最新閲覧日:

 私の世代(50歳前後)より上の方には説明不要、むしろ「背伸びして能書き垂れて」とお叱りを受けるかもしれませんが、1960年代からベトナム戦争終結までの間に人々に歌われ愛された、モダン・フォーク、プロテスタント・フォーク、反戦歌。
ピート・シガー、ボブ・デュラン、ジョーン・バエズ、PPM・・
風に吹かれて・花はどこへ行った・勝利を我等に・明日無き世界・・・

その中で好きな歌、印象のある歌とエピソード等、或いは来日コンサートの思い出等を教えて下さい。

A 回答 (1件)

キングストントリオ=トムドゥーリー、PPM=500マイルも離れて、朝の雨、ドントシンクトワイス、ボブディラン=風に吹かれて、地方に住んでいたので、東京中心の来日コンサートには行けず、TV中継などで楽しんでいました。

PPMの最初に買ったレコードがシングルもLPも東芝固有の赤い透明なレコードだったのが印象にあります。3フィンガーピッキングのお手本でした。地方に公演に来てくれたのは「浅川マキ」くらいですが、「裏窓」を出した後のコンサートは大変に充実したものでした。特にセントジェームス病院は印象に残りました。それと、岡林信康のチュリップのアップリケに友よでしょうか。懐かしいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「東芝固有の赤い透明なレコード」
思い出しました。実家にも何枚かありました。誇りの付き難い、確か
「エバークリーン」か「フォーエバー・クリーン」レコードと言ったような気がします。

ご年齢的には大先輩かとお見受けいたします。お礼遅くなりました。
私がPPMのライブに行ったのは大分後のことで、もうメンンバーもすっかり品の良いオジイチャン、オバアチャンになっていましたが、それでも美しいハーモニーは変わっていませんでした。
年長の観客の皆さんが、全曲一緒に歌っていらしたのに大変感動いたしました。

浅川マキは今でも組合活動を続けている先輩が、大好きだったので何回か付き合ってコンサートに行きました。

お礼日時:2008/09/18 02:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報