ダイターミネーターサイクルシークエンス法の原理について教えていただけますでしょうか?
ダイプライマー法などは本にも載っているのですが、
ターミネーターの方はあまり詳しく載っていなく,困っています。
プロトコールはわかっているので、原理や理論を知りたいと思っています。

よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

rei00さんご紹介のサイトは非常に分かりやすいですね!!


それで蛇足ですが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「4色蛍光シークエンスキットを2倍けちけち使う」
「4色蛍光シークエンスキット反応産物の改良エタノール沈殿」

ご参考まで。

参考URL:http://ss.myg.affrc.go.jp/pub/ksaitoh/seqchem.ht …
    • good
    • 0

次のペ-ジは参考になりませんか。



・DNAシーケンサー
 http://www.riise.hiroshima-u.ac.jp/~ksuzuki/dnas …

必要でしたら補足お願いします。
    • good
    • 0

専門外で的外れかもしれませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?



http://www.jp.apbiotech.com/index.
(アマシャム ファルマシア バイオテク)
詳細を問い合わせて見れば如何でしょうか?
関連する「ブローシャー」等あるのではないでしょうか?

補足お願いします。

参考URL:http://www.jp.apbiotech.com/catalogue/pdf/178711 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qローリー法とビュレット法の原理の分かりやすい説明が書かれたHP

ローリー法とビュレット法の分かりやすい説明が書かれたHPって無いでしょうか?原理をうまく説明することができないんです・・・

Aベストアンサー

ローリー法について簡単ではありますが、参考URLにでています。ここでは測定感度が5μl/mlですが、やり方次第では0.1μl/mlも可能です。
http://www.technosaurus.co.jp/application/ap_alh_3.htm

http://www.h5.dion.ne.jp/~iyaku/yougo.Lowrymethod.htm

参考URL:http://www.biochem2.m.u-tokyo.ac.jp/web/contents/Manuals/manual02.html

Q一般的にセキツイ動物の肺は,両生類,は虫類,鳥類,ほ乳類の順に表面積が

一般的にセキツイ動物の肺は,両生類,は虫類,鳥類,ほ乳類の順に表面積が大きくなり,気体交換効率が高くなっているようです。それはどうしてか,くわしく教えて下さい。

Aベストアンサー

交換効率は鳥類が最も優れてますよ。
鳥だけが一方通行の呼吸をしてますから。

どうしてかというと必要に応じてであって、
なぜ必要に応じた機能があるかはまったく謎です。
淘汰説は適合するケースがきわめて小さな割合なので、
ぜんぜんまちがいです。正しいなら全部適合するはず。
個体差として現れない構造的な進化を説明できません。

QWST-1 細胞増殖アッセイのプロトコールで、、、

前回お世話になったものですが ROCHEのWST-1プロトコールで 420-480nmで測定して(A)まではいいのですが、600nm以上の波長で測定したReference(B)とControlで測定結果(C)があるのですが最終的な測定結果は
(A)-(B)?
(A)-(B)?
(A)ー(B)-(C)?なのでしょうか?よろしくお願いします

Aベストアンサー

コントロールというのが、ブランク(バッファーや水の入ってないもの)、もしくはバッファーだけのいずれを指すのかわからないのですが、まず、ミディウムでバックグラウンドを測定し、それを0にした上で測定します。(450nm or 600nmは少しずれていてもかまいません)


1.細胞を入れていないミディウムの450nmと600nmを測定→この値を0とする
2.サンプルのWST-1の波長(450nm)- バックグラウンド(600nm)を測定し、[450nm]-[600nm]の値を測定する。

基本的にはミディウムだけで450nmや600nmに吸収はなかった気がします。ミディウムだけのバックグラウンドが高い場合は、その分だけ測定のレンジが狭くなってしまいます。

でよろしいかと思います。また、不明な点がありましたらおたずねください。

Q馬の配合理論のように、人間にも血統での理論はあるですか?

競走馬なの配合で血統などの効果では、スタミナがよくなったり俊足になったり色々な配合理論がある様子ですが、人間の血統などにも似たような仕組みの理論で交尾する(使い方は良いのか疑問ですが)と、優れた能力や足の速い人間が産まれたりするのですか?

                それと、

人間に血液型が幾つかあるよーに、馬や猫、犬、猿、狼や鳥など赤い色の血が流れてる動物にもあるのですか?(魚類も)

Aベストアンサー

前半について、ナチスドイツで研究がなされていました。関係者にお聞き下さい(無理だけど)。はなはだ人道に反しますが、理論的には可能でしょう。

血液型は人間以外の動物にも存在します。免疫機構の中で果たしている役割は様々ですが。

QAGPC法の原理

AGPC法でRNAを抽出する際に、RNAが水層に、DNAがフェノール層に移行する理由は一般的にリボースの-OH基に注目して述べられていますが、以下のような記述を見つけました。

「ただ、そのことは、RNA の方が DNA よりも親水性が強い ことを示してはいるものの、”酸性の条件下で” フェノール/クロロホルム抽出をしたときに DNA が有機溶媒層に行くことの説明としては不十分です。実際、中性でフェノール/クロロホルム抽出を行うと DNA は水溶液層に行きます。なぜ ”酸性” だと DNA が有機溶媒層に行って RNA が水溶液層に行くのか」

考えてみたのですが、他になにも思い当たりません。
教えてください。

またクロロホルムをなぜ添加するのかも教えていただければ助かります。

Aベストアンサー

核酸はリン酸基をもつ弱い酸です。中性付近ではある程度電離してイオン化するので極性が強まります。しかし、溶媒が酸性だと弱酸は電離度が低下し極性が弱まります。この状態ではDNAは水相に溶けるだけの十分な極性が保てなくなります。一方、RNAはリボースの水酸基や対合せず裸のままで残っている塩基があるため水相に溶けるのに十分なだけの親水性が残るのでしょう。

ふつう、水相とフェノールは乳化はしても、静置しておいたり遠心したりすると分離しますが、グアニジンや界面活性剤が入った水溶液は完全に交じり合って分離しません。AGPC試薬はこの状態です。これにクロロフォルムを添加すると有機溶媒相の疎水性が高まり、水相と分離するようになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報