教えてください。
もうけっこう昔になると思うのですが、
4コマで、ナンセンスというか不条理マンガで、
オチになると、「虚無」で終わってしまうようなマンガがあったと思うのですが、わかりますでしょうか?

それくらいの情報しかなくて申し訳ないのですが、
お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私もコージ苑ではないかと思います


コージ苑は第二版(2巻)の内容が連載されていた頃の人気が絶頂期で(だったと思います 断言はできませんが・・・・・・)
そのときに発売された第一版(第一巻)は初版本があっという間に売り切れ、欲しくてもなかなか入手できなかった記憶があります。

第三版(3巻)の内容が連載されていた頃に、新しい方向転換を図り
「オチになると、「虚無」で終わってしまうような」
展開をしましたが、当時の多数の一般スピリッツ購読者に支持されずに
第三版(3巻)分の連載が終了した時点でおろされたような気がします。(あくまでも私見での意見ですが)

以上の理由で、コージ苑 第1,2版は質問の内容に該当しません
チェックするなら「コージ苑 第三版(3巻)」をチェックしてみるといいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
絵の感じが、記憶と若干違うような気もしないでもないですが、
「コージ苑」をチェックしてみます。

ありがとうございました。

他の情報もお待ちしております!

お礼日時:2008/09/14 20:04

うろ覚え(雑誌で読んだっきりなので)で恐縮なのですが、


相原コージ氏の「コージ苑」あたりでそんな風に落としたり
していませんでしたっけ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。
確認してみますね。

ありがとうございます。

まだまだお待ちしております!

お礼日時:2008/09/14 17:47

昔の、ぼのぼの以前のいがらしみきお氏のマンガにありそうな気もしますが……

この回答への補足

そうですね。
私もいくつか読んでいますが、そこにはなく。

もう15年以上前だったと思うんです。

どこかで読んで爆笑した記憶が。

補足日時:2008/09/14 17:45
    • good
    • 0

#2のholiholiです。


私が記憶してる限りでは

>もっとかわいらしい絵柄だったような。
絵柄は可愛いと思います。

>虚無になって宇宙で静止しているようなコマだったような…

>「虚無」
>みたいな。字がでてるか、「虚無」がタイトルの4コマとか。

タイトル全てを把握してるわけではありませんが、
文字だけでオトすコマはなかった気が。
宇宙で静止してるようなコマは沢山ありすぎて困った(笑)。

ちなみに、ゴールデンラッキーの作者の最新作、
「ムーたち」という漫画の主人公は
「虚山無夫」ですけど、関係ないですよね…
連載は終わりましたがそんなに昔でもないし四コマでもないんで。
これも主人公の名の通り虚無感はたっぷりです。
念の為試し読みを貼ってみます。
「もしかしたら」かもしれませんし、
少なくとも絵柄くらいは確かめられますので。

参考URL:http://comic.bitway.ne.jp/kc/comic_tameshiyomi.h …

この回答への補足

ありがとうございます。
「ムーたち」は読んでいます。

ゴールデンラッキーも3巻までは持ってるんですが、
やはり、これなのかな。

ありがとうございます。

補足日時:2008/09/14 17:43
    • good
    • 0

既に出ていますが、吉田戦車の「伝染るんです。

」か、
もしくは、
榎本俊二の「ゴールデンラッキー」が思い出さされました。
どちらかといえば、伝染るんです。よりもゴールデンラッキーの方が
虚無感は強いです。かなり感性を必要とする感じといいますか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も「ゴールデンラッキー」かな?と思うのですが、
そういうシーンってありますかね?

「虚無」

みたいな。字がでてるか、「虚無」がタイトルの4コマとか。

お礼日時:2008/09/13 14:27

違ったらゴメン、



吉田戦車の「感染るんです」?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「感染」ではなく「伝染るんです」ですね。
それは持っているのですが、違います。
もっとかわいらしい絵柄だったような。

虚無になって宇宙で静止しているようなコマだったような……
記憶も曖昧で申し訳ありません。

お礼日時:2008/09/13 14:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオチが「クリップ」の4コママンガ

こんばんは!
質問させてくださいm(_ _)m

昔友達から借りたマンガでもう一度読みたくてずっと気になっているものがあるんです。
その友達とはもう音信不通なので全然分かりません(>_<)

手がかりは
○7~9年前発行
○たぶんジャンプ
○広島弁
○4コママンガ
○オチが「クリップで止めておけ!」みたいな感じでクリップネタが多かった
○たぶん男子校が舞台
○作者は男子校を卒業したばかりの男の子
○最後の方に母校のネタ(先生のこと等)があった

覚えている方がいらっしゃいましたら教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

もしかして、ユウジローさんの漫画でしょうか? ジャンプコミックじゃないですけど。

広島弁で、発行年も作者の歳も一致しますし。男子校出身かどうかは知りませんけど。確か、出血が止まらない人に、クリップで止めとけ、みたいな漫画もありました。

該当しない条件もありますので正直自信はありませんが、
「ユウジローのつづけていいの」か、
「ユウジローのふたつに別れて続いています。」
の、どちらかと思います。

もし合っていても、ちょっと入手は困難かも。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757201958/qid=1116683776/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-7678630-8457019

Q最も少女マンガらしいコマ割の少女マンガ作品は何?

趣味でマンガを描いています。
コマ割の参考にしたいのですが、
少女マンガ特有の、いわゆる男性読者が言うところの、
「どのコマから読めばいいか分かんねーよ」
的な演出の真骨頂の作品は何でしょうか? 
1ページの中にコマがランダムに散りばめられている感じの。
また、その演出はどういった表現の効果を狙って用いられるのでしょうか? 
さらに、「現在ではその演出は古い」、ということはあるのでしょうか?

回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

うーん、本屋のコミック担当ですが、むずかしいですね。漠然たる回答? ですがお納めください。

花の24年組
青池保子、池田理代子、萩尾望都、竹宮惠子、大島弓子、木原敏江、山岸凉子、樹村みのり、ささやななえ、山田ミネコ、増山法恵

ポスト24年組
水樹和佳、たらさわみち、伊東愛子、坂田靖子、佐藤史生、花郁悠紀子

が、今風の少女マンガの原点でしょう。で、この人たちも手塚治虫の影響下にあることはまちがいないんです。参考のリンク見てください。

素人がみると、たとえば青池保子先生の絵が「20年前みたいだ」となるわけですが、実際にはいまでもプリンセス、プリンセス金でバリバリ描かれています。画集も復刊コムで票が入り、復刊と相成りました。

演出は時代時代によりますし、また出版社の要請もあるわけです。だから、メジャーマンガ雑誌ではおとなしく書いて、ガロみたいな雑誌で男色、性、表現の実験をしていた気がするんです。

だとすると、コミック・ビーム、コミック・ハイのような雑誌、割と冒険する白泉社、あたりのマンガ雑誌をさぐってみられるのはどうでしょうか? レディコミは逆に、オーソドックスなものが多いです。

不十分極まりない答ですが、御笑納ください。

参考URL:http://ww1.tiki.ne.jp/~quelmal/report/ooizumi.html

うーん、本屋のコミック担当ですが、むずかしいですね。漠然たる回答? ですがお納めください。

花の24年組
青池保子、池田理代子、萩尾望都、竹宮惠子、大島弓子、木原敏江、山岸凉子、樹村みのり、ささやななえ、山田ミネコ、増山法恵

ポスト24年組
水樹和佳、たらさわみち、伊東愛子、坂田靖子、佐藤史生、花郁悠紀子

が、今風の少女マンガの原点でしょう。で、この人たちも手塚治虫の影響下にあることはまちがいないんです。参考のリンク見てください。

素人がみると、たとえば青池保子先生の...続きを読む

Q以前スピリッツで連載していたギャグ野球マンガ。けっこう短いやつで・・・

すいません。以前同じ質問をしたものです。確かタイトルは「ボブと愉快な仲間たち」だったと思うんですが・・・確か4番がボブって名前の太めでセミロングな感じの外人で。野球マンガなんですけどね~~皆さんご存知ありませんか。

Aベストアンサー

パンチョ近藤の「ボブとゆかいな仲間たち」ですね。
大リーグの架空のチーム・L.Aアースエイクのチームメイトのお話。4番を打つボブは、パワフルな打力は一級品ですが、守れない・走れない・チャンスに弱いその名も「黄金の家畜」。走れないDH、打たれ弱いピッチャー、守れないセカンド、そんなゆかいなメジャー選手が繰り広げる自己中心的な野球漫画でした。スピリッツに連載していたにも関わらず、読者のほとんどがその存在に気付いていなかったという伝説の奇作でもあります。4ページという限られたページ数、チープな絵、スカしたギャグがたまりませんでした。96年に全1巻(全40話)で単行本も出たようです。

Qしばらくオチのない4コマ

オチのない題が2回くらい続いて
それらの3回目の題でオチをつける4コマどう思いますか?

4コマは4つのコマでオチまで全部ついていないとダメだと思いますが・・・
どうでしょう

Aベストアンサー

1ページ読み切りのショート漫画で,コマ割りを4コマ風にしてある。
単に,12コマの新ジャンル漫画と捉えるのが妥当だと思います。

Q4コマをけっこう好きでよく読む方に質問です

4コマを趣味で書いています
質問です

あなたが読んでておもしろい、また読みたい
と思う4コマの必須要素を教えてください!!

Aベストアンサー

知識系→哲学的な話題や豆知識を提供してくれる上で笑いを誘っている
エロ系→勘違い、言い間違いなどを駆使してエロティックな要素を上手く取り入れて笑いを誘っている
ほのぼの系→可愛らしさあり、ブラックユーモアあり、なるほど得心あり

などなど、知識系ほのぼの、というのもありですね。
その他、日常あるある系、というのも結構多いですね。日常的にある細かいシーンにほのぼのとした笑いを誘われる、という感じ。

全てに共通するのは、やはり笑いの要素でしょう。これが鍵であり、そこに現れる作者のセンスによって作品が売れる売れないの重要なポイントになっていると思えます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報