汚い話ですみません。
現在花粉症にかかってしまい、特に鼻水が酷く片時もティッシュを離せません。
そこでふと疑問に思ったのですが、この鼻水、いったい何からできたのでしょう? 鼻水の成分ではなく、鼻水となる前が何なのか、ご存知の方いらっしゃいましたらどうか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

鼻水は鼻汁といいます


花粉症ではさらりとした鼻水ですので
 水様性鼻漏
三叉神経終末からのインパルスが中枢に伝えられ、そこから遠心性に副交感神経に伝えられ、アセチルコリンが伝達物質となって鼻腺細胞のムスカリン受容体を刺激して鼻汁を分泌させる。
なお鼻汁中には好酸球をみる。
 というわけで、鼻腺の分泌物です。
もちろん、これを合成する前の物質は、
血液→リンパ液→組織液→細胞内液と変化しますが

参考URL:http://www.ncc.go.jp/shikoku/ishikai/igaku/igaku …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼、滅茶苦茶遅くなってすみません。
あまりの鼻水の量に何故材料がなくならないんだと不思議に思い質問させていただいたのですが、血液ではなくなるはずもありませんね。
どうも有難うございました。

お礼日時:2001/04/01 21:00

 花粉症の鼻水はさらさら系です。

これは、鼻腺というところから分泌される液体です。で、これの原料は血液です。

 風邪のときは、上記液体にさらに毛細血管を抜け出してきた血球成分がまじります。やっぱり血液由来です。

 唾液も、涙もいっしょです。やっぱり血液由来。

 むかしに、耳鼻咽喉科の先生に聞いたのであってると思うのですが、、(一応自信なしで、、)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
風邪なら白血球というのは知っていましたが、花粉が原因のものも血液なんですね。

お礼日時:2001/02/24 00:43

望まれている回答ではないかもしれませんが、簡単な言葉で説明すると鼻水は白血球の死骸のようなものだそうですよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
花粉が原因の時も風邪と同じなのでしょうか?

お礼日時:2001/02/24 00:39

異物を取り除こうとして、繊毛などから出てきた粘液だとききました

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
あれって毛から出るんですか??
鼻の穴から花粉を取り除くだけにしては量が多いと思うのですが…あ、だからアレルギーって言うんですね。

お礼日時:2001/02/24 00:36

回答でなくてすみません。

鼻水が酷く片時もティッシュを離せないということなのでアドバイスです。
今春は特に花粉の飛散が激しく昨年の5倍、過去2番目に多くなる事が、明日あたりから予想されているとの事です。
対策ですが、薬局で生理食塩水と鼻腔洗浄用のポンプを購入されて鼻の中を洗う事です。
生理食塩水は体温程度に暖めれば全く痛くありませんし、粘膜に付着した花粉を洗えばくしゃみ、鼻水、
涙に苦しむのが軽減されます。
是非、お試しください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
休日や夜は頻繁に洗えるのですが、仕事中となるとそうもいかないで困りものです。効きすぎる体質なので敬遠していたのですが日中のみ薬に頼ることにしました。今は鼻がツーンとなるほど効いてます。

お礼日時:2001/02/24 00:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q花粉症!昨日今日あたりは何の花粉?

東京多摩地区に住む花粉症の者です。

杉花粉がようやくおさまり、ほっとしたのもつかの間、昨日今日、これまでにないほどの強烈な花粉症で苦しんでします。

洟がとまらず、涙目。外はもちろん、家の中にいても車を運転していてもマスクも効かず。これほどひどい症状は初めてです。

多摩地区、昨日今日あたりの花粉の正体は何ですか?

Aベストアンサー

ヒノキの可能性もありますが、ここ2,3日ならカモガヤ(イネ科)かもしれません。
カモガヤだと5月~梅雨入りの頃まで、症状が出ます。
私も数日前から、カモガヤの花粉に反応しています。
お互いつらいですが、頑張って乗り切りましょう。

参考URL:http://www.atopy.jp/36kafun.htm

Qティッシュ箱のティッシュに蟻の大群が・・・

部屋の中でティッシュ箱のティッシュに蟻の大群がいたんですけど、
蟻はティッシュを食べるのですか?それとも巣の材料に使うのですか?
ちなみに、ティッシュには穴が開いてて齧られていました。

Aベストアンサー

アリは今が分封(巣分かれ)の季節です。おそらく斥候アリと思います。多量の卵や幼虫・蛹を運ぶ必要がありますので,当座雨の当たらない場所に移動します。その場所を探しているのではないかと思います。蟻の行列をたどっていくと外に巣があるのではないかと思います。

我が家も時々家の中に分封で卵や幼虫の山が出来,妻がギャーギャー騒ぎまくることがあります。家にいるアリは掃除機で吸い取り,外の巣にはアリ用殺虫剤で対処します。晴れた日に外を観察してみてください。

Q杉花粉症の人が杉花粉を食べたら……?

  ともだちの議論に巻き込まれまして、ダウンしました。
 「そんなんしたら、食物アレルギーで死ぬで」「いや、消化器官が健全なら、何も起こらないはずだ」「意外と減感作療法で治療に使えるかもしれん」などの意見が出てるのですが……私、理性的に考える気力がありませんので、どなたかお願いします(気分が悪くなった方、申し訳ありません)
 そうそう、「粘膜についたり、吸い込まないように、オブラートかカプセルで包んで飲めば……」だそうですので。

Aベストアンサー

 面白い着眼点だと思います。例えば、食物アレルギーは乳児に多いですが、小学校に入る年齢でまだ食物アレルギーの人はほとんどいません。乳児の数人に1人はアレルギー検査(RAST)で卵が陽性ですが、小学生ではほとんどいません。これは、少量づつ腸管から摂取していることにより、耐性が獲得されたと考えることができます。
 ダニアレルギーの喘息の人に、ダニ抗原を内服させて耐性を獲得させるという臨床研究はすでになされていると聞いたことがあります。結果は知りませんが。スギに関してもあながち空論ではないように思います。

Q花粉症の原因の杉花粉。品種による違いはありますか?

先日、家から離れた、杉の木に囲まれている場所で半日過ごしたのですが、マスクと点鼻薬を使ったとはいえ、少しの鼻水程度のわずかな症状しかでませんでした。
ところが、花粉の量は遙かに少ないはずの我が家に帰ると、いつも通り”くしゃみ・鼻水・鼻づまり”がはじまりました。

そこで、花粉症の杉花粉についての疑問です。

杉にも品種があると思います。
当然、その花粉もわずかながら違うでしょう。
同じ杉花粉でも、品種によって花粉症の反応が違ってくることはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

一つは、環境の違いではないでしょうか。

コンクリートは乾燥していますし、強風や車が通るといったことで、落ちた花粉が舞いあがりやすい環境にあります。
一方で、山の中ですと、車の交通量も限られますし、スギ林の地面は湿気ていますので、落ちた花粉が舞いあがりにくいです。

ここで、飛散量は同じだとすると、都会の方が再び舞い上がる分、多くなりがちなのではないかと思います。

もちろん、品種による違いという可能性もあります。
ただし、花粉の形態ではなく、花粉の量が少ないタイプの開発が進んでいます。(目標は花粉の出ないもののようですが。)
http://ftbc.job.affrc.go.jp/html/topics/ikusyu/kafun.htm

花粉の形態が異なるものと接したのであれば、アレルギー反応は出ないでしょう。
アレルギー反応が出たということは、アレルゲン(スギ花粉)とは接したということで、
症状が軽かったのはスギ花粉と接した量が少なかったからだと思います。

Q「花粉は、雄しべの先端にある葯(やく)という袋の中で形成される。この内部には花粉母細胞があり、減数分

「花粉は、雄しべの先端にある葯(やく)という袋の中で形成される。この内部には花粉母細胞があり、減数分裂によって、4個の細胞を形成する。1個の花粉母細胞から生じた4個の細胞をまとめて花粉四分子と呼び、個々の細胞は小胞子(または花粉細胞)と呼ぶ。成熟過程で、花粉四分子の4個の細胞は互いに離れ、それぞれが花粉となる。小胞子は体細胞分裂するため、成熟した花粉は花粉管細胞と雄原細胞の2個の細胞からなる。」
この文章の意味がさっぱりわかりません
中1でもわかるぐらいの意味にしてください!

Aベストアンサー

ご安心ください.

最後の 1文を除けば中1でも十分理解可能な文章となっております.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報