マンガでよめる痔のこと・薬のこと

交通事故加害者についての質問です。


親友の起こしてしまった4年前の事故に対して、被害者さんから急に民事裁判をすると訴えられてしまいました。被害者はまだ子供さんで、右半身に麻痺が残り物覚えも悪い状態。将来的に考えても就職するのは難しく、現在も親が携帯電話から被害者さんの行動を指示し管理しなければいけない状態とのこと。

賠償金額は2億円だそうです。

あまりの金額と、突然の出来事にどうしていいかわからなくなっています。
蛇足ではありますがその友人は本当に真面目で、この国の行く末も真剣に考えるようなすばらしい人です。
彼のために何かできないかと思い、何でもいいので教えていただきたく質問しました。
何かいい方法があれば教えてください。現在、弁護士さんを早急に探しているところですが、よろしくおねがいします。

A 回答 (3件)

任意保険の会社の担当者が、話をこじれさせてしまったのではないでしょうか?


保険会社で弁護士を用意しませんか?
あまり深入りせずに、愚痴を聞いてあげればいいと思います。
それ以上のことはできませんよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返答ありがとうございました、

本人がもちろん対応に当たっていますがいても立ってもいられず勝手なことをしたまでです。
きちんと対応できるようにできる範囲でサポートしていこうと思いました。
本当にありがとう。

お礼日時:2008/09/16 01:18

>蛇足ではありますがその友人は本当に真面目で、この国の行く末も真剣に考えるようなすばらしい人です。


  蛇足以前の問題です。 そんなの関係ないね、怪我をさせたのは事実ですから完全な道路交通法違反という立派な犯罪者だという認識をもつことですね。
 4年たってからこのような裁判沙汰になるということは余程適当な示談交渉をしたという証明です。
 ここは腹をくくって受けてたつしかないでしょう。
身から出た錆ですからしゃあないね。
 まあ、助言としたら・・保険会社に任せることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございました。

保険会社産にも弁護士さんにも聞いてみます。
ベストな形で償えるよう努力します。ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/16 01:16

交通事故を起こしたのが事実ですので、ご友人である加害者が真面目で国の将来を真剣に思う人であっても、本件とは全く関係ありません。



4年前の事故当時、被害者と加害者の責任関係はどうなっていたのでしょうか。示談ですか、保険会社対応ですか。それともうやむやですか。その辺が鍵になりそうです。いずれにしても、弁護士さんに相談されてはどうですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございました。

保険会社のことはわかりかねますが弁護士さんを探しているところです。

皆さんの指摘どおり事実はうけとめ、ベストな形で償いができるよう勉強したり励ましたりしていこうと思いました。


ご指摘本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/09/16 01:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3年前の交通事故で多額の請求を受けて困っています

3年前に事故を起こした加害者です。

こちらの原付が歩行者にあたった接触事故で、相手側は自力で病院に行かれる程度のものでした。その後はこちらの誠意として10万程度の代償を支払っています

3年経った現在、被害者側から「調停」の申し立てがいきなりあり、
1000万強近くの請求を受けています。
(後遺障害による損害に1000万弱、障害による損害が100万強です)
既に自賠責保険により、後遺傷害部分に200万円強、障害部分に100万強の金額が支払い済みです。(任意保険は未加入でした)

こちらとしては3年も前の事故の事で今更請求される事を疑問に思いますし、請求されている金額にも驚いています。

当然この件は終結していたものと思っており、ましてや相手の請求に応じるつもりもありません。

3年も前の事を今更請求する事自体不当請求でないのか疑問に思い、困惑させられた分慰謝料を請求したいぐらいの心境です。

今後どのように対応したらいいのでしょうか?
アドバイスを頂けるとありがたいです。お願いします

Aベストアンサー

この請求には、かなり疑問があります。

自賠責保険で、後遺症の保険支払金が払われているのは、医師による診断が後遺症の等級として認められたので、被害者に自賠責保険から支払いされています。その際、自賠責保険会社と被害者の間で示談締結がなされています。
況してや、通常では事故での損害賠償を調停で行う事は考えにくく、期間も3年となれば、既に請求自体が時効を迎えている可能性があります。
後遺症に対する、障害金を受け取りした時点で、この事故に対する示談が成立していると考えられ、継続的な治療をする場合には、被害者から加害者へ通院等をすると通知しなければなりません。

その点を踏まえて、調停では治療継続をするにあたり、被害者からの通知が無かった事、時効(自賠責保険打ち切りから3年)の確認をして下さい。


人気Q&Aランキング