こんにちわ。
すみません、質問なのですが、、、
縁結びの神様のお札や破魔矢をお授けいただき
部屋に飾っていますが、
最近、わがままにも
資格を勉強していて
学問のお守りもお授けいただきたいと思っています。
なんとなく、
でも、、違う神社のお守りやお札を同じ部屋にしていいのでしょうか??
やはり一度お参りした神社はご縁ができるということなので、
失礼のないようにしたいのですが。。

やはり参拝してご縁のある縁結びの神社で学業お守りを買った方がいいでしょうか??

なんとなく、目的に合わせての方がいいのかなともおもったのですが。。縁結びの神様のところには縁結びを頼みに行き、
学問の神様には学問のお願いにいき。。など。。

両親の転勤等で学生時代はすべて北野天満宮にお世話になり、
きちんとお礼まいりもしていましたが、
東京に移ってからはいくのが困難になってしまい。。

みなさん、こういう場合
はどうしているのでしょうか??

学問は本人の努力!っというのはよくわかるのですが、
どうしても受験先に頼るものを持っていきたいような気がしてしまい。。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

 はじめましてMIKIKO33さん。

kane_chanと言います。

 最初に、kinsyaさんが書かれたことについて、補足というか訂正というか。
 俗に言う「氏神」様ですが、元々の氏神は、「氏」の神と書くように、その地域の豪族である古代の氏族組織であるウヂが祖神または守護神として祀っていた神のことです。 
 平安時代以降は、血縁関係にある一族だけでなく、その氏族とともに生活を営んでいる者をも含めて「氏子」と称するようなり、中世初期に日本の地域社会で庶民の間でも古代のウヂに仮託したウヂ組織が形成されました。ですから、本来ならば、「氏神」ではなく「産土大神(うぶすなのおおかみ)」がただしいですね。

 本題に入りましょう。
 日本の神様は、八百万の神(やおよろずのかみ)と呼ばれるように、全てをこなせる万能な神様として、崇め奉られてきました。
 ですから、産土神にお願いすればよいでしょう。
 産土神は、その土地の力を一番上手く扱える神様ですから。
 もし近くに産土神の社が無ければ、その産土神を管理する神様がおられますので、そこに詣でられるのが良いでしょう。
 詣でる場合の作法も、しっかり身につけてください。
 神様は上位ですから、肩を露わにした服装で行かない、鳥居をくぐるときは拝する(腰を90度おり頭を下げること)等の事は、行ってくださいね。神社によっては作法が異なりますので、ここも気を付けてください(大体は2拝2拍手1拝)。

 あと、家で神棚にお札を祀る順番も決まっていますので気を付けてくださいね(一社であれば、伊勢神宮さま、その奥に、産土神さま、次にその他の神社のお札。三社であれば中央が伊勢神宮さま、右に産土神さま、左にその他の神社のお札となります)。
 お参りをする際には、神拝詞(しんぱいのことば)
 「掛けまくも畏き、天照大御神、産土大神、天地諸々の大神等の大前を拝み奉りて慎み敬いも白さく、万の禍事、罪穢あらむをば、祓い清めて、心にかかる雲もなく、大神等の御教えのままよに、直き正しき真心もちて、誠の道に違うことなく、負い持つ業に励ましめ給い、家をも身をも健やかに栄えしめ給えと、恐み恐み母 白す」
 (かけまくもかしこき、あまてらすのおおみかみ、うぶすなのおおかみ、あめつちもろもろのおおかみたちのおおまえを おがみまつりてつつしみうやまいももうさく、よろずのまかごと、つみけがれをあらむをば、はらいきよめて、こころにかかるくももなく、おおかみたちのおしえのままよに なおきただしきまごころもちて、まことのみちにたがうことなく、おいもつわざにはげましめたまい、いえをもみをもすこやかに さかえしめたまえとかしこみかしこみも もうす)
 唱詞(となえことば)
 「祓い給え、清め給え、守り給え、幸え給え」
 (はらいたまえ、きよめたまえ、まもりたまえ、さきはえたまえ) 等を唱えると良いでしょう。
 

この回答への補足

返信が遅くなり申し訳ございません。
ありがとうございます!!

やはり、まずは地元の神様を大切にするということなんですね。

参拝方法をよく読み、実行しようと思います。

唱え言葉もあるんですね。

初めてしりました。

少し覚えるのが大変そうですが、

最後の4つの言葉をきちんと破魔矢で拝もうと思います。

貴重なご意見ありがとうございます!!

さっそくお参りの際に作法や唱え言葉を神様へのごあいさつ時に唱えます。

補足日時:2008/10/03 23:28
    • good
    • 0

まず「飾って」、と言っておられますが「まつって」ですよね。

神棚でなくともいいですから、せめてきれいにした棚の上とか…。
元々神様というのは貴方の住んでいるところの神様がまずは貴方の「氏神様」です。最近はそうもいうことなくなっていますから、すでに神社がなくなっているなんてところもありますが、もしあったらまずはそこにお参りするのがスジなんです。つまりその土地の守り神様、ですね。昔は人が生まれた土地をあまり離れませんでしたから、生まれ育った土地の神様が氏神様で、その神社にお参りしたり神事に参加したりする、いわばその神社の管轄内の人を「氏子」といいました。今でもそのこと自体は変わっていないのですが、人の動きが激しくなって、そういうことをあまり言わなくなったのです。
縁結び、学業、といろいろ分かれているのは、言ってみればその神様の「得意分野」みたいなことですから、それぞれ行かれるのもよろしいでしょう。大切なことは、どこの神社に行こうとも、一年ごと、或いは願いが成就したときににきちんと「お礼のお参り」に行くこと。年に一度はお札やお守りなどのお焚き上げをお願いして、あたらしいものにとりかえること、です。神様とのご縁をいただくということは、お願いするばっかりではいけないんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、きちんとお礼まいりに行くのであれば、
いいとのことですね。
ありがとうございました。

いつも神社には参拝もお礼まいりも欠かさず行っております♪

ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/17 05:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京都内でパワーストーンのお店を紹介してください。

東京都内でパワーストーンが買えるお店を紹介してください。
できればたくさん、いろんな種類のパワーストーンを置いている
大型店がいいです。
都内でなければ、千葉県でもいいです。

種類としては、水晶のパワーストーンをみたいです。

Aベストアンサー

もし待てるなら10月にミネラルアート&ジェム展がありますよ。
12月に池袋でも開催されます。
日本や海外からバイヤーさんが出店します。
入場料はかかりますが安くパワーストーンが購入できますよ。
珍しい石もみつけられるかも知れません。
最終日近くなると割引したりします。
見るだけでも楽しいので お時間がありましたら出掛けて見てくださいね。

参考URL:http://www.tima.co.jp/image/

Q観音様と神様

同じ部屋に観音様にお参りしたときのお塩とお酒と、出雲大社で御祈祷をしてもらった際に頂いたお札とお守りとお米を祀り、毎日夜に別々に一日のご加護と願いを述べています。
観音様と神様とい うことで、同じ部屋はだめでしょうか。

Aベストアンサー

お札(御神札・大麻)って神様じゃないんです。「依り代(よりしろ)」といいます。これは神を降ろすためのもの。最近の人用にわかりやすく例えれば、神様との通信機。そんな説明をする人も居ます。

神道初期においては山や磐、樹木など。それが神籬(ひもろぎ=地鎮祭などで祭壇に立てる木の枝)や岩境(いわさか=石柱を立てたもの)
要するに意識を集中して祈る「印」であればいいんです。キリスト教の十字架、仏教の仏像や掛け軸も同じことです。

貴方にとって観音様の塩と酒も出雲大社の札も同じ。それ以上の物ではありません。

なのでどこにどう置こうが関係ありません。
それに日本は仏教伝来(公伝より前です)以降、明治に至るまで神仏習合の時代を過ごしてきました。
だから分ける事自体、無意味なんです。
どうぞ、今までどおり、ご信仰ください。

Qパワーストーン教えて下さい

私は運が無さすぎて情けないです
自分ではどうにもできないです
運が断然良くなるパワーストーンがあったら教えて下さい
全体的に運気が良くなるパワーストーンはタイガーアイですか?また私は幽霊のように存在感がないので存在感があるパワーがあるパワーストーンも教えて下さい困っています

Aベストアンサー

貴方が望む回答ではないと思いますが書かせてもらいます。

パワーストーン等の超自然的な力を売り物にする商品は、基本的には気休めです。

気の持ちようが変わることで、今までネガティブに受け止めていたことも、ポジティブに考えられるようになったりするので、相対的に運気が向上したような気になるということです。

薬で言えばプラセボです。(本当は薬でも何でもないが、「これはよく効く薬だよ」といって粉を飲ませると、実際に病状が良くなる現象。)

別にパワーストーンを買うこと自体は良いと思いますが、必死になってそれにすがるようなことはやめたほうが良いです。そこにつけこまれて、非常に高価な買い物をさせられる可能性が高いからです。

誰でも運がいいときと悪いときはあるものです。
今運が悪いと思っても、普通に努力を継続していれば幸運の尻尾をつかめるタイミングが来ますから、今はそれに向かって力をためていると思うことです。

説教臭い回答で失礼しました。

Q地の神様を移動させたいのですが、

いつも皆様に助けられています。今回もよろしくお願いします。

早速です、朝のお勤めとして、地の神様にお祈りするのですが、
その場所がお隣の勝手口の真向かえに位置してるので朝いつも気にしながら、(人見知りが強いもので)なので集中してお祈りが出来ずにいます。
そこで、地の神様を移動させようと思うのですが、自分で勝手に行ってよい物でしょうか?やはり罰が当たったりしますでしょうか?

どうぞご教授よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

(人見知りが強いもので)なので集中してお祈りが出来ずにいます。
この程度の理由で移動してはいけませんが。
間違い無く神様道祖神、稲荷様ほか(一応ビリケンを含める)であれば神主のいる神社に相談、牛頭馬頭(ごずめず)等観音様ほかは、寺の住職にお祓いして貰い移設することに成ります。
触らぬ神に祟り無し、神仏は祀り様で祟られるなんて言いますので其れなりに対処して下さい。

Qパワーストーンについて

パワーストーンについての質問です。

2012年は11年の時より良い年にしようと考えています。
前からやりたかった事を実行したり、色々な所に出掛けたりして
あらゆることを経験したいと思っています。

さらに自分の成そうとしていることが上手くいくようにや、
出掛け先での面白い発見や、出会いなどを高めるために
パワーストーンを身に付けたいと思っています。

そこで今回の質問内容なのですが、
”パワーストーンの身に付け方”についてです。

パワーストーンはよく見るのがブレスレットのものですが、
私自身もブレスレット式のものを身に付けたいと思っています。
しかし、仕事中などは装飾系は外さないといけない為
身に付けることができません。

なので、常に自分の近くにあるわけではないのですが、
こういった場合でも大丈夫なものでしょうか?

それともう一点あるのですが、
ブレスレットに1種類のパワーストーンを付け、
携帯ストラップなどに、別の種類のパワーストーンを身に付けるなど
しても大丈夫でしょうか?

上記、2つの質問以外にもパワーストーンに関することを
教えていただけると助かります。

よろしくお願い致します。

パワーストーンについての質問です。

2012年は11年の時より良い年にしようと考えています。
前からやりたかった事を実行したり、色々な所に出掛けたりして
あらゆることを経験したいと思っています。

さらに自分の成そうとしていることが上手くいくようにや、
出掛け先での面白い発見や、出会いなどを高めるために
パワーストーンを身に付けたいと思っています。

そこで今回の質問内容なのですが、
”パワーストーンの身に付け方”についてです。

パワーストーンはよく見るのがブレスレットのものですが、
私自...続きを読む

Aベストアンサー

お守りと同じ様な扱いで良いと思います。

本当に力のあるストーンは、その人だけの物なので、人に触られたりしないように大事に扱わないといけません。
出来るだけ、身につけている時間が長い方が良いので、携帯よりも、ブレスレットかネックレスのヘッドにすると良いかもしれないです。

そして知っていた方がよいのは、
完成したら浄化してから使うこと。(自分の所に来るまでにいろんな人が触れている可能性がある。)
時々浄化してあげる。
人に触らせない。
永久には使えない。(石の力も寿命があるし、疲れてくる。その場合は土に返してあげる。)

石専門の店で相談しながら買うのが一番良いですね。
石の能力も教えてもらえますし。自分に合った石も選んでもらえる所もありますよ。

出来たら、自分で握ってみて、しっくりくる物が一番です。
良い石と出会えたら良いですね。

Q氏神様を教えて下さい。

名古屋市名東区神里に住む事になりました。
何事も最初が肝心!
氏神様をお参りしたいのです。

Aベストアンサー

家の一番近くにある神社が氏神様になります。
周りを自分で探してみるか、隣近所の方に聞いてみてはどうでしょうか?住宅地図等でも分かるかもしれません。
お住まいの所がどのような所か分からないので何とも言えませんが、新興住宅地の場合神社は無いかもしれませんので、その町の歴史を調べる必要があるかもしれませんね。

一応、参考に愛知県神社庁のURLを貼っておきます。

参考URL:http://www.aichi-jinjacho.or.jp/

Q質問です 私はパワーストーンに興味があり、出来る事ならば、パワーストー

質問です 私はパワーストーンに興味があり、出来る事ならば、パワーストーンのお店を持ちたいと思っております。 そこで、質問ですが、パワーストーンは、やはり国外から仕入れているのでしょうか? まだまだ素人の私には、業としては難しい商売でしょうか?

Aベストアンサー

 パワーストーンに興味があったりお店を持ちたいと、お思いになるのは良いと思います。いきなり仕入れの話。。。何やってんの!?
<まだまだ素人の私には、業として難しい商売でしょうか?
難しいとか易しいとかではなく、まず、勉強不足!商売のノウハウもですがそれ以前の問題。見る目はあるの?無いでしょうね。私の見る限りですが。。。商売以前の問題でアウト!質問者様のところには、お客様は来ますか?来ないでしょうね。

 もう少し、勉強しましょう。自分を知りましょう。パワーストーンを『好き』だけではなく、もう一歩踏み込んでそれからです。

 きついようですが、はっきりいって質問者様には全く商売っ気もですが、霊感?というか神秘性など微塵も感じられないのです。

Q勝負の神様について

全国で有名な勝負の神様または勝負のお守りを売っている神社を教えてください。

できれば通販とかでお守りが手に入るとベストです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

  こんばんは。

 戦国時代の名将、織田信長が桶狭間の戦いで戦勝祈願をした愛知県の熱田神宮は有名です。

 あと、ギャンブルとか宝くじなどの勝負師に人気のあるのが、東京都新宿区百人町にある皆中稲荷神社です。
 こちらは、JR新大久保駅下車50m位で交番のすぐ横です。私も何度か行きました(^^;

 
熱田神宮
http://www.atsutajingu.or.jp/

皆中稲荷神社
http://www.kaiun-goriyaku.com/13j-045.htm
 どちらも通販でのお守りはないようです。

 熱田神宮のサイトです。
参考までにどうぞ↓

参考URL:http://www.atsutajingu.or.jp/

Qパワーストーンの処分について

持っていて嫌な感じがするため、ずっとしまったままのパワーストーンを処分したいと思います。

そのパワーストーンを見ると、嫌なイメージが浮かんでしまいます。
ということは、パワーストーンに自然と嫌なことをお願いしてしまっているのだと思い、触れずに、しまったままなんです。

それで、水に濡れてはいけないセラフィナイトなどは、水に濡れてはいけませんが、山に埋めたり、海に捨てても良いのでしょうか?

また、パワーストーンの良し悪しの見分け方で、素人でもできるようなものがあったら教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

sachi0423さん、こんにちは。
風水を学んでいるmelted_cakeと申します。

パワーストーンの処分は、確かに困ってしまいますよね。
自分の念がこもっているのではないか、など様々な悩みがあると
思います。

僕はあるお宅の鑑定で、どうしても「やっかい」なパワーストーンが
ありました。そのパワーストーンは、自然へと返しました。
具体的には、あまり人が入らない山へ行き、小さな穴を掘って
パワーストーンを埋めました。(山は人の持ち物だったりするので、
あまり深く分け入らないようにしてくださいね。)
そして手を合わせて、「今までありがとうございました。ここで
静かに休んでください」と3回心の中で感謝し、そのまま帰って
きました。

元々自然の石であり、良識の範囲の量を超えるものではないため、
不法投棄にはあたりませんよ。今までありがとう、と氣持ちを込めて
感謝してあげて下さいね。

Q神様のお参りの仕方

二拝二拍手一拝をする場合、どのタイミングで祈願をするのでしょうか。
また、賽銭、鈴を鳴らす(縄を振って)との順番はどうなりますか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これには様々な説があります。以前見た神職の方の日誌には、儀礼を決める際にかなり論じ合われたと書かれていました。
基本的に一般人の拝礼様式はありません。今言われているのは神職の儀礼に準じた方法を指導しているのです。祈願は祝詞奏上に準じます。
実はこのタイミングも、拍手の前と後、両方あるのです。だから絶対的なものではないとお考え下さい。
拍手自体も「ここで」というものがありません。以前は手水の前後でも打たれていました。
つまり何かをする前後の全てに打っていたと言うことらしいです。逆に室町以降、殆ど打たなかった時期も度々あるそうです。

現在定着している(神社で見かけたり書かれている)と思われる順番を纏めると以下のとおりです。
1)拝殿前に立ち軽く会釈
2)賽銭を入れる
3)鈴祓いをする(鈴を鳴らす)
4)二拝する(二拝は二度続けて深くお辞儀する事です。二礼はお辞儀の間に一瞬の“間”を空けます)
5)拍手を打つ
6)祈願
7)一拝した後に、軽く会釈(最初と最後の軽い会釈を“揖(ゆう)”といいます)
8)後ろに後ずさり、或いは横に移動し、下がる

賽銭には供物という意味と、祓いの意味があります。供物の場合にはそっと入れ、祓いの場合は投げます。
私は基本、供物を考える方が良いと思っています。捧げ物は最初にあげておくから最初ということです。

拍手と祈願の順番は、先に述べたように、祝詞の前後に打ったり、後に打ったりもするので、どっちが先でも良いと考えます。
私自身は、最近、祝詞奏上後に打つ方がしっくりきています。(私はまだ神職ではありません、念のため)

祝詞は「感謝」「祈願」の二つから構成されています。だから日常の参拝でも、まず参拝に来れた事、守っていただいたことに感謝し、それから祈願を言うのが順序でしょう。
また、願いはその場のものではなく、日常常に欲している事を言います。ですから神前で長々願いを言わなくても通じています。
思いを出している間は神様の気を得る事が出来ません。神前に赴いたら、心を空っぽにして神気を身体一杯にいれる、それが加護や発展の力になると思います。

卒業式を思い出してください。証書を受け取った後、最低一歩は後ずさりしてから向きを変えて離れますよね。目上の方のそばから離れる際は皆同じです。
ただ、神社によっては混んでいたり、十分な空間がなかったりしますので、怪我などしないよう臨機応変に対処しましょう。(参拝者が一歩下がれる余裕を空けるのも順を待つ者のマナーだと思いますけどね)

これには様々な説があります。以前見た神職の方の日誌には、儀礼を決める際にかなり論じ合われたと書かれていました。
基本的に一般人の拝礼様式はありません。今言われているのは神職の儀礼に準じた方法を指導しているのです。祈願は祝詞奏上に準じます。
実はこのタイミングも、拍手の前と後、両方あるのです。だから絶対的なものではないとお考え下さい。
拍手自体も「ここで」というものがありません。以前は手水の前後でも打たれていました。
つまり何かをする前後の全てに打っていたと言うことらしいです。...続きを読む


人気Q&Aランキング