人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

工場敷地内に、3.5m×8m×高さ3mの建屋を自作で造ろうと考えています。
当方、鉄工所(鉄骨専門ではないですが)なので骨組みの知識は持っていますし、
トタン張りやアンカー止めなどの作業は得意なので、造る事には問題ありません。が、
気になるのは法律です。

そこで質問なのですが、下記の条件で建てた場合、
確認申請や消防法に引っ掛かりますか?


1.骨組みは鉄骨で、屋根と側面はトタンで仕上げる予定。
2.側面のトタン仕上げは3面で、8m側の一方は開放。(シャッターなどは付けません。開放のままです。)
  (側面は屋根までトタンを張らず、3~400mm開けます。(台風予防のため))
3.既設の建屋から3mくらい離して設置。
4.柱は地中に埋めるのではなく、土台フレームをアンカー止めし、その上に柱をボルト止め。

以上の条件で建てた場合、問題ありますか?
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

北国の設計屋さんです。


質問文から予想
建物概要
鉄骨造平屋建 床面積24m2 
8m側の一方は開放と有りますので、最大柱間隔8m
最大梁スパン 8m

無断で建てると、建築基準法違反となります。(罰金100万円)
床面積10m2以上ですから建築確認申請が必要です。
設計の進め方
敷地の都市計画の地区・区域などの有無の調査が必要です。
これが分からない事には、どの様な規制があるのかは判断つきません。
最大梁スパン 8mと判断されますので、鉄骨造構造計算ルート1-1の計算書と構造図が必要となります。
申請図面の作成などを考えると、お近くの知り合いの建築設計屋さんにお願いした方が良いでしょう。
ご参考まで

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
少しお聞きしたいのですが、「ボルト止め」ということで仮設扱いにはならないのでしょうか?

同サイズでもカーポートは暗黙の了解なんですけどね・・。

補足日時:2008/09/17 16:30
    • good
    • 0

補足について


>「ボルト止め」ということで仮設扱いにはならないのでしょうか?
「ボルト止め」するという事は、固定するという事となります。
仮設扱いにはなりません。
仮設扱いとする為には、直置きにするしかありません。
>同サイズでもカーポートは暗黙の了解なんですけどね・・。
今の世の中、暗黙の了解等というシステムありません。
役所に通報され見つかったら、最悪、罰金刑もしくは禁錮刑です。

開放型の建物は、暴風時、屋根に大きな揚力を受けます。
質問文の構造だと、屋根が吹き飛ぶか、上に持ち上げられて、下に落ちてペッシャンコ!
ちゃんとした基礎を作って建てないと、大変な目に合いますよ。
ちなみに損害保険は、違法建築物の場合、保険が下りない場合があります。
よくよく考えて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確なアドバイスありがとうございます。
やはり基礎をしっかりしないと危険ですね。
勉強になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/21 20:22

建築基準法は全ての建築物に当てはまります。


一定規模の建物や都市計画区域内などの建物は建築確認を行わなければいけないだけで、建築確認が必要ないから何をやってもかまわないというわけではありません。

手間ひまを惜しむ気持ちはわからないではないですが、万が一事故が発生した場合など面倒な事になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり厳しそうですね。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2008/09/17 17:46

建築基準法上は問題があると思います。

10m2以上の建物になると確認申請が必要になってくると思います。用途地域や使用用途等によって、まず、鉄骨造で作れるのか・・・?という問題が生じると思います。
私は消防関係の仕事をしていますが、消防法上は、その造りだとたぶん問題にはならないと思います。
一応、建築局に問い合わせしてみましょう。たぶん、ダメだといわれると思いますが・・・・。
もし、違法(!?)にたてても、発見されることは、可能性的にはあまりないような気がしますが。あくまで参考ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり厳しいそうですね。 
消防法には影響ないと言うことが分かったので、勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/17 16:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築違反?工場下屋(屋根)設置

建築基準法又は消防法等に違反するのか教えて下さい。
<設置予定>
倉庫代わりとして、下屋設置を計画しています。
<設置場所状況>
(1)建蔽率は既に限界。
(2)建物と緑地の間の通路に下屋設置。
<下屋寸法>
(1)L15000×W5500×H5000
<施工方法>
(1)緑地内に柱を立てる
(2)建屋側にブラケットを設置
(3)柱と建屋ブラケットに屋根梁をボルト締め
(4)屋根と車道側にポリカ波板を取り付け
以上ですが、
宜しくお願い致します。
又、
屋根だけで、開閉式テントは大丈夫と言う声も聞いています。
最悪ポリカ波板を開閉式にすればいいのでしょうか。
合わせてお願い致します。
以上

Aベストアンサー

<設置場所状況>
(1)建蔽率は既に限界。
で82.5m2の増築行為で建蔽率オーバー
この時点で建築基準法違反となります。
<施工方法>
(1)緑地内に柱を立てる
建物の規模からして鉄骨造の基礎有りですね。
建築面積、床面積に算入されます。
ここでも建築基準法違反となります。
(3)柱と建屋ブラケットに屋根梁をボルト締め
既存鉄骨造の工場の偏芯率が低下して建築基準法の構造規定違反になる可能性があります。
下屋を増築する場合は、既存建屋側に増築建屋部分の梁受けの柱を立てて別棟形式にして地震時の揺れを既存建屋に負担させないようにしなくてはなりません。
用途が倉庫であれば、排煙窓が必要となります。
また増築する場合、既存建物の排煙の検討も必要となります。
有効排煙面積の検討A/50以上
A=床面積
無窓の判定A/20以上
屋根と車道側にポリカ波板だけでは、無窓と判定され建築基準法違反となります。
消防法無窓階の判定A/30以上
有効な出入り口を設置無しでは、消防法違反となります。
ポリカ波板だけでは、100%無理です。
再検討しましょう。
ご参考まで

<設置場所状況>
(1)建蔽率は既に限界。
で82.5m2の増築行為で建蔽率オーバー
この時点で建築基準法違反となります。
<施工方法>
(1)緑地内に柱を立てる
建物の規模からして鉄骨造の基礎有りですね。
建築面積、床面積に算入されます。
ここでも建築基準法違反となります。
(3)柱と建屋ブラケットに屋根梁をボルト締め
既存鉄骨造の工場の偏芯率が低下して建築基準法の構造規定違反になる可能性があります。
下屋を増築する場合は、既存建屋側に増築建屋部分の梁受けの柱を立てて別棟形式にし...続きを読む


人気Q&Aランキング