「2001年宇宙の旅」は映画を見るのと小説を読むのとどちらを先にしたほうがいいと思いますか。いい作品だと聞いているので失敗はしたくなく、とても迷っています。自分で考えなさいと言われればそれまでのことですが、自分で決めようということも決められず、自分の優柔不断さにほとほと困っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

素直に楽しみたいのなら、絶対小説!!!!


(いや、反対意見の方もそりゃいるでしょうけど)
あの映像の凄さは予備知識がないときっと分らないと思います。
もともと小説と映画同時進行の予定だったものが、映画が一歩飛び出ちゃったものなので、厳密な意味で全くの原作ではないのだけれど、とにかく一読おすすめです。
おばかの私は小説読むまで全く分りませんでしたもん。

あ、そう考えると
…先に映画見て、訳わかんなくて、小説読んで、納得して、また映画見て、感動…
これもいい流れかもしれませんね。(私がそうでした…)
でも最初がつらいだろうなぁ。ファーストインプレッションでつまらない作品だと固定観念を作らないのであったらこの順番もお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「映像の凄さ」やっぱりそんなに凄いんですか。私の住む地方は僻地で映画館の数も少なく、うまく近々2001年が上映される可能性は少ないです。となるとビデオを借りて見ることになるのですが、凄い映像ならやっぱり映画館で上映されるのを待つかちょっと遠くまで見に行くほうがいいのでしょうか。実は小説版はもう手に入れてあるのです。封印してあります。もちろん裏表紙のあらすじも読んでいません。映画を見るまで待ちきれるかどうか自信がありません。小説、読んじゃおっか!と思う自分がいます。読んじゃえ!と言っている何人かの自分もいます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/24 20:28

再び現れてしまいました。


こころ揺れてますね。(でも劇場公開はあるんでしょうか…?)
かなり迷ったのですが出しゃばってきてしまいました。ごめんなさい。


さて、『小説』『映画』でいろいろと皆さんからの意見が出ておりますが、この小説は先に述べた通り原作ではありません。
『映画史に残るSF映画を作ろう!』という主旨の元にキューブリックとクラークが様々な人たちの協力を得つつ(独創的想像を交えて当時最新の化学考証の元に)制作したものですので、各々に独特の味わいがあります。

え…と、筋には触りませんが、私なりに映画のわかりにくさを説明しようかな…なんて思ったのですが、先入観なく入っていかれた方が面白いかとも思いますので…以下、読まれなくても結構です。




映画が分かりにくい要因としては『ナレーションがない上に、主役がシーンによって変化する』ため感情移入がしにくく、だれる、飽きる原因になっているように思われます。(なんていっても「Space Odyssey」ですから!)また、彼らに必ずしも台詞がある訳ではないので、台詞無しに理解できるかどうかが分かれ目になります。(私には出来ませんでした…)全編を通して主役となるものは映画では語り切れていないようにも見受けられるので(受け取り方いかんですが)なおさらかも知れません。
それ故に皆さん小説を読んで納得されているのでしょう。


最後に、凄い映像も今となっては古典SFの粋に入り込んでいる映画です。
妻は「今さら恥ずかしいけど当時は凄かったんだね。」なんて言いながらビデオ見てました。情緒のないもんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びのご回答感謝をしております。
2001年宇宙の旅を見たいと思ったきっかけは知人の説明を聞いたことでした。それまではタイトルは聞いたことがありましたが、きっと今あるSF映画を単に古くさくしたようなものだろうくらいに思っていて(失礼)、見たいと思わなかったのですが、知人が語った、「哲学的で難しい」「最初にサルが出てくる」という説明にはまってしまったのです。知人は多くを語りませんでした。
哲学的で難しいものは大衆には受けにくいという面があると思いますが、にもかかわらず今にいたるまで多くの人に高く評価されているというのはどうしてか。そもそも哲学的で難しいというのは本当か。なぜ宇宙の旅なのにサル???自分の理解の範囲を超えたものに惹かれたというわけです。そして今taz3さんのご回答を読んでますます想像もつかないものだと思いました。主役がシーンによって変化するのに1本の映画として成り立っていることの不思議(まさかオムニバス形式ではないですよね)。古典SFってどんなもの???と興味は尽きません。うう。
この場を借りてご回答くださったほかの皆さんにもお礼が言いたいです。もう少し悩みそうですが、皆さんのお知恵をもとにして決めようと思います。「ひまな悩み」と一蹴せずに親身になって考えていただきありがとうございました。

お礼日時:2001/02/27 22:43

 この作品の歴史的価値から考えると、もちろん文学史上でも大事な作品ですが、それ以上に映画史上で語り継がれている作品ですよね。


 最初はみんな映画から見て「凄い」だの「分からない」だのと盛り上がり、それでもって見た回数を競い合ったりもした(私も3回見た)ことを思い出すと、映画から見たほうが楽しいような気がします。
 それ以上に大事なことは、この映画は映画館の大画面で見ましょう!ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり映画のほうが「歴史に残る度」が高いのですねぇ。ほほう。
今までの浅い経験からいくと映画と小説のうち、有名な、メジャーな方を先に見たほうが失敗がなかったような気がします。
そしてやっぱり「凄い」作品なのですね!今すぐにでも見たいです。どうしましょう。ひとつ問題が。田舎なので映画館も少なく、そう簡単に2001年をやってくれそうもありません。まじで泣きそうです。はやく見たい!でも思う存分感動を味わいつつ見たい!!なんということでしょう。むごいことです。2001年だからやってくれと映画館に言えばやってくれるでしょうか。無理でしょうね。でも大画面で見ると違いますものね。ほんとそれは同感です。私の中では映画を先に見るほうにかなり傾いているのですが、はやく「2001年宇宙の旅」の世界にふれたいという思いもあり、(1)待つか遠出して映画館で見る、(2)すでに手に入れてある小説を読む、(3)ビデオをレンタルして観るという選択肢が3つに増えました。つらいです。これも私の享楽主義のなせる技でしょう。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/24 21:49

私が考える正しい順序は「小説」→「映画」とてもわかりやすいと思います。



でも、前の方のおっしゃる通り「映画」→「小説」→「映画」の方が、小説もわかりやすいです。
SFを読み慣れてるなら、前者、あまり読まないなら後者をお勧めします。

因みに私も小学生の時に納涼大会かなんかで駐車場にスクリーンはった仮説映画館でいきなり遭遇させられました。
小説を読んだのは中学生で、高校生の時に再度映画をみて、やっと落ち着きました。

今でも時たま観ますが、毎回新たな発見をしてしまい、また小説を読んだりを繰り返しています。なんか馬鹿みたいで悔しいんですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごーい!!そうですか繰り返しましたか!
私の期待はいまやはちきれんばかりです。私も悔しくなるほど繰り返したい!
SFは読み慣れていませんので映画を先に見るほうが無難でしょうか。はやく見たいです。haddockさんをはじめやはり映画を先に見てらっしゃる方が多いようなので私もそのほうがいいような気がします。haddockさんのように毎回新たな発見を私はできないかもしれませんが、何度か繰り返してみるのもありなんですね!ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/24 21:19

私は小学生くらいの頃に何の予備知識もなくいきなり映画の「2001年


宇宙の旅」を観て、さっぱり意味が分からず「????」といった感じで
した。

でも、その時の映像としてのイメージがはっきりと頭に残っていて、小説
を読んだ時に「そうかぁ~」と思う部分もあったりしたので、映画を先に!
という方に1票。(笑)

映画の方は退屈かもしれませんが、まぁ数時間ですし…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結構映画と小説両方という人はいらっしゃるのですね。私は気がつけば両方というほうなのですが、周りからは珍しがられます。「楽しむなら骨まで」という感じでいいですよね。映画→小説のとき、小説を読んだときに映画で見た映像が浮かぶと、「この役はあの人は合わないのではないか」などと余計なことを考えてしまい、小説に没頭できないということがたーまーにありませんか。でも皆さんのご回答を見ているとなんだか映画2001年はそのようなくだらないことを超越した作品のようなので、そういうことは絶対なさそうですね!may yamさんは最初映画を観られたときは分からなくて(でも印象にははっきり残っていて)、後で小説を読まれて納得されたのですね。やっぱり映画でしょうかねえ。ヒントをありがとうございます。

お礼日時:2001/02/24 20:57

うーん、ものすごくむずかしい選択ですね(^_^;)


映画版2001年はすばらしい映画ですが、非常に寡黙で(説明的なセリフが極端に少ない)、意味がすぐには理解できない映像的表現が多く、一言でいって難解な映画です。しかも長いです。退屈するかも。寝ちゃうかも(←経験あり)。

jimuinさんが、わからないならわからないなりに映像の詩的な美しさを楽しむような映画の観かたをされる方でしたら、小説より映画を先に観ることをおすすめしますが、意味がくみ取れないものには入り込めない、というタイプだったら、ぜひ小説版を先にすすめたいですね。どんな話で、どんなオチか知って観ても、映画の感動がそんなに損なわれることはないと思います。
というか、各シーンでいったい何が起こってるのか、納得して観られるので安心です(笑)。

映画と小説では話の運びや設定が微妙に異なるので、そんなところを確かめながら観るのも楽しいかもしれません。クラークの小説版は早川文庫SFで出ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私はどちらかというと詩的な美しさはだーい好きです。わかってなくても「わかるわかる」と入り込むくちです。そんな私は映画を先に見るべきでしょうか。そうかもしれません。「人類最初の武器が放り投げられてスローに回るんだよ」そんな説明を聞いたことがあり(間違ってるかもしれませんが)、もうその場面が見たくてしょうがないって感じです。でも「その感動的な場面を最初に見るときに意味がわかっていたい!」などというわがままもあり…。つらい。
 本当に人から見ればどうでもいいような質問に真剣に答えてくださってありがとうございます。

お礼日時:2001/02/24 20:06

私は小説は読んだことありませんが、映画と小説どっちを先にする?っていわれたら映画を先に見ます。

この映画、とても難しい映画でした(笑)。だから小説=解説書みたいにすると、また違う世界が楽しめると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

文庫本なんかで、解説や裏表紙に書いてあるあらすじなどを先に読んでしまいすごく後悔したことがあります。小説を先に読むということはもしかしてそれと同じようなことかもしれませんね。なるほどねー!難しいといえば最近「哲学的」な映画だよと聞きました。うーん。哲学は難しいですね。がんばります。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/24 19:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q「2001年宇宙の旅」以前のSF宇宙映画

「2001年宇宙の旅」1968年より前に製作されたSF宇宙映画があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんな表がありました。
http://www.generalworks.com/databank/movie/1960.html

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q2001年宇宙の旅について

名作といわれるこの作品を、数年ぶりにビデオで見ました(2度目)。1度目はゴリラ(?)たちがけんかしてるあたりでギブアップ。そして今回は木星までいったものの、そこらでギブアップ。どうしても睡魔に勝てません。というよりわたしには難解すぎてどうしても『よさ』がわからないのです。
そこで、おもいきり私見でけっこうです。よさも悪さも好きも嫌いも全部含めて、あの映画について一言コメントいただけませんか。3度目の正直に賭けてみたいんです・・。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も最近、妻と一緒に見なおしてみたところです。妻も一言あるそうですが、まずは私の意見から。

キューブリック、凄い! というのが総括的意見。こんな映画を撮れるのは彼しかいなかったのではないでしょうか。その理由として、
・映像のセンス。シンプルと悪趣味が共存している。
・音のセンス。HALが反乱するときの無音状態が怖い!
・ストーリー。
 モノリス(石版)はなぜ突然あらわれたのか?
 それは猿をどう変えたのか?
 そして現代、再びモノリスに出会った人類は、
 ボーマンを通じてどう変わるというのか?
 HALの反乱はなぜ起こったのか?
 
これ以上はかけません。「ネタばれ」になってしまいそうですから。しかしこの映画のエンディングは、日本のアニメーション映画の秀作「AKIRA」のエンディングも果たしてここからモチーフを取ったのか? と思えるくらいメッセージ性があると感じます。ちなみにこのキューブリックの名作のビデオ、海外で販売されているもののパッケージには immortality という一言が。

(ここから、妻の意見です)
・・・すっ飛ばしてラストだけ見て下さい! 結構面白いと思います。初めて見たときは「なんじゃそら?」と感じた私は考え込んでしまい、数日間眠れませんでした。今でもまだ、よく(というかまったく)わかりませんが。ま、私の一番好きなシーンはHALが解体されていくところです・・・ 玉子と鶏のたとえではありませんが「機械が先か、人間が先か」と考えてしまいました。

私も最近、妻と一緒に見なおしてみたところです。妻も一言あるそうですが、まずは私の意見から。

キューブリック、凄い! というのが総括的意見。こんな映画を撮れるのは彼しかいなかったのではないでしょうか。その理由として、
・映像のセンス。シンプルと悪趣味が共存している。
・音のセンス。HALが反乱するときの無音状態が怖い!
・ストーリー。
 モノリス(石版)はなぜ突然あらわれたのか?
 それは猿をどう変えたのか?
 そして現代、再びモノリスに出会った人類は、
 ボーマンを通じ...続きを読む

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q2001年 宇宙の旅 テーマソング

2001年宇宙の旅と言う映画がありますが、 この映画の冒頭の曲(猿人が骨を空中に放り投げるシーンのバックに流れている)は何と言う題名なのでしょうか?
DLしたくていくつかのサイトで検索(映画名で)してみたのですが、何処も見つかりませんとなってしまいます。
曲名を入れて検索したらひょっとしたらDLページにたどり着くかなぁ~っと・・・・。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

リヒャルト・シュトラウスの『ツァラトゥストラはかく語りき』です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%A9%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%81%AF%E3%81%93%E3%81%86%E8%AA%9E%E3%81%A3%E3%81%9F_(%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E8%A9%A9)

文字化けして、上記サイトへ飛べなかったら、インターネット検索で「ツァラトゥストラはかく語りき」で検索してみてください。

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q2001年宇宙の旅について

映画としての評価はかなり高いですが、評論家は見ていて楽しいと思ったのですか。

Aベストアンサー

最初の公開時は酷評もされていたそうです。
ところで、”見て楽しい”映画だけが高い評価を得るわけではないです。楽しくないけど評価の高い車もあります。

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q「2001年宇宙の旅」などで

宇宙船の中で、飛行士がゆったりと無重力で浮かんで作業とかしているシーンがありますが、(いつも不思議に思っていました)一体、どのようにして撮影したのですか?

目を凝らしてみても、ピアノ線などの物はいっさい使用していないように見えるのですが。
よろしければ、お暇な時にお願いします。

Aベストアンサー

「2001年宇宙の旅」については、コチラが参考になります。

http://www.geocities.co.jp/hollywood/5710/2001.html

http://www3.ocn.ne.jp/~zip2000/2001-space-odyssey.htm

下記によると「アポロ13号」で“映画史上初めて航空機を使った実際の無重力状態で撮影されている”。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD13


人気Q&Aランキング

おすすめ情報