、妹の辛さを分かってやるのがいま私たち家族ができることなのだと思いました。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/13 12:09

はじめまして



自分はうつ病と診断されて9年になります。

その9年間での経験で自分の家族には本当に支えられましたし、多分これからもそうだと思うのですが、うつ病になると大体の家族はどう接すれば良いのか?と悩むのが普通みたいです(いろいろな方の話を聞いた結果です)

うつ病の人たちが悩むことの一つに『家族が理解してくれない』と言うのがあります。
うつ病には家族の支えが必要不可欠だし、とても大切なことです。
でも、それは下手に気を遣うよりもうつ病になる前と同じように接してあげた方が『自分は家族に迷惑をかけている』とか『自分は必要ないんだ』等の考えにならない(人にもよりますが・・・)と思います。

家族の方が気をつけることはただ一つです。
貴女のことを本当に大切に思っているんだよと言う気持ちでたとえ長い時間がかかってもけっして『怠けている』とか『本当は治っているんじゃないのか?』と言うようなことは言わないで上げてください。(それが鬱の人にはすごく辛かったりしますので)

『関わるなら最後までそれが嫌なら関わるな』と言う言葉をうつの専門科の人が言っていましたが、根気強く見守ってあげていてください。

家族の方も無理は絶対に禁物ですよ。
無理は必ずストレスとなってしまい、双方が辛い思いをすることがありますので・・・

長文・散文失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。

>下手に気を遣うよりもうつ病になる前と同じように接してあげた方が『自分は家族に迷惑をかけている』とか『自分は必要ないんだ』等の考えにならない(人にもよりますが・・・)と思います。

そうですね。
様子を見ていると、家族が気を使っていると妹もわかるようで、気を使いながら何か言うと「もういい!」とか言われることがあります。
そしてまさに、リストカットの痕を発見した母に妹が言った言葉は『自分は家族に迷惑をかけている』とか『自分は必要ないんだ』ということだったそうです。

いま、家族は精神的、肉体的な疲れがたまっているように見受けられます。
でも両親は「あの子はもっと辛いはずだ。その辛さに比べたらこれぐらいなんてことない」といっています。
こんな様子を見ていると本当に親ってありがたいなって思うのですが、これで両親も倒れてしまわないか心配です。

妹、そして両親の様子をできるだけ冷静に見守っていくのが私の役目かもしれないと思いました。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/13 11:52

うつ病の人への正しい接し方というものは存在しないとは思います。

精神的な問題なので、なる人によって性格も考え方も様々なのと一緒ですから。 なので、私がこれから話す内容もあまり重要視せず、1つの参考として聞いていただけると嬉しいです。
 私は両方の立場を経験しています。なった方も、大事な人がなっているのもです。 そして現在進行形みたいなものです。精神的な作用のあるものなので、完全に治るなんて事はまず無いと私は思います。治ったとしてもいつ再発するとも限りませんから。気持ちなんて、誰でも浮き沈みするものですから。でもそれをうつ病になってた事さえも忘れそうなくらいに元気で幸せな生活に戻す事はいくらでも出来ると思います。
 私の経験談をふまえてお話しますが、まず、いつも傍にいる『家族』には一番影響を受けます。後、強制的な言い方はしないほうが良いです。そして、「あなたは大事な存在なんだよ」「大好きだよ」って相手を大事に思ってる気持ちや愛を伝わるように表現したりする行為はとても良い作用になると思います。もう一つ大事なのは、色々内に溜まったものを吐き出せる(愚痴など気持ちを話せる)機会を作ってあげて、じっくり聞いてあげる事。これはとっても大事です!! 話すのを完全に拒否しないのであれば是非、頑張ってみてあげてください。
 そして、妹さんがお出かけに行く件ですが、良い事だと思います。部屋で塞ぎこんでしまうよりは外へ出向ける方が精神にもプラスになりますから。でも下手に褒めるのは…どういう影響が出るか読みづらいと思うので、「そうなんだ、楽しそうだね。気を付けていってらっしゃい。」とかそれくらいの心配で良いと思います。
 祖母さんの事なのですが…、強い口調で命令的に言っているような感じなのでその物言いを止めさせてあげて欲しいです。私が妹さんの立場でしたら、そんな事言われたら窮屈で嫌で余計に部屋に閉じこもってうつを悪化させてしまいます。
 リストカットですが、やっていた立場としては放っておかれていても一向によくなるものではないので強引にでも止めてあげて下さい。リストカットというのは、やるだけ癖がついてしまうのでそのうち頼りっぱなしになり、無意識に何かある度に逃げ道をそこに作ろうとしてしまうようになります。最初は止めさせる事は本人にも家族にも辛くて大変な事かもしれませんが、後々を思うのであれば暴れようが何しようが止めて下さい。それがきっかけで色々気持ちを吐き出してくれるようになるかもしれませんし。
 確かに、距離をとって触れないのも一つの方法かもしれません。時が解決してくれる事もありますから。どう接していいか分からずそうなるって事もあるかもしれませんが。 私の家族もそうでしたから。 でも、ゆっくりお話を聞いてくれる、相談に乗ってくれるというのが大事です。精神的な病気は長期戦必須です。長い目でじっくりゆっくり付き合ってあげて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。

両方の立場からのご意見、ありがとうございました。
>「あなたは大事な存在なんだよ」「大好きだよ」って相手を大事に思ってる気持ちや愛を伝わるように表現したりする行為・・・
そうですね、家族全員間違いなくそう思っているのですが、なかなか言葉に出して表現するのはむずかしいですね。
態度からくみ取ってくれるといいんだけど・・・とか、いうことは言っていられないのかもしれませんね。

リストカットの件ですが、一度母が痕を見つけて聞いてみたところ、パッと隠されたそうです。
母曰く、いくつも痕があったみたいで、(毎日ではないと思いますが)一度きりのことではないようです。
妹はその痕を隠すようにいつも長袖を着ているため、父や私はまだその痕を見ていません。
母はそれ以来あまり追及していないみたいですが、たとえば私が「リストカットしてるんだって?」するのもおかしいような気がして、妹にはまだ何も言っていません。

どちらにしろ、劇的にパッと治るものでもないと思います。
いまは家族もかなり疲れているような状況ですが、病気と闘っている妹の姿に慣れていくしかないのでしょうね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/13 11:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお風呂の入浴剤何入れています?ラベンダ系?牛乳系?・・(選択肢回答)

みなさんのご家庭あるいは単身者・新婚のかた
に伺います。
お風呂の入浴剤は何入れています?下から選んでください。
ラベンダー系入浴剤
森林系入浴剤
ローズ系入浴剤
牛乳のような乳白色の入浴剤
その他

Aベストアンサー

いつもバブを入れています。
ラベンダー系入浴剤
森林系入浴剤
ローズ系入浴剤
牛乳のような乳白色の入浴剤
その他、全部です。

Qうつ病だと思ってたら、実は「躁うつ病」だったっていう話はよくありますか?

はしゃいだりすることはなくても、
怒りやすい、声に出して怒鳴ることはなくても、
怒りを内に溜め込んでる。
これは躁うつ病かもしれませんね?
医師が頑固でなかなか話を聞いてくれないですが、
相談してみます。

Aベストアンサー

双極性感情障害(躁鬱病)です。

最初はうつ病と診断されてましたよ。
でも一向に改善しなくて病院を変えまくってある病院の先生にアンケート取らされて診断されました。
躁鬱は鬱もある上、患者が病院に行くのは鬱のときがほとんどでかつ躁状態を異常だと本人は思っていないため問診で鬱のこと
しか話さないので専門医でも一発で判断するのは非常に難しく経過観察することで診断することがほとんどだそうです。
例外は躁状態があまりに酷く家族が病院に強制連行した場合くらいです。

躁鬱の特徴は鬱状態はうつ病と同じですが躁状態になると、
活動的になる・怒りっぽくなる・浪費(借金することも)・睡眠時間が短くても元気・性的に乱れる(性欲が抑えられない)
これらが代表的な症状(他にもあります)です。

主さんにこれらの症状があるなら可能性は否定できませんが、基本的に自覚症状だけでは診断されないので主治医の先生とよく
話し合われるのがいいと思いますよ。躁鬱かどうかは客観的な意見が大きいので自己主張だけでは通らないと思います。

Qテレビの旅番組。温泉の入浴シーン。バスタオルを巻いたままの入浴はテロッ

テレビの旅番組。温泉の入浴シーン。バスタオルを巻いたままの入浴はテロップで断りを流していますが、ほとんどの番組がかけ湯をしないで入浴しています。テレビの影響は大きいです。家庭風呂が普及している現代、番組を見てあれで当たり前と捉えます。事実、最近老若を問わず、かけ湯をせずに入浴される方が多いです。入浴のマナーとして、お湯の衛生管理の上でも、お互いに気持ちよく入浴するためにも、入浴前のかけ湯の励行を促してほしいものです。みなさんはどう思われます?

Aベストアンサー

30代男です。

かけ湯
で衛生問題が解決するとは思えないので、そうは思いません。

が、むしろ、きっちり体を洗ってから入ってくれ、とは思っています。

Qうつ病と自称うつ病(擬態うつ病)

義理の母(60代・専業主婦)の話です。診察を受けさせる前に、予備知識として知りたいと思っています。

実家は自営業で、昨年秋ごろから仕事が減り収入が半減しているのですが、義母はそのことが原因で
「このままでは、うつになりそうだ」と言っています。
詳しくは次のような内容・症状(?)です。
 ・専業主婦のため家にいる時間が長く、いつもお金のことを考えてしまう
 ・お金のやりくりが大変で、うつになりそう
 ・将来のことを考えると不安で、うつになりそう
 ・以前にもうつ病になったことがある、このままでは再発してしまう
 ・最近は死ぬことも考えいてる
 ・食欲が無い。体重は一ヶ月で10kg減った(ふっくらした体型でしたが、確かに最近痩せたようです)
 ・便秘がひどくなった
  (元々便秘症で下剤を常用。先日、内科で摘便&薬を処方してもらった)

このようなことを言い出したのはここ一ヶ月くらいです。
本やネットで得た浅はかな知識ですが、本当にうつ病を患っている人とは少し違う気がしました。
でも、収入が安定しない&以前と同じくらいまで増える見込みが無いことは確かなので、落ち込んだ気分の
うつ状態ではあると思います。
心配なのは、実際にはうつ病じゃないのにうつ病と診断されることで、うつじゃない人が抗うつ剤を飲むことの
リスクを考えると不安です。

そこで、専門家の方や経験者の方にお聞きしたいのですが
 1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?
   その場合、受診科目は心療内科で構わないですか?
 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
   また、見分けが微妙なときに処方するお薬はどのようなものですか?
 2.患者がうつ病と診断して欲しがっていることは、考慮されますか?
   考慮される場合、実際に処方するお薬は抗うつ剤ではないものになるのでしょうか?

お医者様によって対応が違うということは重々承知していますので、「私の場合は」という内容で構いません。
お医者様選びの参考にもさせて頂きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

義理の母(60代・専業主婦)の話です。診察を受けさせる前に、予備知識として知りたいと思っています。

実家は自営業で、昨年秋ごろから仕事が減り収入が半減しているのですが、義母はそのことが原因で
「このままでは、うつになりそうだ」と言っています。
詳しくは次のような内容・症状(?)です。
 ・専業主婦のため家にいる時間が長く、いつもお金のことを考えてしまう
 ・お金のやりくりが大変で、うつになりそう
 ・将来のことを考えると不安で、うつになりそう
 ・以前にもうつ病になったこ...続きを読む

Aベストアンサー

>1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?

心療内科かメンタルクリニックです。
心の安定というよりも、正確には病気の診断が目的となります。
病気でなければ特に治療が必要ではありませんが、病気と診断されるようであれば早期治療をした方がよい結果が期待できます。気の持ちようで説明できるものではありませんので医師の診断に従いましょう。。

> 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
経験が豊富な医師なら見分けはつきます。また、診断の指標もあるはずです。
ただし、客観的に計測できる方法は今のところ存在しないため、医師の腕に依存するところが大きいのが実情です。受診する側が巧妙に鬱の症状を演出すればうつ病の診断を受けてしまうこともあります。
ただし、抗うつ薬は健康な人が飲んでも危機的な副作用はでません。
種類にもよりますが、のどが渇いたり排尿が出にくくなったり太ったりと、何らかの症状を伴います。副作用が出ない薬は今のところ存在しません。


> 2.患者がうつ病と診断して欲しがっていることは、考慮されますか?
   考慮される場合、実際に処方するお薬は抗うつ剤ではないものになるのでしょうか?

不安感を感じる対策として軽度の抗うつ薬を服用するケースは割と一般的に存在します。
抗うつ薬ではなくて睡眠薬だったりすることもあり、診断結果から判断されます。
ただ、うつ病と診断されることを希望して抗うつ薬の処方箋を書くと、昨今事件になっていますから医師の側はわりと慎重になると思われます。


どうも質問文の様子からだと、相当ストレスを抱え込んでいるようです。
長期にわたって過剰なストレスを抱え込むとうつ病などの精神疾患にかかります。
現状、あなたがネットから得たうつ病の症状と違うからと言っても、うつ病なのかもしれませんし、一歩手前の危険な状態なのかもしれません。
まずは医師の診断を受けることをおすすめします。
未病のうちに手を打てるならそれに越したことはありません。

また、うつ病かどうかは結果でしか無く、根本的な解決方法は、本人が家計のやりくりで執着的に問題を抱えこんでしまっていることのようですので、このストレスから解放させてあげる必要があります。

何が原因で何が結果なのか一度整理すると本人もあなたも落ち着くんじゃないでしょうか?
医師やカウンセラーは病気そのものの対処は出来ますが、根本的な原因となっている家庭の問題はが踏み込めない領域です。

>1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?

心療内科かメンタルクリニックです。
心の安定というよりも、正確には病気の診断が目的となります。
病気でなければ特に治療が必要ではありませんが、病気と診断されるようであれば早期治療をした方がよい結果が期待できます。気の持ちようで説明できるものではありませんので医師の診断に従いましょう。。

> 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
経験が豊富な医師なら見分けはつきます。また、診...続きを読む

Q生理中の入浴時の入浴剤使用について

生理中に入浴するにあたり、入浴することは家での入浴であれば問題ない、というのをこちらで拝見しました。

その時に入浴剤は使用するのは止めた方が良いのでしょうか・・・。
アロマオイルや市販の入浴剤などを入れて入浴するのが好きなものでうっかり入れてしまいそうです。
おまけに10分くらい湯船につかります。
止めた方が良いものなのでしょうか・・・

よろしければご教授ください。

Aベストアンサー

バンバン使っています(^^;
大丈夫ですよ。

ちなみに、流石に出血量の多い2日目までは湯船に浸かるのをためらいますが、以前婦人科の先生に言われた事ですが、生理中でも湯船に使って大丈夫なんだそうです。(さすがに旅行先では控えますが)
水圧で、出血しないそうですよ。
生理中はかけ湯だけです、とボソッと言ったら「大丈夫よ~!入る前にしっかり流してさっと浸かれば。水圧で出血が抑えられるから。どうしても気になるなら出血の多い期間は控えても良いけど、冬だと風邪引いちゃうわよ」と笑っていました。

入浴剤だろうが、オイルだろうが、私は使ってしまっています。

Q【うつ病と地黒の関係性】すぐに日焼けする色黒の人はうつ病になりにくいそうです。昔はうつ病=色白=

【うつ病と地黒の関係性】すぐに日焼けする色黒の人はうつ病になりにくいそうです。

昔はうつ病=色白=日に当たってないからという図式だったと思うのですが、最近の研究によると地黒の人はそもそもうつ病になりにくい性質なのだそうです。

うつ病だから色白じゃなくて、色黒はうつ病になりにくい。

この研究結果はどこが出典なのでしょうか?

これは本当ですか?

Aベストアンサー

違うと思います。色が黒いと言うことは太陽の下で働く人が多いという意味でしょう。
農業、建設業そんな人たちは肉体的には疲れるけど、精神的には疲れないので鬱病などになりにくいのだと思います。
 当然鬱病の人たちのデータを取ったらあまり日焼けしていない人が多いのだと思います。

Q義両親・妹家族との家族旅行

結婚3年目、主人50代、私20代、二人とも会社員の子なし夫婦です。

昨年、義父の喜寿の記念で、家族旅行がありました。
義両親、二人の妹の家族、私達の総勢10名の予定でした。
私は主人から『これが最初で最後だからと妹が企画した旅行、一緒に行って欲しい』と説得されていましたが、結局主人の仕事の都合で行けなくなり、私達夫婦は不参加、二人の妹さんの旦那様も不参加で、両親・娘・孫での旅行となりました。

そして先週、今度は姑の喜寿の記念旅行の話が持ち上がりました。。。
このままでは、毎年の恒例行事にもなりかねません。
私としては、誕生日・父の日・母の日など精一杯やっているつもりです。
愚痴になってしまいますが、姑からは、嫌味は言われても、私に何か気を使って貰った事などありません。
前回の旅行の際、部屋割りは男性と女性の2部屋でいいかな?など私の感覚ではとてもついていけません。
妹さん達の旦那様が今回も不参加だった場合、血縁者でないのは私だけです。
温泉なので、行くからには一緒に入浴も覚悟しなければならないでしょう。
正直、気を使って、お金を使って、楽しいはずもなく、時間がもったいないと思ってしまいます。
いつも何かと助けてもらうのは、私の両親なので、こちらにばかり気をつかう事にも納得できません。

主人には申し訳ないと思いますが、それでも行かねばならないのでしょうか?
嫁は我慢ですか?

結婚3年目、主人50代、私20代、二人とも会社員の子なし夫婦です。

昨年、義父の喜寿の記念で、家族旅行がありました。
義両親、二人の妹の家族、私達の総勢10名の予定でした。
私は主人から『これが最初で最後だからと妹が企画した旅行、一緒に行って欲しい』と説得されていましたが、結局主人の仕事の都合で行けなくなり、私達夫婦は不参加、二人の妹さんの旦那様も不参加で、両親・娘・孫での旅行となりました。

そして先週、今度は姑の喜寿の記念旅行の話が持ち上がりました。。。
このままでは、毎年...続きを読む

Aベストアンサー

夫婦は合わせ鏡だと思っています。
義親との旅行に1回行ったら、次回は嫁の親とも一回旅行に行くことを夫に約束させる。

一回は行く、温泉には入らなくて良いのですよ生理が始まったからで逃げることです。
夫と妻の家族ともいつもお世話になっているから、援助してもらっているからと旅行代金は持ちましょう。
次回の義親との旅行に誘われても前々回はどこどこの温泉、前は何温泉に行ったから当分出費は控えますと嫁の口から断りましょう。

Q【医学】「うつ病」と「適用障害」 適用障害はうつ病の中に含まれますか? うつ病と適用障害はまた別物で

【医学】「うつ病」と「適用障害」


適用障害はうつ病の中に含まれますか?

うつ病と適用障害はまた別物ですか?

適用障害って治る病気なんですか?

タダのバカってこと?

バカだから仕事を全う出来ない。

適用障害はバカっていう産まれつき運がない頭が悪く産まれてきたので諦めるしかない?

Aベストアンサー

「適用」障害ではなく「適応」障害です。確かに遺伝的になり易い人となりにくい人が居ますが、それは巨大な脳の能力のほんの一部で、人間の能力全体から見ると些細すぎる。なお適応障害は「対人障害」ですので、あなたの周囲に「原因が居ます」。そいつを潰すか自分が逃げるかすると治ります。配偶者だと悲惨だなー。

Q入浴時のリラクゼーション

これから寒くなってきて、入浴時間がとっても楽しみですよね。
今日はゆっくり入浴するぞ!!って時は、雑誌と防水ラジオを持って
浴室に入ります。
でももう少し長く入浴していたいのに、けっこう飽きてしまいます。
みなさんは、どのように入浴時間を楽しんでいますか??

Aベストアンサー

私も長く入浴するのが好きで、いろいろと工夫しました。
入浴する時にすることは、
 1.インターネットの記事などをプリントアウトしてそれを見ながら入浴。
   雑誌だとお金がかかるし、いらない紙なのでぬれても大丈夫。
 2.携帯で友達と電話
   ぬれても平気な携帯なので、メールなんかを打ったりもします。
 3.ゲームボーイアドバンス
   最近買ってみたのですが、なかなかおもしろいです。
   ジップロック(チャックのついた袋)に入れてやってます。
   これは時間を忘れますよー。

入浴時間はホントに楽しいですよね。

Qうつ病だった方、うつ病の方がご家族にいた方、 どうか教えてください。 うつ病克服後、病気が原因で崩れ

うつ病だった方、うつ病の方がご家族にいた方、
どうか教えてください。

うつ病克服後、病気が原因で崩れかけた家族でも元のように戻れましたか?
主人がうつ病、私自身が何も出来ない事、させて貰えない状況が苦しくて、しっかりした考えが持てなく弱い自分が出てきています。
元のように、、と考えるのがうつ病の人にはプレッシャーなのも分かってます。

以前と同じでなくても、努力次第できちんと再生出来るのでしょうか?
病気の人には負担そのもので、離れてあげることが優しさでしょうか?

主人も当初は、一緒にやっていきたい。とうつの症状で泣きながら言っていたものの、今では泣くこともなく私とはやっていけない。と言います。
うつになり二年以上経ちました。
頭の中が整理出来ず、支離滅裂ですみませんがアドバイス頂けませんか?

Aベストアンサー

No.2です。
お礼拝見しました。

ご主人が、現在会社に出勤できている状態なら、少しは安心できそうです。
完全に鬱にハマると、仕事どころではなくなりますから。
日常生活の事をできるというのも、それほど鬱が深刻ではないという事だと思います。

ただ、あなたも思われているように、
表情が重いと言うのは、未だ回復しきっていないからでしょう。

鬱というのは、意外と根が深いものですから、
重度でなければ、なんとか日常生活はこなせてしまえますし、会話も人並みにできます(※)。
※それが仇となって、会社や自宅で、『もう治ってるんでしょ。』的な態度に出られると非常につらいです。
それが逆に精神の負担となってしまい、回復が遅れることが多いのも事実です。

回復に当たっては、
ご主人の抱えている闇を、ご主人自らどのようにして解決するか。ということにかかっています。

あなたにとっては辛い意見かもしれませんが、
ご主人が通院しない事。
自分が鬱であるという事。
おそらく明るい未来像を描けていないこと。

これらを踏まえると、回復は著しく遅れるような気がします。


追記
ここからは、あくまで私自身の考えであり、やり方ですから参考程度にしてください。
・自分が精神疾患になった経緯の追求。
・そして、その病に対してどう向き合い、受け入れていくか。
大きくはこの2点があります。

精神疾患は、外部要因だけの場合は、要因を排除すれば完治しますが、
それ以前(生まれてから幼児期まで)に作られる気質や環境も大きく作用しているので、
完治はありえないのです。

まずそれにご主人が気付けるかどうかです。(一生今のままの人生で良いとは思っていないはずです。)
そこでこのままでは変わらない。という気づきに変われると、次の一歩が見えてきます。

それは、通院と継続投薬です。
ご主人が通院しない理由があるなら、
薬に効果がない(短期間で諦めている)からなのか。
そもそも主治医と合わないからなのか。
そこまではわかりませんが、おそらくこの2つの要因だと思います。
投薬の一致は年月がかかります。風邪薬のようにはいきませんし、
マシになったからと言って勝手に断薬するもの悪化の危険があります。
薬が効かない場合や副作用が大きい場合は、速やかに主治医と相談して変更してもらわなければなりません。
これを年単位で続けることにより初めて、主治医との関係性を築けますし、悪化時にも速やかに対応可能となります。

ここまでできれば、回復期→寛解域は手が届いてくるはずです。

あとは、自身の病とどう付き合っていくか。いかにして再発・悪化を防ぐか。だけです。
私のように、定期通院で投薬バランスを取りながら生きていく道も一つでしょう。
ストレスや精神の負担を日常生活(会社も含めて)でいかにして減らしていくかという努力。
当然、会社側との話し合い(主治医による診断書の提出)も必要になってきます。
それらをすべてできるようになれば、晴れて寛解といえます。
この頃には、明るい未来が描けるようになっているはずです。

No.2です。
お礼拝見しました。

ご主人が、現在会社に出勤できている状態なら、少しは安心できそうです。
完全に鬱にハマると、仕事どころではなくなりますから。
日常生活の事をできるというのも、それほど鬱が深刻ではないという事だと思います。

ただ、あなたも思われているように、
表情が重いと言うのは、未だ回復しきっていないからでしょう。

鬱というのは、意外と根が深いものですから、
重度でなければ、なんとか日常生活はこなせてしまえますし、会話も人並みにできます(※)。
※それが仇となって、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報