初めまして。
タイトルのそのままの意味の質問です。ドストエフスキー文学の影響を受けた日本の現代作家を探しています。
私の知っている中では村上春樹、平野啓一郎、伊坂幸太郎です。もし彼ら以外でドストエフスキーの影響を受けている日本の現代作家がいましたら教えてください。
どうぞ宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 川端康成も読んでいたそうです。


情報源はテレビだったので、参考記事が貼れなくて、すいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

川端康成は「伊豆の踊子」と「雪国」しか読んだことなかったのですが…気がつきませんでした!
情報、ありがとうございました!

お礼日時:2008/09/24 15:53

ドストエフスキーやチェホフなどロシアの作家が日本に与えた影響は非常に大きいのではないでしょうか。

はにわさん(今、携帯からなので漢字が分かりません)もそうだし、小林秀雄や太宰治や…当時の作家はみーんな、読んでいたはずです。現代では池田晶子さんもお好きだったようですし…養老孟司さんや、とにかく文学する人、哲学する人は欠かせないんだと思います。読めば必ず影響を受ける本だと思います。
学者で専門家ってなるとまた別かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ドストエフスキーは哲学者にも大きな影響を与えているのですね。養老孟司さんは読もうと思っていてなかなか読めなかった人なので、この機会に読んでみようと思います。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/24 16:04

 こんにちは。


 加賀乙彦です。確実に影響を受けています。ドストエフスキーに関する著書も私の知る限り二冊は書いています。
 私が生まれたあとに作家デビューし、今尚現役であることから現代作家の範疇に入るでしょう。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%B3%80% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

加賀乙彦も読んだことなかったです。ドストエフスキー関連の本を出版しているようですし、強く影響を受けていそうですね。読んでみます。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/24 16:00

一人思いつくのは高村薫ですね。


『照柿』(単行本版。文庫版ではない)をどうぞ。

http://www.amazon.co.jp/dp/4062069024/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白そうですね!アマゾンでも評判良いですね。読んでみます。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/24 15:56

 埴谷雄高だとおもいますが、彼は「現代作家」ではないですか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

埴谷雄高は読んだことなかったです。『死靈』を読んでみますね。
ご回答どうもありがとうございました!

お礼日時:2008/09/16 19:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q伊坂幸太郎のベスト3は?

 伊坂幸太郎ファンの方々に質問します。
 彼の作品で、ベスト3をあげると何がそれに入りますか。短編集、長編を混ぜて3つをあげて頂ければ幸いです。私は短編小説が好きです。彼の短編集はどの程度あるのかも教えてください。

Aベストアンサー

「死神の精度」(連作集)
「チルドレン」(連作集)
「重力ピエロ」(長編)

ラッシュライフ・グラスホッパー・アヒルと鴨のコインロッカー・・・とかなり悩みましたが、上記3作ということで。

(連作集)という言葉が正しいのかわかりませんが、ここでは独断でそう表現させていただきました。

伊坂さんの作品は連作形式のストーリーの絡み具合も面白いですし、作品間でのリンクが多くて「あれ、この人は!」と気になる仕掛けが多くて楽しいですよね。

自分では結構リンク場所を発見してたつもりでいたのですが、「ダ・ヴィンチ4月号 伊坂幸太郎大特集・作品リンク最新版」で確認したところ、見落としばかりでして「私は浅かった・・」と再確認しました。

短編集となると最新作の「フィッシュストーリー」でしょうか。
いままでのスタイルと違って各ストーリーが独立おり新鮮な印象を受けました。

夏に公開される映画「アヒルと鴨のコインロッカー」が楽しみです。
以上、長々と失礼しました。

Q伊坂 幸太郎さんのホームページ知りませんか?

 最近、伊坂さんの本を知り、かなりいいと思いました。あの感じ良いです。心がつんのめって、早く早くって感じで読んでしまう本も、またいい!
 実は、先日まで「フーコーの振り子」を、丁寧にそして苦労しながら読んでいました。そのせいもあるかもしれません。でも、どちらも好きです。
 ホームページのアドレスご存知の方、またあるか無いかでもいいですから、教えて下さい。

Aベストアンサー

伊坂幸太郎さんのホームページはありませんが、
「伊坂幸太郎私設ファンサイト」があります。
かなり熱心なファンのかたが作っておられるようです。

http://www.h6.dion.ne.jp/~isakafan/

参考URL:http://www.h6.dion.ne.jp/~isakafan/,http://www.tokyo-np.co.jp/doyou/text/d99.html

Q名作の”要素”を、現代小説に活かすことについて(グリム童話と村上春樹)

いつもお世話になっております。
ふと疑問に思ったことがあり、雑談程度に、お付き合いいただけたらと思います(^^)
私は、そこまでの読書家ではありませんが、本を読むのは好きです。
古典、現代小説、日本文学、海外文学、ミステリー、少女小説、純文学…と気になったものを気ままに読んでいる感じです。

疑問に思ったこと、というのは…
『アンナ・カレーニナ』(トルストイ)を読んでいて、その中の貴族の何気ない歓談の場面で、
「グリム童話で”影を失った男”の話があるけれど~」というセリフがありました。
”影を失った男”と聞いて思い浮かんだのが、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(村上春樹)です。
『世界の終り~』は私のとても好きな小説です(私はコアな春樹ニストではないですが、初期作品、特にこの作品はとても好きです。)。
特に、”影を失う”という発想に驚き、魅力を感じ、村上春樹の独自の発想を感じていました。
村上春樹がグリム童話の中からこの発想を得たとは思いませんが、トルストイが作中に挙げているセリフであれば、有名な発想だったのかな…とも思って。。

→そこで質問ですが、
有名な名作の”要素”を現代小説の小説家が、土台とした作品のことは明記せずに、自分の発想として作品を書いているものはありますか?
(村上春樹がそうであるというわけではなくて)
それか、そういう風に感じた作品はありますか?
(人間の原罪とか、三角関係とか、不倫とかそういうよく見かけるものではなくて)

抽象的な質問ですみません。
読書好きの方、気ままにお答えいただければうれしいです(^^)

いつもお世話になっております。
ふと疑問に思ったことがあり、雑談程度に、お付き合いいただけたらと思います(^^)
私は、そこまでの読書家ではありませんが、本を読むのは好きです。
古典、現代小説、日本文学、海外文学、ミステリー、少女小説、純文学…と気になったものを気ままに読んでいる感じです。

疑問に思ったこと、というのは…
『アンナ・カレーニナ』(トルストイ)を読んでいて、その中の貴族の何気ない歓談の場面で、
「グリム童話で”影を失った男”の話があるけれど~」というセリフがあ...続きを読む

Aベストアンサー

「影を失った男」が本当に「グリム童話」にあるのでしょうか。
そのような物語があるのかもしれませんが、トルストイの記憶違いという可能性もあるのでは?

私の知っている「影を失った男」はシャミッソーの書いた『影を失った男』です (原題は「ペーター・シュレミールの不思議な物語」だが、日本語の翻訳では「影を失った男」となっている)。

『アンナ・カレーニナ』の出版は1877年ですが、上記シャミッソーの小説の出版は1814年ですから、60年以上の間隔があるので、トルストイが読んでいてもおかしくないと思います。

「土台とした作品のことは明記せずに」というのは、普通である気がいたします。
「私のこの作品はこれこれの作品に基づいて書いたものです」と作者が書くのは、極めて珍しいのではないでしょうか (芥川龍之介には、そのような記述を入れた作品があって(作品名は忘れました)、その「原典」が探されたものもあるそうですが、実は芥川のでっちあげだったことが判明。ただし、もちろん、芥川の作品には「今昔」などを初めとする元ネタのある作品も多いことはよく知られているでしょう)。

元ネタを表示せずに書かれた作品ではあっても、そのつながりが明らかなのは、たとえば James Joyce の Ulysses があげられるのではないでしょうか (パロディと見ることもできるそうです)。

埴谷雄高の『死霊』は、ネタではないけれども、ドストエフスキーの『悪霊』などを意識したものでしょう。

ドナルド・バーセルミの作品に『雪白姫』というのがあるそうですが、あれは「白雪姫」と関連があるのでは?

「影を失った男」が本当に「グリム童話」にあるのでしょうか。
そのような物語があるのかもしれませんが、トルストイの記憶違いという可能性もあるのでは?

私の知っている「影を失った男」はシャミッソーの書いた『影を失った男』です (原題は「ペーター・シュレミールの不思議な物語」だが、日本語の翻訳では「影を失った男」となっている)。

『アンナ・カレーニナ』の出版は1877年ですが、上記シャミッソーの小説の出版は1814年ですから、60年以上の間隔があるので、トルストイが読んでいてもおかしく...続きを読む

Q平野啓一郎氏の追憶

平野啓一郎氏の『高瀬川』に収録されている追憶という作品は、一文節ごとにかなりの空白があります。
これは何か意図があってのことなのでしょうか?(またある場合は、その意図は何なのでしょう。個人的意見でいいので、教えてください)
それとも、単なるページ稼ぎ、奇をてらっただけ、なのでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

最後にある詩をそれぞれの見開きと見比べてみてください。
ところどころが、浮かび上がってきているように見えませんか?
まるで追憶のように。

Q村上春樹さんと酒井事務所

大学の機関誌で村上さんにインタビューをお願いしようと住所を調べたのですが、読売の人名年鑑2003年度版の村上さんの連絡先(他の作家さんなどは自宅らしき住所が載っている欄)に神田神保町にある酒井著作権事務所がありました。酒井著作権事務所に手紙を送ってしまって村上さんの手元に届くものなのでしょうか?できるだけ早く読んでいただきたいのでなるべくなら出版社は避けたいのです。インタビューは無理を承知で依頼するのですけれども…。
不躾な質問で恐縮ですが、どなたか回答お願いします!

Aベストアンサー

こんばんは。

確かに村上さんって連絡先が無いですよね。
村上さんは極めて個人的に仕事をしてますから、
連絡先=本人になると思われます。
ファンレターなら出版社なんですが、依頼は....

正直に酒井事務所に電話してみると良いですよ。
「~年鑑にここの住所がありましたのでお電話しました」って。
事情を話せば伝言してくれるか教えてくれるでしょう。
手紙より安くて簡単です。

で、改めて手紙なり何なりすれば良いのです。
もちろん、酒井事務所が駄目な場合は、新潮社でも講談社でも電話して、事情を話せば良いのです。
なるべく急ぐなら電話でしょう。
彼の仕事ぶりを見る限り、出版社じゃないと受けないという事は無いようですから。

昔ならメールも出せたんですけどねえ。(村上朝日堂とかカフカとか)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報