『風と共に去りぬ』、『ワイルド・スワン』、『大地』、『アンネの日記』などの、
主人公が苦労を乗り越えるような読み応えのある小説を探しています。
宮尾登美子さんの『蔵』なんかも夢中で読みました。

字がみっちり詰まった、古典的でメジャーな本が理想です。
さらに1冊完結ではなく、数巻に渡る長さだと更に嬉しいです。

おすすめがあれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

 こんにちは、読み応えのある小説といって真っ先に頭に浮かぶのは『神聖喜劇』大西巨人です。


 光文社文庫で再刊されています。全5巻です。
 この本を読んで「人間の尊厳」というものを深く考えさせられました。
 この本に深く感銘を受けた劇画家が10年の歳月をかけて劇画化したらしいのですが、そちらは残念ながら未読です。
 とにかく読んでみてください。私は読後数日間、作品の余韻に浸ることができました。

この回答への補足

お礼の補足です。
『神聖喜劇』を図書館で発見したので読み始めました。
まだ途中ですがたまらなく面白いです!
文庫で全巻買いそろえたいと思います。
久し振りに、「生きてるうちにこの本に出会えてよかった!」と思える本でした。素敵な本を教えて頂いてありがとうございました。

補足日時:2008/09/26 15:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
読後数日間、作品の余韻に浸る!私も『風と共に去りぬ』を読んだときはまさにそんな感じでした。
そんな出会いがまた欲しくてここに質問させて頂きました。
『神聖喜劇』は全く知らなかったのでamazonのレビューも読んでみましたが、村上春樹さんの小説の主人公のイメージというのは本当ですか???
大好物の予感です。ぜひ読んでみます、ありがとうございました!

お礼日時:2008/09/12 12:42

デュマのモンテクリスト伯面白かったです


後は、三銃士も。
スタインベックのエデンの東を最近文庫で読みましたが
自伝的内容で史実に基づいていて
ストーリーが良くて
読み応えがあり登場人物が全員興味深く面白かったです
源氏物語もおすすめです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます、すべて有名どころなのに読んだことがない本で参考になりました。
三銃士は子供向けのイメージがあったのですが、原書は読み応えがありそうでうね。
特にエデンの東が気になりました!
ぜひ読んでみます、ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/10 09:36

歴史に沿ったもの。


スタインベックの『怒りの葡萄』(新潮文庫・上下巻)
1930年代のアメリカの歴史です。

イギリスもの。
『ジェーン・エア』シャーロット・ブロンテ(新潮文庫、上下)
光文社古典新訳文庫から『ジェイン・エア』という名でも出ているようです。
『嵐が丘』エミリ・ブロンテは挫折しました。
ナスターシャ・キンスキーの映画でしか見ていませんが、『テス』(トマス・ハーディ)も大変そうな境遇。

光文社古典新訳文庫は、私はまだ1冊も買ったことがないのですが、
古典の新訳をいろいろ出していて、『カラマーゾフの兄弟』がブームになっていたようです。


積読(つんどく)になっているのですが、谷崎潤一郎の『細雪』(新潮文庫)は上中下巻だったと思います。

『モンテ・クリスト伯』も長そうですよね・・・7巻あるらしい。
プルーストの『失われた時を求めて』は13巻だそうです。
『源氏物語』も長いですよね?

『銀河英雄伝説』なら読んだのですが(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『怒りの葡萄』、なぜか勝手に哲学っぽい堅苦しい本を想像していました・・・
あらすじを読んでみたら、まさに好みの話のようです。
しかも大好きな『風と共に去りぬ』の次に売れたといわれているとか。
これは絶対に読まなければ!!教えて頂きありがとうございます。

『ジェーン・エア』、『嵐が丘』は読みました。
『テス』は知りませんでしたが面白そうですね。
『カラマーゾフの兄弟』は他にも勧めて下さった方がいらしたので期待してしまいます。
新訳が出ているならなおさら気軽に読めそうですね。
たくさん教えて頂いてありがとうございました。

お礼日時:2008/09/12 16:52

連投すみません、ふと思い出したので。



赤毛のアンシリーズなどは読まれましたでしょうか。
その中の「アンの娘リラ」
無責任で楽しいことが大好き、末っ子気質のリラが
思春期にさしかかり、憧れのダンスパーティにデビューしたその日
第一次世界大戦が勃発します。
その中でいろんな体験をしながら立派な女性へと成長していく物語です。
お好みの作品に比べたら物語性は強いのですが
第一次世界大戦中のカナダの生活というのがあまり知る機会がないので面白かったです

もう一つは小説でなくエッセイですが
「マグダレンの祈り」
未婚の妊娠は「堕落した女」の烙印を押されます。
堕胎も許されないので
女たちはカトリックの修道院が持つ病院で秘密裏に出産をし
厚生施設で生活しますが、そこでの生活は厳しいものです。
その様子を中で活躍した助産師が思い出しながら書いたものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回質問した本と系統が違うのであげませんでしたが、赤毛のアンシリーズも好きな本ベスト3に入る勢いで大好きです。
読み返すたびに幸せな気持ちになれます。
文庫で全10巻、娘の代になるまで全くテンションが下がらずに読み進められるのはすごいことですよね。

『マグダレンの祈り』は知りませんでしたが、映画にもなっているんですね。
題材にとても興味を持ちました。「こういう世界もあるんだ・・・」とカルチャーショックを受けてしまうような本も探していたので、いい本を教えて頂けて嬉しいです。
是非読んでみます、たくさん紹介して頂いてありがとうございました。

お礼日時:2008/09/12 15:52

シリーズ物でないので申し訳ないのですが


有吉佐和子さんの「非色」

主人公の女性が苦労を乗り越える話です。読み応えもあると思います。
時代に翻弄され、目の前のトラブルを乗り越えながら生きていく姿が
好みに合うんじゃないかと思います。

簡単に言うと、大戦後、日本に入ってきた進駐軍の施設で働いていた女性
黒人男性と結婚し、子供を産みます
しかし軍の引き上げで彼が帰ってしまった後残されたのは
売春をしていたのではないかという目、黒い肌の子供への差別。

結局彼女は渡米を決意します。
アメリカでも予想外の出来事や生活に翻弄されながらも
一生懸命生きる女性の話。
格差社会、人種差別などいろいろ考えさせられたりもします。


もう一つは渡辺淳一氏の「花埋み」

渡辺氏の作品ということで女性にはちょっと気に障る表現もありますが
氏の作品がまだ面白かった頃のものです。

嫁ぎ先で夫から性病を移され、不妊となり離縁された女性。
婦人病の診察の辛さに、女医になる決意をします。
性差別、さまざまな困難を乗り越え
日本で初の女医の実話を小説にしたものです
http://www.shinchosha.co.jp/book/117601/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
『非色』はだいぶ昔に読んだことがあります。
そのときはあまり興味を持てずほとんどストーリーを忘れていたのですが、anzuppa様の説明を聞いてまた読んでみたくなりました。
今読んだらまた違った感想を持ちそうです。
渡辺淳一さんの本は何となく一度も手に取ったことがないのですが、実話を小説にした本は大好きですので是非読んでみます!
ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/12 15:37

・ジョン・ランプリエールの辞書(創元文庫上下)


17世紀のイギリスが舞台のお話です。気鬱をなおすために固有名詞辞典を編纂する主人公、バラバラにされた父の遺体、秘密結社、謎のインド人暗殺者、暗躍する東インド会社、そして主人公の恋人、運命や如何に?

・ディファレンス・エンジン(ハヤカワ文庫上下)
蒸気機関が発展した19世紀末、人々は蒸気映像を楽しみ、蒸気通信で遠距離とコミュニケーションし、そしてついに蒸気コンピューターが稼働したのですが……
・蒸気コンピューターとは機械式コンピューターなのでわからんでもないですが、とにかくオチが……

・ファウンデーション(ハヤカワ文庫)
SFです。むかし創元文庫ででていた「銀河帝国の興亡」を改訳したものですが、長いけどおもしろいです。

・死霊 (講談社文芸文庫)
簡単には言えない、超小説です。病院の若き精神病医と自己意識の飛躍をめぐって議論になり、対立するのですが……

・黒死館殺人事件 (ハヤカワ・ミステリ 240)
昭和3大奇書の1冊で、まあマイルドなのを。とにかく、ボスポラスより東に唯一存在する様式の洋館で殺人事件が起きるのですが、肺病やみの法水倫太郎(のりみずりんたろう)という法医学探偵が、超推理をします。すごすぎて、クラクラしました。すすめていいかどうか、ちょっと躊躇しましたが、チャレンジなさるならぜひ!

・ドグラ・マグラ 上下(角川文庫)
これが昭和3大奇書のもう一冊です。文章で人を発狂させることができるのではないかと思いました。いちおう、推理小説です。表紙もふくめてトンデモない本です。

・虚無への供物〈上下〉 (講談社文庫)
昭和3大奇書ラストはこれです。密室殺人事件が起きるのですが、犯人とおぼしき人物が次々死んでいきます。読んだ人の話では、800ページ以上あっても、上記2冊より読みやすいとのことでした。

・完全版 知恵の七柱 平凡社東洋文庫
・アラビアのロレンスことT.E ロレンスが著した砂漠の反乱の記録です。今年8月から英国ででた新発見部分まで含んだ邦訳が世界初海外語訳となり、第1巻がでました。5巻まであります。旧い3巻訳はよみましたが、映画と巻末の地図を付け合わせて読むと、砂漠が目に浮かぶような本です。

・地中海 藤原書店
アナール学派のフェルナン・ブローデルが書いたフェリペ2世時代の地中海の役割を書いた大著です。単純な歴史書ではなく、環境、集団、出来事の働きを書いてから時系列の話になるというすごい本です。ガッツリ読んでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさん教えて頂いてありがとうございます。
言い忘れていましたが頭が追い付かないもので、ミステリーやSFが少し苦手なのです><
アラビアのロレンスは映画が大好きなので、『知恵の七柱』はいつか読んでみたいと思っていました。読んだら更に映画も楽しめそうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/12 11:28

古典ではありませんが、


高橋克彦『火怨』(上下)は素晴らしいです。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062735288.h …

また、宮城谷昌光の『夏姫春秋』(上下)はいかがでしょう?
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062630664.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

作者名だけはよく知っていましたが、手に取ったことはありませんでした。
こういうお話を書かれる作家さんだとも知りませんでした。
どちらも夢中になって読めそうな本ですね!
特に『火怨』のストーリーがものすごく自分好みな感じです。
ぜひ読んでみます、ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/12 11:25

古典ではありませんが



塩野七生さんの「緋色のヴェネチア」~の3部作。
ある程度史実に沿って(塩野さんですからね)、苦労ではないですが
主人公がちょとは悩みます。

長くていいなら、「ローマ人の物語」。(めちゃ史実をなぞってます)
塩野さんの文体・・・というよりも語句選択?に違和感を感じなければですが。

いかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

塩野さんのローマ入門書的な本は読んだことがあります。
ローマ人の物語、読んでみたいけどあまりの長さに手が出せない。。。と思っていました。
「緋色のヴェネチア」、3部作くらいなら気軽に読めそうですね!
ぜひ読んでみます。ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/12 11:20

有名ですが、ジェフリー・アーチャーの「ケインとアベル」とその続編の「ロスノフスキ家の娘」。

両方とも上下巻なので、それなりに分量はあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ジェフリー・アーチャーの本確か読んだことあるなぁと思って調べてみたら、ジェフリー・ディーヴァーの間違いでした。。。
有名な作家さんなんですね、恥ずかしながら知りませんでした。
あらすじを読んでみただけで「読みたい!!」と燃えてきました。
早速帰りに本屋さんに寄ってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/12 11:18

あちゃ~・・・。


『アンナ・カレーニナ』、既読でしたか・・・。
(^^;
宮尾登美子さんの「蔵」がお好きなら、同じ著者の、
『鬼龍院花子の生涯』
『櫂』
などは?

『南総里見八犬伝』
などは、お好みでないですか?
「主人公が苦労を乗り越える」と言う点は、符合します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宮尾登美子さんの本は何冊か読んでますが、ハズレないですよね。
篤姫も面白かったし。。。
おすすめして下さった2冊も読んでみます、ありがとうございます!

『南総里見八犬伝』は題名だけ知っていましたが興味を持ったことがありませんでした。
調べてみたらすごく壮大なストーリーっぽいですね。
今の私のブームとはちょっと違そうな感じですが、いつか絶対読んでみます。

お礼日時:2008/09/12 11:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q小説「風と共に去りぬ」について

30代後半男です。
ネットサーフィンをしていて「風と共に去りぬ」という小説があまりに評価が高いのでAmazonで買おうかどうか迷っています。
僕は少女漫画は苦手です。
レビューをみると皆女性で少女漫画の原点みたいなことが書いてありますが、男が読むものではないんでしょうか?

Aベストアンサー

30代男です。

私も少女漫画は苦手でまったく読んだことがないので、少女漫画的なのかどうかは判断できませんが、
これはハードボイルドと言っても良いのではかというようなお話です。
一部恋愛の女性心理、駆け引き的な話もありますが、全体的には南北戦争という時代に飲み込まれ、
男勝りに強く生き抜いていく女性の波瀾万丈の人生を描いた物語です。
とても面白く、別の作家によるものですが、続編『スカーレット』も一気に読んでしまいました。

『風と共に去りぬ (1)』 (新潮文庫)
マーガレット・ミッチェル (著)

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q小説「風と共に去りぬ」で

今、小説の「風と共に去りぬ」を読んでいます。
小説を読んだ方、回答頂けると嬉しいです。

アシュレが戦争に向うので、スカーレットがアシュレに別れを言う場面まで読みました。
(スカーレットがアシュレにキスしてほしいとお願いする場面)

※この場面以降はまだ読んでいないので、ネタバレするような内容は控えて頂きたいです。すみません(>_<)

スカーレットはアシュレが本当は自分のことを愛していると思っていますが、実際、どうなのでしょう?アシュレは本当にスカーレットを愛しているのでしょうか?
スカーレットの思い込みのようにも読み取れるので、どっちなのかなと。
アシュレはスカーレットのことを魅力的と思っているようにも見えるけど、結局メアリーを選んでいますよね。

小説を読んだ方はどう解釈されましたか?

Aベストアンサー

新潮文庫で読みましたが、スカーレットの容貌や性格は冒頭で描写されていますね。決して美人ではないが、彼女の魅力にとっては気にならないと。

もちろん、アシュレはスカーレットに惹かれているのでしょうが、結婚においては似たもの同士のメアリと結婚しないと上手くいかないと思っているのでしょう。最後の方まで読めば、あなたの疑問は解決すると思います。

ただ、この小説のテーマは南北戦争を背景としていますので、恋愛よりも別なところにあります。スカーレットの性格はどういう手段を採っても土地を守ろうとするようなサバイバル的な一面もあります。
また、時代背景については、岩波文庫のほうが詳しいです。
新潮文庫は翻訳家が訳していますが、岩波文庫は学者が訳しています。
出来れば、読み比べしたほうが、より理解が深まると思います。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q『新撰組血風録』 その他時代小説について

新撰組の創作小説を書きたいのですが、時代小説って今まで読んだ事がなく、その時代に出て来る物の名前(例えば現代なら布団ですが、褥って言いますよね?)が分かりません。

また、切り合いのシーンなどの表現方法も苦手です。

なので、参考に出来る小説を読みたいのですが、活字あまり得意ではないので、難しくなく且つ上記の悩みを解決出来る時代小説ってありますか?

『新撰組血風録』 著者 司馬遼太郎 を読んでみようか思いますが、上記の点は参考になりますか?

Aベストアンサー

個人的には池波正太郎さん全般がいいかと。
司馬遼太郎さんも楽しいのですが、いかんせん脱線が多いように思います。
(視点もやや独特かと)

時代劇小説の名詞はすべて当時のものとは限りませんよ。
明らかに読者が分からないであろう言葉、習慣などは文中にて説明がなされていることが多いです。
(Ex.今でこそ○○は××だが、当時の○○は… など)

特に池波正太郎さんは伏線の登場人物が再登場する際は必ず説明を付けるなど、高齢であろう読者への配慮があります。

基本的に現代の小説と大きな差はないように思います。
やはり描写と当時の資料などの研究が大事でしょう。

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q古代~中世のヨーロッパ風の戦記の小説

古代~中世のヨーロッパ風の戦記で面白い小説を教えて下さい。

架空でもいいのですが、魔法や竜や化け物(指輪物語的な)が出てくるのはご遠慮願います。
ネット小説でも構いませんが、ご都合主義的な物はご遠慮願います。

後、出来ればですが、腹の探りあい的な、裏切り有り・内乱有り的な。(内乱や外国からも狙われる的な)
(漫画の、「アルカサル 王城(作者 青池保子先生)的なお話みたいのがあれば、ベストなのですが)

三国志・日本的なものは 私が駄目なので・・・・

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

S&A.ゴロン「アンジェリク」
http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68320141

現状で手に入るか分かりませんが。。。

井沢元彦「叛逆王ユニカ」「パレスタ奪回作戦 叛逆王ユニカ2」
平和と繁栄に恵まれた国・パレスタ。しかしその平和も突如破られる。悪の帝国ルーバが大艦隊を率いて攻撃を開始したのだ。パレスタ海軍総司令官アフロスの善戦もむなしく遂に陥落するパレスタ。アフロスの子ユニカも囚われの身となるが決死の脱出に成功、祖国回復のため、修業の旅に出る。老師ジャイナのもと厳しい修業を続けるユニカだったが、再びルーバの黒い影が迫ってくる。傑作冒険ロマン。

漫画だけど
粕谷紀子「風のゆくえ」「風のゆくえ<再会編>」
宝塚の劇『はばたけ黄金の翼よ』の原作
http://www11.atwiki.jp/kasuya-noriko/pages/15.html
http://www11.atwiki.jp/kasuya-noriko/pages/18.html

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q『邪悪』、『悪意』を感じる小説。

 人間の『邪悪さ』、人間の『悪意』を感じる事の出来る小説を探しています。

 イジメはOKですが、虐待は勘弁。出来れば文庫本で。日本人作家で、登場人物に外人がいない、もしくは少ない事。SF、ファンタジー、時代物、歴史物は、無しで。泥沼の恋愛は、OK。人と人との葛藤、心理戦 歓迎。宮部みゆき作品は、無しで。

 注文が多くて申し訳ありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

幻冬舎文庫で出ている「廃用身」はどうでしょう?
リアリティ抜群の社会派サスペンスです。
じわじわと考えさせられる人の善と悪、正しいことと正しくないことの曖昧さ、色々なことを考えさせられ、また思考を揺さぶられること間違いなしの逸品です。臆病な人は手を出すべきではないかもしれませんが、決してただのホラーではないということに念を押しておきます。
もうフィクションなんだかノンフィクションなんだか分からなくなってくる、「現場」を知るプロフェッショナルな方の第一作目。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報