お気に入りのラム30%入りのウールコートを風合いを損ないたくないので通常より高いクリーニングに出したのに小さな茶色いしみが出来てしまいました。
上手く綺麗に取れる方法はないものでしょうか?コートの色はラベンダー色です。
どうぞ宜しく。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ごめんなさい。

ウールの染み抜きですが・・・

参考URL:http://www.woolmark.gr.jp/care/care04.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスタンプ台のインクの色で特殊な色(茶色かワイン色)は売ってませんか

オリジナルのスタンプを作成しましたがスタンプ台のインクの色が茶色かワイン色が欲しいのですが調べても売っていません。
特殊な色って対応して頂けるメーカーはありませんか?
スタンプのサイズが60mm×60mmあるのでできれば、大型のスタンプ台が欲しいです。

Aベストアンサー

「株式会社ツキネコ」という、スタンプ台のカラーバリエーションが豊富な会社があります。
私は今年の年賀状作成でとてもとてもお世話になりましたので、よかったらHPを覗いてみて下さい。
確か、大型もあったと記憶しています。
http://www.tsukineko.co.jp/cat/index.html

参考URL:http://www.tsukineko.co.jp/cat/index.html

Q潰れない茶色の虫について。

大変見にくく、汚いとは思いますがご了承下さい。

※お食事中の方はご遠慮ください。


家に出る虫について、知ってる方、若しくは、画像の虫が(上手く撮れず、見にくくてすみません)出たことのある方教えて下さい。

■虫の特徴■
(1)ちょっとやそっと力を入れただけじゃ潰れない固い茶色の虫。

(2)のそのそ動き、飛びません。(羽は無いと思います)

・虫の名前はなんですか?
・出る原因はなんですか?
・昔(もち米を処分して1年以上経過してます)もち米を長期保存してた時も似たような虫が出たことがあると思うのですが、昔のが家の中に潜んでたのでしょうか?

大変お見苦しい画像に、説明が下手な上に、駄文申し訳ありませんが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

写真が小さすぎてわかりにくいですが、「コクゾウムシ」が近いのではないでしょうか。
http://www.naro.affrc.go.jp/org/nfri/yakudachi/gaichu/zukan/16.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%AF%E3%82%BE%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%B7

米以外にも他の穀物やまれにパスタや素麺などにも発生しますので、ご確認ください。
食品収納庫内の整理、整頓をしたり、米びつの周辺の清掃をすると発生することが押さえられます。
また、お米は短期間で消費できる量を買い、早めにためきりましょう。

自然界にもいますし、お米に混じって侵入してくることもあります。

Q煙草のフィルターが茶色の銘柄を教えてください

現在発売中のもので煙草のフィルターが茶色の銘柄を出来るだけ数多く教えていただきたいです。
加えてタールは5mg以下のものが好ましいです。
細かい質問で恐縮ですが、よろしくお願い致します_(._.)_

Aベストアンサー

こんにちは。
タールは6mgなのですが
「ショートホープスーパーライト」もフィルターが茶色です。

Qウールのコートは自宅で洗濯可能でしょうか?

ウールのロングコートですが、ボタンの周りにほんのちょっと皮を使っているのでクリーニング代がとても高くなります。それくらい変色しても構わないのにって程の量です。

7.5Kgの洗濯機で洗うことは出来ますか?
縮んだりしないでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

私も似たような理由でコートを自分で洗ったことがあります。ウール地は大丈夫だったんですが、内側のキュプラがのびてしまって、そでから垂れ下がってしまい、修理に大変な時間を要しました。

というわけで、お勧めできません。一番良いのは、ボタンをすべて外してクリーニングに出し、戻ってきたら付け直す。面倒ですけどね。またクリーニング店によっては、ボタンをアルミホイルで巻いて普通にクリーニングしてくれるところがあります。保証はありませんけどね。

Q合い鍵の合い鍵

元鍵ではない合鍵から、合鍵を作製すると、精度が悪く、上手く合わない場合があるという話を耳にしますが、合わない可能性は、比較的高いのでしょうか?
ちなみに、ピッキング防止等の機能のあるものではない玄関キーです。

Aベストアンサー

 これまでのご回答はどちらも正しいのですが、少し補足しますと、鍵(キー)と言いましても最近ではいろいろな構造のシリンダーがあり、したがってそれぞれに対応した鍵であるわけです。

 シリンダーにはディスクシリンダー、ロータリーシリンダー、ピンシリンダー、通称ディンプルキー、その他としてマグネチックシリンダー(電子キー)などがありますが、ひと頃全国的に普及していたM社のディスクシリンダーなどはギザギザになった刻みの部分が大きく、したがって浅い刻みと深い刻みの差が大きく取れることから、鍵の複製によって生じた多少の誤差があっても比較的うまく合っていたようです。

 それでもさすがに複製の複製となると、さすがに鍵屋さんやキーコーナーでも責任は持てないというのが本当のところでした。

 ところがさらに、例のピッキング事件の多発を契機としてシリンダーは高性能化するとともに、鍵の刻みの浅い深いといった差もきわめて高精密化した結果、その刻みの位置と深さの差が大変微妙になってきています。

 そのため、高性能なシリンダーほど複製による誤差が無視できなくなっており、ことにディンプルキーなど一般家庭ではオーバークオリティと言っても過言でないほど超精密なシリンダーともなると、ほとんど一度の複製だけでも合うか合わないかと心配になるほどになっています。

 結論から言いますと、お手持ちの鍵の本数が足りないというようなケースでは、最も正しい方法はその鍵のメーカーに番号を指定して最初から純正鍵を作らせることです。少なくとも、鍵を複製する場合にはできるだけメーカーの純正のブランク鍵(まだ刻みの入っていない鍵)を使って複製していただきたいと思います。

 メーカーの純正鍵はいずれもそのメーカーのロゴがアルファベットで入っていますのですぐ判別できます。

 まして、複製の複製というのでは、よしんば鍵が幸いに合ったとしても、その鍵の刻みのわずかな誤差によって、そのような鍵を毎日使っていると少しずつシリンダーの内部部品を傷め、いずれは故障につながることも少なくないということも知っておいて頂きたいと思います。

 これまでのご回答はどちらも正しいのですが、少し補足しますと、鍵(キー)と言いましても最近ではいろいろな構造のシリンダーがあり、したがってそれぞれに対応した鍵であるわけです。

 シリンダーにはディスクシリンダー、ロータリーシリンダー、ピンシリンダー、通称ディンプルキー、その他としてマグネチックシリンダー(電子キー)などがありますが、ひと頃全国的に普及していたM社のディスクシリンダーなどはギザギザになった刻みの部分が大きく、したがって浅い刻みと深い刻みの差が大きく取れることか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報